HOME.CONTACT.PRIVACY POLICY.
K.G-TOKYO.COM Registry Member
入会はこちら LOGIN
What's K.G-TOKYO.COM
 【最終更新3月26日】
関西学院の今を伝えるコーナーです。
KGの最新ニュースをお届けします。
掲載希望は編集部までどしどしご応募ください。
■第7回KGGCゴルフコンペ(ご報告)
2013年3月22日(金)開催
関西学院同窓会東京支部のオープンゴルフコンペ開催

第7回KGGCオープンコンペが3月22日(金) 茨城県霞ヶ浦国際ゴルフコースで開催されました。
快晴 微風 湿度35% 桜は都心よりも遅く、まだ3分咲きで少し残念でしたが、7組25名が楽しい一日を過ごしました。
成績は以下のとうりです。

                IN    OUT  GROSS  HDCP  NET 
優勝   大本 博    48    41     89      15.6    73.4
2位   小田節二    43    50     93      19.2    73.8
3位   森口 究    49    41     90      15.6    74.4

BG   木村好孝    44    43     87      12.0    75.0
(4位)

大本博様が優勝カップと副賞の小名浜港直送の干物セットを、奥林支部長より授与されました 尚 当日賞の22位は米倉正明さんが優勝者と同じ副賞をゲットされました。
ベスグロゲットの木村さんは48年卒で 今年の東京フェスタ2013の学年幹事長でもあり、
7月7日(日) いいのホールにて開催され、メインスピーカーが田口荘さんで軽音楽部の演奏もあると紹介され、 一同 再会を誓って、お開きと成りました。
 次回は7月の開催予定です。                      
2013年3月25日 
                        東京支部 常任幹事
                        朝山正美               

■4月23日(火);三日月会4月度例会のご案内:「国連を知ると世界が見えるー国連と国際法の今」と題して、国連日本政府代表部にて専門調査員として勤務された若手の国際法研究者、掛江朋子様に講演を頂きます。
 三日月会4月度例会は「国連を知ると世界が見えるー国連と国際法の今」と題して、国連日本政府代表部にて専門調査員として勤務した、若手の国際法研究者、掛江朋子様に講演を頂きます。国連はどういう組織構造になっているのか?国連代表部での一日とは? 国際法は、どのように発展しており、今どのような問題に直面しているのか? 国連に関する新聞記事やニュースが、少し身近に感じられるようになるお話満載です。皆様の多数のご来場をお待ち申し上げます。



日  時: 2013年4月23日(火)12:15〜13:30

場  所: 関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を
設置いたします。

会  費: 1,500円(軽食は、11時45分からお出しいたします。)

スピーカー: 掛江朋子様
  (ご尊父は関西学院大学卒業・同大学院博士課程修了 福山大学前経済学部長 掛江正造様)

2010年 横浜国立大学大学院国際社会科学研究科博士課程後期修了(博士(学術))
2010-12年 国際連合日本政府代表部 政務部 専門調査員(国際法担当)
2012年- 尚美学園大学 非常勤講師
2013年- 中央学院大学 非常勤講師
著書『武力不行使原則の射程―人道目的の武力行使の観点から―』(国際書院、2012年)

タイトル: 「国連を知ると世界が見えるー国連と国際法の今」

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{ 最終申込締切4月19日(金)}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
     E-Mail kg.tokyo*nifty.com(*を@に変えてください)

予告 5月例会  仮称「国の防衛−国を守るとは」と題して調整中    以上     

■3月8日開催の三日月会3月例会は、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)博士研究員三木健嗣様をお迎えし、71名の方にご参加いただき、無事終了いたしました。有難うございました。
【講演の概要】

 三日月会3月度例会は、「iPS細胞とは?−iPS細胞研究の現状とこれから」と題して京都大学iPS細胞研究所(CiRA)博士研究員三木健嗣様にご講演を頂きました。

 去年山中伸弥教授がノーベル医学,生理学賞を受賞され,日本中が喜びに沸いたことは記憶に新しいと思います。最近,その技術が実際の臨床の場に応用されるというニュースも報道されました。今回の講師の三木健嗣さんはその山中教授の下で研究を続けていらっしゃる方です。
 そもそもiPS細胞とは何なのか。三木さんは3つのポイントに分けてわかりやすく説明してくださいました。
(1)iPS細胞について
 iPS細胞とは「induced pluripotent stem cell」の略で,訳すと
「誘導多能性肝細胞」となります。つまり,自己複製と分化機能を
持った細胞のことです。身近な例として,トカゲの尻尾やプラナリアが
あります。
 iPS細胞に先立って,受精卵から作ったES細胞がありますが,胚を使う
ことによる倫理問題や拒絶反応の問題があるため,受精卵を使わずに
分化万能細胞を作る試みが世界中でなされていました。
 そんな中,2007年に山中教授が世界で始めてiPS細胞の作成に成功。
ちなみに,iPSとは山中教授によるネーミングで,「i」を小文字にしたのは,「iPhone」,「iPad」からの拝借だそうです。
(2)iPS細胞の応用
 iPS細胞の応用として,「創薬研究(新薬の開発)」「再生医療」「iPS
細胞バンクの作成」「絶滅危惧種の復活」があげられます。
薬の開発や再生医療は3つ目のポイントである「再生医療の可能性」へと
繋がって行くのですが,それとは別に,絶滅種の復活など夢のある研究も
行われています。
(3)再生医療の可能性
 さて,ここからが医療分野での治療への可能性について,なのですが,
最近iPS初の臨床研究として「加齢黄斑変性」の治療が承認されました。
iPS細胞から作った網膜細胞のシートを患者の傷んだ網膜細胞と取り換えることにより,視力の回復を試みる治療です。
心筋細胞による心不全の治療や,神経細胞,筋肉細胞によるALSやパーキンソン症の治療など,今後難病への治療も期待されるところです。

 この分野への期待度は高く,質疑応答の時にもたくさんの方の質問がありました。
 日本が誇る科学の力を,もっと国際的にアピールして行って欲しいものですね。

【以下案内文】

 三日月会3月度例会は「iPS細胞とは?−iPS細胞研究の現状とこれから」と題して京都大学iPS細胞研究所(CiRA)博士研究員三木健嗣様にご講演を頂きます。三木様は山中教授と同じiPS細胞研究所に所属されている将来を期待される新進気鋭の研究者です。
 昨年10月、山中伸弥教授がノーベル医学・生理学賞を受賞されました。山中先生の受賞は、我が国の生命科学研究の歴史において特質すべき出来事であり、2006年に初めてiPS細胞の作製に成功してわずか6年での受賞に日本中が歓喜し、多くの方々がiPS細胞を用いた再生医療の実現を期待していることと思います。これまでの医療を大きく変えると言われているiPS細胞とはどのような細胞なのか、iPS細胞をどのような医療に応用するのか等、iPS細胞研究の現状と今後についてお話頂きます。皆様の多数のご来場をお待ち申し上げます。



日  時:2013年3月8日(金)12:15〜13:30

場  所:関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を
設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は、11時45分からお出しいたします。)

スピーカー:三木健嗣様 京都大学iPS細胞研究所 博士研究員
       1983年 神戸市生まれ
       2006年 東京工業大学生命理工学部卒業
       2012年 大阪大学大学院医学系研究博士課程卒業(医学博士取得)
       2012年 京都大学iPS細胞研究所 初期化機構研究部門所属
           (2009年4月〜22013年3月 日本学術振興会 特別研究員)

タイトル :「iPS細胞とは? − iPS細胞研究の現状とこれから」      
*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{ 最終申込締切3月4日(月)}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
     E-Mail kg.tokyo*nifty.com(*を@に変換)

予告 4月例会は4月20日前後の予定(日程調整中)
 仮称「国連というところ」(元国連代表部 掛江朋子様)を予定しています。
以上


■2月25日開催の三日月会例会は、設計事務所ゴンドラ主宰の小林純子様をお迎えし、53名の方にご参加いただき無事終了いたしました。有難うございました。
 2月の三日月会例会は、設計事務所ゴンドラ主宰の小林純子様をお招きし、「現代トイレ考」ートイレを通して社会が見えるーと題して、お話を伺いました。

【講演の概要】

 小林様はサピアタワーの4Fトイレの設計をされた方です。この日のテーマは「公衆トイレ」です。トイレは女性にはこだわりがあるところから設計に関しても女性の視点が生かせる分野です。求められる要件は、安全や清潔、使いやすさ、だれでも平等に使えることなど。それを基本にして完成度の高いデザイン性が要求されます。トイレは維持管理が欠かせないところからメンテナンス会社との密接な連絡も必要です。付随の設備としてはパウダーコーナー、授乳スペース、必要な用品の自販機なども充実しずいぶん使いやすく工夫されたトイレが多くなっています。ヒカリエの女子トイレは20代から40代の女性用に特化し、エレベータホールに続くウエイティングスペースや休息スペースを設け、パウダールームもエステ顔負けの豪華さとか。商業ビルだけではなく駅や高速道路のPAのトイレも急速にきれいになり驚くほどです。こんな専門家の力があったのですね。

【案内状】
 2月例会は、「現代トイレ考−トイレを通して社会が見える」と題して、設計事務所ゴンドラ 代表取締役小林純子様にご講演いただきます。小林様はトイレ設計、トイレ空間の研究者として全国的に著名の方で、数多くの作品を世に出され、設計事務所経営の他、数校の大学で教鞭をとっておられます。トイレは私達日々お世話になる空間ですが、案外、その重要性に気づいていない事が数多くあります。トイレの大切さ、トイレの今昔、トイレにまつわる秘話(トップリーダーとトイレの関係)、高齢者とトイレ、トイレに関する苦労話等トイレに関するすべてをお話いただきます。ご講演からは、トイレを通した社会、その変遷が見えてきます。トイレに対する見方、考え方ががらりと変わること請け合いです。皆様の多数のご来場をお待ち申し上げます。


日  時:2013年2月25日(月)12:15〜13:30

場  所:関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を
設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は、11時45分からお出しいたします。)

スピーカー:小林純子様(設計事務所ゴンドラ代表取締役) 
        宮崎県出身。1967年日本女子大学家政学部卒業。設計事務所勤務の後、1988年5億円をかけた公衆トイレ・チャームステーションを設計。1989年 一級建築事務所ゴンドラを設立。2004年以降、文化女子大学、日本女子大学,千葉工業大学等非常勤講師。著書「トイレが変わる」(共著)保育社、「木造住宅の設計監理」(共著)井上書院、「変わる学校のトイレ」草土文化。関西学院大学総合政策学部・上野真城子教授とは大学の同期生です。

タイトル:「現代トイレ考―トイレを通して社会が見える」      

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{ 最終申込締切2月20日(水)}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
     E-Mail kg.tokyo*nifty.com(*を@に変更)

【予告】 3月例会は3月8日(金)
 仮称「今話題のIPS細胞」三木 健嗣 氏(山中研究所 研究員)を予定しています。
以上 


■『第8回KG水彩スケッチ会展』のご案内
  3月11日(月)〜3月17日(日)
  11:00〜18:00(但し最終日は16:00まで)

『第8回KG水彩スケッチ会展』

KG水彩スケッチ会は、首都圏在住の関西学院同窓生とそのご家族のサークルで、NHK文化センター講師の水彩画家五十嵐先生(昭和38卒・経済学部)のご指導の下、光と影で奥行きを表現する透明水彩スケッチを楽しみながら、活発な活動を続けておられます。

今年で8回目となります展示会は、1年間の努力の発表でございます。
、毎回多くの同窓の皆様にご来場を頂いております。
以下の通りにご案内をさせて頂きますので、是非とも本年も多数の皆様のお越しを賜わりますようご案内申し上げます。


〜第8回KG水彩スケッチ会展〜

◆ 期間:3月11日(月)〜3月17日(日)
11:00〜18:00(但し最終日は16:00まで)

◆ 会場:ギャラリーくぼた 5階 中央区京橋2-7-11
             筺。娃魁檻械毅僑魁檻娃娃娃
            東京メトロ 銀座線京橋 6番出口より歩1分
            JR東京駅八重洲南口10分
           
            http://www.gallery-kubota.co.jp/

--
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
関西学院同窓会 東京支部事務局
永井 和廣
〒100-0005
千代田区丸の内1-7-12サピアタワー10階
TEL:03-5224-6226
FAX:03-5224-6227
Email kg.tokyo@nifty.com
支部ホームページ www.kg-tokyo.com
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


■1月29日開催の三日月会新春例会は、中村敦夫様をお迎えし、92名の方にご参加いただき無事終了いたしました。有難うございました。
【開催報告】

2013年1月29日(火):三日月会1月度例会は、新春にふさわしく俳優・作家・政治家としてご活躍の中村敦夫様をお招きし、『スモール・イズ・ビューティフル』と題してお話を伺いました。

2013年が始まって最初の講師は「木枯らし紋次郎」で一世を風靡した中村敦夫さんでした。ご本人は開口一番,「出がらし紋次郎」になってしまいました,と自嘲気味のユーモアを披露なさり,場を沸かせてくださいました。
 まず,テレビのニュースキャスターの仕事で世界中を飛び回り,命からがらの体験をされたことが現在の活動の拠点になったというお話をなさいました。
 歴史,経済,政治,哲学,宗教と幅広い知見を持って,大学で講義したり,本を書いたりして,近代文明への警鐘を鳴らしてらっしゃいます。産業革命から始まった近代は,「経済成長至上主義」を旗印に驀進して来ましたが,今や「四面の壁」すなわち,「戦乱の拡大」「環境破壊」「人口爆発」「近代経済の崩壊」によって終焉を迎えつつあります。その終焉をいかに回避するかは,シューマッハの「スモール・イズ・ビューティフル」の理論の中にあります。もはや大きいことは善ではなく,小さいこと,無駄を省くこと,「少欲知足」に生きること,自給自足に戻ること,手工業を復活させること,など,身の丈に合った生活をすることが喫緊の解決策であり,幸せにつながるだろうというのです。
「グローバリズム」から「ローカリズム」へ。私たちでも今すぐに実践できそうな提案をいただき,心が引き締まるお話でした。

【以下案内文です】
 1月度例会は、新春にふさわしく俳優・作家・政治家としてご活躍の中村敦夫様をお招きし、『スモール・イズ・ビューティフル』と題して、シューマッハの著作をもとに、望ましい社会の在り方についての講演をしていただきます。シューマッハはドイツに生まれ、後に英国に帰化した経済学者、実業家です。仏教経済学(少欲知足)や中間技術(ローテク)、スモール、エコロジー、霊性(人間の精神の存在)をキーワードに語っていただきます。東日本大震災をきっかけに原発の見直しや地域のつながりなどに目を向けられるようになった今、大きいことは果たしていいことなのか、小さいことのメリットはどこにあるかを考えてみませんか。地域を豊かにし、そこに住む人々を幸せにする社会とはどんな社会でしょうか。多数の皆様のご参加を心よりお待ち致しております。
                    


日  時: 2013年1月29日(火)12:15〜13:30

場  所: 関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費: 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 中村 敦夫(なかむらあつお)氏
       1940年東京都生まれ。東京外国語大学を中退し、俳優座に入 団。のちハワイ大学に留学。72年より主演したテレビドラマ[木枯し紋次郎」が空前のブームに。83年作家デビュー。日本初の本格的情報番組「中村敦夫の地球発23時」のキャスターに起用され海外取材を重ねる中で国際的視野をもつようになる。参議院議員として、「さきがけ」、「みどりの会議」代表として、環境問題や農林業の復権に取り組む。07年から09年、同志社大学・大学院で環境問題について講義。現在日本ペンクラブ理事兼環境委員長、著書に暴雨地帯(角川書店)、簡素なる国(講談社)など多数。

タイトル: 『スモール・イズ・ビューティフル』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切1月24日(木)}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
≪先着順で、定員になり次第締め切らせていただきます≫         

東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
     E-Mail kg.tokyo*nifty.com (*を@に置き換えてください)

◎関西学院大学東京丸の内キャンパスは、年末年始休暇の為 12月22日

(土)〜1 月6日(日)まで閉室致します。*12 月27日(木)は除く*

つきましては、同期間中、同窓会東京支部事務局も休みとなりますので、皆様へのご返事は来年の1月7日以降になります。期間中ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解とご了承の程、宜しくお願い致します。

以上




■展覧会「「サロン・セタンドール東京」
(関西学院大学絵画部弦月会OB有志展)のご案内
東京支部会員の皆様へ

寒さが肌をさす今日この頃でございますが、皆様お元気にご活躍のことと存じます。
平素は、東京支部にご支援ありがとうございます。

さて会員の木村民治様(昭和40年 商学卒)より、次のとおりご紹介を受けましたので、ご案内申し上げます。
皆様お誘い合わせて、鑑賞にお出かけ頂きます様にお願いいたします。

                     記

この度のグループ展は「サロン・セタンドール東京」グループで、関学絵画部でS37〜43卒業メンバーの展覧会です。
(東京支部の会員も在籍しておられます。)
毎年、関西を中心に開催していましたが、この度結成10周年を記念して東京での開催を企画されました。

開催期間:2013/2/10(日)〜2 /16(土)11:00〜18:00
         (初日は14:00から、最終日16:00まで)
       
場   所:東京交通会館(有楽町駅前) 1F パール ルーム
       http://www.kotsukaikan.co.jp/access/index.html
       (添付カード:セタンドール東京 をご参照ください)

            ご 挨 拶

私たちは、今から50年ほど前に関西学院大学で学ぶ傍ら、絵画部「弦月会」で一緒に絵を描いた仲間の内、昭和37年〜43年の間に卒業したメンバーで結成した団体です。
半世紀を越え平均年齢も70歳を超えるようになった今、これまで関西で毎年展覧会を開催しておりましたが、この度結成10周年を記念し、東京で展覧会を開催することにいたしました。
当時は、現代絵画の先輩の吉原治良氏の主催する「具体美術協会(具体)*」が評判になっていた時代でした。
非常に熱気のあるクラブで、毎日のようにアトリエで絵を描き、議論し、一緒に遊んだ仲間でもあります。
この多感な時代を共に過ごしたこのメンバーを黄金の7年(SEPT ANS D’OR)と称し、昭和40年卒業生を中心とした前後7年のメンバーで結成したグループです。
メンバー には個展や公募展で活躍するものなど、多彩なメンバーが集まっていますが、今回は小品を中心に展示しております。
皆様の忌憚の無い御意見ご批評をいただけると幸いです。
                                                サロン・セタンドール東京   出展者一 同

*「具体」  :
昨年国立新美術館で大規模な企画展が開かれました。また2006年には東京国立近代美術館で吉原治良氏の回顧展が、昨年はMOMA(ニューヨーク近代美術館)で具体がとりあげられ、そして今年も2月にニューヨー クのグッゲンハイム美術館で「具体」の大規模な展覧会が計画されています。
******************************************
関西学院同窓会
東京支部
永井 和廣
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F
TEL:03-5224-6226
FAX:03-5224-6227
E-mail:kazu-nagai@kwansei.ac.jp
******************************************































                                                  

















■冬期休暇のお知らせ
 12月22日(土)〜1月6日(日)まで窓口業務は休止し、事務所は閉室させていただきます


関西学院同窓会 東京支部ならびに関西学院大学 東京丸の内キャンパスは、

12月22日(土) 〜 新年1月6日(日)まで冬季休暇となっております。(12月27日は、除く)

期間中、窓口業務は休止させていただき事務所は閉室させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご了承をお願いいたします。

 業務再開は、1月7日(月)午前10時からでございます。


■関西学院大学 アメリカンフットボール部 テレビ放映のご案内
     2012年12月19日(水)

関西学院大学 アメリカンフットボール部 テレビ放映のご紹介を受けましたので次の通りご案内申し上げます。


テレビ局  フジテレビ 

番 組 名  すぽると!
http://www.fujitv.co.jp/sports/sporut/index.html

日  時  2012年12月19日(水)23:55-24:35


放映時間の中の10分間

放映時間の変更もございますので、確認のうえご覧ください。

                   関西学院同窓会 東京支部
                   事務局
                   TEL:03-5224-6226



■12月11日開催の三日月会12月度例会は無事終了いたしました。皆様のご参加まことにありがとうございました。
 12月例会の講師は高草どうぶつ病院院長の橋本昌大様をお迎えし、「日本の伝統獣医学と新しい獣医学から動物の健康を考える」と題してお話を伺いました。42名の方のご参加いただきました。
 日本伝統獣医学会理事であり、意識波動研究会理事もつとめておられます。橋本さんの治療方針は漢方による治療です。犬猫も内臓は人間とほとんど変わらないところから、犬猫用の漢方薬というものはなく、症状によって使う薬は人間のものと同じです。講演はヒポクラテスの言葉の紹介から始まりました。人間の体は季節の影響をうける、特に季節に変わり目に注意する。食事制限も長期にわたるときは励ましをあたえそれが快復力につながるというのです。医学には3つの武器があり、第一に言葉、第二に薬草、第三にメスとか。これは東洋医学と根本的に同じです。森は破壊されても時間をかけて再生します。動物も本来の環境を取り戻すことができれば驚異的な自然治癒力を発揮するそうです。橋本さんは青年海外協力隊としてザンビアへ、またミクロネシアでも高校教師を経験されました、そのような体験と共に、内村鑑三の著書を心の支えとし、マグサイサイ賞を受賞した岩村昇氏、種谷牧師、荒川牧師などとの出会いを経て獣医師としてのいまの生き方を選択されたとのこと。真摯な生き方に感銘をうけました。

【以下案内文です】

12月例会は、高草山どうぶつ病院院長・獣医師 橋本昌大氏をお招きし、「日本の伝統獣医学と新しい獣医学から動物の健康を考える」と題してお話を伺います。
橋本氏は、関学中学部、高等部をご卒業、鳥取大学獣医学科に進学され、大学卒業後、青年海外協力隊で出向いたザンビアでは、42度の高熱で生死をさまよい、インドでは、マザーテレサの教えを受け、またミクロネシアで高校の教師になったりと様々な体験を繰り返しながら、獣医学の道に進まれました。現在は、人間はもとより、動物の生命の尊さを大切にする獣医師として活躍しておられます。獣医学における東洋医学と西洋医学の両面から動物医学を考え、その違いを探り、動物が持つ自然治癒力、動物に与える医学的効果等についてお話頂きます。
動物愛護の皆様には、大変有意義なお話がお聞き出来るものと思いますので、多数の皆様のご参加をお待ち申し上げます。                                


日  時: 2012年12月11日(火)12:15〜13:30

場  所: 関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を
設置いたします。

会  費: 1,500円(軽食は、11時45分からお出しいたします。)

スピーカー: 橋本昌大氏(高草山どうぶつ病院院長・獣医師) 
       1962年兵庫県生まれ。関西学院中学部・高等部、鳥取大学農学部獣医学科卒業、同大学大学院修了。青年海外協力隊、京都YMCA勤務、ミクロネシアオア高校教師、動物病院勤務を経て 1997年高草山どうぶつ病院を開業。2010年第2回アジア伝統獣医学会にて教育講師となる 

タイトル: 「日本の伝統獣医学と新しい獣医学から動物の健康を考える」      
*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{ 最終申込締切12月5日(水)}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
     E-Mail kg.tokyo*nifty.com(*を@に変換)

予告 1月新春例会は1月29日(火) 中村敦夫氏(俳優・文筆家)を予定しています。  


■特別講演会「ライスボウルを3倍楽しむ方法」
 2012年12月19日(水)
■東京支部会員各位
                        関西学院同窓会東京支部
                        支部長 奥林 群司

    特別講演会「ライスボウルを3倍楽しむ方法」のご案内

拝啓 年の瀬の寒さひとしおでございますが、皆様には益々ご清栄のこととお慶び申しあげます。
 さて、KGファイターズは、宿敵立命館パンサーズを撃破、関西を制覇して12月16日の甲子園ボウルで大学日本一を目指します。更に今年1月3日の雪辱を期して、日本の頂点を目指してライスボウルへと歩みを続けています。来年の1月3日には、多くの支部会員の皆様が、東京ドームに足を運ばれることと存じます。そこでアメリカンフットボール部OB会のご協力により「ライスボウルを3倍楽しむ方法」を企画いたしました。
 急な案内ではございますが、ぜひとも多数の皆様のご参加をお待ち申し上げます。
(尚、甲子園ボウルに万が一敗れた場合、中止になりますので、ご了承ください。)敬具                       


                 
                記


日  時 : 2012年12月19日(水)13:00〜15:00

場  所 : 関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
        東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
        3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「受付」を
        設置いたします。

会  費 : 無料

スピーカー: K.G.ファイターズOB会の皆様

内   容: アメリカンフットボールの歴史、ルール、戦略、戦術から、
       ライスボウルの予想(2013年1月3日)までわかりやすく
       解説して頂きます。     
タイトル : 「ライスボウルを3倍楽しむ方法」 
     
*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227 E-Mail kg.tokyo@nifty.com
-----------------------------------------------------------------------
2012年12月度 特別講演会  12/19 出 席 します
   卒業年度(S. H.)   年       学部卒 
          氏名                 連絡先                               
                              (TEL他)
    *通信欄 (住所変更届他連絡事項)       


■11月9日開催の三日月会11月度例会は、57名の方にご参加いただき無事終了いたしました。有難うございました。
【講演の概要】

 今回の講師の奥谷京子さんは「女性のための世界銀行」の日本代表です。これは女性の自立支援を目的とする団体で、世界女性会議をきっかけに生まれたものです。本部はニューヨークにあり、国連と世界銀行がサポートしています。日本支部は1990年に39番目の支部として誕生しました。
 奥谷さんは東日本大震災に心を痛め、ご自分の守備範囲を生かした支援を模索し、思いついたのがソーシャルネットワークならぬ、ソーシャルニットワークでした。講演はNHKの「おはよう日本で」で紹介された活動の様子を映したDVDからスタート。避難所や仮設住宅で住む場所が確保されても仕事がないのは辛い。そこで編み物をしてもらうことを思いつき、毛糸はネットを通じて全国から集め、初めは6人だった編み手もいまや60人です。
 システムがユニークです。借金をすると返済に追われるので、まず資金を提供してもらい商品を送るという方法をとったのです。ポーラは社会貢献の一環として銀座店でこのニットの販売を11月7日から始めました。
 奥谷さんはお父上が関学の34年卒で日本拳法部で活躍されホームページも作られました。当日はお父様のお仲間がたくさん応援にみえました。
 
【ご案内文書】

 11月例会は、WWB/ジャパン(女性のための世界銀行日本支部)代表奥谷京子様をお招きし、「3.11、私でも出来る被災地での応援」と題してお話を伺います。昨年3月11日に発生した東日本大震災直後、自ら現地に赴き、新しい手法で「ソーシャルネットワークプロジェクト」を立ち上げ、大きな成功を収め、地元の被災者の方々や関係する皆さんから大いに感謝されました。引き続き、被災者の女性経営者の自立支援や「ボランタリーツーリズム」活動を通じて大震災の風化を防ぐ活動を積極的に続けておられます。一連の活動はNHKテレビや全国紙の新聞等にも大きく取り上げられ、注目を集めました。奥谷様は、我が国における女性起業家の先達的存在で、各界から大いに注目され、期待されている逸材です。「Mastery For Service」に相応しいテーマです。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。                                 


日  時: 2012年11月9日(金)12:15〜13:30

場  所: 関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を
設置いたします。

会  費: 1,500円(軽食は、11時45分からお出しいたします。)

スピーカー: 奥谷 京子様  WWB/ジャパン代表
       
ご尊父は奥谷勇仁様(関西学院中学部高等部・経済学部S34年卒)。 慶應義塾大学総合政策学部卒業、人事・組織設計を専攻。卒業後WWBジャパン入社 2000年事務局長 2005年代表に就任。産業能率大学・明治学院大学非常勤講師、浜松ビジネスコンテスト審査委員、国際協力機構(JICA)研修担当等幅広く活躍。著書に「ひろう・もらう・つくる・お金をかけない起業法」(アドア出版2001年) 「奥谷京子の夢起業塾」(日本評論社2012年)。

タイトル: 「3.11、私でも出来る被災地での応援」      

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切11月5日(月)}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。               
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
      E-Mail kg.tokyo*nifty.com(*を@に変換)

【予告】 12月例会は12月11日(火)橋本昌大様(獣医師 関西学院中学部・高等部)『日本の伝統獣医学と新しい獣医学から動物健康を考える』を予定しています。  


■「K.G.Christmas 2012」 開催のご案内
   2012年12月8日(土)
今年も残すところ2か月余りとなり、サンタクロースの足音が今にも聞こえそうですね。
皆さん、子供の頃の、青春時代のクリスマスを覚えていますか?キャンドルサービス、友人たちと歌ったクリスマスキャロル、プレゼント交換・・・、そんな懐かしいクリスマス会を再現します。
グリークラブOBによるクリスマスソングの数々、軽音楽部OBのビッグバンド演奏に耳を傾けながら、皆さんとクリスマスをお祝いしましょう。
同窓会東京支部会員の皆様、ご家族ご友人をお誘いあわせの上、2012年の最後を飾るクリスマス
パーティに奮ってご参加下さい。

開催日: 2012年12月8日(土) 10:30 
     受付開始  11:00〜 クリスマス礼拝
             11:30〜14:00
               アトラクション・懇親会・お楽しみ抽選会
     アトラクションご出演 
            グリークラブOB 東京新月会
            軽音楽部OB  Tokyo Reunion Jazz Orchestra 508

会 場: グランドプリンスホテル高輪  B1 プリンスルーム
    (ご注意! KGフェスタ2012を開催しましたグランドプリンス
          ホテル新高輪とは異なります)
参加費用: ご本人及びご友人   6,500円
        ご家族          4,500円
          (小・中学生 3,000円、幼稚園児以下 無料) 
プレゼント交換: 参加者全員でプレゼント交換を楽しみますので、必ずおひとり500円程度のプレゼントをご持参下さい.
(小・中学生と幼稚園児以下は除く)

申し込み方法:FAX、メール、郵送にて下記「KGクリスマス」係まで
お申込み下さい。
    (参加申込書の内容に従って必要事項をご記入の上、FAX、
       メール、郵送のいずれかでお申し込みをお願致します。)
      ・FAX:  03-5224-6227
      ・メール:kg.tokyo@nifty.com
      ・郵送: 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 
         サピアタワー10F
          関西学院同窓会 東京支部「KGクリスマス」係
参加費用振込先:
   ・郵便局 00190-3-83120  口座名義 関西学院同窓会東京支部
   ・三菱東京UFJ銀行本店 普通0497149
 口座名義 関西学院同窓会東京支部
        *振込証を当日受付へご提示下さい。

 申込締切日:2012年11月30日(金)

お申込み後のキャンセルは、12月6日(木)までにご連絡頂ければ、振込費用を差し引いた上でご返金致します。その際は、振込口座、お名前、電話番号をFAXまたは郵送にて事務局までご連絡をお願い申し上げます。

関西学院同窓会東京支部は関西学院創立125周年に協賛しています。

関西学院同窓会 東京支部「KGクリスマス」係 行(FAX 03-5224-6227)
K.G. Christmas2012 参加申込書ご記入内容

氏  名
性別
家 族
(幼・小・中)
卒年
学部
在学中の所属
サークル
東京支部所属
サークル
参加費


申込代表者氏名: 
住所:〒  
TEL: FAX:
E-Mail: 日中の連絡先:
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
会場 グランドプリンスホテル高輪
(東京都港区高輪3-13-1 TEL 03-3447-1111)


食事はビュッフェ方式ですが、テーブルに着席してお召し上がり頂けます。久しぶりの仲間に出会えるよう、卒業年次テーブルを設けます。また、各クラブ、同好会、勤務先、同窓会東京支部サークルごとのテーブルもご用意できますのでお申し出ください。
親しい同窓のご友人にも声を掛け合って奮ってご参加下さい。

★お問い合わせ先:関西学院同窓会 東京支部
         事務局(TEL 03-5224-6226)

■10月16日開催の三日月会10月度例会は、75名の方にご出席いただき、無事終了いたしました。有難うございました。
【ご講演の概要】

 今回の講師は大阪天満宮宮司、昭和32年文学部史学科卒の寺井種伯氏をお招きし、『日本の誇るべき事例』と題してお話を伺いました。

 学生時代は陸上競技部ということで当時の陸上関係のお仲間が久しぶりの出会いを楽しみに見えたこともあり75名もの方がご参加いただきました。
 台湾からの留学生に日本は世界でも有数のすばらしい国と日本の良さを教えられたというところから話が始まりました。
 日本は国民すべてが同じ歴史、文化をもち、同じレベルの教育を受けている。外敵に蹂躙された歴史がないとのこと。世界の歴史をみるとこんな国はないのです。聖徳太子の17条憲法は各省庁に対してのお触れで、和をもって貴しとなすから始まり、今に通じる官僚の心得が1400年も前に説かれています。貴族から農民までの歌を含めた万葉集、古事記のすばらしさにも触れられあらためて私たちも日本のすばらしさを再認識しました。最後に神道の精神は敬神崇祖にあり感謝を忘れてはいけないと話されました。
 天満の天神さんとして地元とのつながりも強く、天神橋商店街や上方落語協会の要請で天満天神繁昌亭という落語の定席に境内の一角を提供され、商店街もにぎわいをとりもどし、寄席も連日満員の盛況だそうです。
 関西に帰られたときは行ってみてはいかがでしょうか。

【以下ご案内文です】

 10月度例会は、本学文学部史学科ご卒業で大阪天満宮宮司寺井種伯氏をお招きし、『日本の誇るべき事例』と題して語っていただきます。平成24年は我が国最古の歴史書といわれる古事記が編纂されて1300年にあたります。私たちは戦後、物質的な豊かさのみを追い続け、生活のすべてを明日に向かって生きてまいりました。寺井様の話をきっかけにこのあたりで振り返り、世界でも稀な単一民族「日本人」の歴史を考えてみませんか。天満繁昌亭などを含め天満の天神さんとしての地域との関わりについてもうかがえればと思います。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
   
日  時: 2012年10月16日(火)12:15〜13:30

場  所: 関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置します。

会  費: 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 寺井 種伯(てらいたねのり)氏(大阪天満宮 第57代宮司)

       1957年関西学院大学文学部史学科卒。国学院大學神道専攻科卒。明治神宮奉務。四条畷神社宮司などを経て、89年大阪天満宮第57代宮司に就任。2004年より大阪府神社庁庁長に就任。現在神社本庁常務理事。
       寺井家は、代々大阪天満宮宮司を務める。

タイトル: 『日本の誇るべき事例』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切10月11日(木)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。            
東京支部 TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
 E-mail: kg.tokyo*nifty.com(*を@に変更)

【予 告】11月例会は、11月9日(金)女性のための世界銀行日本代表 奥谷京子様を予定しております。
以上


■9月5日開催の三日月会9月度例会には、85名の方にご参加いただきまして、無事終了いたしました。有難うございました。
 【ご講演の概要】

 三菱航空機株代表取締役社長江川豪雄(えがわひでお)様をお招きし、「国産初のリージョナルジェット機MRJを世界の空へ」と題して、航空宇宙産業の現状と将来展望をテーマにお話をうかがいました。日本の航空機の歴史は1919年から始まり、1934年には世界水準の飛行機を製造するほどでしたが、その後中断し昭和27年に航空機製造を再開してYS11を開発してきました。そして今リージョナル(地域の)ジェットで再び世界に向けて飛び立とうとしています。
 2007年から開発に着手したMRJ(三菱リージョナルジェット)は短距離用の飛行機で、席は70から80席と86から96席の2種類。飛行距離は東京からグアム、台湾くらいで、大空港から地方空港への移動に主に使われます。現在市場を二分しているのはブラジル製とカナダ製。各航空会社は自社では保有せず機材、パイロット、乗員までカバーしたリースが主流です。MRJの特徴はCO2の排出量や騒音が少ない、安全でコストが安い、顧客ニーズに合った居住性の確保、環境によいところから空港使用料も安くすむ、経済性にもすぐれていて油の使用料も少ないという点にあります。今のニーズに合っているところからすでに230機を受注しています。
来年春から地上走行、秋からは飛行テストが始まり、予定では2015年に納入です。
 久しぶりに日本の製造業の健在振りをうかがいみんな元気がでました。


 【以下ご案内文書】

 三日月会9月例会は、三菱航空機株式会社代表取締役社長江川豪雄(えがわひでお)様をお招きし、「MRJ −Made In Japan− を世界の空へ」と題して国産初のリージョナルジェット機 MRJ開発の現状に関するお話を伺います。MRJ(三菱リージョナルジェット)は戦後初の国産旅客機YS11の登場以降40年ぶりの国産旅客機で、環境適応型高性能小型航空機と銘打って開発がすすめられています。江川様からは、国内航空機産業のこれまでの歴史に触れながら、世界の航空機マーケットの現状や先進技術の適用について、さらには、環境に優しいMRJの特徴である世界最高レベルの運行経済性や客室快適性とともに今後の展望についてお話を頂ける予定です。直近の7月12日の日経、朝日新聞に「MRJ アメリカの航空会社から新規受注100機」との報道もあり、世界的にも大いに注目を集めている航空機です。大いなる興味をそそるところです。多数の皆様のご参加を心よりお待ち致しております。

                 記
日  時: 2012年9月5日(水)12:15〜13:30

場  所: 関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
       千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
       JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を
設置いたします。

会  費: 1,500円(軽食は、11時45分からお出しいたします。)

スピーカー: 江川 豪雄(えがわ ひでお)様 三菱航空機株式会社取締役社長
      昭和19年 清水市生まれ 昭和42年東京大学法学部卒業 同年三菱重工業株式会社入社 昭和48年ワシントン大学法学院修士課程修了 平成11年三菱重工アメリカ現法社長 平成14年三菱重工業株式会社取締役 平成17年常務取締役 平成19年同社取締役副社長 平成21年三菱航空機株式会社取締役社長就任 

タイトル: 「MRJ −Made In Japan―を世界の空へ」
*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切8月31日(金)}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227 E-Mail kg.tokyo@nifty.com

「予告」10月例会は10月16日(火)大阪天満宮 宮司 寺井種伯様を予定しています 
以上

■木村 民治様 二科展「特選」入選のご案内
(昭和40年商学部卒)
第97回 二科展「特選」に入選をされましたので、ご案内いたします。
現在、展示中でございます。
皆様お誘い合わせの上、ご鑑賞下さい。


第97回 二科展
木村 民治様 作品名 「空の翼」(4)

2012年9月5日(水)〜9月17日(月・祝) 休館日 9月11日(火)

午前10時〜午後6時まで(ご入場は、午後5時30分/金曜日 午後8時まで)
最終日は、午後2時終了(午後1時までにご入場ください)

開館状況の確認 電話 03-5777-8600



会場 六本木 国立新美術館
http://www.nact.jp/

千代田線 乃木坂駅 
日比谷線・大江戸線 六本木駅 


関西学院同窓会 東京支部
TEL:03-5224-6226 FAX:03-5224-6227

■平野敬則 水彩スケッチ展のご案内
    (MY SKETCHBOOK 検
名称:平野敬則 水彩スケッチ展
    (MY SKETCHBOOK 検

日程:9月18日(火)〜24日(月)
   11:00-18:00(最終日 16:00 終了)
場所:並樹画廊
    東京都中央区京橋2−7−12  TEL 03-3561-2277
     地下鉄宝町駅A5,A6出口より徒歩3分
     地下鉄京橋駅6番出口より徒歩2分
     JR東京駅より徒歩8分

透明水彩スケッチの小品(4〜6号程度)を中心に数十点展示予定。

本個展は、ほぼ同時に開催される「日本スケッチ画会展」の横の会場で行われます。
スケッチ画会の会員でありKG OBなので、こちらも出展の予定。



お問合先
************************************
平野敬則
〒350-2201 鶴ヶ島市富士見2-32-29
TEL 049-286-4886 携帯:090-6930-3233
メール: y.hirano@honey.ocn.ne.jp
*************************************











■9月22日(土)第9回ゴールドコンサート「障がい者の音楽コンサート」ご案内
       


本年で9回目を迎えます「ゴールドコンサート」、色々な障がいを持つミュージシャンの方々が、全国から選抜されグランプリを目指したコンテスト形式のコンサートのご案内でございます。本コンサートの実行委員長は、商学部卒業生の貝谷 嘉洋さんです。貝谷さんは、10歳の時に進行性筋ジストロフィーを発症し、自力での歩行不能などの困難の中で、関学を卒業しました。その後NPO法人バリアフリー協会の代表としても活躍しております。

 これまで過去8回、障がいを持ちながらチャレンジする人たちの音楽に対するひたむきさなど聴衆の皆様の心に残る大変な感銘を与えてくれました。
毎年同窓の皆様が足を会場に運んでいただき、暖かい声援、応援を頂いております。本年も是非ともご来場をお願い致します。

 尚、今年も、関西学院大学は、協賛しております。

詳細は、次ぎのとおりでございます。

 第9回ゴールドコンサート 「障がい者の音楽コンサート」

1.日 時 2012年9月22日(土) 午後4時30分 開演(午後3時30分 開場)

2.会 場 東京国際フォーラム ホールC(バリアフリー対応会場)
     東京都千代田区丸の内3-5-1 電話 03-5221-9000
 
3.コンテスト出場者 12組(特別出場 2組)

4.審査員長    湯川 れい子

5.入場料     S席 3,500円 A席自由 2,000円(高校生以下無料)

  尚、お問い合せ・チケットのお申し込みは、
  ゴールドコンサート事務局 
  電話 03-5215-1485 FAX 03-5215-1735
  E-mail:info@npojba.org URL http://www.npojba.org


関西学院同窓会 東京支部
事務局 永井 和廣
電話 03-5224-6226
FAX  03-5224-6227



■盛夏休暇のお知らせ 8月13日(月)〜8月21日(火)まで窓口業務は休止し、事務所は閉室させていただきます


関西学院同窓会東京支部は、関西学院大学東京丸の内キャンパス盛夏休暇に伴い、窓口業務を休止いたします。

期間 8月13日(月)から8月21日(火)まで

ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご了承をお願いいたします。

業務再開は、
8月22日(水)午前10時からでございます。

                                                        関西学院同窓会 東京支部
                      事務局











■K.G.Tokyoフェスタ2012結果ご報告

同窓会東京支部最大のイベントである「K.G.Tokyoフェスタ20120」を、7月8日(日)、グランドプリンスホテル新高輪「飛天」において開催し、森下理事長や同窓会の高原副会長、東日本の各支部長はじめ多数の来賓をお迎えし、総員467名という多くのご参加者を得て、大盛況のうちに終了いたしました。

 東京支部ではこのフェスタの開催に当たり、関西学院大学を卒業し40年目の同窓生に学年会を組織して頂くとともに、フェスタ実行委員を委嘱し、企画・動員・運営をお願いしております。本年度は、昭和47年ご卒業の皆様がフェスタ実行委員として何度も委員会を開催し、入念な打ち合わせを重ね、動員と当日の運営にご尽力いただきました。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 今年度のフェスタでは、支部長方針にも掲げられている「会員増強」に向けて、東京支部活動の中核ともいえる「サークル」活動紹介のコーナーを今年も実施しましたところ、昨年を上回る20サークルと2つの学年会、そして支部機関紙「コパン」編集チームの参加を得て、ご来場くださった多くの同窓の皆様に東京支部の活動の一端を知っていただくことが出来ました。 
また、東日本大震災の際の関学生のボランティア活動を写真にてご紹介するとともに、初めての試みとして47年実行委員が「関学グッズ」の販売等を実施致しました。「関学グッズ」の収益金15,000円は、わずかではございますが、義捐金として宗教センターを通じてお渡しすることといたしました。ご協力ありがとうございました。

  関西学院 院長 ルース・M・グル―ベル先生「関西学院のIdentityとMission」と題した記念講演、更には応援団総部 指導部・吹奏楽部・チアリーダー部のパフォーマンスなど、これまでにないダイナミックで充実したフェスタとなりました。

 交流会では、卒業年度ごとに設けられたテーブルで旧交を温め、上ヶ原や三田のキャンパスで過ごしたあの頃を思い出していただけたことと存じます。最後に、応援団総部第66代団長「やなぎだ かなた」さんの指揮で校歌「空の翼」を斉唱し、吹奏楽部の賛美歌405番の演奏でお開きとなりました。

フェスタ開催に当たり、動員にご協力くださいました学年会幹事の皆様、サークル幹事の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
このフェスタを期に、東京支部はさらに一層の飛躍を目指してまいります。
皆様のさらなるご支援・ご協力をお願い申し上げます。
 
関西学院同窓会 東京支部
事務局
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F
TEL:03-5224-6226 FAX:03-5224-6227




■松本克巳さんのヴァイオリンリサイタル開催のご案内
   2012年8月28日(火)

東京支部会員でコパンの春号「KGトップランナー」にも登場いたしました
日本フィルハーモニー交響楽団第一ヴァイオリン奏者の
松本克巳(S52年理学部卒)さんの2年に一度のリサイタルが
下記により開催されます。
チケットは同窓会東京支部の事務局窓口でも販売しております。
なお、支部取り扱いチケット売り上げの一部は、同窓会東京支部にご寄付を頂戴することになっております。同窓の皆さまお誘い合わせの上、ご来場を心よりお待ち致しております。


日時 2012年8月28日(火)開演19時(開場18時30分)

会場 東京文化会館小ホール(上野公園)

全席自由 3500円

演奏曲目

 べドジフ・スメタナ       わが故郷より
 アントニン・ドヴォルザーク   わが母の教えたまいし歌」
 ヨハネス・ブラームス     ヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調
 ヨゼフ・スーク         4つの小品   
 アントニン・ドヴォルザーク 
          ヴァイオリンとピアノのためのソナチネト長調 

お問い合わせは、 同窓会東京支部事務局 
 TEL:03−5224−6226
 FAX:03−5224−6227
     Email: kg.tokyo@nifty.com


◎ 関西学院大 学東京丸の内キャンパスは、盛夏休暇の為、
  8月11日(土)〜8月21日(火)まで閉室致します。
  つきましては、同期間中、同窓会東京支部事務局も休みとなりますので、
  ご承知おき下さい。期間中ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解と
  ご了承の程、宜しくお願い致します。




■東京支部 第5回KGGCオープンコンペのご案内 (第1報)
東京支部 会員各位                             
                  関西学院同窓会東京支部
                  ゴルフサークル 世話人
                  朝山正美  大本博  北本治生
                  永井和廣

東京支部 第5回KGGCオープンコンペのご案内 (第1報)


拝啓 夏空がひときわまぶしく感じられる季節になりましたがお元気にお過ごしことと存じます。先日は、K.G.フェスタTokyo2012が開催され、ゴルフサークル展示ブースに、多くのKG OB,OGの皆様ご来場いただきました。ご支援に感謝申しあげます
さて、恒例の首題の件数えて5回目を迎え、毎回参加人数が多く楽しい会となっております。今回は真夏に暑気払いも兼ね、下記のとおり開催のご案内をいたします。
奮ってご参加いただきます様にお願い申し上げます。        敬具

                  記

1.日  時    2012年8月23日(木) 

2.場  所    レイクウッドゴルフクラブ
          259−0105 神奈川県中郡大磯町黒岩169
          TEL:0463−72−1150

3.スタート    8時36分東コースOUTから6組

4.集  合    8時00までにフロントにて受付 会費などの払い込み
          8時25分頃 東コーススターテイングホール前で
ミーテイング 
5.費  用    18,000円 (キャデイ カート込み 昼食代除く)

6.会  費     4,000円 (パーテイ 賞品代に充当)

7.予定数     今回は先着 6組とさせていただきます。

8.申し込み    第5回KGGCオープンコンペ宛 FAX,メールにてお          願いいたします。

9.締切日     2012年7月31日(火)

*真夏につき 服装 飲み物  など ご注意ねがいます。
*クラブバス  東海道線 二宮駅北口 7時30分
         小田急線  秦野駅南口 7時30分 
いずれも所要25分程度
(詳細は、別途参加者にご案内申し上げます。)

   お問合せ
関西学院同窓会 東京支部 第5回KGGCオープンコンペ宛
TEL:03-5224-6226 FAX 03-5224-6227 E-mail:kg.tokyo@nifty.com 以上           

申込みは、次の内容でFAX,もしくはメールにてお申込みをお願い申しあげます。

FAX

関西学院同窓会東京支部
第5回KGGCオープンコンペ宛
(FAX 03-5224-6227)
(E-mail kg.tokyo@nifty.com)

第5回KGGCオープンコンペ のご案内 
2012年8月23日(木)

        参加   不参加 (いずれかに○印をお付け下さい)
フリガナ
氏名                   

卒年          学部         
生年月日  S. T. H   年  月  日 

住所 〒    
                               

電話                  FAX
HDCP

お願い
昨今メールにてご案内させていただくことが多く、今後のゴルフサークルの案内についてメールをお持ちの方は、ご記入をお願い致します。
(既にご登録いただいている方については、不要でございます)

E-mail アドレス:                                  





■6月8日開催の三日月会6月例会は、57名の皆様にお集まりいただき、無事終了いたしました。ご出席ありがとうございました。
6月8日(金)開催の三日月会6月例会は、東京外国語大学学長の亀山郁夫先生をお招きし、「「なまぬるき者」とはだれか?ードストエフスキー『悪霊』と『黙示録』ーと題してお話を伺いました。

 先生はロシア文学者として「フレーブニコフ」「ドストエフスキー共苦する力」「ドストエフスキーとの59の旅」などの著書や、悪霊、カラマーゾフの兄弟、罪と罰なと多くの翻訳を手がけられ大佛次郎賞、プーシキン賞など数々の賞を受賞されております。
 当日は私たちにとっては難解なドストエフスキーの『悪霊』について、19世紀のロシアの政治情勢、ストーリーの紹介を前置きに、黙過、座視などの非行為がいかに罪深いものであるかを糸をときほぐすように話していただき、夢中で聴き入りました。講演前は難しいレジュメを見て途方にくれましたが、講演後はそれがすんなり理解できるようになり感動しました。
 ストーリーと感動の深さは関係がないという言葉で、文学に向かい合う姿勢をあらためて自分自身に問い直されたかたも多かったのではないでしょうか。
 当日14ページのレジュメをご準備いただきました。

【以下6月案内文です】
6月例会は、ロシア文学者であります東京外国語大学学長の亀山郁夫先生をお招きし、『なまぬるき者とはだれか?』と題してドストエフスキーの「悪霊」に関するお話を伺います。ドストエフスキーには「カラマーゾフの兄弟」「罪と罰」など人間存在の根源を問う意味深い作品がたくさんあります。その中でも「悪霊」はもっとも「危険」な作品だと亀山先生はおっしゃっています。「罪と罰」はできるだけ早い時期に読んだほうがよいが,「悪霊」はできるだけ遅くまで読まないほうがよい。何ならいっさい手をつけずにおいてもよい・・・。そんなに「危険」な文学になぜ魅了されるのか。「なまぬるき者」とは誰か、また、「黙示録」との関係は?難解とされる「悪霊」の真髄をわかりやすく解き明かしていただき、ドストエフスキーの代表作の核心に迫っていただきます。3.11の全体的な不幸を前にして、私たちが取るべき態度としての選択のあり方等も「悪霊」にまつわり語っていただきたいと思っています。多数の皆様のご参加を心よりお待ち致しております。

           記

日  時:2012年6月8日(金)13:00〜14:15

・講師のご都合により、例月と開始時間、終了時間が異なります。

場  所:関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結

3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
12時15分から設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は、12時30分からお出しいたします。)

スピーカー: 亀山 郁夫(かめやまいくお)先生(東京外国語大学学長)

1949年栃木県生まれ。東京外国語大学同大学院修士課程修了。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。90年東京外国語大学助教授。93年教授。2007年学長に就任。著書「蘇えるフレーブニコフ」、「ドストエフスキー共苦する力」、「ドストエフスキーとの59の旅」「磔のロシア」、翻訳:「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」・「罪と罰」など多数。大佛次郎賞、プーシキン賞等受賞。

タイトル : 「なまぬるき者」とはだれか?
−ドストエフスキー『悪霊』と《黙示録》―


*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切6月4日(月)}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
     E-Mail kg.tokyo*nifty.com (*を@に)

7月の三日月会は、KGTokyoフェスタ2012のためお休みです。
以上


■拳法部OB作家「末浦 広海」様(昭和61年経済卒) 最新作のご案内
     ハードボイルドミステリ『刻命』
拳法部OB 推理小説作家「末浦 広海」様(昭和61年経済卒) 

     ハードボイルドミステリ『刻命』

25日に発刊されました。
是非ご一読されますようにご案内申し上げます。

新刊本内容

殺人の罪で無期懲役囚となった居合いの達人・正高は40年ぶりに仮釈放となった。待ち続けてくれた妻、初めて対面する孫、そして、一度も会うことのなかった娘。その死の真相に触れたとき、父の闘いが始まる!
 
江戸川乱歩賞作家(2008年受賞)、渾身の最新作。


末浦 広海 様『刻命』
      中央公論社
      5月25日発刊
      1,700円(税別)
      
                             以上

■ウェルカムパーティ 開催(2012年6月9日:土)
     お申し込みのご案内
    
     〜広げよう関学若手同窓生の輪〜

2012年4月新社会人になった同窓生を歓迎する「ウエルカムパーティ」をサピアタワー(10Fに関西学院大学 東京丸の内キャンパスが有ります)6Fのカンファレンスルームにて開催いたします。
若手同窓の皆様に多数ご参加頂き「期待と不安」を抱いて上京する新社会人のネットワークづくりを始めとして暖かいご支援をお願い申し上げます。
周りの若手関学OB・OGにもお声掛けの上、奮ってご参加くださいます様にご案内申し上げます。(昨年は、35名の新社会人を含む118名の若手同窓生が参加しました。)


・開催日 2012年6月9日(土)

・会 場 東京ステーションカンファレンス6F
      受付開始  13時
      開 会   13時30分〜17時00分

・会 費  今春卒業された皆様 ご招待

      若手同窓生    1,000円


・申込締切 2012年6月4日(月)

*お申し込みの際は、氏名、連絡先、卒業学部をお伝えください。

・お申込、お問合
 関西学院大学 東京丸の内キャンパス
  関西学院同窓会 東京支部
  TEL:03-5224-6226 FAX:03-5224-6227
   E-mail:kg.tokyo@nifty.com
   HP http://www.kg.tokyo.com




■5月10日開催の三日月会5月度例会は、75名の方にお集まりいただき無事終了いたしました。ご参加ありがとうございました。
5月10日:三日月会5月度例会は、佐治信行氏(三菱UFJモルガン・スタンレー証券チーフエコノミスト・1982年本学法学部卒業)をお招きし『2012年展望―日本経済、どう動く!』と題してお話を伺いました。

エコノミストとして世界を飛び回っておられる佐治様の豊富な情報から、最近のホットなヨーロッパや東南アジアの政治、経済情勢を解説いただき、日本企業の得手、不得手また戦略的にどこを攻めなければならないかなど今後の展望など有意義なお話を直接お聞きすることができました。聴講した同窓生一同大変満足し、喜んで帰っていただくことができたことと思います。
 当日レジュメ  A4 10ページ

【以下案内文】
 5月度例会は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券でチーフエコノミストとしてご活躍中の佐治信行氏(1982年本学法学部卒)をお招きし、『2012年展望―日本経済、どう動く!』と題してお話をお伺いいたします。2010年10月以来のご登場でございます。
 ご講演の概要は、 2011年に日本のGNP/GDPギャップが拡大。韓国、ドイツは低下しており、経済環境が悪化する中で日本企業の海外収益性は伸張している。」◆2011年の日本の特許等使用料収支(国際収支統計)は2008年を抜いて過去最高。日本の海外委託GDPは55兆円に及ぶ(MUMSS推計)。」「日本の輸出製品構成は着実に高機能化している(輸出単価上昇)。」ぁ崙本企業が諸外国の法人税制度を一層研究すれば、当期純利益は格段に引き上げられる。世界経済環境の不透明感は残る。そうした中、日本企業は210兆円のキャッシュをBS(バランスシート)に持つ。これを元手に日本はASEANでの成長を狙える。」など、今年の日本経済の展望に、鋭く迫っていただきます。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
                            


日  時:2012年5月10日(木)12:15〜13:30

場  所:関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費 :1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:佐治 信行(さじのぶゆき)氏(三菱UFJモルガンスタンレー証券チーフエコノミスト)
       1958年愛知県生れ。82年関西学院大学法学部卒業。日興證券(株)入社。日興リサーチセンター出向し、証券調査部、経済調査部、投資戦略部長などを歴任。99年より興銀証券(現みずほ証券)。06年より三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券蠅砲謄繊璽侫┘灰離潺好函02年以来Institutional Investor. The All Japan Research team Ranking エコノミスト部門第一位連続首位。

タイトル :『2012年展望―日本経済、どう動く!』


*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切5月7日(月)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。            
東京支部 TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
     E-mail: kg.tokyo*nifty.com (*を@に変換)

【予 告】6月度例会は、6月8日(金)東京外国語大学学長亀山郁夫氏を予定しております。     
以上

■「K.G.Tokyo フェスタ2012」開催のご案内:7月8日(日)
     グランドプリンスホテル新高輪にて
    ”つなぐ・つながる Mastery for Service

 皆様お誘いあわせの上、是非ご来場いただきますようご案内申し上げます。


日時:2012年7月8日(日)11:00−15:00
                (受付10:00〜)

場所:グランドプリンスホテル新高輪「飛天」(B1階)
    東京都港区高輪3-13-1 電話 03−3442-1111
   (JR品川駅 高輪口出口 徒歩5分)


内容 第一部 東京支部 活動報告
         K.G.東京アウォード表彰式
   
   第二部 ・講演会「関西学院のIdentityとMission」
        ルース・M・グルーベル氏(関西学院 院長)

        ・「Let us cheer you,K.G.Tokyo!」(頑張ろう 関学)
          関西学院大学 応援団総部:吹奏楽部・チアリーダー部

   
   第三部 交流会 *お楽しみ福袋もございます

参加費  男性 10,000円 女性 8,000円
      (平成20年以降の卒業生 4,000円)
      (80歳以上の卒業生の方はご招待)

     

郵便振込 口座記号 00190 3 口座番号 83120
      「関西学院同窓会東京支部」宛

申 込
     参加( 名)
     
     氏名、卒業年度、学部、住所、電話番号、FAX、メールアドレス

     をご記入の上

     FAX 03-5224-6227
     TEL 03-5224-6226
     E-mail kg.tokyo@nifty.com
     ね港 〒100-0005
         東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10階
     いずれかでご連絡下さい。


申込締切日 7月2日(月)

主催 関西学院同窓会 東京支部 
    K.G.Tokyoフェスタ2012実行委員会(47年会)

後援 関西学院同窓会
    関西学院大学 東京丸の内キャンパス

お問い合せ
   関西学院同窓会 東京支部
   TEL 03-5224-6226
   FAX 03-5224-6227
   E-mail kg.tokyo@nifty.com
   





■4月13日開催の三日月会4月度例会は、60名の方にお集まりいただき、無事終了いたしました。ご参加ありがとうございました。
 4月度例会は、朝日新聞社報道局写真部長渡辺幹夫氏をお招きし、『今を伝える−朝日新聞写真記者が記録する東日本大震災の現場から』と題してお話を伺いました。動画をまじえた豊富な報道写真またレジュメも準備いただき、未曾有の東日本大震災のあの日から今を、写真記者人生27年余りの渡辺氏から報道写真の現場から、記録としての写真から、悲劇を心に刻み、復興への祈りを込めて、この一年そして今を、写真報道のあり方、写真記者の使命、一枚の写真の持つ力、訴える力を如何なく伝えていただきました。「慟哭」や「トランペットを吹く少女」など印象深い写真の主人公の今を伝える、大変興味深い感動的なお話を拝聴することができました。皆様の新聞の中での写真の見方も変わるものと思われます。

今回の講演後に寄せられました感想の一端を紹介いたします。
 ●新聞写真についての一端を聞いて改めて一枚の写真・映像の訴える力を再 認識しました。報道写真も我々が撮る写真の映像には変わりなく、一枚の写 真を撮るにも如何に見せるか、何を見せたいかを考えないといけません。私 は写真にはいろいろな分野がありますが、人物を撮る、人の生活を撮る、人 のいる風景を撮ることが、写真の面白さだと思っています。講演会の後の質 問に出ました肖像権の問題は難しいですね。
 ●朝日新聞を購読しており誌上の写真をただ大震災の状況を上手に撮ってい ると思うだけでしたが、渡辺部長の講演ではいろいろな角度から検討され  て、掲載されていることを知り非常に勉強になりました。ただ今年の写真撮 影の採用人数は100名からの希望者からたった1名と話されたのには驚き ました。
 ●自分もずっと昔、報道カメラマンに憧れた時もあって、興味深い話を聞く ことが出来て楽しかったですよ。報道カメラマンは火の中、水の中に飛び込 んでいく様な突貫小僧みたいな人達ばかりを 想像していましたが、予想に 反して紳士でした。朝日のような大新聞のカメラマンだからなのでしょう  か・・・・。
●東日本大震災という未曾有の大災害の報道写真というのは、相当むごたら しい映像が主になっていると思っていましたが、朝日新聞社の報道は、人の 苦しみ、悲しみ、そして喜びを全面にだし、しかも主役の人々のその後の頑 張りの生活紹介など、人間味溢れる編集となっており、感動しました。ま  た、同時にカメラマンの誠意ある現場での対応と優しさに胸がドキドキする ものがありました。
  

【以下案内文】

4月度例会は、朝日新聞社報道局写真部長渡辺幹夫氏をお招きし、『今を伝える−朝日新聞写真記者が記録する東日本大震災の現場から』と題してお話を伺います。東日本大震災から1年が経過しました。マグニチュード9.0、巨大な津波、世界最悪の原発事故、1万9千人あまりの死者・行方不明者を出した未曾有の大震災、写真記者人生27年余りの渡辺氏から報道写真の現場から、記録としての写真から、悲劇を心に刻み、復興への祈りを込めて、この一年そして今をお伝えいただきます。多数の皆様のご参加を心よりお待ち致しております。                                          記

日  時:2012年4月13日(金)12:15〜13:30

場  所:関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:渡辺 幹夫(わたなべみきお)氏 (朝日新聞社報道局写真部長)
浜松市出身。1982年入社。前橋支局、東京、大阪、名古屋、西部(福岡)の写真部、アエラ編集部などで勤務。三井物産マニラ支店長誘拐事件、89年の東欧崩壊、91年湾岸戦争、92年米大統領選挙、96年アトランタ五輪などを取材。

タイトル:『今を伝える−朝日新聞写真記者が記録する東日本大震災の
現場から』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切4月9日(月)}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。  
            
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
 E-Mail kg.tokyo*nifty.com(*を@に読み替え)

次回予告:5月10日(木)佐治信行氏(三菱UFJモルガンスタンレー証券チーフエコノミスト)をお迎えする予定です。

■3月27日開催の三日月会3月度例会は、52名の方にお集まりいただき、無事終了いたしました。ご参加ありがとうございました。
 3月度例会は、芝田寛二氏(株式会社日本テクノス取締役相談役)による「日本人の脳の機能と趣味の世界−山・写真・和歌・バードカーヴィング−」と題し、懇切なレジュメを準備いただき、また素晴らしい作品の数々をお持ちいただき、言語、音から日本人と外国人の脳の機能分担比較に着目して、私たち日本人はなんと恵まれた特質を与えられていることか、それを豊かな趣味で持って体現されている芝田氏のお話はとても説得力があり、大変興味深いお話で、多くを学ばせていただくことができた。

 講演の概要は、永田淳様のブログから了解を得て主要部分を転載させていただきました。
 人の脳は一般に左脳は理性、言語、観念構成、算術処理などに適し、分析的、抽象的、論理的である。右脳は感性、音楽、図形処理、絵画、幾何学処理などのイメージ処理に適し、合成的、全体的、感覚的、直感的となる働きをする。
しかし、音に着目して行くと、日本人と外国人との脳の機能分担比較では異なっている。日本人は左脳(優位半球・言語脳)で言語(母音・子音)、情動的な人の声や自然界の音、邦楽器音などを認識しているが、右脳(劣位半球・音楽脳)では洋楽器、機械音、雑音などを認識している。一方、外国人は右脳で言語(母音)や情動的な人の声、自然界の音などを意識し、左脳では言語(子音を含む音節)を認識する。これは角田博士の「精神構造母音説」と言われる「理性と感情と自然音が同じ左脳で扱われる形が、日本の伝統文化や、日本人の心情を形成する基本であるに違いない」という学説である。いわゆる情景描写と情動描写をミックスさせる感覚は日本人の特色と言える。
古池や蛙飛び込む水の音/静けさや岩に染み入る蝉の声/
柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺
これらの俳句に見られる感性こそが日本人の特異性を顕している。

情理と言う言葉は日本人に合った言葉である。情理を分離する成果主義は日本人には不向きだと言える。季節の花や紅葉を料理に添える感覚は、西洋料理にはない。
ただ、このことから角田学説が日本人優位説と受け取られているのが残念である。言語と言う後天的影響が及ぼす事象を研究したのが、角田理論であると言うことだ。従って在日二世などは日本人と同じパターンとなり、幼少から海外で暮らす日本人は外国人的感性となる。所謂日本人のDNA云々とは関係ない。

芝田氏の山登り、写真、和歌、バードカーヴィングなどの趣味の世界は、日本人の優れた感性の共通の基盤の上に選ばれている。われわれ日本人は、歩くだけで、風の音、虫の声、小鳥のさえずり、川のせせらぎにも、自然の移ろい、ものの哀れまでをも感じ取る脳を生まれながらにして与えられている。


【以下案内文】

 3月度例会は、芝田寛二氏をお招きし、『日本人の脳の機能と趣味の世界』と題してお話を伺います。
 風の音、虫の音にも哀れを感じ、花鳥風月を愛でつつ、様々な趣味を嗜む。そんな日本の風習が、四季の明確さや、変化に富んだ島国の自然環境によって育まれてきたものなら、国際化や温暖化の進む中で、やがては薄らいでいくのも止むを得ないかも知れません。しかし、もしそれが世界で日本人だけが持つ脳機能の特質によるものだとしたら、我々はそれに感謝しつつ、意識して大切に継承していく必要があるのではないでしょうか。
 角田理論などまじえながら日本人と欧米人との脳の働きの違いについての多くのエピソードや芝田氏の趣味の世界である山登り、写真、和歌、バードカーヴィングは日本人的な共通の基盤の上に選ばれていることなど素晴らしい作品と興味深いお話を伺うことになっております。
 多数の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。 
                                  


日  時:2012年3月27日(火)12:15〜13:30

場  所:関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
       千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
       JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:芝田 寛二(しばたかんじ)氏

 1940年千葉県生まれ。三重県立津高等学校卒業。信州大学工学部電気工学科卒業。蠧立製作所入社。(株)日立製作所ソフトウエア開発本部副本部長、(株)日立電子サービス[現日立システムズ]常務取締役、(株)日立テクニカルコミュニケーションズ代表取締役を歴任。現在、(株)日本テクノス取締役相談役、NPO法人日本ティーボール協会神奈川連盟会長、JECA(日本福音キリスト教会連合)財務委員長に就任

タイトル:『日本人の脳の機能と趣味の世界』−山・写真・和歌・バードカーヴィング−

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切3月22日(木)}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
   東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
        E-Mail kg.tokyo*nifty.com(*を@に変える)
以上

■ ウエルカムパーティ2012 開催(2012年6月9日)
     お申込みのご案内
 
         〜広げよう関学若手同窓生の輪〜

2012年4月新社会人になった同窓生を歓迎する「ウエルカムパーティ」をサピアタワー(10Fに関西学院大学 東京丸の内キャンパスが有ります)6Fのカンファレンスルームにて開催いたします。
若手同窓の皆様に多数ご参加頂き「期待と不安」を抱いて上京する新社会人のネットワークづくりを始めとして暖かいご支援をお願い申し上げます。
周りの若手関学OB・OGにもお声掛けの上、奮ってご参加くださいます様にご案内申し上げます。(昨年は、35名の新社会人を含む118名の若手同窓生が参加しました。)


・開催日 2012年6月9日(土)

・会 場 東京ステーションカンファレンス6F
    受付開始  13時
      開 会   13時30分〜17時00分

・会 費  今春卒業された皆様 ご招待
      若手同窓生    1,000円

・申込締切 2012年6月4日(月)
*お申し込みの際は、氏名、連絡先、卒業学部をお伝えください。

・お申込、お問合
 関西学院大学 東京丸の内キャンパス
  関西学院同窓会 東京支部
  TEL:03-5224-6226 FAX:03-5224-6227
E-mail:kg.tokyo@nifty.com
HP http://www.kg.tokyo.com


■2月22日開催の三日月会2月度例会は、63名の方にご参加いただき無事終了いたしました。有難うございました。
2月22日(水):三日月会2月度例会は、元電通マンで現在金城学院大学教授の庫元正博氏より『CMに見る、効果的コミュニケーション』と題してお話を伺いました。
【当日のレジュメ】
■今日の内容
 1 広告の今    2 CMの本質   3 広告のこれから

■広告の今  
今広告界は変革期を迎えている
・2009年の日本の広告費は5兆9,222億円、前年比11.5%減
・3年連続で減少、インターネット、衛星メディア関連以外の各媒体が減少
・2010年も前年比98.7%
・テレビは微増、インターネット・衛星メディア関連は大幅増

従来的なテレビCMを主体としたコミュニケーションでは限界が来ている
今の情報伝達は、インターネットが欠かせなくなってきている。

他方インターネットを利用した新しい表現手法、販促、マーケティングなど、領域は広がってきている。

■CMの本質
現在の消費者、生活者は情報過多の中で生きている。つまり目立つ、覚えてもらわなければCMをしていないと同じ
・振り向かせる
・覚えてもらう
・好きになってもらう

■広告のこれから
既成のメディアの考え方にとらわれず (新しいメディアも含め)生活者との、有効なコミュニケーションを考える。

メディア環境の急速な変化・・・・個々人によるメディアへの関わり方の多様化
消費者行動の変化・・・・消費者は自分で情報の収集・発信をするようになっている

キーワード
 クロスメディア
  ・インターネットの登場後、メディアミックスの考え方をさらに進めて、生活者とのコンタクトポイントを中心に、
従来のメディアミックス手法を改めてメディアニュートラルに考えていこうという手法。
  ・インターネット、モバイル、店頭やOOHなどのSPメディアをきめ細かく分析し使うのが特徴

ソーシャル・コミュニケーション
  ・企業や商品を、販売や営利目的だけでなく社会や生活者と関係づけていくコミュニケーション
  ・ソーシャル・メディアを使ったコミュニケーション

【以下案内文】
2012年2月度例会は、元電通マンでコピーライター、CMプランナー、クリエーティブ・ディレクターとしてご活躍され、現在金城学院大学現代文化学部教授の庫元正博氏をお招きし、『CMに見る、効果的コミュニケーション』と題してお話を伺います。
現代の広告はテレビCMや新聞・雑誌広告にとどまらず、インターネット、モバイル、OOH、プロモーションとその領域は拡大を続けています。でもその広告の本質とは何かということを探っていけば、まさに消費者と企業とのコミュニケーションということに行きつきます。今回は様々な事例を見ながら、この広告というコミュニケーションの本質について考えていきたいと思っております。多数の皆様のご参加を心よりお待ち致しております。        
                      


日  時:2012年2月22日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:庫元 正博(くらもとまさひろ)氏(金城学院大学教授)

神戸市出身。1977年大阪大学文学部哲学科卒。2010年3月まで(株)電通でコピーライター、CMプランナー、クリエーティブ・ディレクターとして、広告、促進キャンペーンの企画立案から、商品企画、デザイン、ブランデインングなどに携わる。
主な受賞歴としては、ACCCMフェスティバル金賞,経済産業大臣賞他,タイムズアジア・パシフィック・アドバタイジング・アワーズ シルバー賞など多数。

タイトル:『CMに見る、効果的コミュニケーション』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切2月17日(金 )}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
 E-Mail kg.tokyo*nifty.com (*を@に読み替え)
以上 


■第7回KG水彩スケッチ会展 2月27日(月)〜3月4日(日)
KG水彩スケッチ会は、首都圏在住の関西学院同窓生とそのご家族のサークルで、NHK文化センター講師の水彩画家五十嵐先生(昭和38卒・経済学部)のご指導の下、光と影で奥行きを表現する透明水彩スケッチを楽しみながら、活発な活動を続けておられます。

今年で7回目となります展示会は、毎回多くの同窓の皆様にご来場を頂いております。
以下の通りにご案内をさせて頂きますので、是非とも多数の皆様のお越しを賜わりますよう、ご案内申し上げます。


〜第7回KG水彩スケッチ会展〜

◆ 期間 : 2月27日(月)〜3月4日(日)11:00〜18:00                     (但し最終日は16:00まで)

◆ 会場 : ギャラリーくぼた 5階 中央区京橋2-7-11
          筺。娃魁檻械毅僑魁檻娃娃娃
           東京メトロ 銀座線京橋 6番出口より歩1分
           JR東京駅八重洲南口10分
           
            http://www.gallery-kubota.co.jp/


◆◇♪◆◇♪◆◇♪◆◇♪◆◇♪◆◇♪◆◇♪
関西学院同窓会 東京支部事務局 永井 和廣
〒100-0005
千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10F
Tel 03-5224-6226
Fax 03-5224-6227
E-Mail kg.tokyo@nifty.com
◆◇♪◆◇♪◆◇♪◆◇♪◆◇♪◆◇♪◆◇♪


■三日月会1月度例会は、1月25日(水)55名の方にご参加いただき無事終了いたしました。有難うございました。
三日月会2012年1月度例会:1月25日(水)日本近代文学研究の第一人者で、筑波大学・群馬県立女子大学名誉教授の平岡敏夫氏をお招きし、『佐幕派の漱石』と題してお話を伺いました。

「レジュメ」

1.佐幕派とは
2.漱石と佐幕派
3.「坊っちゃん」は佐幕派小説
4.「こころ」−佐幕派的なものの終結
おわりに

「佐幕派の漱石」と題して、佐幕派およびその子弟は、薩長藩閥政府の明治の時代にいかに上昇するのが困難であったか。明治の文学者は、佐幕派の子弟がなぜ多いのか。漱石の佐幕派意識が、独自の文学を産むことになることなど、漱石文学をこれまでと違った視点から捉える、大変興味深いお話を拝聴することができた。
 55名の聴講の同窓生一同大変満足し、喜んで帰ってもらうことができた。平岡先生にお話しいただいた視点から、漱石をもう一度読み直してみなければといった同窓生の声も上がっていた。

「以下案内文」

 新春1月例会は、日本近代文学の研究者で、筑波大学・群馬県立女子大学名誉教授の平岡敏夫氏をお招きし、『佐幕派の漱石』と題してお話を伺います。佐幕派とは徳川幕府・将軍の直属の部下であった譜代大名、旗本、後家人たち、また徳川家の親藩などに関わる者たちを一括していうが、旗本に夏目家があり、ルーツを同じくする漱石の夏目家は名主となった。幕藩体制下で直接江戸市民を管轄する重要な役割を担っていたわけであるが、明治になって、警視属となっていた漱石の父直克は、薩長藩閥政府によって免職となった。ここから漱石の佐幕派意識は堅固なものとなり、独自の文学、例えば「坊ちゃん」を産むことになる。今回は「漱石」を「佐幕派」という視点から捉えた興味深いお話を伺います。多数の皆様のご参加を心よりお待ち致しております。                                

日  時:2012年1月25日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:平岡 敏夫(ひらおかとしお)氏

1930年香川県生まれ。東京教育大学大学院博士課程修了。文学史家(日本近代文学専攻)・文学博士。筑波大学教授・群馬県立女子大学学長を経て、現在、両大学名誉教授。日本学術会議会員(第17・18期)、中国・韓国・台湾・タイ・アメリカ等で客員教授。主著に、「日本近代文学の出発」日露戦争文学の研究」等の文学史論、「北村透谷研究」「漱石序説」「坊ちゃんの世界」【石川啄木の手紙】(啄木賞)等の作家論の他エッセイ集や「明治」などの詩集等多数。最近著は、「北村透谷没後百年のメルクマール」「北村透谷と国木田独歩」「文学史家の夢」。

タイトル :『佐幕派の漱石』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切1月20日(金 )}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
     E-Mail kg.tokyo*nifty.com(*を@に変更)
以上                      
   


■ファイターズ応援のお願い
ライスボウル出場 2012年1月3日(火)

 関西学院大学アメリカンフットボール部・ファイターズは、12月18日(日)第66回毎日甲子園ボウル(全日本大学アメリカンフットボール選手権決勝)において関東代表の日本大学フェニックスに24−3で勝利し、4年ぶり24回目の大学日本一に輝きました。
 新年1月3日、東京ドームで社会人No1のオービック・シーガルスとアメリカンフットボール日本一をかけてライスボウルを戦います。
多くの支部会員の皆様からチケットについてお問い合わせをいただいており、以下の通りご案内申し上げます。是非ご理解とご協力をお願い申し上げます。
 皆様の熱い応援で、ドームの一塁側をブルーで埋めつくしたいと思っております。ご声援を宜しくお願い申し上げます。

            記
             
1.チケットの販売は本日21日からいたしております。
  また次の日時にも東京丸の内キャンパス内にて、販売いたします。
      (お釣りのいらないようにお願いいたします。)
 
   2011年12月24日(土)10:00-15:00
   2011年12月27日(火)13:00-17:00
   2011年12月28日(水)13:00-17:00

2.年内にキャンパスにお越しになれない方は事前申込をご利用ください。 
  ‖感版度、氏名、連絡先(電話番号)、住所を記入し
   必要枚数メールにてお申込み願います。
     E-mail:kazu-nagai@kwansei.ac.jp
     ・締切 2011年12月30日(金)
     ・チケットは、当日お渡しいたします。
     ・代金は、振込先をその際お渡しいたしますので、
      振込にて2012年1月10日までにお支払お願いいたします。
      (振込料自己負担)
      *≪現地での現金授受は協会より禁止されています≫

  ◆ゥ船吋奪箸亮渡し場所
     東京ドーム「20番ゲート」入口付近に専用受付設置
     (同窓会東京支部 受付と表示しています)
     1月3日 9:30受付開始〜14:00(キックオフ)まで
    

3.チケット代金
  2000円(当日券2500円)前売り扱い:自由席、
    (高校生は500円で一般窓口で購入して下さい)
    (中学生以下無料)    
  指定席は取り扱いをいたしません。ご了承ください。
  当日は専用受付に東京支部が常駐しています。また試合は一塁側自由席で  の応援となります。

  多くの同窓会東京支部の皆様・ご家族の皆様の応援を重ねてお願い申し上  げます。

                                 以上  
お問い合わせ先
関西学院同窓会東京支部
永井 和廣
TEl:03-5224-6226
FAX:03-5224-6227
E-mail:kazu-nagai@kwansei.ac.jp

  
  
  
           



■冬期休暇のお知らせ
 12月23日(金)〜1月5日(木)まで窓口業務は休止し、事務所は閉室させていただきます
関西学院同窓会 東京支部ならびに関西学院大学 東京丸の内キャンパスは、

12月23日(金) 〜 新年1月5日(木)まで冬季休暇となっております。

期間中、窓口業務は休止させていただき事務所は閉室させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご了承をお願いいたします。

 業務再開は、1月6日(金)午前10時からでございます。











■ウィンターカップ2011出場に伴う応援、ご支援のお願い
(関西学院高等部バスケットボール部) 2011年12月24日(土)
ウィンターカップ2011出場に伴う応援、ご支援のお願いを次の通りいただきました。
皆様、お誘い合わせてご支援いただくとともに応援にお出かけください。


拝啓
深秋の候、皆様におかれましては、ご健勝のこととお慶び申し上げます。
既にお聞き及びになっておられると思いますが、我が後輩たちは、先の兵庫県ウィンターカップ予選で優勝し、来月東京で開催されるウィンターカップ2011に兵庫県代表として5年ぶりに出場することになりました。
今回の県の大会とインターハイ予選、新人戦と県の3大会全てで優勝し、無敗で3冠と言う偉業を達成しました。
これもひとえに、OBの皆様の日頃からのご声援、ご支援によるものと深く感謝しております。選手のご父兄からも感謝の言葉をいただいております。
今年のチームの集大成となるウィンターカップ2011で輝かしい結果が出せるよう、皆様からのなおいっそうのご声援、ご支援を賜りますよう、切にお願い致します。
寒さが増しておりますので、御身体ご自愛の程。
来月東京で後輩たちの溌剌としたプレーと、皆様の元気なお顔を拝見できることを楽しみにしております。

                                 敬具
                関西学院高等部バスケットボール部OB会
                会長 小森 英明

 
          3冠達成ご挨拶
拝啓
 2011年度ウィンターカップ兵庫県予選を優勝で終え、新人戦・高校総体に続き兵庫県内3冠を達成することができました。3冠達成は昨年度からのチーム目標でもありました。一昨年度はすべて3位、昨年度はすべて2位で1年が終わりました。今年のチームはキャプテン渡邊を中心に、固い団結の元すべての大会を戦い抜きました。決して楽な試合ばかりではありませんでしたが、県内公式戦無敗で1年を終えたことも合わせてご報告いたします。
 12月23日から本年度2回目の全国大会であるウィンターカップが、東京体育館で開催されます。インターハイでは全国ベスト8という高い目標を掲げ大会に望んだこのチームですが、結果は1回戦敗退という悔しいものでした。ウィンターカップにおいて最後の目標を達成するため部員は、3年生を中心に毎日練習に取り組んでいます。暖かいご声援のほどをよろしくお願いいたします。
                             柴山 佳久

           ***寄付金の振込口座のご案内***

 創部以来初の県内3冠達成と、5年ぶり2回目のウィンターカップ出場を決めた現役選手たちを応援するため、ご支援をお願いいたします。1年に2度目の全国大会出場となり、お願いばかりで心苦しくありますが、選手たちにとっては一生に一度の貴重な経験であり、偉業を達成した選手たちのためにOBの力を結集して力を出し切れるようサポートをしてやりたいと思います。
 OB会としては引き続きトレーナー費用やボランティアコーチの交通宿泊費など、選手のコンディショニングに必要な経費をはじめとして、現地での移動費などできる限りの援助をしていきたいと願っております。1口5000円としておりますが、口数にかかわらずできるだけ多くのご支援をいただきますようお願いいたします。

振込先は下記のとおりです。
〕絞愎饗惴座 NO 00930-9-217197
 口座名 関西学院高等部バスケットボール部OB会
 同封の振込用紙をご利用ください。

銀行口座 三菱東京UFJ銀行 神戸支店 店番号581口座番号 0106507
 口座名 関西学院高等部バスケットボール部OB会会計 木坊子 英和
                          (キボシヒデカズ)

*3冠達成記念Tシャツ(長袖)@3000円と記念タオル@1000円の販売も行っております。(サイズM・L・XL)

*別紙にサイズと枚数をご記入の上、FAXにてお申し込みください。送料@500円です。東京体育館でのお渡しも可能です。寄付金と一緒にお振り込みいただきますよう、お願いいたします。
    

*壮行会@東京を実施します。
 12月21日(水)品川周辺を予定しております。
 参加人数把握と場所・時間の連絡のため、別紙にてFAXいただくかメールにてお知らせください。

*税額控除を受けることができます。ご希望の方は別紙にご記入の上事務局までご連絡ください。
*住所変更などがありましたら、別紙にご記入の上事務局までFAXを
お願いします。

 事務局 安藤 慎 
 メール:andex@mbn.nifty.com FAX:0798-41-8689

なお、Twitterにて高等部バスケットボール部の試合情報を随時流しております。ウィンターカップは現地から速報予定です。是非一度アクセスしてみてください。http://twitter.com/kghbbc

 ウィンターカップ組合せ決定

1回戦12月24日(土)
    18時開始 @サブアリーナ 対 佐賀県立鳥栖工業

2回戦12月25日(日)
    16時30分開始 @サブアリーナ 対 広島皆実と金沢の勝者

3回戦12月26日(月)
    13時30分開始 @Bコート 対 延岡学園

場所はすべて東京体育館(サブアリーナです。ご注意ください)

東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1 
 JR総武線「千駄ヶ谷駅」下車 徒歩1分 
 都営地下鉄大江戸線「国立競技場駅」下車 A4出口より徒歩1分    
 

FAXの場合
FAX:0798−41−8689 OB会事務局 安藤宛

領収書発行申込書
お名前 卒業年度  
領収書宛名
領収書送付先
電話番号 メールアドレス
振込日     月   日 振込金額

メールの場合は andex@mbn.nifty.com まで上記内容をお知らせください。

優勝記念GOODS申込書

品名 単価・サイズ 枚数 金額
Tシャツ(長袖) @3000 M・L・XL
タオル @1000
合計 送料@500
送付先は下記にご記入ください。
住所変更通知
お名前 卒業年度
変更後のご住所
メールアドレス

通信費削減の為、メールアドレスの記入をお願いいたします。
メールでお知らせいただいても構いません。

壮行会@TOKYOに参加します。 12月21日(水)品川周辺
*場所につきましては改めてメールでお知らせいたしますので、必ずメールアドレスをご記入ください。
お名前 :
住所  :
メールアドレス:
卒業年度 :


お問い合わせ先
 事務局 安藤 慎 
 メール:andex@mbn.nifty.com FAX:0798-41-8689


■12月7日(水):三日月会12月度例会は、本学ご卒業の社会保険労務士・行政書士倉本貴行様によるご講演は無事終了いたしました。ご聴講誠にありがとうございました。
12月度の例会は、1973年本学経済学部ご卒業で社会保険労務士・行政書士事務所を開設されております倉本貴行様から『知って安心!成年後見制度』と題してお話を伺いました。37名の方にご参加いただきました。有難うございました。成年後見制度につきまして、レジュメとともに貴重な資料をご準備いただき、噛み砕いて大変分かりやすくお話を頂戴いたしました。
今は大丈夫としても必ずや訪れる問題でもあります。皆様も切実な問題として認識を新たにしていただいたことと思います。

『知って安心!成年後見制度』
〇成年後見制度とは
 ・未成年後見制度
 ・成年後見制度
〇経緯
 ・平成12年4月の介護保険制度実施に伴い、それまでの福祉サービスが「措  置」から「契約」へ変わった。
 ・介護保険と成年後見制度は車の両輪と言われる所以
〇内容
 ・法定後見
 ・任意後見
〇後見人の仕事
 財産の管理及び身上監護(看護ではない)
 ・財産管理
 ・身上監護
資料 成年後見制度〜法定後見編〜と〜任意後見編〜

【以下ご案内文】

12月度の例会は、1973年本学経済学部ご卒業で社会保険労務士・行政書士事務所を開設されております倉本貴行様をお招きし、『知って安心!成年後見制度』と題してお話を伺います。2000年4月から介護保険制度と同時に始まった成年後見制度ですが、まだまだあまり知られていません。「青年?の社会貢献?」と今でも言われることがあります。元気なうちに将来に備えることは大切です。制度の概要から利用の仕方や費用までこの機会に一緒に学びましょう。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
                         


日 時:2011年12月7日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 倉本 貴行(くらもとたかゆき)氏(社会保険労務士・行政書士)
1950年広島市生まれ。73年関西学院大学経済学部卒業。同年三菱マテリアル(前三菱鉱業セメント)蠧社。2006年同社を退職し、社会保険労務士・行政書士事務所を開設。同窓会東京支部幹事(三日月会担当)。
<主な業務> 年金、社会保険・労働保険、遺言・相続、成年後見

タイトル : 『知って安心!成年後見制度』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切12月2日(金)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
                          
東京支部 TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
     E-mail: kg.tokyo*nifty.com(*を@に入替え)
【予告】新春1月度例会は、1月25日(水)平岡敏夫筑波大学名誉教授による「佐幕派の漱石」を予定しています。
以上

■三日月会11月度例会は、49名の方にご参加いただき無事終了いたしました。有難うございました。
 11月9日(水)開催の三日月会11月度例会は、前駐日メキシコ合衆国大使館一等書記官で、現在NPO法人ONE WORLD CONTRIBUTION理事長のアレハンドロ バサーニェス氏をお招きし、『日本とメキシコこれからの400年友好関係』と題してお話を伺いました。1609年にマニラよりヌエバエスパーニャに向かう元フィリピン総督代理ロドリーゴ・デ・ビベーロを乗せたサンフランススコ号を含む3隻の船が千葉御宿にて座礁。翌年帰国のため日本が建造した船で初めて航海が行われた。この1609年から現在まで日本とメキシコの長い交流の歴史を4つの期間に分けて大きな変化を成し遂げてきました。鎖国時代前は、スペイン、19〜20世紀は、アメリカ合衆国の列強国との関係を第一に考えて、両国の直接交流が阻害されることもありました。ただ、1888年日本メキシコ修好通商航海条約に調印したが、他の欧州列強と締結していた条約と異なり、日本にとって平等互恵に基づき調印された最初の条約である。メキシコ大使館が永田町の一等地に土地が提供されたのは、条約調印に対する謝意の表れである。21世紀になって日墨交流400周年を機に、新たな「戦略的パートナーシップ」の時代へ、これまでの支障を超えて経済、文化、国際交流などいろいろな分野で発展していかなければならない。

【以下案内文】

日 時:2011年11月9日(水)12:15〜13:30

場 所 関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:アレハンドロ バサーニェス氏

エル・コレヒオ・デ・メヒコ大学卒・ニュー・スクール大学政治科学修士。2003年国際連合メキシコ合衆国代表部広報部長。2007年駐日メキシコ合衆国大使館一等書記官文化担当官、文化部部長歴任。現在NPO法人ONE WORLD CONTRIBUTION理事長(日本とメキシコ間アート、文化、国際交流、教育活動の促進)。日本国際交流基金主催「日本語弁論大会で優勝」。日本メキシコ学院(メキシコ市)にて日本語修得。

タイトル:『日本とメキシコこれからの400年友好関係』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切11月4日(金 )}
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
東京支部 TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
E-Mail kg.tokyo*nifty.com (*を@に置き換え)

*12月例会予告:12月7日(水)倉本貴行氏による「成年後見」を予定しております。
以上  


■KGレレサウンズ「ウクレレを楽しむ会」テレビ放映のご案内
2011年10月30日(日) 9:00-9:30

「ウクレレを楽しむ会」の岡田 正也様よりテレビ放映のご案内をいただきましたので次の通りお知らせいたします。
皆様で、ご覧いただければ幸いでございます。

詳細は次の通りでございます。


日時 2011年10月30日(日) 9:00-9:30

テレビ局 東京MXテレビ(TMX)092 チャンネル

番組名  「HAWAIIAN LIVE IN BIRDLAND」
      http://www.mxtv.co.jp/hawaiian/




ご視聴に関しての岡田様よりのご案内

10月30日(日) 朝9時―9時半 092 チャンネルに
「KGレレサウンズ」が登場致します。

最初に9を押すと091のチャンネルになりますが、その後、選択か増減の
ボタンを上、即ちチャンネルを増やす方に押すと、092が出てきます。
朝8時半から、092の画面が見れるようになりますので、ご準備頂き
9時からの[HAWAIIAN LIVE IN BIRDLAND]に
備えて下さい。

KGレレサウンズの登場は 3曲目になります。
ホームページアドレスにてTMXテレビの画面をご参照下さい。 
お楽しみ頂ければ有難い次第です。
どうぞよろしくお願い致します。

ステージ上で そして、画面でのテロップで 関西学院同窓会の名前が出て参ります。

                                以上

                お問い合わせ
               関西学院同窓会東京支部
               事務局 永井 和廣
               TEL:03-5224-6226 FAX:03-5224-6227

■*** K.G. Christmas 2011 *** 開催のご案内
2011年12月17日(土) 11:00−14:00

 秋の深まりとともにクリスマスシーズンが近づいてまいりました。今年も皆様と共にクリスマス礼拝で賛美歌を歌い、お祝い致しましょう。
 アトラクションでは、本年は趣向を変えて、お子様も楽しんで頂ける手品をご用意いたします。又、クリスマスソングを皆様で合唱したいと思います。
 昨年にも増してプレゼントを多数ご用意いたします。同窓会東京支部会員の皆様、ご家族、ご友人をお誘いあわせの上、2011年の最後を飾るクリスマスパーティに奮ってご参加くださいます様、ご案内申し上げます。

開催日:  2011年12月17日(土)
      10時30分〜      受付     
      11時00分〜11時30分  クリスマス礼拝
      11時30分〜12時00分  アトラクション       
      12時00分〜14時00分  昼食・懇談・お楽しみプレゼント

会 場:「都市センターホテル」3階 コスモスホール
(昨年とは、会場が変更になっております。ご注意ください。)

申込方法:
   FAX,メール、郵送(参加申込用紙は、事務局までご請求願います。)、
     で「KGクリスマス」係までお申込下さい。
    ・FAX:03−5224−6227
    ・E-mail:kg.tokyo@nifty.com
    ・郵 送:〒100-0005 
         東京都千代田区丸の内1−7−12 サピアタワ−10F
         関西学院同窓会 東京支部「KGクリスマス」係

参加費用:
    ご本人及びご友人 6,500円         
     ご家族         4,500円
   (小・中学生3,000円 幼稚園児以下 無料)   

会費振込先: 
     ・郵便局 00190−3−83120
       口座名義 関西学院同窓会東京支部(振込用紙利用)

     ・三菱東京UFJ銀行 本店 普通 6194879
        口座名義 関西学院同窓会東京支部
     (振込用紙は、事務局へご請求ください。ご送付いたします。) 

     *「振込控」を当日受付へ提示して下さい

申込締切日: 2011年12月13日(火)

お問合先 関西学院同窓会東京支部 事務局
                  TEL:03-5224-6226                           



■10月14日(金):三日月会2011年10月度例会は54名の方にご参加いただき無事終了いたしました。有難うございました。
 10月度例会は、京都大学大学院教授藤井聡氏をお招きし、『列島強靭化論』と題してお話をお伺いいたしました。
未曾有の国家的危機に見舞われた日本。東日本の「ふるさと再生」のために何をすべきか。 地震や津波に負けない強くてしなやかな国土をいかに作り上げるか―。復興、防災から財源、デフレ脱出までの日本版ニューディールは何かを鋭く分析、また大変分かりやすく、親しみやすくご解説をしていただき、とても興味深いお話をお聞きすることができました。質疑も活発に行われました。
【概 要】(レジュメより)

「列島強靭化論」〜強くしなやかな日本を目指して〜

「日本の存亡」にかかわる巨大地震のさらなる危機に対する
最悪のシナリオを想定した「列島強靭化10年計画」が必要である。

・「強靭」とは=resilient =「柳の木」のイメージ
  (つまり,|很申を回避,被害を最小化,A甦回復)
・列島強靭化のための八策
 1.「防災・減災」のためのインフラ対策(首都直下型・東海南海東南海対   策で約20兆円)
 2.「リスク・コミュニケーション」の推進
 3.「地域共同体/コミュニティ」の維持と活性化
 4.「有事」を有事」を用意した「強靭なエネルギー・システム」の構築(原発M9対策・冗長化)
 5.企業・工場の「BCP」の策定を義務化すべし
 6.「有事」の際の「救援・復旧対策」を事前想定すべし(交通網の冗長化等)
 7.日本全体の「経済力」の維持・拡大に努めるべし
 8.「強靭な国土構造」の実現(国会等の移転の議論再燃+日本海側等の開発)

「強靭化」の基本的な考え方
1.強靭化国土計画の基本方針1
  最も確率の高い東海地震(+富士山噴火)を想定し、地震時の「東西交流」を保障するためのインフラ整備

2.強靭化国土計画の基本方針2
  交通整備は「都市の発展」にきわめて効果的である

3.強靭化国土計画の基本方針3
  首都機能の一部を地震リスクの低い「他の都市圏」に移転する。
                              
【以下案内文】



日  時:2011年10月14日(金)12:15〜13:30

場  所:関西学院大学東京丸の内キャンパス ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置します。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:藤井 聡(ふじいさとし)氏{京都大学大学院工学研究科(都市社会工学専攻)教授}

        1968年奈良県生まれ。京都大学卒業後、京都大学助手、助教授、東京工業大学  教授等を経て現職。専門は都市社会工学、公共政策論、国土計画論、社会的ジレンマ研究にて土木学会論文賞、日本学術振興会賞、文部科学大臣表彰若手科学者賞、認知的意思決定研究にて日本行動計量学会優秀賞(林知己夫賞)、文芸批評にて表現者奨励賞等、受賞多数。主な著書は「列島強靭化論」「公共事業が日本を救う」「なぜ正直者は得をするのか」「社会的ジレンマの処方箋」「土木計画学」等多数。表現者塾(西部邁塾長)出身。

タイトル:『列島強靭化論』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切10月11日(火)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。      
東京支部 TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
 E-mail: kg.tokyo*nifty.com(@を*に置き換え)


■東京支部 第3回KGGCオープンコンペのご案内
2011年11月10日(木) 中津川カントリークラブ にて
 拝啓 猛暑も一息つき、いよいよさわやかな季節が訪れます。KGOB、OG諸氏におかれましては、お健やかにお過ごしのことと存じます。
 首題の件下記のとおりご案内差し上げますので、万障お繰り合わせの上ご参加お願申し上げます。                       敬具

                記

1.日  時  2011年11月10日(木)

2.場  所  中津川カントリークラブ
       〒243−0202
       神奈川県厚木市中荻野字細谷1941−1
       電話 046−241−2121 
  
3.スタート 9時8分 インコース,ウエストコース 同時スタート
             (各5組の予定)

4.費  用  プレー費  16,500円 (キャデイ、カートフィー込み)
         会  費  4,000円 (パーテイ、賞品代など)

5.申  込  東京支部第3回KGGCオープンコンペ宛,FAX,メール
          にてお願いします。

6.申込締切  2011年10月21日(金)


   関西学院同窓会東京支部 第3回KGGCオープンコンペ事務局
   〒100−1005 
   東京都千代田区丸の内1−7−12 サピアタワ-
   電話:03−5224−6226 FAX:03−5224−6227
   Email kg.tokyo@nifty.com

クラブバスは小田急本厚木駅 近くから7時、7時30分がご利用可能でございます。 所要時間は25分程度。                                        
----------------------------------------------------------------------  

               

関西学院同窓会東京支部
東京支部 第3回KGGCオープンコンペ宛
(FAX 03-5224-6227)
(E-mail kg.tokyo@nifty.com)

     東京支部 第3回KGGCオープンコンペ のご案内 
     2011年11月10日(木)

     参加   不参加 (いずれかに○印をお付け下さい)

フリガナ
氏名                   

卒年          学部         
生年月日  S. T. H   年  月  日 

住所 〒    
                                      

電話                  FAX
HDCP

以上の内容をご記入の上、FAX,メール,TELにてお申込ください。

                                以上



■9月14日(水):三日月会9月度例会は、本学の畑 祥雄教授に『日本経済を浮上させる新しいコンテンツ産業』と題してお話を伺い、無事終了いたしました。有難うございました。
「日本経済を浮上させる新しいコンテンツ産業」 レジュメ
  〜放送番組の電子図鑑化は、教育と医療のソーシャルビジネス化で世界を先駆ける〜
(畑 祥雄 関西学院大学 総合政策学部 メディア情報学科 教授 サイエンス映像研究センター長 )


[祺餔篤癲僻略歴)と本日のレジュメ

∩躪臉策学部とはどのような学部なのか

3慇犬創った映像

た靴靴せ代の若い才能

ァ屮泪襯船廛訶纏區浚奸廛廛蹈癲璽轡腑鵐咼妊

Ε謄譽喩崛箸ら電子図鑑を創る(iPad×教育レジュメ)

東京ブックフェアでの発表(フライヤー)

NHK大科学実験番組「マルチプル電子図鑑」(e—ラーニング付き)

NHKとアルジャジーラの共同制作(NED制作)

防災マルチプル電子図鑑

「マイ野菜市民農園」〜都市の再生に向けて〜

三日月会9月の例会は、関西学院大学総合政策学部教授の畑祥雄先生をお迎えし、次代のメディアとして大きな期待がよせられている電子図書、特にNHKがこれまで作成した豊富な放送番組の中で、教育と医療分野を電子図鑑化して、それを日本経済のこれからの成長戦略の柱としていこうという意欲的な取り組みについてお話をお伺いいたしました。
東日本大震災によって大きなダメージを受けた日本経済。復興補助金による内需拡大は見込めるものの、その後が不透明な中、全く新しい分野での日本経済の再浮上プランをお話頂きました。      
阪神淡路大震災の年に、開設した総合政策学部はどのような学部なのか。とりわけメディア情報学科での先進的取り組み、教育と医療分野の電子図鑑化に世界に先駆けて関学がいかに意欲的に取り組んでいるのか。それがこれからの日本経済の浮上にいかに大切なものか。畑先生のご尽力で、関学がトップでメディア情報学の分野でいかに貢献しているか、初めて知ることができました。
映像をふんだんに、資料をご準備いただき、とても興味深いお話を、たのしくまた頼もしくお伺いさせていただくことができました。OBOGとしては、畑先生をはじめ、いろいろな業績をもっともっと知らなければならないことではないかと思います。
今月の参加者は、48名でした。


【以下案内文】

               記

日  時:2011年9月14日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置します。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:畑 祥雄(はた よしお)氏(関西学院大学綜合政策学部メディア情報学科教授)
        
同志社大学法学部卒業。「背番号のない青春」で写真家としてデビュー。86年「咲くやこの花賞」を受賞。代表作「HANAKO」(改良ニワトリの一生)でロッテルダムフォトビエンナーレに個展招待。1994年京都国際映画祭ハイビジョンフェスタで監督作品がグランプリ受賞。NPO法人彩都メディア図書館・館長。サイエンス映像学会理事・事務局長。関西学院大学サイエンス映像研究センター所長。

タイトル :『日本経済を浮上させる新しいコンテンツ産業』
    〜放送番組の電子図鑑化は、教育と医療のソーシャルビジネス化で世界を先駆ける〜
        
*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切9月9日(金)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                
       東京支部 TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
            E-Mail kg.tokyo*nifty.com (*を@に変更下さい)


【予告】10月度例会は、10月14日(金)藤井聡京都大学教授「列島強靭化論」を予定しております。
以上



■8月3日開催の三日月会8月例会は、84名の方にご参加いただき無事終了いたしました。有難うございました。
三日月会8月例会は、3月に東日本大震災のため止むを得ず延期させていただいておりました宗像紀夫氏(弁護士、中央大学法科大学院客員教授)をお迎え致しまして開催させていただきましたところ、今年一番の84名の方にお集まりいただき無事終了いたしました。有難うございました。  
 リクルート事件などで主任検事、また東京地検特捜部長として、ゼネコン汚職事件など指揮されました。今回は、『政治とカネをめぐる検察捜査〜特捜検察の光と影』(36年間の検察官生活を回顧する)と題しまして、特捜検察による政界捜査、そして大阪地検の証拠ねつ造・犯人隠避事件、尖閣沖衝突事件での検察の対応、さらに小沢一郎元民主党代表に対する検察審査会による強制起訴など検察組織を大きく揺るがせた事件を中心に、検察捜査の本質に迫っていただきました。

講演のレジュメ

1.はじめに―揺らぐ検察の正義―
2.講演の概要
3.若干の自己紹介ー検察官としての経歴等
4.検察官時代に捜査・公判に関与した主な事件
5.政界捜査・会社犯罪(経済犯罪)等を摘発する地検特捜部とはどういう組  織か
6.独自捜査の端緒―汚職事件はどうして発覚するのか
7.特捜検事の捜査の実際
8.自白獲得・検事調書作成の実際
9.その他の検察をめぐる諸問題
10.おわりに

【以下ご案内文 記以下】                                
               記
日  時:2011年8月3日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
       JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置します。

会  費: 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 宗像 紀夫(むなかたのりお)氏(弁護士・中央大学法科大学院客員教授)

1942年東京都生まれ。中央大学法学部卒。68年東京地検検事に任官。76年福島地検在職中に福島県政汚職事件で知事を収賄で起訴。東京地検特捜部時代には総理府汚職事件、ダグラス・グラマン事件、ロッキード事件などを担当。リクルート事件では主任検事を務めた。93年東京地検特捜部長に就任、ゼネコン汚職などを指揮した。その後、最高検刑事部長、高松高検検事長、名古屋高検検事長などを歴任。2004年に退官し、現職。

タイトル: 『政治とカネをめぐる検察捜査〜特捜検察の光と影』        
*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切7月29日(金)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                
      東京支部 TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
          E-Mail kg.tokyo*nifty.com (*を@に変えて下さい)
以上

■K.G.Tokyoフェスタ 2011 開催 結果ご報告
 2011年7月10日(日) グランドプリンスホテル新高輪にて
同窓会東京支部最大のイベントである「K.G.Tokyoフェスタ2011」を、7月10日(日)、グランドプリンスホテル新高輪「飛天」において開催し、井上学長や同窓会の岩田専務理事、東日本の各支部長はじめ多数の来賓をお迎えし、総員453名という多くのご参加者を得て、大盛況のうちに終了いたしました。

 東京支部ではこのフェスタの開催に当たり、関西学院大学を卒業し40年目の同窓生に学年会を組織して頂くとともに、フェスタ実行委員を委嘱し、企画・動員・運営をお願いしております。本年度は、昭和46年ご卒業の皆様がフェスタ実行委員として何度も委員会を開催し、入念な打ち合わせを重ね、動員と当日の運営にご尽力いただきました。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 今年度のフェスタでは、支部長方針にも掲げられている「会員増強」に向けて、東京支部活動の中核ともいえる「サークル」活動紹介のコーナーを設けたところ、16のサークルと1つの学年会、そして支部機関紙「コパン」編集チームの参加を得て、ご来場くださった多くの同窓の皆様に東京支部の活動の一端を知っていただくことが出来ました。 

 東日本大震災以降の電力使用の制限の影響もあって、開催が危ぶまれた時期もありました。実行委員の発案で震災の募金を募ったところ47,020円の募金を集めることが出来ました。ご協力ありがとうございました。

 また学院が行っております125周年記念事業募金に賛同し、同窓会東京支部として500万円の募金目録を募金委員長をお勤めくださっている宮内義彦理事に奥林支部長から贈呈させていただきました。

 関西学院大学東京駐在教授・ニュースゼロメーンキャスターの村尾信尚先生の「3.11以後の日本を考える」と題した記念講演、更には応援団総部吹奏楽部,チアリーダー部のパフォーマンスなど、これまでにないダイナミックで充実したフェスタとなりました。

 交流会では、卒業年度ごとに設けられたテーブルで旧交を温め、上ヶ原や三田のキャンパスで過ごしたあの頃を思い出していただけたことと存じます。最後に、応援団総部65代団長の久保淳さんの指揮で校歌「空の翼」を斉唱し、吹奏楽部の賛美歌405番の演奏でお開きとなりました。

フェスタ開催に当たり、動員にご協力くださいました学年会幹事の皆様、サークル幹事の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
このフェスタを期に、東京支部はさらに一層の飛躍を目指してまいります。
皆様のさらなるご支援・ご協力をお願い申し上げます。
 
             関西学院同窓会 東京支部
             事務局
             〒100-0005
             東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F
             TEL:03-5224-6226 FAX:03-5224-6227


■K.G.ウェルカムパーティ2011は、6月11日(土)無事終了いたしました。新社会人35名をふくむ118名が参加し盛大に開催されました。

先に下記のとおり案内しておりましたK.G.ウェルカムパーティ2011は、6月11日(土)無事終了いたしました。新社会人35名をふくむ118名が参加し盛大に開催されました。
内容は、次の通りでございます。

さて、2011年に新しく社会人になられる卒業生の皆様を歓迎し、
関西学院大学東京丸の内キャンパスのあるサピアタワーで、

下記のとおり2011年6月11日(土)にウェルカムパーティを開催いたします。

軽食をとりながら、OB、OGとの懇親や座談会、若手同窓生を中心とした活動の紹介など、東京でのネットワークを広げるチャンスです。
お友達をお誘いの上、奮ってご参加下さい。
(昨年は48名の新社会人を含む、123名の若手同窓生が参加しました。)


開催日時:2011年6月11日(土) 13:30〜17:00 

会  費:2011年3月新卒同窓生 無料ご招待、
           以外の同窓生 1,000円

開催場所:サピアタワー5階 (東京ステーションコンファレンス)
     (JR東京駅八重洲北口改札から2分)
      https://www.bispot.jp/sapia/index.html

{申し込み・問合せ先}
関西学院大学東京丸の内キャンパス
関西学院同窓会東京支部事務局   
  TEL 03-5224-6226
  FAX 03-5224-6227
  E-mail:kg.tokyo@nifty.com

申込方法:
  TEL 氏名、連絡先、卒業学部、メールアドレスを
       ご連絡お願い致します
  FAX 氏名、連絡先、卒業学部、メールアドレスを
       ご記入の上FAXお願い致します
  E-mail:kg.tokyo@nifty.com
       氏名、連絡先、卒業学部、メールアドレスを
        ご記入の上事務局宛メールお願い致します

申込締切日:2011年6月6日(月)
      締切日後も、受付は可能な場合がございます。
      お問い合せ下さい。
   

主催:K.G.ウェルカムパーティ2011実行委員会 同窓会東京支部
共催:関西学院大学東京丸の内キャンパス



■「K.G.Tokyo フェスタ2011」開催のご案内:7月10日(日)
     グランドプリンスホテル新高輪にて
まだ、受け付けております。
同窓会東京支部の一年の総決算
「K.G.Tokyoフェスタ2011」が次のとおり開催されます。
皆様お誘い合わせの上、是非ご来場いただきますようご案内申し上げます。


日時:2011年7月10日(日)11:00−15:00
                (受付10:00〜)

場所:グランドプリンスホテル新高輪「飛天」(B1階)
    東京都港区高輪3-13-1 電話 03−3442-1111
   (JR品川駅 高輪口出口 徒歩5分)


内容 第一部 東京支部 活動報告
         K.G.東京アウォード表彰式
   
   第二部 ・講演会 「3.11以後の日本を考える」村尾 信尚氏
        (関西学院大学 教授、
         日本テレビ「NEWS ZERO」メーンキャスター)

        ・「K.G.Tokyo Fight on Stage」
          関西学院大学 応援団総部:吹奏楽部・チアリーダー部

   
   第三部 交流会

参加費  男性 10,000円 女性 8,000円
      (平成19年以降の卒業生 4,000円)
      (80歳以上の卒業生の方はご招待)

     *参加費の一部を東日本大震災の義援金とさせて頂きます。

郵便振込 口座記号 00190 3 口座番号 83120
      「関西学院同窓会東京支部」宛

申 込
     参加( 名)
     
     氏名、卒業年度、学部、住所、電話番号、FAX、メールアドレス

     をご記入の上

     FAX 03-5224-6227
     TEL 03-5224-6226
     E-mail kg.tokyo@nifty.com
     ね港 〒100-0005
         東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10階
     いずれかでご連絡下さい。


申込締切日 6月30日(木)

主催 関西学院同窓会 東京支部 
    K.G.Tokyoフェスタ2011実行委員会(46年会)

後援 関西学院同窓会
    関西学院大学 東京丸の内キャンパス

お問い合せ
   関西学院同窓会 東京支部
   TEL 03-5224-6226
   FAX 03-5224-6227
   E-mail kg.tokyo@nifty.com
   





■6月9日開催の三日月会6月度例会は、52名の方にご参加いただき無事終了いたしました。有難うございました。
6月9日(木):三日月会6月度例会のご案内
関学を知る「関学学」第2弾です。「学院創立者ランバス博士の日本における働き」を神学部教授、学院史編纂室長 神田健次先生からお話を伺いました。

「内容」
1.W.R.ランバスの生涯と使命
  貴重な写真をまじえてその生涯と中国、イギリス、アフリカ、ブラジルの  世界宣教の足跡
2.W.R.ランバスの構想
 (1)上海から神戸へ(ランバス父子にとって予定外であった)
 (2)「瀬戸内伝道圏構想」について
3.宣教と交通手段
 (1)陸路 鉄道の発達
 (2)海路 瀬戸内海航路(神戸〜大分、大阪商船)
4.教会と学校の創設
  4年間の短い期間で、滞在中また離日後に創設された教会は25か所、ラ ンバスファミリーが設立に関与した学校は5校であった。
5.まとめ
  ・オープンマインドな人であった。壁を作らない、上から目線の人ではなかった。
  ・中国での挫折、神戸での出遅れがあっても、わずかな期間で充実した課   題を成し遂げた。先見性と柔軟な考え方を持っておられた。
  ・どんな人にも共感し、愛をもって臨まれ、先駆的に世界をリードされた。スピリットを学ばなければならない。

「以下今回の案内文」

6月度の例会は、2月の例会に引き続き『関学学・・・関西学院を様々な角度から研究する学問』の第2弾として、関西学院大学神学部教授 神田 健次先生をお迎えし、『学院創設者W.R.ランバスの日本における働き』と題して、お話を伺います。
 今日に比べ、交通事情が遥かに不便な時代に福音宣教のため世界を駆け巡り、『世界市民』と讃えられるW.Rランバスは、ブラジル、イギリス、中国、コンゴ共和国、シベリアにまでその足跡を残しています。日本には僅か4年間の滞在にもかかわらず、関西学院の創設をはじめ様々な地で宣教活動を行いました。今回は、その日本での4年間の活動を振り返り、なぜそこまでの活動が出来たのかを当時の貴重な資料とともに解き明かしていただきます。
 是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。
                                 


日  時:2011年6月9日(木)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
       JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結

3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:神田 健次(かんだ けんじ)氏(関西学院大学教授)
      1948年新潟県に生まれる。1973年青山学院大学文学部神学科卒業。1980年関西学院大学神学研究科博士課程修了。
1980年〜82年、ミュンヘン大学神学部留学。1995年ベルン大学神学部客員研究員。博士(神学)
現在、関西学院大学神学部教授、関西学院大学キリスト教と文化センター長、
学院史編纂室長。

タイトル:『学院創設者W.R.ランバスの日本における働き』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切6月6日(月)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
                   
  同窓会東京支部 TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
以上   


■「東日本大震災」募金ご協力のお願いとご報告
この度の東日本大震災により被害を受けられた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早く復旧されますようお祈りいたします。

さて、関西学院におきましても震災募金を募り、皆様に浄財を頂いておりますが、併せて東京丸の内キャンパスにても、募金箱をご用意し承っております。
 また、東京支部におきましても、募金口座をご用意し、多くの同窓生から募金を頂いております。
 
 現在「東日本大震災救援募金」(4月15日 現在)
       東京丸の内キャンパス募金       220,000円
       同窓会 東京支部(口座募金)    322,000円

 この募金につきましては、2011年4月15日に関西学院宗教活動委員会へお届けいたしました。被災者の方に日本赤十字等を通じて届けられます。

ご支援頂誠にありがとうございます。
この場を借りてお礼申し上げます。

まだ、被災地の復興には時間がかかると思われます。
今現在も、募金は引き続き受付けております。
今後ともご協力をお願い申し上げます。
【〜6月30日(木)まで】


■関西学院大学 定期戦のご案内(再案内)
6/5 ラグビー 青山学院大学 ;6/12 アメリカンフットボール 明治大学
先般、大学のスポーツ定期戦を、ご案内差し上げましたが、
本日(6/3)、ラグビー 青学戦のキックオフ 時間変更の連絡がございました。
再度ご案内いたします。
アメリカンフットボールは、変更ございません。



『ラクビー部』

青山学院大 学定期戦

2011 年 6月5日(日)13:00−キックオフ(30分早くなりました)

青山学院大 学 緑ヶ丘グランド(JR横浜線「淵野辺」駅 下車)

http://www.aogaku-rugby.com/map/

※入場料 無料
**************************************
お問合せ
ハザマ経営企画部人事グループ
栗田誠
〒105-8479 東京都港区虎ノ門2-2-5
tel.03-3588-5732 fax.03-3588-5733
mkurita@hazama.co.jp

***************************************   


『アメリカンフットボール』
<明治大学定期戦>
日時 : 6月12日(日) 13:15 キックオフ
場所 : アミノバイタルフィールド
http://www.kcfa.jp/GR-K.files/AJISTA.htm

チケット : 会場入口で発売

今回は前売 りチケットの販売をせず、当日会場での購入となります。(当日1000円)

【ご参考】
春のシーズンの主な戦績は下記の通りです。
KG VS 日本大学 23−7(4/24)○ 
KG VS 関西大学 31−7(5/6)○
KG VS 京都大学 30−7(5/22)○

  ***************************************
  お問合せ
   銀泉株式会社 経営企画部
   志浦康之
   E-mail: yshiura@ginsen-gr.co.jp
   TEL:03-5226-2527
  ***************************************

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
関西学院同窓会 東京支部事務局
永井 和廣
〒100-0005
千代田区丸の内1-7-12サピアタワー10階
TEL:03-5224-6226
FAX:03-5224-6227
Email kg.tokyo@nifty.com
支部ホームページ www.kg-tokyo.com
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇




■K.G.ウェルカムパーティ2011」のお誘い
2011年6月11日(土)申込みのご案内


この度の東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早く復旧されますようお祈りいたします。


さて、2011年に新しく社会人になられる卒業生の皆様を歓迎し、
関西学院大学東京丸の内キャンパスのあるサピアタワーで、

下記のとおり2011年6月11日(土)にウェルカムパーティを開催いたします。

軽食をとりながら、OB、OGとの懇親や座談会、若手同窓生を中心とした活動の紹介など、東京でのネットワークを広げるチャンスです。
お友達をお誘いの上、奮ってご参加下さい。
(昨年は48名の新社会人を含む、123名の若手同窓生が参加しました。)


開催日時:2011年6月11日(土) 13:30〜17:00 

会  費:2011年3月新卒同窓生 無料ご招待、
           以外の同窓生 1,000円

開催場所:サピアタワー5階 (東京ステーションコンファレンス)
     (JR東京駅八重洲北口改札から2分)
      https://www.bispot.jp/sapia/index.html

{申し込み・問合せ先}
関西学院大学東京丸の内キャンパス
関西学院同窓会東京支部事務局   
  TEL 03-5224-6226
  FAX 03-5224-6227
  E-mail:kg.tokyo@nifty.com

申込方法:
  TEL 氏名、連絡先、卒年、卒業学部、メールアドレスを
       ご連絡お願い致します
  FAX 氏名、連絡先、卒年、卒業学部、メールアドレスを
       ご記入の上FAXお願い致します
  E-mail:kg.tokyo@nifty.com
       氏名、連絡先、卒年、卒業学部、メールアドレスを
        ご記入の上事務局宛メールお願い致します

申込締切日:2011年6月6日(月)
      締切日後も、受付は可能な場合がございます。
      お問い合せ下さい。
   

主催:K.G.ウェルカムパーティ2011実行委員会 同窓会東京支部
共催:関西学院大学東京丸の内キャンパス




■5月18日(水)開催の三日月会5月度例会は、50名の方にご参加いただき無事終了いたしました。
青山学院大学講師野村祐之氏をお迎えし、『命(い・の・ち)のミステリー…健やかに、ときめいて生きるには』と題して、お話を伺いました。

「命(い・の・ち)の理解」

1.命の秘密

  使 天 寿

  生 命 運

  令 日 感

2.「い・の・ち」の秘密

3.聖書の中の「命」

  プシュケー、ビオス、ゾーエー

4.日本語の「生きる」と「活きる」

5.人とは

  YMCAのロゴマーク MIND、BODY、SPIRIT

・以下案内文

 5月度の例会は、青山学院大学講師野村祐之氏をお迎えし、『命(い・の・ち)のミステリー…健やかに、ときめいて生きるには』と題して、お話を伺います。人生究極の課題「死」の謎のヒントは、「命(いのち)」にあります。命のミステリー(もともと神学用語で「奥義」)を聖書と体験から読み解き、日々常に健やかに生かされ、ときめいて活きるコツを「身につけて」いただきたいと思います。
 この度の大震災の未曾有な圧倒的な出来事には、ただただ呆然とするばかりです。あらためて、「命」、「生きる」と言うことの意味を思わざるを得ない状況に直面し、皆様とご一緒に考える時と場にできればと思っております。
是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。



日  時:2010年5月18日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
         千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
         JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結

3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:野村 祐之(のむらゆうし)氏(青山学院大学講師)

1947年東京生まれ。青山学院大学神学科、イェール大学神学大学院修了。ジュネーブの世界教会協議会勤務後、ニューヨーク東ハーレムの教会伝道師、米国初のホスピスでのボランティアなどを経験して帰国。90年にB型肝炎肝硬変のため、米国で肝臓移植(その全容は、「NHKスペシャル」で放映)、2000年に脳梗塞、04年に肝がんが見つかり再度の肝移植、心房細動の鼓動の乱れも抱え、肝、脳、がん、心臓と日本人男性の死因の上位は、自殺以外ひと通り体験。現在、青山学院大学、女子短期大学講師。

タイトル:『命(い・の・ち)のミステリー…健やかに、ときめいて生きるには』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切5月13日(金)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部 TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
E-Mail kg.tokyo@nifty.com
以上


■関西学院大学 ラクビー部 大学定期戦のご案内
5月22日(日) 関東学院大学 ;  6月5日(日) 青山学院大学
関西学院同窓生の皆様へ

次の通り、ラクビー部大学定期戦が開催されます。
皆様ご一緒に応援にお出かけくださいますように、ご案内申し上げます。



1)関東学院大学定期戦
 
『5月22日(日)』

14:00キックオフ

場所 関東学院大釜利谷グランド(京浜急行「金沢文庫駅」下車)
   http://www.kgu-rugby.net/map/index.html

※入場無料



2)青山学院大学定期戦

『6月5日(日)』

13:30キックオフ

場所 青山学院大緑が丘グランド(JR横浜線「淵野辺」駅下車)
   http://www.aogaku-rugby.com/map/

※入場無料



***************************************
お問合せ先

栗田誠
ハザマ経営企画部人事グループ
〒105-8479 東京都港区虎ノ門2-2-5
tel.03-3588-5732 fax.03-3588-5733
mkurita@hazama.co.jp
***************************************
     

■「K.G.Tokyo フェスタ2011」開催のご案内:7月10日(日)
     グランドプリンスホテル新高輪にて

関西学院同窓会 東京支部の一年の総決算
「K.G.Tokyoフェスタ2011」が次のとおり開催されます。
皆様お誘い合わせの上、是非ご来場いただきますようご案内申し上げます。


日時:2011年7月10日(日)11:00−15:00
                (受付10:00〜)

場所:グランドプリンスホテル新高輪「飛天」(B1階)
    東京都港区高輪3-13-1 電話 03−3442-1111
   (JR品川駅 高輪口出口 徒歩5分)


内容 第一部 東京支部 活動報告
         K.G.東京アウォード表彰式
   
   第二部 ・講演会 「3.11以後の日本を考える」村尾 信尚氏
        (関西学院大学 教授、
         日本テレビ「NEWS ZERO」メーンキャスター)

        ・「K.G.Tokyo Fight on Stage」
          関西学院大学 応援団総部:吹奏楽部・チアリーダー部

   
   第三部 交流会

参加費  男性 10,000円 女性 8,000円
      (平成19年以降の卒業生 4,000円)
      (80歳以上の卒業生の方はご招待)

     *参加費の一部を東日本大震災の義援金とさせて頂きます。

郵便振込 口座記号 00190 3 口座番号 83120
      「関西学院同窓会東京支部」宛

申 込
     参加( 名)
     
     氏名、卒業年度、学部、住所、電話番号、FAX、メールアドレス

     をご記入の上

     FAX 03-5224-6227
     TEL 03-5224-6226
     E-mail kg.tokyo@nifty.com
     ね港 〒100-0005
         東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10階
     いずれかでご連絡下さい。


申込締切日 6月30日(木)

主催 関西学院同窓会 東京支部 
    K.G.Tokyoフェスタ2011実行委員会(46年会)

後援 関西学院同窓会
    関西学院大学 東京丸の内キャンパス

お問い合せ
   関西学院同窓会 東京支部
   TEL 03-5224-6226
   FAX 03-5224-6227
   E-mail kg.tokyo@nifty.com
   



■「東日本大震災」募金ご協力のお願い

この度の東日本大震災により被害を受けられた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早く復旧されますようお祈りいたします。

さて、関西学院におきましても震災募金を募り、皆様に浄財を頂いておりますが、併せて東京丸の内キャンパスにても、募金箱をご用意し承っております。
 また、東京支部におきましても、募金口座をご用意し、多くの同窓生から募金を頂いております。
 
 現在「東日本大震災救援募金」(4月15日 現在)
       東京丸の内キャンパス募金       220,000円
       同窓会 東京支部(口座募金)     322,000円

 この募金につきましては、関西学院宗教活動委員会を通じて被災者の方に
届けられます。

ご支援頂誠にありがとうございます。
この場を借りてお礼申し上げます。

まだ、被災地の復興には時間がかかると思われます。
今現在も、募金は受付けております。
今後ともご協力をお願い申し上げます。
【〜6月30日(木)まで】

■K.G.ウェルカムパーティ2011」のお誘い
2011年6月11日(土)申込みのご案内

この度の東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早く復旧されますようお祈りいたします。


さて、2011年に新しく社会人になられる卒業生の皆様を歓迎し、
関西学院大学東京丸の内キャンパスのあるサピアタワーで、

下記のとおり2011年6月11日(土)にウェルカムパーティを開催いたします。

軽食をとりながら、OB、OGとの懇親や座談会、若手同窓生を中心とした活動の紹介など、東京でのネットワークを広げるチャンスです。
お友達をお誘いの上、奮ってご参加下さい。
(昨年は48名の新社会人を含む、123名の若手同窓生が参加しました。)


開催日時:2011年6月11日(土) 13:30〜17:00 

会  費:2011年3月新卒同窓生 無料ご招待、
           以外の同窓生 1,000円

開催場所:サピアタワー5階 (東京ステーションコンファレンス)
     (JR東京駅八重洲北口改札から2分)
      https://www.bispot.jp/sapia/index.html

{申し込み・問合せ先}
関西学院大学東京丸の内キャンパス
関西学院同窓会東京支部事務局   
  TEL 03-5224-6226
  FAX 03-5224-6227
  E-mail:kg.tokyo@nifty.com

申込方法:
  TEL 氏名、連絡先、卒年、卒業学部、メールアドレスを
       ご連絡お願い致します
  FAX 氏名、連絡先、卒年、卒業学部、メールアドレスを
       ご記入の上FAXお願い致します
  E-mail:kg.tokyo@nifty.com
       氏名、連絡先、卒年、卒業学部、メールアドレスを
        ご記入の上事務局宛メールお願い致します

申込締切日:2011年6月6日(月)
      締切日後も、受付は可能な場合がございます。
      お問い合せ下さい。
   

主催:K.G.ウェルカムパーティ2011実行委員会 同窓会東京支部
共催:関西学院大学東京丸の内キャンパス




■5月8日(日)『東京オトナ大学』開講
5月8日(日)東京丸の内キャンパスが入居するサピアタワーにおいて、ビルに入居する大学の教授による「無料体験型」の開放講座『東京オトナ大学』が実施されます。

関西学院大学からは、総合政策学部畑祥雄教授が講演いたします。

■講演会
・講師;畑 祥雄 教授
・内容;「放送コンテンツから電子図鑑を創る]
〜 新しい情報文化産業で貢献する日本の姿 〜
〜 大学が担う開発力とスピードで世界に挑む 〜
出版と放送は密接な関係にある。放送は番組のネタで出版の知の体系に頼り、出版は収益源をヒット番組に頼る。しかし、二つは別業界である。タブレット端末により出版界は「電子書籍」に進み、放送界は「電子図鑑」に進む。グローバル時代に日本の情報文化産業に大変革が可能か、大震災後の日本とソーシャルビジネスの関係は‥。

・時間:13:00〜14:30

・定員:30名(定員になり次第申込みを締め切らせていただきます。)

・会場:東京ステーションカンファレンス 5階
    〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F

・参加:無料 *Webで事前申込が必要です。

・応募期間:5月6日(金)まで

・問合せ:「東京オトナ大学 事務局」平日11:00-18:00(土日祝は休み)
      03-6406-0763



■5月18日(水):三日月会5月度例会のご案内
青山学院大学講師野村祐之氏をお迎えし、『命(い・の・ち)のミステリー…健やかに、ときめいて生きるには』と題して、お話を伺います。
5月度の例会は、青山学院大学講師野村祐之氏をお迎えし、『命(い・の・ち)のミステリー…健やかに、ときめいて生きるには』と題して、お話を伺います。人生究極の課題「死」の謎のヒントは、「命(いのち)」にあります。命のミステリー(もともと神学用語で「奥義」)を聖書と体験から読み解き、日々常に健やかに生かされ、ときめいて活きるコツを「身につけて」いただきたいと思います。
 この度の大震災の未曾有な圧倒的な出来事には、ただただ呆然とするばかりです。あらためて、「命」、「生きる」と言うことの意味を思わざるを得ない状況に直面し、皆様とご一緒に考える時と場にできればと思っております。
是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。



日  時:2010年5月18日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
         千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
         JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結

3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:野村 祐之(のむらゆうし)氏(青山学院大学講師)

1947年東京生まれ。青山学院大学神学科、イェール大学神学大学院修了。ジュネーブの世界教会協議会勤務後、ニューヨーク東ハーレムの教会伝道師、米国初のホスピスでのボランティアなどを経験して帰国。90年にB型肝炎肝硬変のため、米国で肝臓移植(その全容は、「NHKスペシャル」で放映)、2000年に脳梗塞、04年に肝がんが見つかり再度の肝移植、心房細動の鼓動の乱れも抱え、肝、脳、がん、心臓と日本人男性の死因の上位は、自殺以外ひと通り体験。現在、青山学院大学、女子短期大学講師。

タイトル:『命(い・の・ち)のミステリー…健やかに、ときめいて生きるには』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切5月13日(金)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部 TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
E-Mail kg.tokyo@nifty.com
以上

■4月20日:三日月会4月度例会は、46名の方にご出席いただき、無事終了いたしました。ご参加誠にありがとうございました。
冒頭、東日本大震災の犠牲者の方々に黙祷をさせていただきました。
また、奥林支部長より、東日本大震災義捐金への同窓の皆さんの絶大なるご協力に感謝となお一層のご協力依頼のご挨拶がございました。

 今回は、長野県上田市在住の安西 郁氏(1956年、法学部卒)をお迎えいたしました。テーマは『もう一つの芭蕉像、その経営戦略』ということで、よく知られているような俳聖としての芭蕉に別の角度からスポットをあて、「人間味あふれる芭蕉」についてお話しいただきました。

「芭蕉に学ぶ不確実時代の経営戦略」

 1.逆境こそ自己を見つめ直し、鍛え直すチャンス
 (1)得意の絶頂から失意のどん底へ
 (2)失意のどん底で、自分を見つめ直す
 2.事業発展の基礎は資本の充実から
 (1)徹底した自己分析
    ・自己の強みと弱みを考える
 3.挫折・無力感からの脱出は、先ず行動から

 芭蕉は時代のニーズを先取りし、自分は動く宣伝広告媒体に徹し、奥の細道でも、たくさんの色紙を弟子に持たせて、各地で句会を主宰し、自派の組織の活性化をはかり、生産拠点や収益はできるだけ各地に分散し、危険の少ない事業計画を練り上げた戦略家でもあった。


安西氏は、「ふじかけ学院」を創設。当初は、小中学生の学習塾であったが、現在は、生涯学習の推進塾として、「老人性痴呆症の予防を視野に入れた生涯学習」を展開中である。

以下4月度例会の案内文です。

4月20日:三日月会4月度例会のご案内  本学OBの安西 郁氏をお迎えし、『もう一つの芭蕉像、その経営戦略』と題してお話をいただきます。

 未曾有の東北関東大震災から3週間余りが経ちましたが、いまだ厳しい状況に、被災者の方々、関係者の方々には、心よりお見舞い申し上げますと共に、被災地の一日も早い復興をお祈り致します。
 さて、三日月会4月度例会は、予定どおり開催させていただくことになりました。現時点で予測不能な事態が発生しましたら、事前にご出席予定の皆様にはお知らせ致しますのでご承知おきください。
 今回は、長野県上田市在住の安西 郁氏(1956年、法学部卒)をお迎えいたします。テーマは『もう一つの芭蕉像、その経営戦略』ということで、よく知られているような俳聖としての芭蕉に別の角度からスポットをあて、「人間味あふれる芭蕉」についてお話しいただきます。芭蕉は時代のニーズを先取りし、自分は動く宣伝広告媒体に徹し、自派の組織の活性化をはかり、生産拠点や財源はできるだけ各地に分散し、危険の少ない事業計画を練り上げた戦略家でもあったのです。
 皆さまには意外性のある講演になるかと思います。ぜひご出席を賜りますようご案内申し上げます。                       
               記
日  時:2011年4月20日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置します。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:安西 郁(あんざい かおる)氏
1956年関西学院大学法学部卒業。本名 福島 義徳。法学部に進学するが、文学部の「近代文学論」や「俳諧論」などの聴講にも通う。日本郵船勤務。中南米ガルフ・西岸航路、欧州航路等に事務長として乗船。それぞれの寄港地で各地の教育事情について教えをうけその経験から理想の学習塾、ふじかげ学院を創設。学院長を務める。ライフワークである松尾芭蕉、島崎藤村に関する著作・研究論文多数。

タイトル :『もう一つの芭蕉像、その経営戦略』        

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切4月15日(金)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                
東京支部 TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
      E-Mail kg.tokyo@nifty.com

*5月予告 5月18日(水)『命(い・の・ち)のミステリー』野村祐之氏(青山学院大学講師)*
以上


■「J・バハット水彩画展」のご案内
この度の「東日本大震災」により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早く復旧されますようお祈り申し上げます。

さて、現在関西学院同窓会 西宮支部所属で、初代サンフランシスコ支部長を務められたJ・バハット氏(昭和40年商学部卒業 ”絵画部弦月会”)個展のご案内でございます。
昨年は、「J・バハット水彩画展」を開催されましたが、この度はアメリカンクラブ内での開催でございます。

日時等は次のとおりでございます。皆様是非ともご鑑賞ください。


◎日時 〜4月24日(日) 07:00−18:00
    但し 最終日は 15:00まで  

◎場所 Frederick Harris Gallery(東京アメリカンクラブ内)
     東京都港区麻布台1−2−1 (ロシア大使館の隣)
      http://tokyoamericanclub.org/images/Careers_Contact/
     map_parking/2010_azabudai_map.pdf
◎新作サイト
     http://www.jayjaybhattstudio.org/

            お問合せ
            Jay・バハット
            jawaharbhatt@gmail.com
            TEL:090 1795 1204


            関西学院同窓会 東京支部
            事務局 永井 和廣
            TEL:03-5224-6226 FAX:03-5224-6227 




「東日本大震災」被災救援募金協力のお願い
  関西学院同窓会 東京支部

この度の「東日本大震災」により被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早く復旧されますようお祈り申し上げます。
 関西学院では、この度の「東日本大震災」で被災された方々に救援の手を差し伸べる為に、学生、教職員、同窓生が一体となり被災救援募金を実施することになりました。東京支部といたしましても度重なる地震や福島原発の事故に伴う停電、交通事情の悪化等に伴う不便はございますが、東北地方の悲惨な状況を見るにつけ、我々に出来ること、少しでも被災者の助けになること実行しようと思った次第でございます。
 今同窓生の力を結集しようでは,ありませんか。
 次のとおりご案内差し上げますので、是非皆様のご協力をお願い申し上げます。

東京丸の内キャンパス内に募金箱を設けておりますので、ご利用下さい。
  東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F TEL 03-5224-6226
  関西学院大学 東京丸の内キャンパス内

お振込をご希望の方は、次の口座にお願い申し上げます。
  三菱東京UFJ銀行 本店 普通 口座 0497149
  口座名義 関西学院同窓会東京支部

  申し訳ありませんが、振込手数料はご負担をお願い致します。また、
   領収書、預り書などの発行はいたしませんので、ご了承ください。

  この募金は、税制上の優遇措置の対象ではありません。

  この募金は、関西学院宗教活動委員会より、兵庫県、日本赤十字社、
   NCC(日本キリスト教協議会)などを通じて被災地へお届けします。


                 お問合せ
                関西学院同窓会 東京支部 事務局
                TEL:03-5224-6226 FAX:03-5224-6227
                E-mail:kg.tokyo@nifty.com


                



■「K.G.ウェルカムパーティ2011」のお誘い
2011年6月11日(土)申込みのご案内

この度の東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
一日も早く復旧されますようお祈りいたします。


さて、2011年に新しく社会人になられる卒業生の皆様を歓迎し、
関西学院大学東京丸の内キャンパスのあるサピアタワーで、

下記のとおり2011年6月11日(土)にウェルカムパーティを開催いたします。

軽食をとりながら、OB、OGとの懇親や座談会、若手同窓生を中心とした活動の紹介など、東京でのネットワークを広げるチャンスです。
お友達をお誘いの上、奮ってご参加下さい。
(昨年は48名の新社会人を含む、123名の若手同窓生が参加しました。)


開催日時:2011年6月11日(土) 13:30〜17:00 

会  費:2011年3月新卒同窓生 無料ご招待、
           以外の同窓生 1,000円

開催場所:サピアタワー5階 (東京ステーションコンファレンス)
     (JR東京駅八重洲北口改札から2分)
      https://www.bispot.jp/sapia/index.html

{申し込み・問合せ先}
関西学院大学東京丸の内キャンパス
関西学院同窓会東京支部事務局   
  TEL 03-5224-6226
  FAX 03-5224-6227
  E-mail:kg.tokyo@nifty.com

申込方法:
  TEL 氏名、連絡先、卒業学部、メールアドレスを
       ご連絡お願い致します
  FAX 氏名、連絡先、卒業学部、メールアドレスを
       ご記入の上FAXお願い致します
  E-mail:kg.tokyo@nifty.com
       氏名、連絡先、卒業学部、メールアドレスを
        ご記入の上事務局宛メールお願い致します

申込締切日:2011年6月6日(月)
      締切日後も、受付は可能な場合がございます。
      お問い合せ下さい。
   

主催:K.G.ウェルカムパーティ2011実行委員会 同窓会東京支部
共催:関西学院大学東京丸の内キャンパス





■3月23日(水)開催を予定しておりました三日月会3月度例会は、中止させていただきます。
東北関東大震災で被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
この度、3月23日(水)に開催の予定でございました『三日月会3月度例会』は、目下の事態に鑑み、中止させていただきます。
 たくさんの皆様からお申し込みを頂戴いたしておりましたので、落ち着きましたら、先生に、ご講演をお願いいたしたく思っております。
 その節には、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
【以下ご案内文でございます。】

3月23日(水):三日月会3月度例会のご案内 宗像紀夫氏(弁護士、中央大学大学院法務研究科教授)をお迎えし、『政治とカネをめぐる検察捜査〜特捜検察の光と影』と題しお話を伺います。

 三日月会3月例会は、弁護士で中央大学大学院法務研究科教授の宗像紀夫氏をお迎え致します。リクルート事件などで主任検事、また東京地検特捜部長として、ゼネコン汚職事件など指揮されました。今回は、『政治とカネをめぐる検察捜査〜特捜検察の光と影』と題しまして、特捜検察による政界捜査、そして大阪地検の証拠ねつ造・犯人隠避事件、尖閣衝突事件での検察の対応、さらに小沢一郎元民主党代表に対する検察審再会による強制起訴など検察組織を大きく揺るがせた事件を中心に、検察捜査の本質に迫っていただきます。
 まさに時機を得た話題でございます。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますよう ご案内申しあげます。                     記
日  時:2011年3月23日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
       JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置します。

会  費 :1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:宗像 紀夫(むなかたのりお)氏(弁護士・中央大学大学院法務研究科教授)
1942年東京都生まれ。中央大学法学部卒。68年東京地検検事に任官。76年福島地検在職中に福島県政汚職事件で知事を収賄で起訴。東京検特捜部時代には総理府汚職事件、ダグラス・グラマン事件、ロッキード事件などを担当。リクルート事件では主任検事を務めた。93年東京地検特捜部長に就任、ゼネコン汚職などを指揮した。その後、最高検刑事部長、高松高検検事長、名古屋高検検事長などを歴任。2004年に退官し、現職。

タイトル: 『政治とカネをめぐる検察捜査〜特捜検察の光と影』        
*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切3月17日(木)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                
東京支部 TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
      E-Mail kg.tokyo@nifty.com

4月例会の予告 4月20日(水) OB安西郁氏による『もう一つの芭蕉像』を予定しております。


■K.G.Tokyo 懇親ボウリング大会 の実施のご報告
 開催日 平成23年2月16日(水)
同窓会東京支部 主催のボウリングを実施いたしました。
53名の参加をえて、無事終了することが出来ました。
幹事の永田様、お世話人をされました谷口様、清水様有難うございました。
何十年ぶりにボウリングをされた会員も、往年のすばらしいフォームで
スコアーもよく和気藹々とした大会で、交流が出来たかなと思われました。
チーム優勝は、美術鑑賞チームでございました。おめでとうございます。

「以下にご案内文でございます。」
このたび,東京支部懇親ボウリング大会を開催することとなりました。
会員の親睦と日頃の運動不足解消を目的として、下記スケジュールで実施いたします。
尚、詳細は「コパン」23号にも掲載の予定です。

              記

1.開催日 平成23年2月16日(水) 18:00〜21:00

2.会 場 田町ハイレーン  
         東京都港区芝浦2-12-13  Tel03-3455-0810
(JR田町駅芝浦口(東口)より徒歩8分程度)

3.内 容 ボウリング2ゲーム 及び 懇親会

4.会 費 5,000円(応援の方は4,000円です)

5.備 考
.椒Ε螢鵐阿魯繊璽狎錣噺朕誉錣離潺奪ス方式

 ▲繊璽猜埓は3人
(サークル単位・ゼミ単位・部活単位・沿線単位・飲み仲間
単位などなんでも有り。各単位で複数チーム参加大歓迎)
 
  8朕誉錣倭柑臆端圓鯊仂櫃箸靴泙后女性にハンデ有り。

  ぁ蛤親第一、勝敗第二”のイベントです。積極的なご参加を・・・

6.申 込 
.繊璽燹3名で構成)名と3人の氏名(卒年と学部)・
 代表者の連絡先-例:居酒屋「とら」チーム・○○サークルAチームなど

  個人参加の方は、氏名と卒年、学部・連絡先

1援の方は、人数のみ

   締切:平成23年1月11日(火・厳守)

   申込:同窓会東京支部(メール又はFAXにて。フォームは自由です。)

      
                               以上


      


           
関西学院大学、青山学院大学、明治大学、UNHCR駐日事務所、共催シンポジウム       「難民が社会を変える」
〜大学、企業、行政などの果たすべき役割〜

難民を対象とする推薦入学制度を導入してきた大学とUNHCRが難民支援の現状と課題を振り返り、企業、行政関係者らと議論を通して更なる支援を考える。


□日時 2011年3月12日(土) 13時〜15時30分

□場所 青山学院大学 青山キャンパス 
           総合研究所ビルディング12階大会議室
    (東京都渋谷区渋谷4−4−25 
            地下鉄「表参道駅」B1出口より徒歩5分)

□主催 関西学院大学、青山学院大学、明治大学、
    国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所

□申込 不要、無料、一般参加可能
    

□問い合わせ 青山学院大学 学長室 03-3409-9612

「プログラム」13時〜
主催者代表挨拶 伊藤 定良・青山学院大学 学長

開会の辞    浅野 考平・関西学院大学 副学長
        針谷 敏雄・明治大学 副学長

一部 基調講演 13時15分〜 中川 正春 衆議院議員議員
                (元文部科学副大臣)

二部 パネルディスカッション 13時45分〜15時30分

モデレーター:土井 香苗・ヒューマン・ライツ・ウォッチ日本代表
パネリスト :針谷 敏雄・明治大学 副学長、塚本 俊也・青山学院大学        大学院国際政治経済学研究科プロジェクト教授、ミョウ・関西       学院大学難民学生第一期生他、大学・企業・行政・難民支援に       携わるNGO関係者など

◇セッション1 「高等教育機関における難民支援」13時45分〜

◇セッション2 「難民が社会で活躍するために」14時30分〜

閉会の辞(総括) ヨハン・セルス UNHCR駐日代表

                                以上











 





■2月16日(水):三日月会2月度例会は、本学の井上琢智教授のご講演いただき、67名の方にご参加いただき無事終了いたしました。誠にありがとうございました。
2月16日(水):三日月会2月度例会は、本学の井上琢智教授をお迎えし、『大学紛争とその後の教育・研究の進展』〜小寺代行提案の残したもの〜と題してご講演を賜りました。

戦後の学制改革の時代から1970年まで、大学闘争から大学紛争へ、1971年から現在までに分けて、社会的背景と関西学院の状況、特に「小寺学長代行提案」の内容と意味などについて、お話を伺いました。

【以下ご案内文です】
 三日月会2月例会は、本年4月から関西学院大学第20代学長にご就任を予定されております井上琢智先生(経済学部教授)をお迎えし、これからの関西学院大学の進むべき方向性を、1968年からの学園紛争とその解決に邁進された小寺武四郎学長代行の打ち出された大学改革の諸施策の歴史的意味とを踏まえながらお話を頂きます。
 あの学園紛争の最中に学生時代を過ごされた方は勿論のこと、関学で学んだ方々には是非とも知って頂きたい学園紛争、そして井上学長が羅針盤ともお考えの小寺代行提案、今後、益々厳しさを増す大学経営と大学改革の方向性についてお話を伺いたいと考えております。
 是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
               記
日  時:2011年2月16日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置します。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:井上 琢智(いのうえ たくとし)様(経済学部教授・経済学博士)

1946年9月生まれ
1970年3月関西学院大学経済学部卒 1972年経済学研究科修士課程修了
1975年3月経済学研究科博士課程単位取得 1985年4月経済学部助教授
1988年4月経済学部教授 2001年3月経済学部長
図書館長、副学長、評価情報分析室長を経て2010年4月学院史編纂室長          
タイトル:『大学紛争とその後の教育・研究の進展』
       〜小寺代行提案の残したもの〜

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切2月10日(木)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                
東京支部
以上



■江戸川乱歩賞受賞作家「末浦 広海様」最新作のご案内
関西学院大学 拳法部OBでもある、

江戸川乱歩賞受賞作家 

    「末浦 広海」様が受賞後第2作を出版されました。

ハードボイルドミステリー


   『白き失踪者』 1,575円(税込み) 講談社


皆様、是非ご購読下さい。

■東京支部 第二回KG東京ゴルフコンペのご案内
  2011年3月30日(水)
関西学院同窓会東京支部
会員各位
                       関西学院同窓会東京支部
                       第二回KG東京ゴルフコンペ
                       事務局 朝山 正美
                           永井 和廣

       東京支部 第二回KG東京ゴルフコンペのご案内


拝啓 
向春の候、東京支部会員の皆様におかれましては益々御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は関西学院同窓会東京支部の活動にご理解とご支援賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、会員の皆様の健康増進と会員相互の交流を目的に、昨年から始まりました東京支部のゴルフコンペ「KG東京ゴルフコンペ」を春のゴルフシーズンに先駆けて企画いたしました。春の陽射しをいっぱい受けながら、より一層の親睦を深めて頂きたく存じます。
詳細に付きましては、下記の通りでございます。
是非皆様奮ってご参加下さいます様ご案内申し上げます。       敬具                                                                                                                          
                 記


1.日  時  2011年3月30日(水)

2.場  所  日高カントリークラブ
     (http://www.hidaka-cc.co.jp./information.html)
       〒350-1213
       埼玉県日高市高萩1203 TEL:042-989-1311

3.スタート  8:30 南コース(集合 8:00)  
       クラブバス
            ・・・7:15〜狭山市駅発—詳細はホームパージご参照下さい
       (組み合わせについては、追って御連絡いたします)

4.参加予定数 5組 20名(20名様で締切りとなります。)

5.競  技  18ホール ストロークプレイ(ダブルペリア) 
         同ネットは、年齢順

6.費  用  ・プレー費  17,600円 
         (キャディフィー込み)及び昼食各自精算
              *乗用カートはございません
・会  費   4,000円 (当日のパーティ、賞品代に充当)

7.申込方法  東京支部第二回KG東京ゴルフコンペ宛 FAX、メール
         にてお願い致します。

8.申込締切  2011年2月22日(火)

関西学院同窓会東京支部 第二回KG東京ゴルフコンペ事務局
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F
             電話 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227   
             E-mail kg.tokyo@nifty.com 以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


              FAX送信用紙


関西学院同窓会東京支部
東京支部第二回KG東京ゴルフコンペ宛
(FAX 03-5224-6227)
(E-mail kg.tokyo@nifty.com)


     東京支部第二回KG東京ゴルフコンペ のご案内 
     2011年3月30日(水)

        参加   不参加 (いずれかに○印をお付け下さい)

氏名                   
学部        
卒年        
生年月日  S. T. H   年  月  日 

住所 〒    
                                      

電話                  FAX
HDCP


お願い
昨今メールにてご案内させていただくことが多く、今後の情報の案内についてメールをお持ちの方は、ご記入をお願い致します。
(既にご登録いただいている方については、不要でございます)

E-mail アドレス:                                  


■サークル結成10周年
第6回「KG水彩スケッチ会展」のご案内
2011年3月7日(月)〜13日(日)

11:00〜18:00(但し 最終日は 16:00迄)

京橋 ギャラリーくぼた 5階
(www.gallery-kubota.co.jp/ )

場 所 東京都中央区京橋2−7−11
TEL 03−3563−0005

銀座線京橋 6番出口   1分
JR東京駅 八重洲南口 10分

KG水彩スケッチ会は、首都圏在住の関西学院同窓生とその家族の水彩スケッチサークルです。NHK文化センター講師の水彩画家「五十嵐 吉彦先生(経済38年卒」のご指導で、鉛筆やペンの線を生かし、光と影で奥行きを表現する透明水彩スケッチを楽しく学んでいます。お気軽にお立寄り頂き、ご高覧願えれば、幸いです。

■2011年1月13日(木):三日月会2011年新春例会は、55名の方のご参加いただき無事終了いたしました。ありがとうございました。
義太夫について、ほとんどの同窓生が知識がないということでございましたが、大変わかりやすくまた本当に楽しく、ユーモアたっぷりに解説をしていただきました。ルーツは大阪で、300年前に浄瑠璃、人形とともに発展し、女流義太夫も250年前からの歴史を持っている古典芸能であります。「おっかけ」は娘義太夫のおっかけがそもそも最初だそうです。三味線はあいの手ではなく語りと一体となって専門的には「模様を弾く」ということでいろいろと弾き分けてたくさん太棹での演奏もしていただきました。そして最後に、壺坂観音霊験記「沢市内の段」よりお里のクドキのさびの部分を皆さんで稽古いたしました。
盛りだくさんの内容で「女流義太夫の魅力」をたっぷりとにぎやかに新春にふさわしい例会となりました。

【以下案内文です】
2011年1月13日(木):三日月会2011年新春例会ご案内
年頭にふさわしく、女流義太夫の鶴澤寛也さまをお招きし、『女流義太夫の魅力』を目いっぱいお伝えします。

 本年は、三日月会開催にご協力を賜わりまことに有難うございました。来年も引き続きご指導、ご支援のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。
 新春1月例会は、年頭にふさわしく、初めて、女流義太夫の鶴澤寛也さまをお招き致します。皆様は「女流義太夫」をご存知でしょうか?文楽の音楽部門である義太夫節を女性だけで演じる、250年の歴史をもつ芸能なのです。
当日は、お話だけでなく、太棹の演奏や一口お稽古コーナーも設け、『女流義太夫の魅力』を目いっぱいお伝えしたいと思います。ご期待下さい。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。    

               記
日  時:2011年1月13日(木)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
     JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置します。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:鶴澤 寛也(つるさわかんや)様(義太夫協会理事・はなやぐらの会主宰)
       東京都出身・津田塾大学学芸学部数学科卒。1984年(昭和59年)鶴澤寛八に入門 寛也となる。豊澤雛代の預かり弟子を経て、現在 鶴澤清介の預かり弟子。(財)人形浄瑠璃因協会女子部門賞・(財)伝統文化ポーラ賞奨励賞など受賞多数。2009年(平成21年)重要無形文化財・総合指定保持者認定。(社)義太夫協会理事・義太夫節保存会会員・はなやぐらの会主宰。
ホームページ http://homepage2.nifty.com/kanya/

タイトル:『女流義太夫の魅力』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切1月7日(金)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。              
  東京支部 TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
        E-Mail kg.tokyo@nifty.com    
以上

■K.G.クリスマスパーティ2010 ご参加まことにありがとうございました。

 東京支部主催、東京丸の内キャンパス後援の
[KGクリスマスパーティ2010]は、12月18日(土)、今年はアルカディア市ヶ谷にて240名を超える同窓生、ファミリー等のご参加(女性の参加73名、家族46名)をいただきまして、おかげさまで無事終えることができました。アトラクションへのご出演、同窓の皆様はじめー本年は、青山学院大学ハンドベルクワイアのご参加いただき、クリスマスを盛り上げて頂きました。また、クリスマスプレゼントのご恵贈など皆様からの暖かいご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。



■■冬期休暇のお知らせ
〜12月25日(土)〜1月5日(水)まで窓口業務は休止し、事務所は閉室させていただきます
関西学院同窓会 東京支部ならびに関西学院大学 東京丸の内キャンパスは、12月25日(土)から新年1月5日(水)まで冬季休暇となっております。期間中、窓口業務は休止させていただき事務所は閉室させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご了承をお願いいたします。
 業務再開は、1月6日(木)午前10時からでございます。

 本年はいろいろとお世話になりましてまことにありがとうございました。
来年も関西学院に変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げます。
皆様にはどうぞよいお年をお迎え下さい。



■12月3日(金):三日月会2010年12月度例会は、50名の方にご参加いただき無事終了いたしました。ありがとうございました。
12月3日(金):三日月会2010年12月度例会は、コンゴ民主共和国駐日大使夫人のポリーヌ・ムールンバ様をお迎えし、『コンゴの文化と食』をテーマにしてお話を伺いました。
1.コンゴ民主共和国の地理
2.歴史
3、政治
4、経済
5.世界遺産
6.食の文化
について、英語での講演でした。アフリカの方にお願いするのは初めてであり、大変興味深いお話で、質疑応答も活発に行われました。通訳には、同時通訳者として起業され、ご活躍中の1984年文学部卒の浜瀬優重(はませまさえ)様にお願いいたしました。大変的確に、わかりやすく、皆様にお伝えいただきました。

【以下案内文】
 12月度例会は、コンゴ民主共和国大使夫人のポリーヌ・ムールンバ様をお迎えし、『コンゴの文化と食』について語っていただきます。コンゴ民主共和国はアフリカ大陸のほぼ中央部にあります。日本からはずいぶん遠い国で、そこに住む人々の食と暮らし向き、そして、どのような文化を持った国なのかについて、興味深いお話がうかがえそうです。ムールンバ夫人は自国語のほか、仏語、英語もご堪能で、当日は英語での講演をお願いしております。是非とも多数の皆さまのご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
なお、通訳は、同時通訳者としてご活躍中の1984年文学部卒の浜瀬優重(はませまさえ)様にお願いしております。



日  時:2010年12月3日(金)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: ポリーヌ・ムールンバ様(コンゴ民主共和国大使夫人)
1948年生まれ。フランスで高校卒業後、キンシャサに戻り、大学でファイナンスを専攻。大学卒業後、放送局で報道に携わる。結婚後はご主人の赴任に帯同し、東ドイツ、エチオピア、モザンビークを経て2002年から日本に滞在。家族は夫と7人の子ども。

タイトル:『コンゴの文化と食』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切11月29日(月 )}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。    
         
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com 

2011年1月新春例会の予告:1月13日(木)女流義太夫鶴澤寛也様による「女流義太夫の魅力」
以上


■11月1日(月):三日月会11月例会は、66名の方々にご参加いただき終了いたしました。ありがとうござました。
【以下ご案内文です】

11月1日(月):三日月会11月例会 伊勢神宮河合真如様をお招きし、『神宮式年遷宮と日本文化』のお話を伺います。

11月度例会は、伊勢神宮から、神職であり式年遷宮の広報室次長として広報活動にご活躍の河合真如様をお招きし、『神宮式年遷宮と日本文化』についてご講演をお願いいたしました。次回の式年遷宮は平成25年に行われます。式年遷宮は伊勢神宮の最大の祭りです。式年とは決められた年限、遷宮とは隣接する二つの御敷地に宮を建て替えて神をお移しすることをいいます。1300年以上続いているこの行事の意味やそれが日本文化とどのようにかかわりあっているかについてお話しいただきます。私たちにとっておなじみのお伊勢さん。小学校の修学旅行以来の出合いにご期待ください。
是非とも多数の皆さまのご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   



日 時:2010年11月1日(月)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:河合 真如(かわいしんにょ)氏(神宮司庁広報室次長)

昭和30年岐阜県生まれ。神宮研修所卒。昭和50年伊勢神宮に奉職。現在神宮参事、神宮司庁広報室次長。著書に「絵で見る美しい日本の歴史」(講談社)、宮澤正明写真集「伊勢神宮 現代に生きる神話」解説(講談社)など。

タイトル:『神宮式年遷宮と日本文化』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切10月26日(火 )}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。             
 
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
        E-Mail kg.tokyo@nifty.com 
以上

■「五十嵐 吉彦 水彩スケッチ画展」のご案内 
2010年11月1日(月)〜11月7日(日)
水彩スケッチ会 講師の五十嵐 吉彦先生(昭和38年経済卒)の個展が開催されます。同窓生の皆様、お誘い合わせの上、ご鑑賞下さい。


日時 2010年11月1日(月)〜11月7日(日) 11:00-18:00
   (最終日 16:00まで)

場所 京橋 ギャラリーくぼた 1F
   中央区京橋2-7-11 電話 03-3563-0005

     地下鉄銀座線 京橋駅下車 6番出口 徒歩1分
     都営地下鉄浅草線 宝町駅下車 A5出口 徒歩2分
     JR東京駅 八重洲南口 徒歩10分

     詳細については、次ぎのURLを参照下さい。
      http://www.gallery-kubota.co.jp/map.html


     






 

■K.G.Christmas2010 開催のご案内:12月18日(土)
  アルカディア市ヶ谷(九段北)にて
秋の深まりとともにクリスマスシーズンが近づいてまいりました。今年も皆様と共にクリスマス礼拝で賛美歌を歌い、主イエスキリストの生誕をお祝い致しましょう。
 楽しいアトラクションでは、ウクレレサークル・KGレレサウンズの演奏、グリークラブ東京新月会の力強い歌声をお楽しみ下さい。
 例年にも増してプレゼントも多数ご用意いたしました。同窓会東京支部会員の皆様、ご家族ご友人をお誘いあわせの上、2010年の最後を飾るクリスマスパーティに奮ってご参加くださいます様、ご案内申し上げます。

開催日:  2010年12月18日(土)
      10時〜        受付     
      10時30分〜11時15分  クリスマス礼拝
      11時15分〜11時45分  アトラクション       
      11時45分〜14時00分  パーティ

会 場:「アルカディア市ヶ谷」3階 富士の間
(昨年とは、会場が変更になっております。ご注意ください。)

申込方法:
   FAX,メール、郵送(参加申込用紙は、事務局までご請求願います。)、
     で「KGクリスマス」係までお申込下さい。
    ・FAX:03−5224−6227
    ・E-mail:kg.tokyo@nifty.com
    ・郵 送:〒100-0005 
         東京都千代田区丸の内1−7−12 サピアタワ−10F
         関西学院同窓会 東京支部「KGクリスマス」係
参加費用:
    ご本人及びご友人 6,500円         
     ご家族       4,500円
   (小・中学生3,000円 幼稚園児以下 無料)   (飲み放題)

会費振込先: 
     ・郵便局 00190−3−83120
       口座名義 関西学院同窓会東京支部(振込用紙利用)

     ・三菱東京UFJ銀行 本店 普通 6194879
        口座名義 関西学院同窓会東京支部
     (振込用紙は、事務局へご請求ください。ご送付いたします。) 

     *「振込控」を当日受付へ提示して下さい

申込締切日: 2010年12月14日(火)

お問合先 関西学院同窓会東京支部 事務局
                  TEL:03-5224-6226                           

■K.G.Tokyo 懇親ボウリング大会 のご案内:平成23年2月16日(水)
このたび,東京支部懇親ボウリング大会を開催することとなりました。
会員の親睦と日頃の運動不足解消を目的として、下記スケジュールで実施いたします。
尚、詳細は「コパン」23号にも掲載の予定です。

              記

1.開催日 平成23年2月16日(水) 18:00〜21:00

2.会 場 田町ハイレーン  
         東京都港区芝浦2-12-13  Tel03-3455-0810
(JR田町駅芝浦口(東口)より徒歩8分程度)

3.内 容 ボウリング2ゲーム 及び 懇親会

4.会 費 5,000円(応援の方は4,000円です)

5.備 考
.椒Ε螢鵐阿魯繊璽狎錣噺朕誉錣離潺奪ス方式

 ▲繊璽猜埓は3人
(サークル単位・ゼミ単位・部活単位・沿線単位・飲み仲間
単位などなんでも有り。各単位で複数チーム参加大歓迎)
 
  8朕誉錣倭柑臆端圓鯊仂櫃箸靴泙后女性にハンデ有り。

  ぁ蛤親第一、勝敗第二”のイベントです。積極的なご参加を・・・

6.申 込 
.繊璽燹3名で構成)名と3人の氏名(卒年と学部)・
 代表者の連絡先-例:居酒屋「とら」チーム・○○サークルAチームなど

  個人参加の方は、氏名と卒年、学部・連絡先

1援の方は、人数のみ

   締切:平成23年1月11日(火・厳守)

   申込:同窓会東京支部(メール又はFAXにて。フォームは自由です。)

      
                               以上


      
              

■10月15日(金):三日月会10月例会を開催いたしました。70名の方にご参加いただき無事終了しました。ありがとうございました。  
【ご報告】

10月15日(金):三日月会10月例会は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券にてチーフエコノミストとしてご活躍中の佐治信行氏(1982年本学法学部卒)をお招きいたしました。  

佐治様には、大変貴重な資料をご準備いただき、世界と日本経済の最近の動向、直面している諸問題また、新たな成長戦略、今後の焦点など、中国、東南アジア諸国、米国、北欧、南米などグローバルな視点から大変わかりやすく鋭く分析、解説していただきました。中でも、通常国会で多くの法案が通った年は経済も力強いというお言葉が印象に残りましたが、是非来年はそのような年になり、良くなることに期待したいものでございます。  

お陰様で、会場一杯の聴講の同窓生一同大変満足し、喜んで帰っていただけたことと思います。多数の皆さまのご参加誠にありがとうございました。

【当初ご案内文書】
10月度例会は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券にてチーフエコノミストとしてご活躍中の佐治信行氏(1982年本学法学部卒)をお招きし、『世界経済の最近の動向と今後の焦点』と題してお話をお伺いいたします。昨年2月から久々にご登場いただきます。
過去10年間で世界経済のボーダレス化は激しいスピードで進行しました。10年前には世界輸入市場で4%のシェアに過ぎなかった中国は現在8%まで上昇、一方米国は18%のシェアが12%に低下しています。そうした中、少子高齢化社会が本格化しだした日本経済に求められる新たな成長戦略は何か。新興国の成長に学ぶ日本 流経済発展スタイルは何かに鋭く迫っていただきます。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
                           


日 時:2010年10月15日(金)11:30〜13:00
(今回講師のご都合によりご講演の時間が繰り上がっております。お間違いなくご来場下さい。)

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
     JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会 費:1,500円(軽食は11:00から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:佐治 信行(さじのぶゆき)氏(三菱UFJモルガンスタンレー証券チーフエコノミスト)
       1958年愛知県生れ。82年関西学院大学法学部卒業。日興證券(株)入社。日興リサーチセンター出向し、証券調査部、経済調査部、投資戦略部長などを歴任。99年より興銀証券(現みずほ証券)。06年より三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券蠅砲謄繊璽侫┘灰離潺好函02年以来Institutional Investor. The All Japan Research team Ranking エコノミスト部門連続第一位の座を堅持。

タイトル : 『世界経済の最近の動向と今後の焦点』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切10月12日(火)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。      

東京支部 TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
     E-mail: kg.tokyo@nifty.com

【お詫び】 都合により、9月度三日月会は中止させていただきましたのでご了承ください。

【予  告】11月度例会は、11月1日(月)神宮司庁広報次長河合真如氏による「伊勢神宮式年遷宮と日本文化」と題して、講演を予定しております。後日ご案内申し上げますのでご予定ください。


■東京丸の内キャンパス開設3周年記念 特別講演会のご案内(無料)
 10月6日(水)、11月16日(火)
東京丸の内キャンパス開設3周年記念 特別講演会のご案内(無料)

関西学院は、それまで皇居の脇にあった東京の拠点を東京駅に直結するサピアタワーに移し、2007年6月、新たに東京丸の内キャンパスとして再スタート致しました。
 その後3年が経過し、教職員の研究・情報交換の場として、同窓会の学びの場と交流の場として、在校生の就職活動の拠点として、そして広く生涯教育を提供する場として、様々な年代の方にご利用いただき、年間の来場者も17,000人を超えようとしています。
この度は、東京丸の内キャンパス開設3周年を記念して「特別講演会」を2つ企画いたしました。是非多くの同窓生の皆様方のご参加をお待ちしております。


10月6日(水) 「国際会計基準(IFRS)で、会社はどう変わるのか?」
 IASB理事として活躍中の山田 辰己氏によりIFRSをめぐる最近の国際会計基準審議会(IASB)の活動を解説いただき、またIFRSが重視される背景・課題・展望について、IFRSに関する多くの著述がある本学商学部・平松 一夫教授により解説いたします。

時 間 13:30-16:00
 会 場 東京ステーションコンファレンス
 定 員 200名
 参加費 無料(要申込)

第一部 「国際会計基準審議会(IASB)の最近の活動」
 講 師 山田 辰己  国際会計基準審議会(IASB)委員

第二部 「国際会計基準(IFRS)をめぐる課題と展望」
 講 師 平松 一夫  関西学院大学 商学部教授



11月16日(火) 「それでも世界は動く」
 昨日よりも今日、今日よりも明日は豊になる・・・。そのような確信がもてた時代は過ぎ去ろうとしています。グローバリゼーションの波が押し寄せるなか、これからの日本は激動する世界の中で生き抜いていかなければなりません。
どんなに私たちが現状維持を望んでも、「それでも世界は動く」。今は、変わるリスクよりも変わらないリスクの方が大きいのです。
時 間 13:30-15:00
 会 場 東京ステーションコンファレンス
 定 員 200名
 参加費 無料(要申込)
 講 師 村尾 信尚 関西学院大学 教授 


             お問い合わせ・お申込み 受付期間:9/4〜10/31
             関西学院大学 特別プログラム事務局
             TEL:03-5651-8875 FAX:03-3666-9800
             (受付時間:月〜金 10:00-18:00)











第一回KG東京支部ゴルフコンペのご案内 11月2日(火)

                          2010年9月吉日
東京支部
会員各位
                        関西学院同窓会東京支部
                        支部長 奥林 群司


          第一回KG東京支部ゴルフコンペのご案内

拝啓 初秋の候、会員各位におかれましては、お元気にお過ごしのことと拝察申し上げます。
平素は同窓会活動にご支援賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、秋のベストゴルフシーズンを迎え、ゴルフサークルの協力を得まして、会員相互の交流を図り、より一層の親睦を深めるためゴルフコンペを開催させていただくことになりました。
 つきましては、下記のとおりご案内いたしますので、皆様奮ってご参加頂きますようにお願い申し上げます。                                                     敬具
                 記

1.日  時  2010年11月2日(火)
2.場  所  泉カントリー倶楽部
       〒270-1617
       千葉県印西市吉田456
       TEL:0476-80-5688
3.スタート  9:45 イーストコース 
(組み合わせについては、追って御連絡いたします)
4.参加予定数 8組 32名
5.競  技  18ホール ストロークプレイ(ダブルペリア)
6.費  用  ・プレー費  14,500円 (キャディフィー、乗用カート込み)及び昼食各自精算
 ・会  費   5,000円 (当日のパーティ、賞品代に充当)
7.申込方法  東京支部 ゴルフサークル宛 FAX、メールにてお願い致しま        す。
8.申込締切  2010年10月12日(金)

関西学院同窓会東京支部  事務局
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F
            電話 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227   
            E-mail kg.tokyo@nifty.com 以上

お申込みについては、次ぎの内容をご記入の上、FAXもしくは、メールにてご連絡をお願い致します。

_______________________________
   第一回KG東京支部ゴルフコンペ の参加申込み表 
   
             FAX


関西学院同窓会東京支部
第一回KG東京支部ゴルフコンペ 宛
(FAX 03-5224-6227)
(E-mail kg.tokyo@nifty.com)

         参加   不参加 (いずれかに○印をお付け下さい)

開催日 2010年11月2日(火) 

氏名                   

生年月日  S. T. H   年  月  日 

住所 〒    
                                   電話                  FAX
HDCP

お願い
昨今メールにてご案内させていただくことが多く、今後のゴルフコンペの案内についてメールをお持ちの方は、ご記入をお願い致します。
(既にご登録いただいている方については、不要でございます)

E-mail アドレス:                                  



■10月3日(日):第7回ゴールドコンサート 〜チャレンジド(障がい者)・ミュージシャンの競演〜 のご案内
本年で7回目を迎えます「ゴールドコンサート」、色々な障がいを持つミュージシャンの方々が、全国から選抜されグランプリを目指したコンテスト形式のコンサートのご案内でございます。本コンサートの実行委員長は、商学部卒業生の貝谷 嘉洋さんです。貝谷さんは、10歳の時に進行性筋ジストロフィーを発症し、自力での歩行不能などの困難の中で、関学を卒業しました。その後NPO法人バリアフリー協会の代表としても活躍しております。
 これまで過去6回、障がいを持ちながらチャレンジする人たちの音楽に対するひたむきさなど聴衆の皆様の心に残る大変な感銘を与えてくれました。
毎年同窓の皆様が足を会場に運んでいただき、暖かい声援、応援を頂いております。本年も是非ともご来場をお願い致します。
 尚、今年も、関西学院大学は、協賛しております。
詳細は、次ぎのとおりでございます。

第7回ゴールドコンサート
 「チャレンジド(障がい者)・ミュージシャンの競演」

1.日 時 2010年10月3日(日) 午後4時30分 開演(午後3時30分 開場)

2.会 場 東京国際フォーラム ホールC(バリアフリー対応会場)
 東京都千代田区丸の内3-5-1 電話 03-5221-9000
 
3.コンテスト出場者 12組

4.審査員長    湯川 れい子

5.入場料      S席 3,000円 A席自由 2,000円(高校生以下無料)
尚、お問い合せ・チケットのお申し込みは、
  ゴールドコンサート事務局 電話 03-5215-1485 FAX 03-5215-1735
E-mail:info@npojba.org URL http://www.npojba.org


関西学院同窓会 東京支部
事務局 永井 和廣
電話 03-5224-6226
FAX 03-5224-6227


 

■9月1日開催の三日月会は、64名の方にご参加いただき、無事終了いたしました。ありがとうございました。
「講演の要旨」

日本における欧米のブランドビジネスの歴史から、昨今の日本におけるブランド品、高級品の売り上げ減から、日本に集中投資されていた経営資源の中国へのドラスティックなシフト、そんな中でブランド本来の「原点回帰」の動きなど、この業界の第一線の経営者として高い見識と鋭い洞察力を持ったお話は、説得力があり、聴講の皆様には、大変興味深く、大いに参考になったことと思います。

「以下講演のご案内文書」

三日月会8月度例会〔9月1日(水)開催〕のご案内:ハンティングワールドジャパン蠎卍垢琉貌J玄O沙瓠1977年本学経卒)をお招きし、『昨今のブランドビジネス事情』と題してお話を伺います。

 8月度例会は、ハンティングワールドジャパン株式会社代表取締役社長の伊藤文治郎氏(1977年本学経済学部卒)をお招きし、『昨今のブランドビジネス事情』と題してお話をお伺いいたします。
 日本国内市場における個人消費の低迷が続く昨今、「欧米ファッションブランド」各社が取り巻く環境変化にどのように対応しているか、ブランド各社の実情及びアメリカで生まれたハンティングワールド社の事例等をまじえて、豊富なご経験から興味深いお話を聞かせていただきます。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
                        

日 時:2010年9月1日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
     JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:伊藤文治郎(いとうぶんじろう)氏(ハンティングワールドジャパン蠡緝充萃役社長)
   1977年関西学院大学経済学部卒業。中高大10年間関西学院に学び、中高は野球部、大学ではアメリカンフットボール部に所属。4年時主将となり 4年連続日本一を経験。1977〜83年三菱商事(株)鉄鋼本部。83~98年エーワン商事(株)。98~2000(株)神戸ファッションプラザ。2000年ハンティングワールドジャパン(株)2004年代表取締役社長就任、現在に至る。

タイトル:『昨今のブランドビジネス事情』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切8月27日(金)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
             
東京支部 TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
     E-mail: kg.tokyo@nifty.com
                                 以上

■盛夏休暇のお知らせ 8月13日(金)〜8月22日(日)まで窓口業務は休止し、事務所は閉室させていただきます
関西学院同窓会東京支部は、関西学院大学東京丸の内キャンパス盛夏休暇に伴い、窓口業務を休止いたします。

期間 8月13日(金)から8月22日(日)まで

ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご了承をお願いいたします。

業務再開は、
8月23日(月)午前10時からでございます。

                                                        関西学院同窓会 東京支部
                      事務局

■三日月会6月度例会は、6月16日(水):『生きていくためにはなくてはならない塩』〜塩のもつ底ぢから〜は無事終了いたしました。ご出席有難うございました。
三日月会6月度例会は、6月16日(水):『生きていくためにはなくてはならない塩』〜塩のもつ底ぢから〜には、38名のご参加をいただき無事終了いたしました。ご受講有難うございました。

(1)世界の塩、
(2)塩の歴史から現代の塩づくり、
(3)こんなにある!塩の使いみち、
(4)食生活と塩、
(5)健康と塩

について、大変懇切なレジュメを準備いただき、大変幅広く、また施行ほやほやの時機を得た「お塩の表示ルール」と、ご丁寧に、具体的にまた大変分かりやすく、とても興味深いお話をお聞きすることができました。また教材として「お塩の表示ルール」に沿ったお塩のお土産まで頂戴いたしました。
聴講の同窓生の皆様には、満足し、喜んで帰っていただけたことと思います。

【以下案内文です】

 6月度の例会は、株式会社菱塩営業部長の安達賢治氏をお招きし、『生きていくのになくてはならない塩』〜塩のもつ底ぢから〜と題してお話をお伺いいたします。
(1)世界の塩、(2)塩の歴史から現代の塩づくり、(3)こんなにある!塩の使いみち、(4)食生活と塩、(5)健康と塩と興味の尽きない内容でございます。
 また本年4月から「お塩の表示ルール」が施行されました。どんな「塩」を買えば安心かもご説明いただきます。
 是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
                           


日 時:2010年6月16日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
     JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:安達 賢治(あだちけんじ)氏(株式会社菱塩営業部長)

1948年広島県生まれ。71年明治大学商学部卒業。同年蠹貎入社。98年同社を退職し、ダイヤソルト株式会社に入社、現在子会社の衂塩営業部長。
<三日月会担当幹事の倉本貴行様よりのご紹介>。

タイトル:『生きていくのに無くてはならない塩』〜塩のもつ底ぢから〜

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切6月11日(金)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
             
東京支部 TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
     E-mail: kg.tokyo@nifty.com
以上

■「K.G.Tokyoフェスタ2010」開催のご案内:7月24日(土)
関西学院同窓会 東京支部の一年の総決算
「K.G.Tokyoフェスタ2010」が次のとおり開催されます。
皆様お誘い合わせの上ご来場いただきますようご案内申し上げます。

日時:2010年7月24日(土)11:00−15:00(受付 10:30)
場所:ホテルオークラ 別館地下2階「アスコットホール」
    www.hotelokura.co.jp
   東京都港区虎ノ門2−10−4 電話 03−3582−0111
   (東京メトロ 日比谷線「神谷町」出口4b)

内容 第1部 東京支部 活動報告
       東京アワード表彰式
   
   第2部 講演会 岩國 哲人氏「日本7つの不思議」
       演奏会 松本 克巳氏「ヴァイオリンの調べ」
   
   第3部 懇親会

    岩國 哲人氏
      1959年 東京大学法学部卒業
      日興證券、モルガン・スタンレー投資銀行、メリル・リンチ社      の日本法人社長・会長などを経て、1989年出雲市長に就任。
      行政は最大のサービス産業」「小さな役所、大きなサービス」      の持論をもとに、ショッピングセンター内の行政の土・日        サービスコーナーを設置するなど多くの新施策を実現した。
      1996年衆議院議員に当選、連続4期務める。
      その間、民主党副代表、民主党「次の内閣」で行政改革・規制      改革担当大臣などを歴任。
      バージニア大学(米国),南開大学・山西大学(中国)、東西大学       (韓国)、の客員教授、特任教授を務めている。
      本年4月より関西学院大学経営戦略研究科客員教授に就任。

    松本 克巳氏
      日本フィルハーモニー交響楽団第一ヴァイオリン奏者
      1977年 関西学院大学理学部卒業
      ピアノとヴァイオリン用に編曲した、山田 耕筰版「荒城の       月」、   「タイスの瞑想曲」、「ユーモレスク」などおな      じみの曲でお楽しみ下さい。

参加費  男性 10,000円 女性 8,000円
     (平成18年以降の卒業生 4,000円)

郵便振込 口座記号 00190 3 
     口座番号 83120
     「関西学院同窓会東京支部」宛

申 込
     参加( 名)
     
氏名、卒業年度、学部、住所、電話番号、FAX、メールアドレス

     をご記入の上
     FAX 03-5224-6227
TEL 03-5224-6226
E-mail kg.tokyo@nifty.com
ね港 〒100-0005
         東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10階
     いずれかでご連絡下さい。

建学の精神「Mastery for Service」を形にする為のボランティア活動を行います。ご家庭で不要になった「使用済み切手」「ペットボトルのキャップ」をご持参くださいますようお願い申し上げます。
*個人情報については、十分注意して同窓会活動を進めてまいりますのでご理解賜りますようお願い申し上げます。

主催 関西学院同窓会 東京支部 K.G.フェスタ2010実行委員会(45年会)
後援 関西学院大学 東京丸の内キャンパス

お問い合せ
   関西学院同窓会 東京支部
   TEL 03-5224-6226
FAX 03-5224-6227
E-mail kg.tokyo@nifty.com
   

   

      

■5月18日(火):三日月会5月度例会は、60名の皆様にご参加いただき、無事終了いたしました。有難うございました。
今回は、小宮正安横浜国立大学准教授より、「ナポレオンその英雄の魅力と謎に迫る」のタイトルで、一時間と短い時間の中で、大変珍しい絵などの映像をまじえて、とても盛りだくさんの内容を小気味よいテンポで大変分かりやすく、とても興味深いお話をお聞きすることができました。

内容は以下のとおりでございました。

1)フランス革命戦争

1.コルシカの辺境から

2.混乱する革命と大逆転

3.エジプト遠征と錦の御旗


2)統率者としての光と影

4.統領誕生

5.皇帝になった軍人

6.ベートーヴェンの怒り


3)英雄の完成とその後

7.ハプスブルク家との関係

8.ロシアでの敗戦と百日天下

9.毀誉褒貶の渦巻く中で

【以下5月例会の案内状です】

 5月度の例会は、ヨーロッパ文化史がご専門の横浜国立大学准教授小宮正安氏をお迎えし、『「近代」 の英雄ナポレオン、その魅力と謎に迫る』と題して、映像などもまじえてお話を伺います。
 近代社会の幕開けとともに華々しく登場し、ヨーロッパのほぼ全域を席捲したナポレオン。彼が現在にまで名を残すような英雄となったのは、一体何故だったのでしょうか。ナポレオン自身だけでなく、彼を取り巻く当時の社会や文化について探りながら、近代ヨーロッパが求めた英雄像、さらにはナポレオンを巡る様々な評価について考察していただきます。

是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。                                              

日 時:2010年5月18日(火)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
     JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結

3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:小宮 正安(こみやまさやす)氏(横浜国立大学教育人間科学部准教授)

 1969年東京生まれ。98年東京大学大学院人文社会研究科博士課程満期単位取得。以降、東京藝術大学、中央大学、立教大学等の非常勤講師を務める。2004年秋田大学教育文化学部准教授。06年横浜国立大学教育人間科学部准教授、現在に至る。
専門分野:ヨーロッパ文化史、ドイツ文学。
作品・活動等:『ウィーン 多民族文化のフーガ』(大修館書店)、『愉悦の蒐集 ヴンダーカンマーの謎』(集英社新書)、『ハプスブルク家の宮殿』(講談社現代新書)など多数。狂言とオペラとの融合を目指した「狂言風オペラ」の脚本も手がけ、これまでに『フィガロの結婚』(2008年度文化庁芸術祭参加作品)、『魔笛』が全国で上演された他、NHKテレビ『ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート』『その時歴史が動いた』にゲスト出演するなど、幅広い活躍をされている。2010年6月から11月まで、ウィーン楽友協会アーカイヴを受け入れ先に在外研修が予定されている。

タイトル:『「近代」の英雄ナポレオン その魅力と謎に迫る』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切5月12日(水)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。       
以上



■第4回 関関連携による技術セミナー 5月28日(金)のご案内
同窓の皆様方のご参加をお待ちしております。

関関連携による技術セミナーが次のとおり開催されます。

日時 2010年5月28日(金)
 17:00−19:00   災害時における情報通信技術
  ・劣通信環境における情報収集
    関西学院大学 理工学部    准教授 巳波 弘佳

  ・都市水害の危険性と避難情報
    関西大学   環境都市工学部  教 授 石垣 泰輔

 19:00−        名刺交換会

場所:関西学院大学 東京丸の内キャンパス 
〒100-0005
   東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F
   電話 03-5222-5678 FAX 03-5222-7032

詳細は、下記にURLにアクセスをお願いします。
http://www.kansai-u.ac.jp/renkei/
http://www.kwansei.ac.jp/kenkyu/

申込・お問い合せ・FAX
関西学院大学 研究推進社会連携機構
TEL 079-565-9052
FAX 079-565-7910
E-mail:ip.renkei@kwansei.ac.jp


関西大学 産学官連携センター
TEL 06-6368-1245
FAX 06-6368-1247
E-mail:syakairenkei@ml.kandai.jp

主催:関西大学 社会連携部産学官連携センター 
   関西学院大学 研究推進社会連携機構

後援:独立行政法人 科学技術振興機構(JST)
   (仮)財団法人 横浜企業経営支援財団



   

■K.G. ウェルカムパーティ2010 のお誘い 6月19日(土)
2010年新しく社会人になった卒業生の皆様を歓迎し、ウェルカムパーティを開催
2010年に新しく社会人になった卒業生の皆様を歓迎し、関西学院大学東京丸の内キャンパスのあるサピアタワーで、下記のとおり2010年6月19日(土)にウェルカムパーティを開催いたします。

軽食をとりながら、業界ごと、学部ごとや勤務地別などでの座談会や若手同窓生を中心とした活動の紹介等、東京でのネットワークを広げるチャンスです。お友達をお誘いの上、奮ってご参加下さい。
(昨年は72名の新社会人を含む、162名の若手同窓生が参加しました。)

開催日時:2010年6月19日(土) 13:30〜17:00 
会  費:2010年3月新卒同窓生 無料ご招待、
          以外の同窓生 1,000円
開催場所:サピアタワー6階 (東京ステーションコンファレンス)
     (JR東京駅八重洲北口改札から2分)


お問合・申込
関西学院大学東京丸の内キャンパス
関西学院同窓会東京支部事務局   
     03-5224-6226 E-mail:kg.tokyo@nifty.com

   6月14日(月)までに電話もしくはE-mailにてお申し込みください。
   ※お申込の際は、氏名・連絡先・卒業学部をお伝えください。

主催:K.G.ウェルカムパーティ2010実行委員会 同窓会東京支部
共催:関西学院大学東京丸の内キャンパス


■4月21日:三日月会4月例会 収納カウンセラーの飯田久恵様による『捨てて始まる、新しい暮らしと人生』は、52名の方にご参加いただき無事終了いたしました。有難うございました。

【講演の概要】
1.整理収納の目的は何

2.住まいを快適にする3つのキーワード

3.出す⇒使う⇒戻す を簡単に
   「収納指数R」= 歩数(足)+アクション数(手)

4.「収納指数」を最小にするプログラム
   飯島久恵先生の「モノが片付く五つのステップ」
    「整理」
     ステップ1:物を持つ基準を明確にする
     ステップ2:不用品を取り除く
    「収納」
     ステップ3:置く位置を決める
     ステップ4:入れ方を決める
    「片付け」   
     ステップ5:快適収納の維持管理

   片付かなくなったら、また暮しが変わったらステップ1にを繰り返す

5.人生のたな卸は早いほど、すっきりした人生が長くなる

【以下4月度例会のご案内文】

 4月度の例会は、収納カウンセラーの飯田久恵様をお迎えし、『捨てて始まる、新しい暮らしと人生』と題して、お話を伺います。スッキリした住まいは、いつ何があっても安心です。そのために収納に対する概念を明確にし、「収納」と「片づけ」の違いなど、考え方をお伝えします。その上で「モノから心を離す」頭の切り替え方や、キープしやすい「何を、どこに、どのように入れる」などの具体的な収納の仕方を、映像を交えてノウハウを伝えていただきます。
 第2の人生をスタートさせるとき、まず住まいの見直しから始め、家を片付け、いらないものがなくなったら何をしたいですか。肩の荷をおろして新しい人生を始めませんか。
 是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。                                       記

日 時:2010年4月21日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
     JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:飯田 久恵(いいだひさえ)氏
     (収納カウンセラー、有限会社ゆとり工房 代表)

1949年生まれ。主婦歴とシステムキッチン・収納家具設計の経験を通して、独自の整理収納法を確立。90年に収納コンサルティングの会社「ゆとり工房」を設立。整理収納の法則を理解して具体的に指導できる新職種「収納カウンセラー」を確立。個人、企業の収納カウンセリングや整理収納学講座の開催。その他、住宅メーカーの収納設計コンサルタント、収納用品の企画開発、女性誌、テレビ、講演などで広くそのノウハウを提供している。主な著書に「飯田久恵・収納の法則」(PHP研究所)、「捨てる!」快適生活(三笠書房)「パーフェクト収納のコツ」(NHK出版)など多数。

タイトル:『捨てて始まる、新しい暮らしと人生』


■3月11日(木):三日月会3月度例会村尾教授による「ZEROからの視点」は、98名のご参加を得て無事終了いたしました。ご聴講有難うございました。
 3月度の例会は、2年2ヶ月ぶりに本学東京駐在の村尾信尚教授にご講演いただきました。「NEWS ZERO」のメインキャスターとして早いもので4年目を迎えられております。今回は、『ZEROからの視点』と題して、国内外で直面しているさまざまな課題を、どのような視点で捉えられているのか、ニュース報道の現場から、村尾先生の熱い思いをお伺いすることができました。
昨年総選挙以降も内外の著名な方とのインタビューの模様やその印象また政権交代、教育の問題、人口が減少に転じた日本の将来などなど、後の質疑応答も活発に行われました。
多数の皆様にご出席を賜わりまことに有難うございました。

{以下案内文)          


日  時:2010年3月11日(木)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:村尾 信尚(むらおのぶたか)氏
(本学学長直属東京駐在教授、「NEWS ZERO」メインキャスター)

タイトル:『ZEROからの視点』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切3月8日(月)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
         E-Mail kg.tokyo@nifty.com
以上                  


■2月24日(水):三日月会2月度例会は、倉本貴行様をお招きしご講演いただきました。51名の方にご参加いただきました。有難うございました。
2月24日(水):三日月会2月度例会 報告

 本学卒業の社会保険労務士・行政書士の倉本貴行様をお招きし、『遺言と相続の基礎知識』〜自分と大切な人のために〜をご講演いただきました。

2月度の例会は、1973年本学経済学部ご卒業で社会保険労務士・行政書士事務所を開設されております倉本貴行様をお招きし、自分と大切な人のために知っておいていただきたい『遺言と相続の基礎知識』と題してお話を伺いました。 ご懇切なレジュメを準備いただき、具体的に、たいへん分かりやすくご説明を頂戴いたしました。

1.「法定相続人の範囲と順位と相続割合」について、図でいろいろなケース について説明。

2.遺留分とは、「遺言自由の原則」により、遺言は法定相続に優先し自由に書けるが、唯一「遺留分」という制約があることなど、遺留分についての説明。

3.遺言書作成にあたって、前準備から、種類と特徴(利点と欠点)、作成にかかる費用、遺言が必要な場合、相続でのいろいろな事例紹介、遺書と遺言の違いなどの説明。

4.成年後見制度について

以上、相続・遺言の基礎的な事柄のお話をお伺いし、平素からいろいろと疑問のお持ちの方には、頭の整理にお役立ていただけたことと存じます。
                               
(以下案内文)



日  時:2010年2月24日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:倉本 貴行(くらもとたかゆき)氏(社会保険労務士・行政書士)

1950年広島市生まれ。73年関西学院大学経済学部卒業。同年三菱マテリアル(前三菱鉱業セメント)蠧社。2006年同社を退職し、社会保険労務士・行政書士事務所を開設。同窓会東京支部幹事(三日月会担当)。
<主な業務> 年金、社会保険・労働保険、遺言・相続、成年後見

タイトル:『遺言と相続の基礎知識』〜自分と大切な人のために〜

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切2月19日(金)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
              
東京支部 TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
     E-mail: kg.tokyo@nifty.com
以上

■第5回 KG水彩スケッチ会展 3月開催のご案内(3月1日〜7日)
第5回 KG水彩スケッチ会展 3月開催のご案内
 
期間 3月1日(月)〜7日(日) 11:00〜18:00
    (但し最終7日は15:00まで)

会場 ギャラリーくぼた 5F (http://www.gallery-kubota.co.jp)
   東京都中央区京橋2-7-電話03−3563−0005
       東京メトロ 京橋 6番出口より歩1分
      JR東京駅 八重洲南口 歩10分

サークル会員24名の1年間の力作60点とご指導の五十嵐先生(経38卒)の賛助出品3点が展示されます。
たくさんの方にご高覧頂くことが、1年間スケッチを続けました私たちへの力強い励ましとなります。
皆さんのご来訪をお待ちしております。

■1月27日(水):三日月会新春例会は、58名の多数の皆様にお集まりいただきまして無事終了いたしました。有難うございました。
【例会報告】

 今年最初の例会は、新春にふさわしく、大正14年創業のお菓子の老舗「風土菓 桃林堂」代表取締役社長でKGOBでございます板倉 讓様をお招きし、『あこがれのフランス菓子から学んだ事』と題してお話を伺いました。

 板倉様のお菓子作りの原点である素材へのこだわり、花作りなど趣味の中から、一味違った自然に備わった風味を大切にすることなど、お菓子つくりに生かされています。
 あまり知られていない丹精を込めた季節のお菓子つくりの現場を映像もまじえてお話いただきました。
 そして後半は、大学4年間は紛争の真っ只中、憧れのパリへ行くために、関西日仏学館のフランス語会話夜間クラスに通い、フランス人の生活に潜り込んでみたかったので、フランス行きを決行、失敗の中での人と人との交流、そして菓子屋に就職。実際の仕事場は、朝5時から夜12時と厳しかったが、食べ物は、食べ放題で美味しかったし、お店は、パーティの出前も得意としていたので菓子以外のフランスの料理にも携わられました。そこで、全て旬の素材を一から調理してゆくすばらしい考えに感銘を受けられました。自然に備わった風味を大切に小豆など材料へのこだわりなどいまもなお桃林堂のお菓子つくりに生かされています。もうすぐ新しいお菓子を発表されるようです。
                           
そして今回のサプライズは、聴講の皆様に、正月にふさわしいめでたい「小鯛焼き」を頂戴いたしました。上品なあんこたっぷりで、一同大変感激し、喜んで帰っていただくことができたのではと思っております。
ご聴講有難うございました。


【今回のご案内文】

1月27日(水):三日月会新春例会のご案内 【大正14年創業の和菓子の老舗「風土菓 桃林堂」板倉 讓社長(1970年法卒)をお招きし、『あこがれのフランス菓子から学んだ事』と題してお話を伺います】


新年明けましておめでとうございます
お健やかに新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。皆様には、本年も三日月会に対しまして倍旧のご支援、お力添えを賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。  
 さて、今年最初の例会は、新春にふさわしく、大正14年創業の和菓子の老舗「風土菓 桃林堂」代表取締役社長でKGOBでございます板倉 讓様をお招きし、『あこがれのフランス菓子から学んだ事』と題してお話を伺います。大学4年間は紛争の真っ只中、憧れのパリへ行くために、関西日仏学館のフランス語会話夜間クラスに通い、フランス人の生活に潜り込んでみたかったので、菓子屋に就職。実際の仕事場は、朝5時から夜12時と厳しかったが、食べ物は、食べ放題で美味しかった。お店は、パーティの出前も得意としていたので菓子以外のフランスの料理にも携わることができました。そこで、全て旬の素材を一から調理してゆくすばらしい考えに感銘を受けました。自然に備わった風味を大切に小豆など材料へのこだわりなど桃林堂の和菓子つくりに生かされています。
あまり知られていない丹精を込めた和菓子つくりの現場を映像もまじえてお話いただきます。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。                           

日  時:2010年1月27日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:板倉 讓(いたくらゆずる)氏(株式会社桃林堂代表取締役社長)

 1947年大阪府八尾市生まれ。66年関西学院高等部卒業。70年法学部政治学科卒業。72年渡仏 シェ ベッケル勤務。73年株式会社桃林堂入社。2002年代表取締役就任。現在東京担当として、下町の風情をとどめた東京芸大横上野店と画廊もあるモダンな表参道青山店に重点注力。単身赴任中。

タイトル :『あこがれのフランス菓子から学んだ事』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切1月20日(水)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
             
東京支部 TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
     E-mail: kg.tokyo@nifty.com
以上




関西学院グリークラブ創立110周年記念東京リサイタルのご案内
2010年2月11日(木・祝)
同窓の谷川様より次のとおり御案内がございました。

関西学院グリークラブが創部110周年を記念し、6年振りに東京リサイタルを開催いたします。首都圏の同窓の皆様に是非ともご来場いただきたくご案内申し上げます。
                   グリークラブOB新月会東京支部
                   支部長 谷川 晴之(昭和54経卒)

♪♪110周年を聴いてみる♪♪

関西学院グリークラブ創立110周年記念東京リサイタルのご案内

■日時:2010年2月11日(木・祝) 13時30分開場 14時開演
■場所:大田区民ホール・アプリコ大ホール
■座席:S席2,500円(座席指定) A席2,000円(座席指定) B席1,000円(自由席)

◎ステージ内容
1.男声合唱組曲「吹雪の街を」(多田武彦作曲)/指揮 隅寛昭(学生)
2.ミュージカル「南太平洋」(R Rogers作曲)/指揮 広瀬康夫
3.男声合唱組曲「いつからか野に立つて」(木下牧子作曲)/指揮 本山秀毅
4.Missa Tempore Belli(E Desderi作曲)/指揮 広瀬康夫

◎東京リサイタルチケットのお申込み方法
「東京リサイタルチケットを申込みます。」と明記し
〃種(S席、 A席、 B席の区別)
∨膺
ご氏名
ち付先住所
イ艦⇒軅菘渡暖峭(又はFAX番号)
を記載の上、下記メールアドレス、FAX(TEL)宛にお申し込み下さい。

*チケット事務局 E-mailアドレス:t-recital@ah.em-net.ne,jp
 又は 担当 谷川  TEL/FAX :0466-24-2880

・チケット代金のお支払方法
 チケット送付の際、振込先をご案内いたします。








■大学サッカー部、ラグビー部ともに関東勢に阻まれ、まことに残念ながら大学選手権準決勝進出ならずでございました。同窓の皆様のあたたかい応援まことにありがとうございました。
試合結果は、つぎのとおりでございました。

【サッカー部】
<準々決勝>
12月23日(水・祝日) 江戸川区陸上競技場
 
 関西学院大学 2  対 3 駒澤大学

【ラグビー部】

<準々決勝>
12月27日(日) 名古屋市瑞穂公園ラグビー場

 関西学院大学 29 対 62 明治大学


■冬期休暇のお知らせ〜12月25日(金)〜1月5日(火)まで窓口業務は休止し、事務所は閉室させていただきます
関西学院同窓会東京支部ならびに関西学院大学東京丸の内キャンパスは、
12月25日(金)から新年1月5日(火)まで冬季休暇となっております。期間中、窓口業務は休止させていただき事務所は閉室させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご了承をお願いいたします。
 業務再開は、1月6日(水)午前10時からです。

 本年はいろいろとお世話になりましてまことにありがとうございました。来年も関西学院に変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げます。
皆様にはどうぞよいお年をお迎え下さい。


■KGクリスマスパーティ2009ご参加まことにありがとうございました。
 東京支部主催、東京丸の内キャンパス後援のKGクリスマスパーティ2009は、12月19日土曜日、恒例の都市センターホテルで254名とこれまでの最高の同窓、ファミリーのご参加(女性の参加95名、家族、同伴参加者76名)をいただきまして、おかげさまで無事終えることができました。アトラクションへのご出演、クリスマスプレゼントのご恵贈など皆様からの暖かいご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

■大学サッカー部、ラグビー部ともに準々決勝へコマを進めました。
同窓の皆様、更なる応援宜しくお願い致します。
 サッカー部は20日(日)、全日本大学選手権・1回戦に出場し広島修道大に勝利しました。一方、ラグビー部も同日の全国大学選手権1回戦で同志社大を破りました。
 
 両部ともに準々決勝(ベスト8)に勝ち進みました。一回戦の結果と準々決勝の組み合わせと日程は以下のとおりです。

引き続き同窓の皆様の絶大なる応援何卒宜しくお願い致します

【サッカー部】

<1回戦>関西学院大学  0−0(PK4−3) 広島修道大学(12/20 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

<準々決勝>
12月23日(水・祝日)11時30分〜 江戸川区陸上競技場
 
 関西学院大学  対  駒澤大学

【江戸川区陸上競技場】
〒134-0087
東京都江戸川区清新町2-1-1
TEL:03-3878-3388
<アクセス>
地下鉄東西線「西葛西駅」下車徒歩約15分、または「臨海町二丁目団地」行バスに乗車、「清新第三小学校前」下車、徒歩約2分

【ラグビー部】

<1回戦>関西学院大学  38−24  同志社大学(12/20 近鉄花園ラグビー場)

<準々決勝>12月27日(日)12時〜 名古屋市瑞穂公園ラグビー場

 関西学院大学  対  明治大学

【名古屋市瑞穂公園ラグビー場】
 〒476-0062
 愛知県名古屋市瑞穂区山下通5-4
 TEL052-836-8214

<アクセス>
地下鉄名城線「瑞穂運動場東」駅より徒歩約10分
地下鉄桜通線「瑞穂運動場西」駅より徒歩約10分
以上

■関西学院大学体育会サッカー部:全日本大学選手権の初戦は、12月20日、広島修道大学と熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で対戦します。同窓の皆様の熱い応援宜しくお願い致します。

 関西学院大学体育会サッカー部は、2009年度 関西学生サッカーリーグで11年ぶり28回目の優勝をご存知のように致しました。全日本大学選手権の初戦の相手が次の通り決まりましたので、お知らせを致します。

 是非とも多くの同窓の皆様方の暖かい応援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。 
 
<1回戦>

 ◆ 日時 : 12月20日(日)11時30分〜  対  広島修道大学
                            
          http://kgusoccer.com/kumiawase

 ◆ 場所 : 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
         JR高崎線・上越新幹線熊谷駅正面口3番バス乗り場より
         「くまがやドーム」行直行バス有 約15分
          同駅同バス乗場より「陸上競技場入口」下車バス停より徒歩約5分

         筺048-526-200

          http://www.ardija.co.jp/stadium/other/kumagaya.html

尚、ラグビーも関西2連覇を果たしました。今年は全勝の完全優勝でした。
初戦は、大阪の花園にて次のとおりでございます。

 ◆ 日時 : 12月20日(日)14時00分〜  対  同志社大学

 ◆ 場所 : 近鉄花園ラグビー場

          http://www.kintetsu.co.jp/leisure/hanazono/




■KGクリスマスパーティ2009 開催のご案内
12月19日(土)関西学院同窓会東京支部の最後を飾る楽しいクリスマスパーティの季節がやってまいりました。ご参加をお待ちしております。
今年も、関西学院同窓会東京支部の最後を飾る楽しいクリスマスパーティの季節がやってまいりました。ゆっくりお食事を召し上がり、アトラクション・クリスマスプレゼントタイムと多彩な企画のパーティを考えております。また、クリスマス礼拝は、関西学院 理事(宗教総主事)田淵 結氏をお迎えし、司式をお願いしております。懐かしい母校に思いをはせて、讃美歌・クリスマスソングをご一緒に歌いましょう。昨年同様豪華なクリスマスプレゼントもたくさんご用意致します。今年は「関西学院 創立120周年」でございます。皆様ご一緒に大いに盛り上げていただければと思います。2009年の最後を飾るクリスマスパーティにご家族、ご友人をお誘い合わせの上、多数のご来場を心よりお待ち申し上げます。

開催日 12月19日(土)10時30分〜13時30分
     クリスマス礼拝 10時30分〜11時00分
     アトラクション 11時00分〜11時30分
     パーティ    11時30分〜13時30分
受付時間  10時〜10時30分

会 場  都市センターホテル 3階 コスモスホール
     東京都千代田区平河町2−4−1筺В娃-3265-8211
     最寄の駅 東京メトロ 地下鉄「永田町」「麹町」「赤坂見附」より徒歩5〜8分

参加費  大 人 6,500円
     同伴者 4,500円(高校生以上)
     同伴者 3,000円(小・中学生)
             無料(幼稚園児以下)
     (飲み放題ではありませんが、飲み物もついております。)

参加手続 FAX、E-mailまたは郵送(KGクリスマスパーティ2009参加申込用紙:事務局へご請求願います。)で「KGクリスマス係」までお申し込み下さい。
     ・FAX:03−5224−6227
     ・E−mail:kg.tokyo@nifty.com
・郵送 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
         「関西学院同窓会東京支部 KGクリスマス係」
参加費振込先
     郵便局 00190−3−83120 関西学院同窓会東京支部
     (振込用紙お持ちでない方には、事務局よりお送りいたしますの      でお申し出下さい。)

入場券  郵便局の「振込控」を当日受付へ提示してください。

お問合先 関西学院同窓会東京支部 事務局
     TEL:03-5224-6226
                                以上








■三日月会2009年12月度例会は、40名の方にご参加いただき無事終了いたしました。ご受講有難うございました。
12月10日(木):12月度三日月会報告
国立天文台太陽天体プラズマ研究部主任・渡邊鉄哉教授をお招きし『世界天文年2009の皆既日食』と題して、ダイナミックな天文現象をご懇切なプレゼンテーションとレジュメを準備いただき大変分かりやすくお話しいただきました。

 今年2009年は、ガリレオが望遠鏡を発明して初めて天体に向けてから400年の節目の年にあたります。太陽の科学的な研究はガリレオが太陽黒点を観測したときから始まりました。今回の皆既日食は皆既の継続時間が今世紀最長であり、トカラ列島から硫黄島にかけて、46年ぶりにわが国の領土内を皆既帯が通る日食でありました。硫黄島での皆既日食の観測映像や科学衛星「ひので」からのX線望遠鏡の映像など実況映像そして皆既日食と金環日食の違いや皆既日食でしか見えない神秘的なコロナの不思議、100万度を超える高温希薄なガスで、コロナをこのような高温に加熱・維持する機構は、現代の太陽物理学に残された大きな謎のひとつとなっています。また、黒点の多少による太陽の活動周期と地球気温の変動など私達のあらゆる活動に影響を及ぼしている、一番近い恒星である太陽についてお話いただきました。
ご参加の皆様方の熱心な聴講、質疑応答まことに有難うございました。

【ご案内文】
日 時:2009年12月10日(木)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:渡邊鉄哉(わたなべてつや)教授(国立天文台太陽天体プラズマ研究部主任)

1952年東京都生まれ。1980東京大学大学院理学系研究科修了(理学博士)。80年東京大学助手(東京天文台)〜98年国立天文台教授(電波天文学研究系)を経て、2004年より現職。2009年より 日本天文学会副理事長。2003年より東京都北区教育委員会委員。著作には、「ハッブル宇宙望遠鏡-宇宙への新しい窓-」(訳:シュプリンガーフェアラーク東京・1996年)、「天文の辞典」(編:朝倉書店・2000年)、「天文学への招待」(共:朝倉書店・2001年)などがある。
タイトル:『世界天文年2009の皆既日食』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切12月4日(金)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。             
              
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com           以上              


■11月18日(水)開催の11月度三日月会は、57名の皆様方にお集まりいただき無事終了いたしました。有難うございました。
 法相宗大本山薬師寺長老(前管長)安田暎胤師をお招きし、『世界を「まほろば」に』と題してお話を伺いました。

 「まほろば」とは、一番すぐれた所、美しい所、尊い所、懐かしい所、中心地であります。
 「まほろば」の国は、自然環境に恵まれ、善き政治、経済の繁栄、教育の充実、文化活動も盛んで、戦争や差別のない、人々が助け合い、医療、社会福祉が充実し、生涯を安心して暮らせる所であります。今の日本は物質的には素晴らしく豊かです。しかし心は必ずしも豊とはいえません。心も物の豊かさほどにレベルアップしたいものです。では、その豊かな心とはどんな心を持つことなのでしょうか。 生きる幸せに気づく五つの心、「まほろば」の心、それが、感謝の心、慈悲の心、敬いの心、詫びる心、赦しの心をまごころを込めてお説きいただきました。たくさんの皆様にご聴講いただき感謝いたしております。

「ご案内文」   
11月18日(水):11月度三日月会のご案内
 法相宗大本山薬師寺長老(前管長)安田暎胤師をお招きいたします。『世界を「まほろば」に』と題してお話を伺います。

日 時:2009年11月18日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:安田 暎胤(やすだえいいん)師(法相宗大本山薬師寺長老)
昭和13年岐阜市生まれ。昭和25年入山。師匠は橋本凝胤師。平成15年薬師寺管主に就任。平成19年法相宗管長に就任。平成21年8月薬師寺長老に就任。現在、薬師寺21世紀まほろば塾塾長。(財)世界宗教者平和会議日本委員会常務理事。日中韓國際仏教交流協議会副理事長。(財)國際仏教興隆協会理事長。著作には、「仏の道を思う朝」(講談社刊)「心の道しるべ」(講談社刊)、「玄奘三蔵のシルクロード」(東方出版社刊)「この道を行く」(講談社刊)、「人生の四季を生きる」(主婦と生活社刊)「薬師寺物語」(四季社刊)「花のこころ」(講談社刊)まごころを生きる」(大法輪閣刊)「五つの心」(主婦と生活社刊)

タイトル :『世界を「まほろば」に』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切11月13日(金)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。             
                
 東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
        E-Mail kg.tokyo@nifty.com                         


■10月22日:関西学院大学 「新技術説明」がJSTホール(半蔵門)にて、開催されます。同窓の皆様のご参加をお待ちしております。
関西学院大学は(独)科学技術振興機構(JST)との共催で「新技術説明会」が東京千代田区半蔵門にありますJSTホールで開催されます。
本イベントは、関西学院大学で生まれた研究シーズを、研究者自身が説明することで広く社会への還元を図るものです。
今回は下記の通り、理工学部から10名の研究者が講演いたします。
皆様のご参加をお待ち申し上げます。

【日時】 2009年10月22日(木)10:00〜16:50
【場所】 科学技術振興機構 JSTホール
【講演】 関西学院大学理工学部

1.田辺陽教授
 「医薬品のプロセス化学を指向する有機合成」
2.西脇清二教授
 「線虫C. elegansの遺伝的サプレサー解析による制御カスケードの解明」
3.佐藤英俊准教授
 「光を用いた生体機能モニタリング技術:光バイオプシー」
4.尾崎幸洋教授
 「ラジカル測定用時間分解ATR-FUV 分光システムの開発」
5.瀬川新一教授
 「タンパク質の折りたたみを工学にする」
6.西谷滋人教授
 「第一原理計算と熱統計力学の統合によって、半導体・金属の欠陥エネルギーを計算する手法」
7.森本孝之専任講師
 「ランダム行列理論を用いた共分散行列のノイズ除去」
8.巳波弘佳准教授
 「劣通信環境における情報共有のためのネットワーク制御技術」
9.河野恭之教授
 「実世界インタラクション」
10.山本倫也准教授
 「CGやロボットを情報メディアとする身体的インタラクション技術」

【申込】 (独)科学技術振興機構のHPより

【お問合せ】 関西学院大学 研究推進社会連携機構 神戸三田キャンパス
       研究推進社会連携機構のHPより


■10月15日(木):三日月会開催のご案内
京都から冷泉家25代当主、冷泉為人氏をお招きし、「冷泉家 王朝の和歌守の歴史と文化」をテーマにお話を伺います。
10月の三日月会は、京都から冷泉家25代当主、冷泉為人氏(関西学院大学大学院文学研究科博士課程修了)をお招きいたします。この度「冷泉家時雨亭叢書」全84巻の出版が17年の歳月を経て完結したのを記念し、10月24日から12月20日まで東京・上野の東京都美術館で「冷泉家 王朝の和歌守展」が開催されることになっております。この展覧会にちなんで、「冷泉家 王朝の和歌守の歴史と文化」をテーマにお話を伺いますが、日本人のこころと美を確認する機会となることを祈念しております。
なお、今回は、展覧会観覧券をおひとり一枚付きで会費は2,000円とさせていただきました。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   

日 時:2009年10月15日(木)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:2,000円(展覧会観覧券付き、軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:冷泉 為人(れいぜいためひと)氏(冷泉家時雨亭文庫理事長)
昭和19年兵庫県生れ。昭和43年関西学院大学文学部美学科卒業。関西学院大学大学院文学研究科博士課程修了。同志社女子大学客員教授、立命館大学COE客員教授。前池坊短期大学学長。日本美術史・近世絵画史専攻。著書に「日本屏風絵集成第八巻花鳥画」、「五節供の楽しみ」など多数

タイトル:『冷泉家 王朝の和歌守展』−典籍と年中行事をめぐって−

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切10月9日(金)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。             
               
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
         E-Mail kg.tokyo@nifty.com                          

■関西学院大学東京丸の内講座創立120周年特別プログラム開催のご案内
  皆様のご参加心よりお待ち申し上げます。
 2009年後期の丸の内講座は、いつものエクゼクティブ、マネージメント、ナレッジの各コース並びに科学ジャーナリスト塾に加えて、今年は関西学院創立120周年を迎えましたので、10月〜11月で3つの特別プログラムを企画いたしました。いつもの講座に加えまして、皆様のご参加を心からお待ち申し上げます。
 
 なお、2009年後期丸の内講座の詳細は、関西学院大学東京丸の内キャンパスにパンフレットをご請求(TEL:03-5222-5678)いただくか関西学院大学丸の内講座ホームページhttp://www.kwansei.ac.jp/Contents?cnid=6292をご参照下さい。

特別プログラム1:「ニューヨーク・シティ・バレエ 2009」
 
 二十一世紀最大の振付家ジョージ・バランシンが世界最高峰のバレエ団に育てたニューヨーク・シティ・バレエ(NYCB)が10月に5年ぶりの来日公演を行います。この来日を記念して、丸の内講座特別メニューとしてバレエ鑑賞に『バレエ・インサイト』と公演終了後の懇親会を加え、より深くバレエを理解体験していただくことの出来る企画です。バレエ鑑賞は、Program Cとなります。

日 程: 2009年10月10日(土)
時 間: 11:00〜11:45 『バレエ・インサイト』※(自由席)
    : 13:00〜15:40 バレエ鑑賞 Program C(詳細は、http://www.nycb2009.jp)
    : 16:00〜16:45 丸の内講座懇親会(ダンサー、振付家なども参加予定〈10分程度〉)ドリンク・通訳付
会 場: Bunkamura オーチャードホール(渋谷区道玄坂2-24-1)
定 員: 70名
受講料: 丸の内講座特別価格16,000円
      【バレエインサイト・バレエ鑑賞(ご覧になりやすい席をご用意)・懇親会(ドリンク付)・プログラム付】
      ※ご参考価格一般販売S席18,000円

<ニューヨーク・シティ・バレエ 2009のお申し込み、お問い合わせ>
関西学院大学丸の内講座ホームページhttp://www.kwansei.ac.jp/Contents?cnid=6292の受講申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、関西学院東京丸の内キャンパス(FAX:03-5222-7033)までお送りください。申込み先着順となりますので、定員を超えた場合は、お断りする場合もございます。ご了承ください。お問い合わせは、関西学院大学東京丸の内キャンパス(TEL:03-5222-5678)までお願いします。

特別プログラム2:国際シンポジウム「災害復興と国際連携」〜国境越えるパートナーシップをめざして〜

  地震・津波だけでなく、気候温暖化や経済開発に伴う自然破壊により、私たちの地球は災害多発時代を迎えています。阪神・淡路大震災、米国のハリケーン・カトリーナなど都市型災害は産業活動や金融のグローバル化に伴い被害も巨大化・広域化の一途をたどっています。一方で、大規模な災害の被害は発展途上国に集中しています。災害救援・災害復興において国境、民族、文化を超えた連携をどのように構築していくべきでしょうか。大学や研究機関は、どのような役割を果たすべきでしょうか。政府レベル、地域レベル、あるいは各級機関レベルで今後、災害に立ち向かうために連携体制をどう構築していくかについて中国、台湾、そして米国の知の最前線にいる日本に理解の深い研究者・実務者が実際の被災体験を踏まえて話し合います。

日 程: 2009年10月19日(月)
時 間: 13:15〜17:00
会 場: 東京ステーションコンファレンス(丸の内)サピアタワー5F
定 員: 80名
受講料: 無料
使用言語: 日本語・英語(同時通訳あり)
主 催: 関西学院大学・関西学院大学災害復興制度研究所詳細はこちらからhttp://www.fukkou.net/

特別プログラム3.特別講演会「明日の世界と日本経済」

 混迷を深める日本経済を展望する特別講演会です。現在経済界のトップとして幅広くご活躍されているオリックス会長・グループCEO宮内義彦氏をお招きし、「明日の世界と日本経済」と題して世界情勢の中、これからの日本経済の展望についてお話いただきます。

講 師: 宮内 義彦 (オリックス株式会社会長・グループCEO)
日 程: 2009年11月4日(水)
時 間: 18:30〜20:30
会 場: 東京ステーションコンファレンス(丸の内)サピアタワー6F
定 員: 200名
参加費: 無料

<特別プログラム2.ならびに3.のお申し込み、お問い合わせ>
関西学院大学特別プログラム事務局受付期間9/4〜10/31
Tel. 03-5651-8875 Fax. 03-3666-9800
(受付時間:月〜金10:00〜18:00)

関西学院同窓会東京支部事務局  
 TEL 03−5224−6226 FAX03−5224−6227

■10月12日(月・祝):第6回ゴールドコンサート〜チャレンジド(障がい者)・ミュージシャンの競演〜のご案内
今年で6回目を迎えますゴールドコンサート、いろいろな障がいを持つミュージジャンの方々が、全国から選抜されグランプリを目指したコンテスト形式のコンサートのご案内でございます。本コンサートの実行委員長は、商学部の卒業生の貝谷 嘉洋さんです。貝谷さんは10才のときに進行性筋ジストロフィーを発症し、自力での歩行不能などの困難の中で、関学を卒業しました。そしてNPO法人日本バリアフリー協会の代表としても活躍しております。
 これまで過去5回、障害を持ちながらチャレンジする人たちの音楽に対するひたむきさなど聴衆の皆様に心に残る大変な感銘を与えてくれました。
 毎年同窓の皆様が会場に足を運んでいただき、暖かい声援、応援をいただいております。ぜひともご来場お願い致します。
 なお、今回も、関西学院大学は協賛しております。

第6回ゴールドコンサート
  「チャレンジド(障がい者)・ミュージシャンの競演」

1.日 時 2009年10月12日(月・祝)午後4時半 開演(3時半 開場)

2.会 場 東京国際フォーラム ホールC (JR有楽町駅下車)

3.コンテスト出場者 11組

4.審査員長  湯川れい子

5. 入場料   SS席指定  3,500円
       S席指定   3,000円
          車椅子席をご希望の方は事務局に要事前申込

6.チケット申し込みは、下記の要領で9月25日(金)までにカテゴリー、枚数、お名前、送付先をご記入の上メールまたはFAXにて支部事務局までお願い致します。代金のお振込先等ご連絡いたします。

関西学院同窓会 東京支部事務局 松本 洋
Tel   03-5224-6226
Fax  03-5224-6227
E-Mail kg.tokyo@nifty.com
---------------------------------------------------------------------
ゴールドコンサートチケット申し込み
 SS席指定(    枚)、S席指定(    枚)
 お名前
 送付先 〒
 ご住所
 お電話番号
---------------------------------------------------------------------
以上

■9月25日(金):9月の三日月会の案内 本学MBA修了の松田太一様をお迎えし、ファンドの役割と企業再生の現状をお話いただきます。
9月の三日月会は、苦境に陥った企業に再び命を吹き込む企業再生家としてご活躍の松田太一様をお迎えし、ファンドの役割と企業再生の現状をお話いただきます。
銀行の不良債権化した様々な企業が内外の投資ファンドによって再生され、また、事業後継者が無く優れた技術を持ったまま廃業しそうな企業もファンドによって事業継続が可能になります。そこで重要な役割を果たすのがターンアラウンド・マネージャー(企業再生家)です。ファンドはどのような着眼で投資対象の企業を見いだすのか?企業再生の最大のポイントは何か?再生された企業の将来はどうなるのか?そんな疑問を解りやすく解説いただきます。是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。

日  時:2009年9月25日(金)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:松田 太一(まつだ たいち)氏
略歴/1993年大阪外国語大学(現大阪大学外国語学部)卒業。1993年大成建設株式会社。2003年関西学院大学大学院商学研究科マネジメントコース 修了。2005年から関西学院大学丸の内講座マネジメントコース講師。2006年株式会社KHC代表取締役社長(現取締役)。
2009年国際ランド&ディベロップメント株式会社代表取締役社長。

タイトル:『企業再生の現場から』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切9月18日(金)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。             
                
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
    E-Mail kg.tokyo@nifty.com                          

■夏の全国高校野球は中京大中京に大健闘、惜しくも4−5で惜敗しました。同窓の皆様の大きな声援、本当にありがとうございました。
夏の全国高校野球の2回戦に進んだ我が関西学院高等部は、中京大中京と対戦し、4−5で惜敗しました。

関西学院への同窓の皆様の大声援、本当にありがとうございました。

1点を追う9回はプロも注目する堂林投手を追い詰め、同点に。4万6千人の大観衆がその粘りに大いに沸いた興奮が、テレビの前で応援していた皆様にも伝わったことと思います。広岡監督のコメントで「悔しいが、悔いはない」みんなの気持ちだと思います。感動を与えてくれました監督、選手の皆様に感謝、ありがとうございました。   関西学院同窓会東京支部 事務局

■盛夏休暇のお知らせ 8月13日(木)〜8月23日(日)まで窓口業務は休止し、事務所は閉室させていただきます
関西学院同窓会東京支部ならびに関西学院大学東京丸の内キャンパスは、
8月13日(木)から8月23日(日)まで盛夏休暇となっております。
期間中、窓口業務は休止させていただき事務所は閉室させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご了承をお願いいたします。
 業務再開は、8月24日(月)午前10時からです。

               関西学院同窓会東京支部事務局



■夏の全国高校野球の第3日に70年ぶり登場した関西学院高等部(兵庫)が、酒田南(山形)に7−3で勝ち、初戦を突破しました。応援有難うございました。
関西学院高等部は、7対3で酒田南を撃破し、70年ぶりの感激の甲子園での勝利をおさめました。同窓の皆様、応援有難うございました。
お蔭様で、30名の方がランバスホールの大画面の前で熱い応援を送り、みんなで万歳三唱、校歌斉唱で感激をわかちあいました。

なお、次の試合は、今の予定では、8月17日(月)の予定でありますが、ランバスホールは盛夏休暇(13日から24日まで)中に、空調増設工事を行います関係で、残念ながら放映は出来ませんのであしからずご承知おきくださいますようお願い申し上げます。
                  関西学院同窓会東京支部事務局

■お待たせいたしました。8月12日(水)午前8時15分ランバスホールは開門いたします。在京の同窓生の方、熱い応援をよろしくお願い致します。
同窓会東京支部会員の皆様へ

お待たせいたしました。雨天の為順延しておりましたが、12日(水)午前8時30分から関西学院高等部がいよいよ甲子園に登場いたします。一回戦を酒田南(山形)と戦います。

甲子園へ出かけられない皆様には、東京丸の内キャンパスランバスホールでの大画面スクリーンの前で皆様揃って熱い応援をお願い致します。

8月12日水曜日、丸の内キャンパスは午前8時15分に開門いたします。
皆様のご来場心よりお待ち致しております。
(なお、入館証をお持ちでない方は、免許証など写真つき身分証明証をお持ち下さい。)
関西学院同窓会東京支部事務局
TEL 03-5224-6226
以上

■8月10日は甲子園の日程が雨天順延で変更となりましたので、ランバスホールの開場、放映は中止させていただきます。
関西学院同窓会東京支部の皆様へ

8月10日(月)は、甲子園に行けない在京の同窓の皆様にランバスホールで応援しましょうとご案内しておりましたが、9日(日)の日程が、甲子園雨天のため順延となりました。そのため、我が関西学院高等部の出番も1日延びまして今のところ11日(火)の予定になっております。
つきましては、10日の8時30分から丸の内キャンパスの開場、放映は、中止させていただきます。取り急ぎご案内申し上げます。

なお11日以降につきましては、雨天による日程変更やランバスホールの他の行事での利用予約などもございますので、開催は未定でございます。

                   関西学院同窓会東京支部事務局
                  TEL03−5224−6226

■8月10日(月)関西学院高等部対酒田南の試合を
東京丸の内キャンパスランバスホールで皆様熱い応援を!!
関西学院同窓会東京支部の皆様へ

いよいよ全国高校野球選手権は8月8日(土)開会式を迎え、8月10日(月)午前8時30分より我が関西学院高等部が酒田南と1回戦を戦います。

つきましては、甲子園へ出かけられない皆様には、東京丸の内キャンパスランバスホールでの大画面スクリーンの前で皆様揃って熱い応援はいかがでしょうか。
8月10日月曜日、丸の内キャンパスは午前8時15分に開門いたします。
皆様のご来場心よりお待ち致しております。
(雨天順延など日程が変更になった場合はホームページに掲載いたします。)

お問合せ先:関西学院同窓会東京支部事務局
      TEL03−5224−6226 

■祝70年ぶり夏の甲子園へ 高等部野球部
 報徳、神戸弘陵、滝川二、育英の強豪を撃破し、甲子園切符を手にしました。
 同窓の皆様の物心ともの熱い応援をよろしくお願い致します。
(速報)
 関西学院高等部・野球部は7月30日(木)、夏の全国高校野球・兵庫大会の決勝戦(於:明石球場)で、育英高に4−1で勝利し、70年ぶりに夏の甲子園行きの切符を手にした。
 皆様、ご声援ありがとうございました。引き続き、甲子園でも熱い声援を宜しくお願いいたします。

【関西学院高等部 兵庫大会優勝までの戦績】
2回戦 9−4 三木北
3回戦 9−0 川西緑台
4回戦 6−2 市川
5回戦 5−4 報徳学園
準々決勝 3−2 神戸弘陵
準決勝   2−0 滝川二
決 勝   4−1 育英

(関西学院大学ホームページより速報を転載させていただきました。)

■8月11日(火):8月の三日月会開催のご案内 朝日新聞編集委員の星浩氏をお招きし、『これからの日本の政治』と題してお話いただきます。
8月の三日月会は、テレビ朝日系「サンデープロジェクト」などの政治コメンテーターとしてもご活躍中の朝日新聞編集委員の星浩氏をお迎えすることができました。
『これからの日本の政治』と題してお話いただきます。衆議院選挙が8月30日に行われますが、日本の政治の現場を長く取材され、政策課題の意味や政権交代の可能性など今まさに皆様がお聞きになりたい事柄について解説いただきます。是非とも多数の皆様の ご出席を賜りますようご案内申しあげます。
             
日  時:2009年8月11日(火)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会   費 : 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 星 浩(ほしひろし)氏(朝日新聞編集委員)
1955年生まれ。79年東京大学卒。79年朝日新聞社入社。長野、千葉両支局を経て政治部。ワシントン特派員などの後、政治担当編集委員。04〜06年東京大学大学院特任教授。著書に「自民党と戦後―政権党の50年」、共著に「テレビ政治―国会報道からTVタックルまで」(朝日選書)などがある。

タイトル : 『これからの日本の政治』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切8月6日(木)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。             
               
  東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
               E-Mail kg.tokyo@nifty.com
以上

■K.G.Tokyo フェスタ2009はお蔭さまで無事終了いたしました。ご参加、ご支援まことに有難うございました。
K.G.Tokyo フェスタ2009は、7月12日(日)午前11時ホテルオークラで開催いたしましたところ、ご来賓を含めまして467名の皆様にご参加いただきお蔭さまで盛会裏に終えることができました。皆様のご参加、ご支援に対しまして心より御礼申し上げます。有難うございました。

K.G.Tokyo フェスタ2009

 東京支部の一年の活動の総決算として多くの皆様にフェスタを楽しんでいただけるよう今年は久しぶりに「ホテルオークラ」での開催でございます。
 森下理事長による『新しく生まれ変わる関西学院』をテーマにこれからの関学の進むべき熱いメッセージ、日野原重明先生にもご多忙の中ご出席いただきお話を頂戴いたします。
 おいしいお食事、楽しい交流、グリークラブ新月会の演奏と趣向を凝らして、卒業40年の44年卒が実行委員となり準備を進めております。
 皆様、お誘いあわせの上、ご来場を心よりお待ち申し上げております。



開催日  2009年7月12日(日)

会 場  ホテルオークラ
     別館地下2階「アスコットホール」
     東京都港区虎ノ門2−10−4
      TEL 03-3582-0111

     (東京メトロ日比谷線神谷町駅出口4bが便利です) 

受付開始 10時30分

フェスタ 11時〜15時
 
第1部 「関西学院新基本構想」 関西学院理事長 森下 洋一氏
   
関西学院の大先輩のご高話 聖路加国際病院理事長 日野原重明先生

第2部  総会 東京支部活動報告&「KG Tokyoアウォード」表彰式

第3部  グリークラブ新月会演奏

第4部   懇親パーティ

参加費:8千円 平成17年卒以降の若手 3千円

主 催 関西学院同窓会東京支部 K.G.Tokyoフェスタ2009実行委員会(44年会)

後 援 関西学院同窓会 関西学院大学東京丸の内キャンパス

お申し込み、お問い合わせ先

関西学院同窓会東京支部事務局
電話03−5224−6226
Email kg.tokyo@nifty.com


■関西学院大学絵画部弦月会昭和40年卒のグループ展はお蔭さまで予想を超える多くの関学OBOGの方々にお越しいただき、昨日盛会裏に終えることができました。有難うございました。
木村民治様より
関西学院大学絵画部弦月会昭和40年卒のグループ展はお蔭さまで予想を超える多くの関学OBOGの方々にお越しいただき、昨日盛会裏に終えることができました。このグループ展を終えて、関学のOBであることの幸せをかみ締めているところです。有難うございました。

関西学院大学絵画部弦月会昭和40年卒のグループ展のご案内
 (第29回サロン・ド・ラ・リューヌ展のご案内)7月1日〜7日の開催です。(5日は休館です)

このたび支部会員の木村民治様より、関西学院大学絵画部弦月会昭和40年卒のグループ展のご案内がございました。

東京、大阪で交互に開催され今回で29回を迎えられました。今回の出品者は10名で個性豊かなメンバーの力作をお楽しみいただけます。会期、会場は下記のとおりでございます。

同窓の皆様のご来場をお待ち致しております。

第29回 サロン・ド・ラ・リューヌ展のご案内

1.会期:7月1日(水)〜7日(火)(休館日 7月5日(日))
    AM11:00〜PM6:00 (最終日 PM4:00)

2.会場:ギャラリー びーた

〒104-0031 東京都中央区京橋2-8-5 京橋富士ビル1F
TEL:03-3561-5050  FAX:03-3561-5051
地図ホームページ http://www.travelplan.co.jp/ を参照下さい。


東京メトロ銀座線京橋駅6番出口より2分
都営地下鉄宝町駅A6番出口より3分
JR東京駅八重洲南口より8分

3.出品者
木村民治(商)、榊原 鈞(文)、竹村和子(文)、辻野晴雄(商)、平野敬則(商)、本田淳子(文)、睦月邦年(理)、山中武信(商)、吉識弘(文)、米沢誠(商) (50音順)の10名

サロン・ド・ラ・リューヌについて
 サロン・ド・ラ・リューヌ(月のサロン)のグループは昭和36年に関西学院大学・絵画部弦月会に入部したメンバーが集まって結成したグループで、今年で48年目を迎えます。
S36年11月に神戸での開催を皮切りに在学中に10回の展覧回を開催、授業をさぼって絵画部の部室や、雀荘通い、北、南の盛り場の徘徊等々・・・・、主の教えに背き続けた我がサロンのメンバーにも、慈悲深い先生方から等しく“Mastery for Service”を頂戴したお陰で、S40年にはなんとか全員卒業に漕ぎ着けることが出来ました。
そして、関学という居心地の良い巣穴から、社会人として全国に散らばっていったメンバーはそれぞれの人生を歩みながらも、この「サロン・ド・ラ・リューヌ」(月のサロン)への帰巣は決して絶えることなく続き、今回で29回を数え、やがて半世紀を迎えようとしています。
往年の美青年、美少女も今やおもわず目を覆いたくなるほどの変貌を遂げてしまいましたが、絵に向かう真摯な態度と情熱だけはなんら変わるものではありません。
メンバーの多くが第一線を引き、そろそろ古希に近づいた今、それぞれの安住の地は関西、関東、広島、USA、と全国に散らばりながらも、このサロンを通していつまでも繋がってゆきたいと思っています。
この先何年この展覧会を続けられるか解かりませんが、「描きたい・・・・!」の情熱が萎えない限りは描き続け、関西学院大学の同窓生のより多くの方々に見てもらう事で、さらに仲間の輪を広げてゆければと願っています。
以上


■東西4大学グリークラブ演奏会にご来場有難うございました。43人の現役が大変いい演奏をしてくれました。来年2月の東京での久しぶりの演奏会が楽しみです。また、ご案内させていただきます。
差し迫ってのご案内でございますが、東西四大学合唱演奏会が7月5日(日)に開催されます。

グリークラブ新月会の谷川晴之様からご案内がございました。

同窓の皆様にはご来場お待ちいたしております。

東西四大学合唱演奏会が7月5日(日)に開催されます。

日時 7月5日(日)16時開場 17時開演

会場 昭和女子大学人見記念講堂 (最寄駅:三軒茶屋)

料金 指定席 S席\2,500 A席\1,500 自由席 B席\1,000

この演奏会は58年の歴史を刻む、関学、早稲田、慶應、同志社の各大学男声合唱団との合同演奏会で東京と大阪交互に開催される大学男声合唱の最高レベルの演奏会です。

チケットのお問合せ先:関西学院グリークラブ小林拓斗(携帯)080-3112-0763又は メール glee@kg-glee.gr.jpにお問い合せ下さい。

S券A券残り僅かとなりましたがB券(自由席)は十分にご用意しております。
尚、期日が迫っておりますので会場で当日券のご購入をお願い致します。

演奏会内容については関学グリーホームページをご参照ください。
http://www.kg-glee.gr.jp/
以上

■西宮上ケ原キャンパスの時計台が国登録有形文化財に(広報室ホームページより転載させていただきました)
「時計台の国登録有形文化財に」の記事は関西では大きく取り上げられ、永田副支部長、吹田副支部長から大阪のKGOBの友人からの情報として東京支部にお知らせいただきました。なお以下本文は、広報室ホームページから転載させていただきました。

本学西宮上ケ原キャンパスの時計台が、国の登録有形文化財に認定されました。国文化審議会文化財部会が6月19日、文部科学大臣に答申しました。
 時計台は、関西学院が1929年(昭和4年)に神戸から現西宮上ケ原キャンパスに移転したときに図書館として建設されました。建築家としても著名なW.M.ヴォーリズが本キャンパスの全体設計をする際に、基点となる建物として配置。正門前の学園花通りから正門、中央芝生、時計台、甲山山頂を結ぶ軸線は、スパニッシュ・ミッション・スタイルで統一された建築群、緑豊かな環境とともに同キャンパスの特長となっています。
 1955年の両翼部改修・拡張工事を経て、1997年に新大学図書館竣工により図書館機能が移転され、現在は1階に学院史編纂室とその資料庫および博物館開設準備室、2階に大学院生専用の自習室と展示スペースが設けられています。
 時計台は、西宮上ケ原キャンパスの中心的存在であり、関西学院全体の象徴的な建物として、卒業生、学生、教職員、市民に親しまれています。

■K.G.ウェルカムパーティ2009は、6月13日(土)無事終了いたしました。新社会人72名をふくむ162名が参加し盛大に開催されました。
先に下記のとおり案内しておりましたK.G.ウェルカムパーティ2009は、6月13日(土)無事終了いたしました。新社会人72名をふくむ162名が参加し盛大に開催されました。


東京で生活をはじめた新社会人のみなさまへそして若手同窓のみなさまへ

 毎年の恒例となっております関学ウェルカムパーティ開催のお知らせです。 お申し込みはお済でしょうか。
 まだの方はお友達、先輩、後輩とお誘いあわせの上、お申し込みお待ちいたしております。

2009年春から東京で働き始めた新同窓生の皆様を歓迎し、関学東京オフィスが居を構えるサピアタワーにて下記の通り、「K.G.ウェルカムパーティ2009」を開催いたします。 新卒生は無料ご招待、既卒生は1000円のみの会費です。

 軽食をとりながら、前半部分では、東京で活躍する多彩な若手同窓生によるパネルディスカッションを行い、パネラーの皆さんに仕事への思いや将来のことについて語ってもらいます。後半は、学部別や業界や居住地ごとでの座談会、名刺交換会を企画しております。

 新社会人のみなさまも東京での生活などについて、相談したり、情報交換するチャンスです。若手同窓のみなさまともども、ぜひこの機会に東京でのネットワークを広げてみてはいかがでしょうか。

 首都圏在住の新卒の皆様の情報がなかなか把握できず、案内も行き届いておりません。同じゼミ、クラブ、会社などのご友人をお誘いの上、奮ってご参加下さい。

●日時: 2009年6月13日(土)13:30〜17:00(受付13:00)

●会場: サピアタワー・東京ステーションコンファレンス6F
    (JR東京駅直結。http://www.tstc.jp/access/index.html ご参照ください。)

●主催: K.G.ウェルカムパーティー2009実行委員会&同窓会東京支部

●共催: 関西学院大学東京丸の内キャンパス

●後援: K.G.東京Masteryクラブ

●会費: 2009年3月卒業の方 無料
     上記新卒以外の方 1,000円

●申込: 6月8日(月)までに電話、もしくはE−mailにて、
     氏名、連絡先、卒年、学部を記載の上、下記宛にお申込ください。

      【・関西学院同窓会東京支部事務局、関西学院大学東京丸の内キャンパス】
       E-mail: kg.tokyo@nifty.com
       TEL:03-5224-6226
      (*お問合せもこちらで承っております。)

以上



■6月26日(金):三日月会6月度例会のご案内
 「意外と知らない健康の話」と題して、中原英臣先生をお招きいたします。
6月の三日月会は、新型インフルエンザで連日のようにテレビに出演されております中原英臣先生をお迎えいたします。研究とは別にさまざまな医療制度の問題点などを幅広く指摘されております。生活習慣の大切さ、医学的根拠のある正しい健康情報、医療費と自己防衛など意外と知らない健康の話と新型インフルエンザについてもお話いただきたいと思っております。是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。       日 時:2009年6月26日(金)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
    千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
    JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:中原 英臣(なかはらひでおみ)氏
(新渡戸文化学園東京文化短期大学学長)
1945年東京生まれ。70年東京慈恵医大卒。医学博士。専門は感染症学、公衆衛生。77年から2年間、セントルイスのワシントン大学でバイオ研究に取り組む。85年山梨医科大学助教授就任。現在新渡戸文化学園東京文化短期大学学長。主な著書:「医者に遠慮する患者は長生きできない」(河出書房新社)、「お医者さんも知らない健康の知恵300」(光文社)、「脳の力なるほど事典」(実業之日本社)、「ウィルスの正体と脅威」(河出書房新社)

タイトル : 『意外と知らない健康の話』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切6月22日(月)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。             
以上                
     東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
                  E-Mail kg.tokyo@nifty.com                

■K.G.ウェルカムパーティ2009のご案内
6月13日(土)13時30分よりサピアタワーで開催 です。お申込お待ちしております。
東京で生活をはじめた新社会人のみなさまへそして若手同窓のみなさまへ

 毎年の恒例となっております関学ウェルカムパーティ開催のお知らせです。 お申し込みはお済でしょうか。
 まだの方はお友達、先輩、後輩とお誘いあわせの上、お申し込みお待ちいたしております。

2009年春から東京で働き始めた新同窓生の皆様を歓迎し、関学東京オフィスが居を構えるサピアタワーにて下記の通り、「K.G.ウェルカムパーティ2009」を開催いたします。 新卒生は無料ご招待、既卒生は1000円のみの会費です。

 軽食をとりながら、前半部分では、東京で活躍する多彩な若手同窓生によるパネルディスカッションを行い、パネラーの皆さんに仕事への思いや将来のことについて語ってもらいます。後半は、学部別や業界や居住地ごとでの座談会、名刺交換会を企画しております。

 新社会人のみなさまも東京での生活などについて、相談したり、情報交換するチャンスです。若手同窓のみなさまともども、ぜひこの機会に東京でのネットワークを広げてみてはいかがでしょうか。

 首都圏在住の新卒の皆様の情報がなかなか把握できず、案内も行き届いておりません。同じゼミ、クラブ、会社などのご友人をお誘いの上、奮ってご参加下さい。

●日時: 2009年6月13日(土)13:30〜17:00(受付13:00)

●会場: サピアタワー・東京ステーションコンファレンス6F
    (JR東京駅直結。http://www.tstc.jp/access/index.html ご参照ください。)

●主催: K.G.ウェルカムパーティー2009実行委員会&同窓会東京支部

●共催: 関西学院大学東京丸の内キャンパス

●後援: K.G.東京Masteryクラブ

●会費: 2009年3月卒業の方 無料
     上記新卒以外の方 1,000円

●申込: 6月8日(月)までに電話、もしくはE−mailにて、
     氏名、連絡先、卒年、学部を記載の上、下記宛にお申込ください。

      【・関西学院同窓会東京支部事務局、関西学院大学東京丸の内キャンパス】
       E-mail: kg.tokyo@nifty.com
       TEL:03-5224-6226
      (*お問合せもこちらで承っております。)

以上


■本学OBの堀友三郎画伯の染色展は終了いたしました。多数の関学関係者のかたのご来場まことに有難うございました。  
本学OBの堀友三郎画伯の染色展のご案内
   ただ今銀座で開催中でございます(5月30日まで)

 KGOBの堀友三郎様の染色展のご案内を西岡様から頂戴いたしました。
ただ今開催中でございます。皆様銀座にお出かけのおりには、是非ともご鑑賞下さい。

染色画 堀友三郎展

 1924年生まれ、昭和16年関西学院旧制中学部卒。多摩美大卒。
  内閣総理大臣賞ほか多数受賞。現日展参与、光風会名誉会員


日 時  5月25日〜5月30日 11時〜19時(最終日17時まで)

場 所  文芸春秋画廊
     銀座5−5−12 みゆき通り沿い
     03−3571−6493
以上


■K.G.Tokyo フェスタ2009のご案内
  7月12日(日)ホテルオークラで開催します
 東京支部の一年の活動の総決算として多くの皆様にフェスタを楽しんでいただけるよう今年は久しぶりに「ホテルオークラ」での開催でございます。
 森下理事長による『新しく生まれ変わる関西学院』をテーマにこれからの関学の進むべき熱いメッセージ、日野原重明先生にもご多忙の中ご出席いただきお話を頂戴する予定になっております。
 おいしいお食事、楽しい交流、グリークラブ新月会の演奏と趣向を凝らして、卒業40年の44年卒が実行委員となり準備を進めております。
 皆様、お誘いあわせの上、ご来場を心よりお待ち申し上げております。

開催日  2009年7月12日(日)

会 場  ホテルオークラ東京
     別館地下2階「アスコットホール」
     東京都港区虎ノ門2−10−4
      TEL 03-3582-0111

     (東京メトロ日比谷線神谷町駅出口4bが便利です) 

受付開始 10時30分

フェスタ 11時〜15時
 
第1部 「関西学院が目指す6つのビジョン」発表 関西学院理事長 森下 洋一氏
   
関西学院の大先輩の講話 聖路加国際病院理事長 日野原重明先生

第2部  総会 東京支部活動報告&「KG Tokyoアウォード」表彰式

第3部  グリークラブ新月会演奏

第4部  懇親パーティ

参加費:8千円 平成17年卒以降の若手 3千円

主 催 関西学院同窓会東京支部 K.G.Tokyoフェスタ2009実行委員会(44年会)

後 援 関西学院同窓会 関西学院大学東京丸の内キャンパス

お申し込み、お問い合わせ先

関西学院同窓会東京支部事務局
電話03−5224−6226
Email kg.tokyo@nifty.com

■5月7日(木):三日月会5月度例会{講師:田母神俊雄氏(前航空幕僚長)}はお蔭さまで満席となりました。お申し込みまことに有難うございました。
三日月会5月例会は、お蔭さまで満席となりました。お申し込みまことに有難うございました。

■絵本「ヴォーリズさんのウサギとカメ」原画展を東京丸の内キャンパスで開催します。皆様お誘いあわせの上ご覧下さい。
 タイトルの“ヴォーリズさん”とはキリスト教の伝道者にして建築家であるウィリアム・メレル・ヴォーリズ。「関西学院西宮上ヶ原キャンパス」は、その代表作。
 このヴォーリズさんの足跡と建築作品を題材に生まれたのが、絵本「ヴォーリズさんのウサギとカメ」(文:山?富美子、絵:山?さやか 2007年5月27日 上ヶ原文庫発行)。作者のご協力を得てこの本の原画展を開催いたします。ヴォーリズさんが建物に宿した思いを、温かいタッチの原画をとおして感じてください。
 皆様のご来場をお待ちいたしております。

2009年4月20日(月)〜4月30日(木)

展示時間 10時~18時(土・日・祝日は閉室)

展示会場 関西学院大学東京丸の内キャンパス
     (東京都千代田区丸の内1-7-12サピアタワー10階)
     (TEL03−5222−5678)
     JR東京駅八重洲北口改札より2分、
     東京メトロ「大手町駅」B7出口サピアタワー連絡口直結 

入 場  無料

主 催  関西学院大学東京丸の内キャンパス

会場で、絵本 2000円(税込み)、絵葉書セットA、B 1セット80円で頒布いたします。

以上
 

■5月7日(木):三日月会5月度例会ご案内 田母神俊雄氏(前航空幕僚長)を講師にお迎えいたします。皆様のご出席お待ちいたしております。

5月の三日月会は、アパグループの行った懸賞論文で最優秀賞を受けたことで集団的自衛権問題や村山談話などの政府見解と異なる主張を展開されたことが明らかになり、結果的に航空幕僚長の職を解かれ、定年退職をされたことで大きな話題にもなりました、皆様もよくご存知の前航空幕僚長田母神俊雄氏を講師にお招きいたします。
 自衛隊のトップにまで登り詰めながら、法解釈による自衛隊の在り様・活用のされ方ににあえて一石を投じた田母神発言は、内外に大きな波紋を巻き起こしています。
今回、ご自身のお考えをお聞きする貴重な機会を得ることが出来ました。
多数の皆様のご出席賜りますようご案内申しあげます。         

日 時:2009年5月7日(木)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
     JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:田母神俊雄(たもがみとしお)氏(前航空幕僚長)
福島県郡山市生まれ。防衛大学卒業後、航空自衛隊に入隊、統合幕僚学校長、航空総司令官などを歴任。2007年、航空幕僚長に就任。前述の理由により、航空幕僚長の職を解かれ、定年退職し現在に至る。

タイトル:『日本は侵略国家であったのか』

日本は古い歴史と優れた伝統を持つ素晴らしい国だ。侵略国家だというのは戦後教育で作られた全くの嘘だ。歴史は戦勝国によって作られる。戦後日本は東京裁判などでつくられたアメリカから見た一方的な歴史観を強制されてきた。戦後60年以上が過ぎたいま日本は輝かしい日本の歴史を取り戻さなければならない。歴史を抹殺された国家は衰退の一途をたどるのみだ。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切4月30日(木)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。             
              
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com
以上                          

■三日月会2009年4月度例会ご案内:東京宝塚劇場支配人小川甲子氏(元花組のトップスター「甲にしき」さま)をお迎えいたします。
 4月の三日月会は、春爛漫にふさわしい元宝塚歌劇団花組主演男役トップであった小川甲子(芸名甲にしき)氏をお招きいたします。2000年10月に東京宝塚劇場初の女性支配人としてご就任、活躍されております。今回は『宝塚95年の歩み』と題しまして、元トップスターだからこそ語れる宝塚のあゆみや楽しみ方、宝塚の魅力をたっぷり語っていただきます。多数の皆様のご出席賜りますようご案内申しあげます。             
日 時:2009年4月8日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:小川甲子(おがわかつこ)氏(東京宝塚劇場支配人)
(元宝塚花組トップスターの「甲にしき」さま)

兵庫県神戸市生まれ。1960年宝塚音楽学校を首席で卒業。宝塚歌劇団入団。花組に所属。舞台名「甲にしき」として初舞台。1970年花組主演男役(トップ)に就任。1974年宝塚歌劇団を退団。退団とともにその実力を買われ、女優として、テレビ、舞台公演に多数出演して活躍を続ける。1985年文化庁芸術祭大賞を受賞。1987年萬屋錦之介氏とご結婚。2000年東京宝塚劇場支配人に就任。現在に至る。

タイトル:『宝塚95年の歩み』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切4月3日(金)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。             
                
  東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com          以上   

■3月25日:三日月会3月度例会の【参考文献】の出版は、「岩波現代文庫」でございます。(「岩波現代新書」は誤りでございます。)
【参考文献】の『昭和天皇・マッカーサー会見』の出版は、「岩波現代文庫」でございます。誤って「岩波現代新書」と先の案内では表記しておりました。先生ならびに会員の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。

■3月25日:三日月会3月度例会のご案内
本学法学部教授豊下楢彦氏をお招きし、『昭和天皇と戦後体制の形成』と題しましてお話をいただきます。
3月の三日月会は、本学法学部教授豊下楢彦氏をお招きし、『昭和天皇と戦後体制の形成』と題しまして、近年、続々と明らかになってきた新資料に基づいて、戦後日本における政治外交の領域で昭和天皇がいかなる役割を果たしたのか、という問題について お話をいただきます。
多数の皆様のご出席賜りますようご案内申しあげます。             
日  時:2009年3月25日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:豊下 楢彦(とよしたならひこ)氏
      (関西学院大学法学部教授)

1945年兵庫県生まれ。京都大学法学部卒業。専攻=国際政治論・外交史。
主著「イタリア占領史序説」(有斐閣)「日本占領管理体制の成立―比較占領史序説」(岩波書店)「安保条約の成立―吉田外交と天皇外交」「集団的自衛権とは何か」(岩波新書)他。

タイトル : 『昭和天皇と戦後体制の形成』

【参考文献】
豊下 楢彦教授著「昭和天皇・マッカーサー会見」岩波現代新書、2008年

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切3月19日(木)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。     以上                
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
   E-Mail kg.tokyo@nifty.com                 

■第4回「KG水彩スケッチ会展」のご案内 {3月2日(月)より8日(日)まで} 今年も東京支部水彩スケッチサークルの展覧会が開催されます。
■第4回KG水彩スケッチ会

水彩画家五十嵐吉彦先生(S38年経卒)のご指導で、先生とKG同窓生とその家族24名の作品69点を展示いたします。爽やかな透明水彩スケッチ画でございます。会場は昨年と同じ京橋「ギャラリーくぼた」でございます。お気軽にお立ち寄り頂き、ご高覧戴ければ幸いです。

■日時 2009年3月2日(月)〜8日(日)
    11:00〜18:00(最終日は15:00まで)

■会場 京橋 ギャラリーくぼた 5F
      住所:中央区京橋2−7−11
      TEL:03−3563−0005

      銀座線「京橋」駅6番出口より徒歩1分
      JR東京駅八重洲南口より徒歩10分
以上


■2月26日:2月度三日月会のご案内
わが国金融証券ストラテジストの第一人者佐治信行氏(82年卒)の登場です。今回の経済危機の根源を鋭く分析していただきます。
       
2月の三日月会は、昨年の5月に引き続き、わが国金融証券ストラテジストの第一人者であります1982年本学法学部卒業の佐治信行氏をお招きいたします。100年に一度とも言われている今回の経済危機。『過剰信用と過剰設備』と題して、日本のアナリストとして大活躍中の佐治様に今回の経済危機の根源を鋭く分析していただきます。
多数の皆様のご出席賜りますようご案内申しあげます。             


日 時:2009年2月26日(木)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
       JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出口サピアタワー連絡口に直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 佐治 信行(さじのぶゆき)氏
(三菱UFJ証券株式会社エクイティリサーチ部部長)
1958年愛知県生れ。82年関西学院大学法学部卒業。日興證券(株)入社。日興リサーチセンター出向。99年より興銀証券。06年より三菱UFJ証券。この間セクターアナリスト、テクニカルアナリスト、エコノミストとして活躍。
日経金融アナリストランキング第一位の座を引き続き維持されている。

タイトル:『過剰信用と過剰設備』〜世界経済のコインの表と裏〜
100年に一度とも言われている今回の経済危機!アメリカに端を発する金融危機の影響は深刻で、世界の製造業を牽引してきた高い技術を誇った日本の製造業も軒並み赤字決算が予想され、雇用不安や賃金カットなど私たちの生活へもこの波は押し寄せてこようとしています。「この経済危機は乗り越えられるのか?」、「そのための施策は?」

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切2月23日(月)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                      
  東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com                          
以上

■紀伊国屋書店新宿南店で「1月20日から2月6日」まで期間限定で「KGオリジナルグッズ」を販売しております
紀伊国屋書店新宿南店で、「学市学座」大学発オリジナルグッズ大集合のイベントを開催中です。下記の期間、各大学のオリジナルグッズを販売しています。関西学院大学からも、人気の高いオリジナルグッズである「マグカップ」「聖書型オルゴール」「クッキー」「ネクタイ」「ボールペン」など多数が販売される予定です。
この機会にぜひ、お立ち寄りくださいますようご案内申し上げます。

■イベント名:「学市学座」大学発オリジナルグッズ大集合
■日時:1月20日(火)〜2月6日(金)
■場所:紀伊国屋書店新宿南店3Fイベントスペース
    http://www.kinokuniya.co.jp/04f/d03/tokyo/02.htm
■イベント告知:http://www.kinokuniya.co.jp/01f/gakuichi/

以上

■1月19日(月):三日月会1月例会開催のご案内
能楽界から初めて観世流シテ方浅見真州氏をお招きいたします
 旧年中はは三日月会開催にご協力を賜わりまことに有難うございました。 本年も引き続きご指導、ご支援のほどなにとぞよろしくお願い申し上げます。
 さて、三日月会としては、年頭にふさわしく、初めて能楽界から観世流シテ方能楽師として活躍されている浅見真州氏をお招きし、「能楽事始め」と題して能面などご持参いただき、能楽紹介ビデオも見ていただきながら視覚的にお話を伺います。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。



日 時:2009年1月19日(月)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
     JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:浅見 真州(あさみまさくに)氏(観世流シテ方能楽師)
       1941年観世流シテ方の故浅見真健氏の五男として東京代々木に生まれる。4歳で初舞台を踏み、故観世寿夫師の愛弟子として薫陶を受ける。68年繭の会を結成。様々な場で意欲的な演能活動を続けており、特に形の美しさでは定評がある。作曲、作舞、演出にも優れた成果を示している。異流共演も多い。社団法人能楽協会理事、国立能楽堂養成科講師歴任。現在社団法人日本能楽会理事、社団法人銕仙会理事。2005年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。秋の紫綬褒章受章。

タイトル : 『能楽事始め』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切1月15日(木)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                
 
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com               
以上

■冬期休暇のお知らせ〜12月25日(木)〜1月5日(月)まで窓口業務は休止し、事務所は閉室させていただきます
関西学院同窓会東京支部ならびに関西学院大学東京丸の内キャンパスは、
12月25日(木)から新年1月5日(月)まで冬季休暇となっております。期間中、窓口業務は休止させていただき事務所は閉室させていただきます。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご了承をお願いいたします。
 業務再開は、1月6日(火)午前10時からです。

 本年はいろいろとお世話になりましてまことにありがとうございました。来年も関西学院に変わらぬご支援を宜しくお願い申し上げます。
皆様にはどうぞよいお年をお迎え下さい。

■KGクリスマスパーティご参加まことにありがとうございました。
東京支部主催、東京丸の内キャンパス後援のKGクリスマスパーティ2008は、12月20日土曜日200名を超える同窓、ファミリーのご参加(女性のご参加64名、家族の参加者65名)のもとおかげさまで無事終えることができました。クリスマスプレゼントなどでの暖かい皆様のご支援、ご協力に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

■12月20日(土)KG東京クリスマスパーティお申し込みはお済みでしょうか。まだ間に合います。皆様のご参加心よりお待ちいたしております。
今年もKG東京の楽しいクリスマスパーティの季節がやってまいりました。今年は、少し趣向を変え、会食と懇親の時間をゆっくりお取りいただけるパーティをと考えております。クリスマス礼拝は、人間福祉学部宗教主事の嶺重淑准教授をお迎えし、司式をお願いしております。また、アトラクションでは、同窓生有志によるギターの弾き語りやウクレレ演奏など予定しております。なつかしい母校のクリスマスに思いをはせて、讃美歌クリスマスソングをご一緒に歌いましょう。もちろん今年も豪華なクリスマスプレゼントをたくさん用意致します。「関西学院大学東京丸の内キャンパス」開設1周年記念のクリスマスパーティを皆様で大いに盛り上げていただければと思います。ファミリー、お友達のご同伴も大歓迎です。
是非とも皆様お誘いあわせの上、多数のご来場を心よりお待ち致しております。
(9月発行の母校通信とは開催時間、参加費が一部変更となっております。お間違いなきよう本案内にてご確認下さい。)




開催日  12月20日(土)11時30分〜14時
       11時30分〜12時 クリスマス礼拝
       12時   〜14時 パーティ
  受付時間 11時から11時25分まで

会  場 都市センターホテル 3階「コスモスホール」
東京都千代田区平河町2−4−1 TEL03-3265-8211
最寄の東京メトロ地下鉄駅「永田町」「麹町」「赤坂見附」より徒歩5〜8分

参加費  大人 6,500円 同伴者(高校生以上) 4,500円
     同伴者(小・中学生) 3,000円 (幼稚園児以下) 無料
    (飲み放題ではございませんが今年は飲み物つきとなっております) 

参加手続  KGクリスマスパーティ2008参加申込書様式は事務局に
      ございます。お気軽にお問い合わせ、ご請求下さい。
      申込書に所要事項ご記入の上FAX、E−Mailまたは郵送      で下記「KGクリスマス係」までお申し込み下さい。
       FAX:03−5224−6227
       Eメール: kg.tokyo@nifty.com
        郵 送:〒100-0005千代田区丸の内1-7-12サピアタワー10階
       
    「関西学院同窓会東京支部KGクリスマス係」

参加費振込先 郵便局 00190−3−83120 関西学院同窓会東京支部
   「振込用紙お持ちでない方には事務局からお送りいたしますのでお申し出下さい。」

入場券   郵便局の「振込み控」を当日受付へ提示してください。

問合せ先 関西学院同窓会東京支部事務局(TEL03-5224-6226)

以上

■12月16日(火):三日月会12月度例会のご案内
大竹美喜氏(アフラック創業者・最高顧問)によるタイトル「3つの命―宿命に生まれ、運命に挑戦、使命に生きる―」です。
 12月の三日月会は、下記の要領で、アフラック創業者・最高顧問の大竹美喜氏をお招きし、「3つの命―宿命に生まれ、運命に挑戦、使命に生きる―」と題して、お話をしていただきます。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
                    記
日 時:2008年12月16日(火)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:大竹美喜(おおたけよしき)氏(アフラック創業者・最高顧問)
1939年広島県生まれ。国内及び米国の大学で学び、いくつかの職業を経験後、1974年 アフラックを日本に創業。日本で初めてがん保険の販売をスタートさせた。副社長、社長、 会長を歴任し2003年より現職。本業のかたわら財団法人「国際科学振興財団」会長など多数の団体の役職に就いて活動するとともに、次世代のリーダー育成にも注力している。           
保険の「第三分野」の創造と拡大に寄与したことが高く評価され、2001年11月「藍綬褒章」を受章。本年9月には韓国の大邱韓医大学より保健学の「名誉博士号」を授与された。
著書は『仕事で本当に大切にしたいこと』など多数。

タイトル : 「3つの命−宿命に生まれ、運命に挑戦、使命に生きる−」

幼い頃より父母から「世のため、人のため」になる人生を歩めといわれ育った。大学卒業後「自分探し」をしていた32歳のとき、アフラック米国本社の創業者ジョンB.エイモスと出会った。この出会いが人生の大きな転機となり、アフラックを日本に創業する決意をした。
なぜ、アフラックを日本に導入したのか。なぜ、保有契約件数がNo.1になったのかをお話しいただきます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切12月11日(木)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。               
  東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
         E-Mail kg.tokyo@nifty.com            以上             

■11月28日(金):「関東・関西10私大産学連携フォーラム」開催のお知らせ
11月28日(金)に「関東(慶応大、早稲田大、中央大、東京電機大、日本大、明治大)・関西(関西大、関西学院大、同志社大、立命館大)10私大産学連携フォーラム」という産学連携 イベントを今年は早稲田大学にて開催されます。

10校の私立大学が文部科学省、経済産業省、産業界の方々を交えてパネルディスカッションを行い、これからの産学連携、国際戦略展開についての提言を行います。

【プログラム】(敬称略)

13:00‐13:10 開会の辞:早稲田大学 総長 白井克彦
13:10‐13:20 文部科学省 挨拶:研究振興局 局長 磯田文雄(予定)
13:20‐13:30 経済産業省 挨拶:大臣官房審議官(産業技術・環境担当) 西本淳哉(予定)

13:35‐14:35 基調講演:日産自動車株式会社 IPプロモーション部 部長 曽根公毅

14:40‐16:10 パネルディスカッションI
「大学の研究成果を社会に還元するための産学連携の在り方と大学間ネットワークの構築」

パネラー:味の素株式会社、中央大学、東京電機大学、明治大学、関西大学、関西学院大学
コメンテーター:文部科学省・経済産業省の実務者

16:15‐17:45 パネルディスカッションII
「国際競争力のあるイノベーション創出に向けた地域連携の在り方と人材育成」

パネラー:旭化成株式会社、慶應義塾大学、日本大学、同志社大学、立命館大学、早稲田大学
コメンテーター:文部科学省・経済産業省の実務者

17:50‐18:00 10私大の提言・閉会の辞:早稲田大学 産学官研究推進センター センター長 勝田正文

18:20‐19:30 懇親会(西北の風:早稲田大学26号館大隈記念タワー15階)


※フォーラム開催中は会場ロビーにて各大学、JST、NEDOのブース展示を行います。

【参加費】セミナー、展示は無料(懇親会のみ3000円)


会場案内、お申し込み方法は、下記のURLをご参照下さい。
http://tlo.wul.waseda.ac.jp/forum/index.html

皆様のお申し込みお待ちいたしております。
--------------------------------
松本 洋
関西学院同窓会東京支部事務局
TEL03-5224-6226 FAX03-5224-6227
Email kg.tokyo@nifty.ccom
---------------------------------

■12月2日関西学院大学・関西大学連携による技術セミナーが関西学院大学東京丸の内キャンパスで開催。
関西学院大学研究推進社会連携機構では、研究成果の社会還元の一環として産学連携を推進しております。しかし、複雑化・高度化する企業等の抱える諸課題に対しては一つの大学の持つ研究シーズだけでは対応しきれないことがあります。本セミナーは、関西大学と連携することにおいてその問題を解決する試みとなります。
皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2008年12月2日(火)17:00〜19:00
場所:関西学院大学 東京丸の内キャンパス(サピアタワー10階)
※参加費無料

【開催プログラム】
 1.主催者挨拶
   関西学院大学 研究推進社会連携機構 課長 竹原純一(司会)
   関西大学 産学官連携センター長 杉本隆史

 2.シーズ発表
   「視覚に関する感性と認知の心理生理的計測」
    関西学院大学 文学部総合心理科学科 教授 八木昭宏

   「眼球運動を用いた視線入力インターフェース技術とその応用」
    関西大学 システム理工学部 機械工学科 准教授 小谷賢太郎
 
【お申込み・お問い合わせ先】

 下記にFAXまたはメールで、氏名、ご所属、ご住所、連絡先(FAXまたはEmailアドレス)をご記入の上お申し込み下さい。参加証を発行、お送りいたします。

 関西学院大学東京丸の内キャンパス
  〒100-0005 東京都千代田区丸の内1−7−12
  TEL:03-5222-5678 FAX:03-5222-7033
  E-mail: kg.tokyo@nifty.com
以上
 

■「サークルからのお知らせ及び主要支部行事」の中でKGクリスマスパーティ2008の案内を掲載いたしました。
逐次更新してまいります。ご覧下さい。どしどし参加お申し込みを心よりお待ちいたしております。(2008年11月4日)

■11月28日(金)三日月会のご案内:『桂離宮を通して見る日本建築』
ご講演は、安井 巧(やすいたくみ)氏(株式会社安井杢工務店専務)です。
11月の三日月会は、桂離宮の昭和の大修理や京都迎賓館の施工を担当された数奇屋の名工安井杢工務店の安井巧氏に下記のとおり、映像を使いながら日本建築の美の真髄を語っていただきます。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
                       記
日  時:2008年11月28日(金)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 安井 巧(やすいたくみ)氏(株式会社安井杢工務店専務)
1930年京都生まれ。1952年立命館大学土木工学科卒業。安井杢工務店入社。これまで様々な種類の建築の設計施工を手がけ、また数々の伝統建築の移築や修理修復、復元にも関わってきた。京都国際建築カレッジでは創立時より京都数奇屋専攻科にて講師を務め、数奇屋建築に関する記述も多い。

タイトル :『桂離宮を通して見る日本建築』

安井杢工務店は京都洛西、向日市に本社を置く元禄年間創業の工務店です。桂離宮、京都御所、西本願寺等の歴史建築の修理を始め伝統建築・数奇屋建築の作例は日本全国のみならず海外にもメトロポリタン美術館内日本ギャラリーの設計施工に携わっており、最近では京都迎賓館の和室等の施工を担当。皆様の身近な所と致しましては熱海MOA美術館黄金の茶室、三井記念美術館茶室、招福楼東京店などがございます。桂離宮昭和の大修理に責任者として関わった経験から、桂離宮を通して見えてくる日本伝統建築の技術・意匠等の素晴らしさとは何か。京都迎賓館の造営の話も交えてお話したいと思います。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
{最終申込締切11月25日(火)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。               
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
         E-Mail kg.tokyo@nifty.com
以上                          

■馬術部 今年も馬事公苑での全日本学生馬術大会に遠征出場します。
皆様の応援よろしくお願いいたします。
馬術部幹事の石原様より下記のご案内を頂戴いたしました。さわやかな秋風のもと現役生の活躍に対しまして応援宜しくお願い致します。

馬術部:   全日本学生馬術大会に遠征出場
     11月1日〜11月5日 於 馬事公苑、世田谷

この大会は 障害飛越、馬場馬術、総合馬術の三つの競技種目の全国大会を統合し、正しくは全日本全日学生馬術三大大会で学生馬術の本年度の各競技の“日本一”を決する競技大会で、西日本、関西での各競技会、予選等でKG馬術部は全種目に出場権を得て、選手6名と馬9頭が遠征して来ます。
大会日程と出場人馬等をご案内致しますので、ご観戦、応援頂ければ幸甚です。よろしくお願い致します。
11月2日の障害飛越競技は障害飛越競技で、初めて見る方にもわかりやすい見応えのある競技と言えます。是非、ご覧下さい・・!

場所:  馬事公苑 (東京都世田谷区上用賀  バス停「東京農大前」すぐ)
日程・競技・出場人馬:
11月1日(土)09:00〜14:00 障害飛越競技 第1回走行
11月2日(日)09:00〜14:00 障害飛越競技 第2回走行
   障害選手・乗馬; 辻本(4年)月母衣号 古峨(3年) 月雅号
            西脇(3年)月陽号   佐棟(2年) 月翼号
            三木(1年)月緑号
11月3日(月)08:30〜14:45 馬場馬術競技 団体・個人予選
   馬場選手・乗馬; 松田(2年)月夢号  三木(1年) 月嵐号
11月4日(火)08:30〜13:00 総合馬術競技 調教審査(馬場馬術)
        14:00〜15:45 馬場馬術競技 決勝
11月5日(水)08:30〜12:00 総合馬術競技 耐久審査(野外騎乗)
        13:00〜16:45 総合馬術競技 余力審査(障害飛越)
   総合選手・乗馬; 古賀(3年) 月雅号  西脇(3年) 月汐号
            佐棟(2年) 月翼号  三木(1年) 月峰号

なお、馬術部東京支部のメンバーは2日(日)9:00〜12:00、
現役の応援で会場にいますので、もし来られる事がございましたら
是非お立ち寄りください。(2日は石原、西川が会場にいます)

 ご参考 

(1)この大会は、学生馬術の次の三大会を集合させて開催されるものです。
第58回全日本学生賞典障害飛越競技大会(11月1日、2日)
第51回全日本学生賞典馬場馬術競技大会(11月3日、4日)
第51回全日本学生賞典総合馬術競技大会(11月4日、5日)

■10月13日(月・祝):第5回ゴールドコンサート〜チャレンジド(障がい者)・ミュージシャンの競演〜のご案内
 今年5周年を迎えますゴールドコンサート、いろいろな障がいを持つミュージジャンの方々が、全国から選抜されグランプリを目指したコンテスト形式のコンサートのご案内でございます。本コンサートの実行委員長は、商学部の卒業生の貝谷 嘉洋さんです。貝谷さんは10才のときに進行性筋ジストロフィーを発症し、自力での歩行不能などの困難の中で、関学を卒業しました。そしてNPO法人日本バリアフリー協会の代表としても活躍しております。
 これまで過去4回、障害を持ちながらチャレンジする人たちの音楽に対するひたむきさなど聴衆の皆様に心に残る大変な感銘を与えてくれました。 
 毎年同窓の皆様が会場に足を運んでいただき、暖かい声援、応援をいただいております。ぜひともご来場お願い致します。
 なお、今回も、関西学院大学は協賛しております。


第5回ゴールドコンサート
  「チャレンジド(障がい者)・ミュージシャンの競演」

1.日 時 2008年10月13日(月・祝)午後4時半 開演(3時半 開場)
2.会 場 東京国際フォーラム ホールC (JR有楽町駅下車)
3.コンテスト出場者 13組
4.特別ゲスト 渡辺香津実プレゼンツ他
5.審査員長  湯川れい子
6. 入場料   SS席指定  3,500円
         S席指定  3,000円
         A席自由  2,000円
         車椅子席など別途ございます。
7.チケット申し込みは、下記の要領で10月7日(火)までにカテゴリー、枚数、お名前、送付先をご記入の上メールまたはFAXにて支部事務局までお願い致します。代金のお振込先等ご連絡いたします。

関西学院同窓会 東京支部事務局 松本 洋

Tel   03-5224-6226
Fax  03-5224-6227
 E-Mail kg.tokyo@nifty.com
  

---------------------------------------------------------------------
ゴールドコンサートチケット申し込み
 SS席指定(    枚)、S席指定(    枚)、A席自由(    枚)
 お名前
 送付先 〒
      ご住所
 お電話番号
---------------------------------------------------------------------
以上

■10月29日:三日月会のご案内
防衛医科大学校名誉教授六反田亮先生をお招きし、「新型インフルエンザ なぜ恐ろしいのか、対策は」と題してお話いただきます。
10月の三日月会は、下記の要領で、防衛医科大学校名誉教授六反田亮先生をお招きし、「新型インフルエンザ なぜ恐ろしいのか、対策は」と題して、新型インフルエンザウイルスはどうやって出現するのか、そしてその対策について、時機を得たお話をしていただきます。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
 
日  時:2008年10月29日(水)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
       JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:六反田亮(ろくたんだまこと)氏(防衛医科大学校名誉教授)

1960年京都大学医学部卒業。医学博士。61年京大ウイルス研究所。67年セントルイス大分子ウイルス研究所研究員。75年東京都臨床医学研究所腫瘍ウイルス研究室長。87年防衛医科大学校微生物学講座教授。2001年退官、名誉教授。2001年昭和大学客員教授。

タイトル:『新型インフルエンザ−なぜ恐ろしいのか、対策は』

新型インフルエンザウイルスが出現することが恐れられています。新型インフルエンザとは今まで流行したことのない型のインフルエンザウイルスによるもので、免疫を持つ人が全くいないため出現すると、世界的な大流行(パンデミック)を引き起こすことになるからです。しかもその症状は単なる呼吸器感染症だけではなく、種々の臓器を侵す全身疾患を引き起こす可能性が高いと思われます。したがって毎冬流行するインフルエンザとはまったく別種のものであると考えるべきであるといわれています。新型インフルエンザウイルスはどうやって出現するのか、そしてその対策についてお話したいと思います。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切10月24日(金)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。               
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
            E-Mail kg.tokyo@nifty.com         以上                 
  

■東京丸の内キャンパス開設1周年記念 特別講演会開催(9/29,10/21,11/20)
関西学院大学東京丸ノ内キャンパスは、本年9月、開設1周年を迎えます。

 東京駅に直結したサピアタワーにおいて、在校生の就職活動支援、教員の研究・教育活動サポート、生涯学習活動、同窓生のネットワーク構築など幅広い活動を続けております。

 地元関西に比べると、首都圏では今ひとつ認知度の低い関西学院大学を少しでも知っていただきたいと、国立大学をはじめとする13の大学と同じ屋根の下で切磋琢磨を繰り返す1年間でした。
 開設以来、教職員・在校生・同窓生など本学の関係者はもとより、各種シンポジウム、丸の内講座やその他の公開講座に幅広く一般社会人の皆様にも御利用いただき、この1年間で1万8千人にご来場いただきました。

昨年は、開設記念として、本学中等部の卒業生でもあられます聖路加病院理事長、日野原重明先生の講演会を企画いたしましたところ、定員を大きく上回るご参加を頂きました。
 本年も、開設1周年記念として、9月から3ヶ月間毎月1回の特別講演会を企画いたしました。奮ってご参加を頂きたいと存じます。

 今回の講師は、9月は、関西学院大学東京駐在教授で「ニュース ZERO」のメーンキャスターを務めております村尾信尚先生、10月は関西学院院長、ルース・M・グルーベル先生、11月は東京大学名誉教授でサイエンス映像学会会長、養老孟司先生にお願いを致しました。


日時・講師・演題:
9月29日(月) 13:00〜14:30 
村尾信尚 「この眼で見た世界」 

10月21日(火) 13:00〜14:30 
ルース・M・グルーベル 「アメリカ大統領選挙を左右する宗教の役割とは」

11月20日(木) 13:00〜14:30 
養老孟司 「バカの壁を超えるサイエンス映像」

会場・定員:
9月29日 サピアタワー5階コンファレンスルーム 200名
10月21日 サピアタワー6階コンファレンスルーム 100名
11月20日 サピアタワー6階コンファレンスルーム 200名

申込み方法:
電話・ファクスもしくはインターネット

・電話・FAXの場合: 
特別講演会事務局 TEL03−5651−8875、FAX03−3666−9800、受付期間・9月5日〜10月4日

・インターネットの場合申込みフォームhttp://www.kwansei.ac.jp/form/m_form.html(受付期間:9/5午前9時〜10/5午前0時)より申込むことができます。

問い合わせ:東京丸の内キャンパス(電話:03−5222−5678)


■関西学院大学「産官学連携フォーラム」を東京丸の内キャンパスで開催いたします
9月17日(水)に東京丸の内キャンパスで「産官学連携フォーラム」を開催します。
関西学院大学独自開催の本イベントには、毎年OBをはじめとする首都圏在住の企業の方々に多くご参加頂いております。

当日は「イノベーション・ジャパン2008」にも出展している長田典子理工学部教授の講演を予定しております。
皆さまのビジネスネットワーク作りにもお役立ちいただけるかと存じますので、ぜひご参加ください。

日時:2008年9月17日(水)18:30〜21:00
場所:関西学院大学 東京丸の内キャンパス
講演:長田典子 理工学部 情報科学科 教授
    「ディジタルメディアの感性的リアリティを支援する技術」
申込締切:2008年9月12日(金)

※詳細は公式サイト(http://www.kwansei.ac.jp/kenkyu/)をご覧ください。

■9月24日(水):9月度三日月会のご案内:鍵つくり118年、老舗の堀商店堀秀旗副社長をお招きして、「物造りの原点」でお話しいただきます。
 9月度の三日月会は、鍵作り118年の歴史を有する老舗の堀商店堀秀旗副社長をお招きいたしまして、「物造りの原点」と題しまして、古代から続く鍵の技術発展の歴史から鍵と錠にまつわる物造りの心得、心を語っていただきます。
多数の皆様のご出席賜りますようご案内申しあげます。
                       

日 時:2008年9月24日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:堀 秀旗(ほりひでき)氏(合資会社堀商店副社長)

1992年合資会社堀商店副社長就任。94年螢献Д優薀襯蓮璽疋ΕД代表取締役社長就任。95年日本ロック工業会理事に就任。2004年日本ロック工業会特殊技能試験委員(審査委員)に就任。2005年度から警察庁の依頼により、警察学校・警察大学校にて講師を務める。

タイトル:『もの造りの原点』

JR新橋駅の北側レンガ通りの角に、戦災にも耐えて威容を誇るレンガの建物が、日本一の錠前メーカー堀商店の本社です。昔の土蔵破りから現代のピッキング盗まで、犯罪は高度化し凶悪化するばかり。知恵比べが続く中でその対処に捜査当局の講師も勤める堀副社長の会社は、収集された鍵製品も多数あり、人類の鍵の技術発展の歴史の博物館でもあります。歴史を有する鍵造りをとおして物造りの原点を語っていただきます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切9月19日(金)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。               
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
         E-Mail kg.tokyo@nifty.com            以上   

三日月会8月度例会のご案内(開催日は9月3日となります)
吉澤五郎先生(麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授)をお招きいたします。タイトルは「今、心の時代と旅の風景―世界史を読みかえるー」です。
8月度の三日月会は、開催日が9月3日となります。麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授の吉澤五郎先生をお招きいたしまして、「今、心の時代と旅の風景―世界史を読みかえるー」と題しまして、多様な巡礼を織り成す歴史的な景観から、人類共生の「もうひとつの世界風景」を語っていただきます。吉澤先生には、10月より関西学院大学丸の内講座ナレッジコース「世界の聖地と美の回廊―比較文明の旅路から」をご担当いただく予定でございます。多数の皆様のご出席賜りますようご案内申しあげます。
                       
日 時:2008年9月3日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
     JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結

3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:吉澤五郎(よしざわごろう)氏
(麗澤大学比較文明文化研究センター客員教授)
1937年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修了。聖心女子大学キリスト教文化研究所室長、放送大学客員教授などを経て現職。比較文明学会理事(前会長)。専攻―比較文明学、西欧中世文化史、巡礼文明論。A・トインビー研究の第一人者。「トインビーー人と思想」(清水書院、1982年)、「世界史の回廊―比較文明の視点」(世界思想社、1999年)、「旅の比較文明学―地中海巡礼の風光」(世界思想社、2007年)ほか編著書多数。

タイトル:『今、心の時代と旅の風景―世界史を読みかえる−』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切8月29日(金)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。               
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
          E-Mail kg.tokyo@nifty.com                

■8月28日(木):松本克巳さんのヴァイオリンリサイタルが東京文化会館で開催 同窓の皆様のご来場お待ちいたしております。
(下のKG PEOPLEもクリック、ご覧下さい)
東京支部会員で日本フィルハーモニー交響楽団第一ヴァイオリン奏者の松本克巳さんの2年に1度のリサイタルが下記により開催されます。
同窓の皆様にはご来場賜りますよう何卒よろしくお願い致します。
チケットは同窓会東京支部で販売しております。なお取り扱いチケット売り上げの一部は同窓会東京支部にご寄付を頂戴することになっております。

日時 2008年8月28日(木)開演19時(開場18時30分)

会場 東京文化会館小ホール(上野公園)

全席自由 3500円

演奏曲目

ブラームス   ソナタ癸  ト長調
ベートーヴェン ロマンス  ヘ長調
ブルッフ     ロマンス
R・シュトラウス ソナタ   変ホ長調

お問い合わせは、 同窓会東京支部  TEL:03−5224−6226
                  FAX:03−5224−6227
                  Email: kg.tokyo@nifty.co

■9月3日関西学院聖歌隊演奏旅行で上京;2年ぶりに渋谷教会でコンサート開催 同窓の皆様のご来場お待ちしております
関西学院聖歌隊が演奏旅行で上京してまいります。
2年ぶりに渋谷教会でコンサートが開催されます。
夏の宵のひととき、静かな会堂でフレッシュな美しい、主への賛美の合唱のかずかずをお楽しみ下さい。
皆様のご来場心よりお待ちいたしております。

第46回渋谷チャーチコンサート
関西学院聖歌隊2008Summer Concert

日時 9月3日(水)開演午後6時30分(開場午後6時)

会場 日本キリスト教団渋谷教会{渋谷クロスタワー(旧東邦生命ビル)となり}
      渋谷区渋谷2−14−12

入場無料(世界の恵まれない子供達へチャリティー募金がございます)

プログラム
 讃美歌
 ジュネーブ詩編歌
 スピリチュアルズ
 Mass in the Dorian Mode(ミサ曲) 他

お問い合わせ:同窓会東京支部 TEL:03−5224−6226
               FAX:03−5224−6227
               Email:kg.tokyo@nifty.com


■高等部ヨット部近畿大会完全優勝、インターハイ出場で上京してまいります。皆様の応援よろしくお願い致します。
ヨット部OBの廣野さんより高等部ヨット部インターハイ応援のお知らせを頂戴致しました。
近畿大会でKGユース(関西学院男子・啓明学院女子)チームが完全優勝を勝ち取りインターハイに出場することになりました。

以下の通りにご案内させて頂きますので、多くの同窓の皆様方の応援をよろしくお願い致します。

会場:東京都立若洲海浜公園 ヨット訓練所
  所在地・・・江東区若洲35番  筺。娃魁檻毅毅僑后檻僑沓
  最寄駅・・・JR京葉線・東京メトロ有楽町線・りんかい線「新木場駅」徒歩40分

<都バス> “崗茲蠑譟崋秉Дャンプ場」行き 200円(8分)「若洲ゴルフリンクス前」下車 徒歩1分
      番乗り場「新木場循環」 200円(5分)「東京へリポート前」下車 徒歩6分


日時:8月17日(日)午前9時30分

集合場所:若洲海浜公園キャンプ場 貸自転車場前

■高等部硬式野球部が遠征してまいります。同窓の皆様の応援よろしくお願い致します。
野球部OBの東谷さんより高等部野球部遠征のお知らせを頂戴致しました。
以下の通りに神奈川・東京で行う親善試合をご案内させて頂きます。
つきましては、多くの同窓生の皆様方の応援をよろしくお願い致します。


8月11日(月) 午前9時30分開始 対 桐蔭学園高校

        球場は「横浜市青葉区鉄町1614」の桐蔭学園内です。

(田園都市線「市が尾駅」「青葉台駅」、小田急線「柿生駅」からバス10分程度)


8月12日(火) 午前10時開始   対 早稲田実業高校

      球場は「八王子市南大沢4−3−7」の同校グラウンドです。

  (京王相模原線「南大沢駅」から徒歩15分程度) 

■『K.G.Tokyo フェスタ2008』開催のご案内
 これまで決定した内容につきましては、「サークルからのお知らせ及び主要支部行事」に掲載しております。クリックしてご覧頂ければ幸いです。
 『K.G.Tokyo フェスタ2008』
関西学院大学東京丸の内キャンパス開設一周年記念
  “友よ、今日の日の喜びを未来へ!”

関西学院東京オフィス、同窓会東日本センター・東京支部は、昨年6月に、東京駅に直結したサピアタワー10階に移転し、おかげさまで丸一年を迎えました。今年のフェスタは、開設一周年を記念して開催いたします。
今年は、卒業40年の昭和43年卒の皆様が、実行委員となり、東京支部一年の活動の総決算として多くの皆様にフェスタを楽しんでいただけるよう企画を進めてまいりました。みなさまお誘いあわせの上ご参加お待ちいたしております。

開催日:2008年7月13日(日)

会 場:サピアタワー5階/6階
    (JR東京駅八重洲北口より徒歩2分)
    (東京メトロ大手町駅B7サピアタワー連絡口直結)

受付開始:午後1時(受付5階)

フェスタ:午後1時30分〜午後5時30分
     第一部:東京支部活動報告
         KG東京アウォード表彰式
     
     第二部:講演 冷泉為人氏
            財団法人冷泉家時雨亭文庫理事長
            冷泉家第25代ご当主

         演題「冷泉家の歴史と文化」

〜平沼有梨さんの電子オルガン演奏をお楽しみ下さい〜     

第三部:懇親パーティー

会 費:男性会員 8000円、女性会員 6000円
    家族会員 6000円
    平成16年卒以降の会員 3000円

主 催:関西学院同窓会東京支部
    K.G.Tokyoフェスタ2008実行委員会(S43年会)

後 援:関西学院同窓会 関西学院大学東京丸の内キャンパス
 
お申し込み・お問い合わせ:関西学院同窓会東京支部事務局 松本、島脇
   TEL03−5224−6226
   FAX03−5224−6227
   Email kg.tokyo@nifty.com  
以上

■6月26日(木):三日月会のご案内  松浦祥次郎様をお招きし、『原子力利用の現状と今後』と題しまして、原子力発電利用の疑問や発電以外の原子力利用の効用などお話いただきます。
6月の三日月会は、財団法人原子力安全研究協会理事松浦祥次郎氏をお招きいたします。日本原子力研究の草分けで、日本原子力研究所理事長、内閣府・原子力安全委員会委員長など要職を歴任されておられます。今回は、『原子力利用の現状と今後』と題しまして、原子力発電利用の疑問や発電以外の原子力利用の効用などお話いただきます。
是非とも多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   

日 時:2008年6月26日(木)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10F
     JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7サピアタワー連絡口直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:松浦祥次郎(まつうらしょうじろう)氏
(㈶原子力安全研究協会 理事)

1935年京都西陣生まれ。58年京都大学工学部卒、同大学院原子核工学専攻修士課程修了後、61年日本原子力研究所へ入所。東海研究所で軽水型動力炉の原子炉物理の研究に従事。同研究所理事長を経て、2000年より06年まで内閣府・原子力安全委員会委員長。
  
タイトル:『原子力利用の現状と今後』

2007年12月末現在、世界中では439基の、日本では55基の原子力発電所が利用されています。これらは全発電量の16%を、日本では31%を生産しています。しかし、「安全確保は?」「本当にエネルギー保障に役立つのか?」「温暖化ガス放出抑制効果は?」などの疑問をお待ちでしょう。その回答と、発電以外の原子力利用の効用をお話しいたします。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
 {最終申込締切6月23日(月)}

*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。     
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227           E-Mail kg.tokyo@nifty.com

■2008年5月度三日月会のご案内:わが国金融証券ストラテジストの第一人者であります佐治信行様に「今年から来年度のマクロ経済見通し」をお話いただきます。
5月の三日月会は、2年ぶりの登場でございます、本学卒業のわが国金融証券ストラテジストの第一人者であります佐治 信行氏(1982年 法卒)をお招きいたします。米国のサブプライム問題から、わが国の株式市場も波乱含みとなっていますが、今後の景気動向はどうなるのでしょうか。詳しく存分にお話していただきます。
是非とも多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。

日 時:2008年5月21日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:佐治 信行氏(三菱UFJ証券株式会社エクイティリサーチ部 部長)

1958年愛知県生れ。82年関西学院大学法学部卒業。日興證券(株)入社、日興リサーチセンター出向。99年より興銀証券。06年より三菱UFJ証券。この間、セクターアナリスト、テクニカルアナリスト、エコノミスト。
日経金融アナリストランキング第一位の地位を引き続き継持しておられます。
  
タイトル:『2008・2009年度マクロ経済見通し』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切5月16日(金)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com        

■K.G.ウェルカムパーティ2008開催のご案内
 「サークルからのお知らせ及び主要支部行事」の中にも昨年の写真などまじえて掲載、今後更新いたしますのでご覧下さい。
2008年に新しく社会人になった卒業生の皆様を歓迎し、関西学院大学東京丸の内キャンパスのあるサピアタワーにて、下記のとおり2008年6月7日(土)にウェルカムパーティーを開催いたします。

軽食をとりながら、業界ごとや卒業同期ごとでの座談会や若手同窓生を中心とした活動の紹介等、東京でのネットワークを広げるチャンスです。お友達をお誘いの上、奮ってご参加下さい。
(昨年は90名の新社会人を含む、180名の若手同窓生が参加しました。)

開催日時:2008年6月7日(土)午後1時30分〜午後5時

会  費:2008年新卒同窓生無料ご招待
     上記以外の同窓生 1000円

開催場所:サピアタワー・東京ステーションコンファレンス5階
(JR東京駅八重洲北口改札から2分、東京メトロ「大手町駅」B7出口サピアタワー連絡口直結)

【申し込み・問合わせ先】
  関西学院大学東京丸の内キャンパス・
  関西学院同窓会東京支部事務局
   Tel:03-5224-6226、
   E-mail:kg.tokyo@nifty.com

   6月2日(月)までに電話もしくはE-mailにてお申し込みください。
   ※お申込の際は、氏名・連絡先・卒業学部をお伝えください。


主催:K.G.ウェルカムパーティー2008実行委員会、同窓会東京支部
共催:関西学院大学東京丸の内キャンパス



■4月4日(金):三日月会4月度例会のご案内 「源氏物語への誘い」と題して、高木和子関西学院大学教授にお話いただきます。
4月の三日月会は、皆様既にご承知のとおり本年が「源氏物語」千年紀にあたり、源氏物語への関心が高まっております。関西学院大学「丸の内講座」でも7月からナレッジコース「源氏物語への誘い」が開設されます。本講座の開設に先駆け、担当講師である高木和子教授に急遽お願いし、源氏物語の解説をして頂きます。
尚、高木教授のご上京に合わせてご無理をお願いしました関係で、開催時間を変更させていただきましたこと、また、ご案内が直近になりましたことを何卒ご了承いただき、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   
 
日 時:2008年4月4日(金)13:30〜15:00

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
       JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結

3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を12時20分より設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は12:30から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:高木 和子氏(関西学院大学文学部教授)

1964年兵庫県出身。東京大学大学院博士課程修了。博士(文学)。著書「源氏物語の思考」で第5回紫式部学術賞受賞。瀬戸内寂聴訳「源氏物語」の巻末語句解釈等を担当。「源氏の世界を語るリレー塾」(読売新聞社、2007)等、講演多数。「女から詠む歌 源氏物語の贈答歌」(青簡舎)を本年4月刊行予定。

タイトル:『源氏物語への誘い』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切4月2日(水)}

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
          E-Mail kg.tokyo@nifty.com                          
以上

■3月6日(木)開催予定の武田建先生の特別講演会は、応募多数のため締め切りました。お申し込み誠に有難うございました。
タイトル:武田 建のコーチングの心理学
     〜「怒鳴って、叱って」から「ほめて、支えて」へ〜

講 師 :武田 建 関西学院大学名誉教授、関西福祉科学大学教授

■3月11日(木):三日月会のご案内・・グルーベル院長によるご講演「アメリカ選挙制度が生み出す大統領像」です。 
3月の三日月会は、グルーベル院長に上ヶ原よりご上京いただきまして、「アメリカ選挙制度が生み出す大統領像」と題して、今まさに行われている米国大統領選挙戦を取り上げ、この大統領選挙制度の問題についてご専門のお立場からお話いただくことになっております。多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。

日  時:2008年3月11日(火)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
       JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
       東京メトロ大手町駅B7出入口より直結
    3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:ルース・M・グルーベル氏(第15代関西学院院長)

アメリカ・ミネソタ州生まれ。宣教師の両親とともに来日し、2歳から高校卒業までのほとんどを日本で過ごす。大学入学のため帰国し、ネブラスカ大大学院修了(政治学博士)。ウィスコンシン大学教授を経て、1996年に関西学院宣教師、関西学院大学社会学部助教授に就任。1998年教授。2007年4月から第15代関西学院院長に就任。

タイトル :『アメリカ選挙制度が生み出す大統領像』

今年11月に行われるアメリカ大統領選挙は、半年以上前から国内外問わず、メディアでも大きく取りあげられ、注目を浴びています。候補者は長い時間をかけて資金を集め、農村から大都会まで飛び回って選挙運動を続けます。複雑な予備選挙や総選挙の制度をうまく利用し、最終的に当選するためには、どのような能力、人物、資金、政党組織が必要なのか?2008年の選挙戦を参考に、この大統領選挙制度の問題について考えたい。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切3月7日(金)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com          以上        

■第3回「KG水彩スケッチ会展」のご案内
    今年も東京支部水彩スケッチサークルの展覧会が開催されます。
■第3回KG水彩スケッチ会

首都圏在住の関西学院同窓生とその家族の水彩スケッチサークルとして活動、御蔭で展覧会も第3回を迎えました。昨年夏、関西学院同窓会東京支部が東京駅のサピアタワーに引越しましたので、私たちの展覧会場も、銀座・京橋のギャラリーくぼたに新天地を求めました。

NHK文化センター講師の水彩画家五十嵐吉彦先生(経S38卒)のご指導で、鉛筆やペンの線を生かし、光と影で奥行きを表現する透明水彩画を展示致します。お気軽にお立ち寄り頂き、ご高覧戴ければ幸いです。

■日時 2008年3月3日(月)〜9日(日)
    11:00am〜6:00pm(最終日は3:00pm迄)

■場所 京橋 ギャラリーくぼた 5F
      住所:中央区京橋2−7−11
      TEL:03−3563−0005

      銀座線「京橋」駅6番出口より徒歩1分
      JR東京駅八重洲南口より歩10分


■同窓会東京支部・KGAA共催「特別講演会」3/6(木)夜開催!!
 武田建先生ご上京いただいてのご講演でございます。奮ってご参加下さい
タイトル:武田 建のコーチングの心理学
     〜「怒鳴って、叱って」から「ほめて、支えて」へ〜

講 師 :武田 建 関西学院大学名誉教授、関西福祉科学大学教授

「関西学院大学で社会福祉とカウンセリングを教えながら、大学のアメリカンフットボール部の監督として、怒鳴って、叱って日本一になりました。その後ミシガン大学で、悪い行動を無くそうとするよりも、良い行動を増やす「しつけの心理学」のプロジェクトに参加し、帰国後、高等部チームのコーチングに応用しました。このやり方であればチームの雰囲気はとても明るく、選手の上達も早かった。この方法は、スポーツの指導だけでなく、職場でも、学校でも、家庭でも使えます。
その理論とノウハウを分かち合いましょう。」

日 時 : 2008年3月6日(木)18:30〜20:00

場 所 : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
          JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
          東京メトロ大手町駅B7出入口より直結
    3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「特別講演会受付」
を設置いたします。

参加費 : 1,500円(講師著書「武田建のコーチングの心理学(創元社刊)」を含んでおります)

定 員 : 100名(先着順で締め切りますのでお早めにお申し込み下さい。)

お申し込み:氏名、卒業年度・学部、連絡先(TEL、アドレス等)記入の上      FAX:03−5224−6227
       Email:kg.tokyo@nifty.com  まで    
      
お問い合わせ:関西学院同窓会東京支部 03−5224−6226

■2月13日(水):三日月会2月度例会開催のご案内
NPO法人日本心身機能活性療法指導士会理事長の小川眞誠氏にお話を伺います。
2月の三日月会は、NPO法人日本心身機能活性療法指導士会理事長の小川眞誠氏をお招きいたします。「心身機能活性療法」の実践により、認知症をはじめ脳卒中後障害・脳障害児の失われた機能を改善して、明るい社会の創造に向けて全力をあげて活動されております。日本、中国(上海市)での改善事例をDVDの映像を見ていただきながらご説明いただくことになっております。多数の皆様のご出席賜りますようご案内申しあげます。   



日 時:2008年2月13日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結

3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:小川 眞誠(おがわしんせい)氏
(NPO法人日本心身機能活性療法指導士会理事長)

1941年生まれ。64年日本大学商学部卒業。83年「日本ゲートボール促進協議会」設立、理事長。87年「ゲートボールあしながおじさんチャリティ大会」実行委員会事務局長。91年「日本ゲーゴル協会」設立、理事長。01年「 NPO法人日本心身機能活性療法指導士会」設立、理事長。07年書籍「認知症が目に見えて良くなる改善プログラム」の編集と出版。

タイトル:『失われた機能は戻ります』
      −認知症をはじめ脳卒中後障害・脳障害児の失われた機能を改善して、明るい社会を創造しよう−

* 人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切2月8日(金)}

* なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                 
東京支部  TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com            

■ライスボウルでの大変大勢の同窓の皆様方の熱いそしてあたたかい応援まことにありがとうございました。
第61回ライスボウルは、東京ドームに3万4487人の観衆を集め、わが関西学院大学ファイターズと社会人代表の松下電工が手に汗を握る熱戦を展開いたしました。惜しくも38対52で敗れはいたしましたが、同窓の皆様の熱い応援でよく頑張っていい試合をしてくれたと思います。まことにありがとうございました。来年も東京ドームで応援できることを願って。

■新年 あけましておめでとうございます。
いよいよ3日は「ライスボウル」です。皆様の熱い応援よろしくお願い致します。
新年 あけましておめでとうございます。

皆さまにとりまして、良い年となりますよう、お祈り申し上げます。

本年も倍旧のご指導、ご支援とご協力を関西学院同窓会東日本センター・東京支部に賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

いよいよ3日は、アメフト日本一を決める「ライスボウル」です。皆さまの熱い応援を関西学院大学「ファイターズ」によろしくお願い致します。

東京ドーム22番ゲート横に関学関係者の受付を設けております。チケットをまだお持ちでない方午後1時までにお出で下さい。

■2008年1月24日(木):三日月会1月度例会開催のご案内
村尾信尚教授の登場です。『最近のニュースから』どうぞご期待下さい。
 2008年年頭を飾る三日月会は、本学東京駐在の村尾信尚教授の登場でございます。ニューズゼロのメインキャスターとして15ヶ月、「最近のニュースから」と題してゼロの裏側などをまじえての興味深い話を伺うことになっております。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。



日  時:2008年1月24日(木)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:村尾 信尚(むらおのぶたか)氏
(本学学長直属東京駐在教授、ニュースゼロメインキャスター)

タイトル:『最近のニュースから』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
  {最終申込締切1月21日(月)}
*なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
         E-Mail kg.tokyo@nifty.com            以上              

■1月3日ライスボウル:いよいよ6年ぶりの日本一決戦です:関西学院大学アメリカンフットボール部ファイターズの応援よろしくお願い致します
関西学院大学アメリカンフットボール部ファイターズは、ご高承の方も多いことと存じますが、甲子園ボウルで最後の3秒で大逆転、日本大学との18年ぶりの対戦に勝利しまして、いよいよ日本一をかけまして松下電工と1月3日東京ドームで午後2時キックオフ、ライスボウルを戦います。
同窓の皆様の熱い応援で、ドームの一塁側をブルーで埋めつくしたいと思っておりますので皆様宜しくお願い致します。なお観戦要領は次のとおりとなっております。

1.関学受付
   22番ゲート(14時受付クローズ) 

2.入場券
   前売り券2000円(当日窓口発売2500円)   
   東京支部事務局で前売り券を確保、販売しております。
   なお、関西学院大学東京丸の内キャンパスならびに東京支部事務局は12月22日(土)から1月6日(日)まで年末年始休暇に入りますが、今年は、ライスボウルもございますので、12月22日(土)午前10時〜午後6時、12月25日(火)午後1時〜午後6時、12月26日(水)午前10時〜午後6時、12月28日〈金)午後1時〜午後6時は開室の予定でございます。ご足労頂きます場合はこの時間帯にお願い致します。(おつりのいらないようにご準備下さい)

3日当日も受け付けますが事前に必要予定枚数をメールまたはFAXでお知らせ頂ければ深甚でございます。 (メールの場合はciu38827@kwansei.ac.jpにお願い致します。) 

3.ご注意事項
   当日関学受付にて前売り券の受け渡しを致しますが、現金は必ず『封筒』に代表者のお名前、人数、金額を入れて、前売り券を購入してください。ご協力よろしくお願い致します。

4.座席
   座席確保のために少なくとも1時間前にはご来場下さい。
   KG仲間で一丸となって応援しましょう。(皆様の座席をできるだけ確保するようにしますが、遅くなると確保が難しくなります)

5.入場口
   20番ゲートから入場します。(KGベンチ側)
   入場し、座席で集まって観戦応援します。

同窓会東京支部事務局 TEL03−5224−6226
           FAX03−5224−6227

■関西学院大学東京丸の内キャンパスならびに同窓会東京支部冬季休暇の
お知らせ
関西学院大学東京丸の内キャンパスならびに関西学院同窓会東京支部は、
12月22日(土)から新年1月6日(日)まで冬季休暇のため窓口業務を休止いたします。業務再開は、1月7日(月)午前10時からとなります。

但し、同窓会東京支部事務局は、22日(土)午前10時〜午後6時、12月25日(火)午後1時〜午後6時、26日(水)午前10時〜午後6時、28日(金)午後1時〜午後6時は開室の予定でございます。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご了承をお願い致します。

■ラグビー大学選手権への応援御礼とサッカー部大学選手権出場応援のお願い
昨日はラグビー大学選手権への応援まことに有難うございました。
残念ながら12対60で関東リーグ戦1位の東海大学に敗れましたが
年々着実に力が上がってきておりまして来年に期待したいと思います。

さてラグビーに続いて、サッカー部も関西学生サッカーリーグで4位となり
2年ぶりに第56回全日本大学選手権大会に出場を果たすことになりました。
まず4チーム総当りのリーグ戦3試合が駒沢と平塚で予定されております。

12月19日〈水) 対 九州産業大学  
       11時30分開始
       駒沢オリンピック公園総合運動場第2球技場

12月21日(金) 対 法政大学
       13時50分開始
       駒沢オリンピック公園総合運動場第2球技場

12月23日〈日) 対 吉備国際大学
       11時30分開始
       平塚競技場

勝ち上がりますと決勝トーナメントは1月7日、10日、13日

年の瀬も迫りお忙しいことと存じますが、試合会場まで
応援に駆けつけていただきまして何卒後輩の活躍に
同窓の皆様の声援をお願い致します。

■12月16日大学ラグビー部が全国大学ラグビー選手権大会に出場、東海大学と1回戦を戦います。秩父宮ラグビー場に応援宜しくお願い致します。
この度、関西学院大学体育会ラグビー部は大学関西リーグ戦第5位となり、12月9日、全国大学ラグビー選手権出場をかけて、中京・四国地区代表名城大との試合に 37対33で勝ち、出場権を確保しました。

つきましては、今週日曜日 12月16日東京・秩父宮ラグビー場にて
関東リーグ戦グループ第一位の東海大学と試合を致します。
12時キックオフ(1回戦第一試合)でございます。

ご同窓の皆様には、是非とも応援よろしくお願い致します。

試合当日はメインスタンド入り口側に関学の受付机を設置します。
バックスタンドチケットや自由席購入の方も、メイン側へお越し下さい。

※第二試合に早稲田大(vs中央大)が出場するため、チケットが売り切れる場合もございます。

■KGクリスマスパーティ2007のご案内を下の「支部行事・サークルからのお知らせ」に最新の情報もあわせて掲載しております。どうぞご覧下さい。
 12月15日(土)都市センターホテルで開催いたします恒例のクリスマスパーティ、参加申込締切日が過ぎておりますがまだお申込み間に合います。あきらめないで事務局までお問い合わせ下さい。
今年の目玉プレゼントは、でっかくウン十万円のマッサージチェアです。そのほか旅行券、ホテルディナー券などあなたが欲しいものがあたるチャンスです。今年最後の運だめし。参加しなければあたりません。関学グッズは全員に。お申込みお急ぎ下さい。

■12月に東京で開催されます関西学院大学の講演会、フォーラム、シンポジウムのご案内 皆様のご参加お待ちいたしております。
12月に東京で開催されます関西学院大学の講演会、フォーラム、シンポジウムのご案内でございます。


同窓の皆様には、年末何かとお忙しいことと存じますが、万障お繰り合わせの上是非とも多数のご参加によるご支援をお願い申し上げます。それぞれのテーマにご関心のあるお知り合いの方やお勤め先などでの関係の皆様にもぜひご紹介いただけましたら深甚でございます。ご案内が長くなりますので内容詳細につきましては、それぞれのURLをご参照下さい。


1.12月8日(土)

2007年度 COEプログラム連続シンポジウム
第4回「社会調査教育への提言と展望―現場から語る夢と希望―」を開催

 2007年度COE連続シンポジウム「大学院における社会調査教育はどうあるべきか」では、第1回「社会調査と学際性:社会学と社会福祉学を架橋する試み」、第2回「映像と社会調査」、第3回「社会調査と言語」のタイトルのもと、若手研究者を中心として、従来からの社会調査教育への内省的かつ批判的な検討をおこなう場を設けてまいりました。最終回となる今回第4回では、これまでのシンポジウムを通して繰り広げられた議論と問題提起を踏まえて、これからの時代に望まれる社会調査教育のあり方について議論いたします。

日時: 12月8日(土) 14:00〜18:00

場所: サピアタワー(東京ステーションコンファレンス)6階602会議室

(千代田区丸の内1-7-12)

   なお詳細は下記のURLをご覧下さい。

http://coe.kgu-jp.com/F1RMview.php?Q=394


2.12月9日(日)

関西4大学学長フォーラムを開催

 関西4大学(関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学)の共同事業として、今年度で4回目となるフォーラムが、下記のとおり開催されます。

 今回のテーマは「大学が世界に発信できるもの〜関西に広がる可能性」です。「国際化・国際性」を全体テーマに、国語力・英語力・日本文化など様々な観点から未来の大学像を探るとともに、大学が学生に提供できるものを考えていきます。(講演 金田一 秀穂氏(言語学者)、パネルディスカッション 平松学長他4大学学長) 

日 時  12月9日(日)12時30分〜15時30分

場 所  東京国際フォーラム B7(東京都千代田区丸の内3−5−1)

内容並びに参加申し込みは下記URLをご覧下さい。

http://osaka.yomiuri.co.jp/4daigaku/


3.12月10日(月)

関西学院大学産学連携シンポジウム in 東大 「人と環境にやさしい材料化学」を開催

 本シンポジウムは、関西学院大学東京丸の内キャンパスの開設を記念し、東京大学・武田ホールで、「人と環境にやさしい 材料科学の最近の進歩と今後の課題」について議論いたしま
す。関西学院大学理工学部と東京大学と企業の方も参加してのシンポジウムでございます。関学の首都圏における知名度の向上、産学連携の強化などに寄与できることを目標としています。

日 時:12月10日(月) 10時30分〜17時15分

会 場:東京大学・武田ホール(本郷キャンパス・浅野地区 武田先端知ビル内)


内容並びに参加申し込みは下記のURLをご覧下さい。

http://www.adthree.com/kwansei-ksc/

以上
関西学院同窓会東京支部事務局
TEL 03-5224-6226
Email kg.tokyo@nifty.com

■バスケットボール部が、第59回全日本学生バスケットボール選手権大会に出場を果たし上京します。暖かい応援よろしくお願い致します。
 関西学院大学バスケットボール部は、第59回全日本学生バスケットボール選手権大会に、関西第2位として4年振りに29回目の出場を果たしまして東京に参ります。
 是非とも多くの同窓の皆様方の暖かい応援をどうぞよろしくお願い致します。 

日時:11月27日(火)10:20対戦相手は新潟工業短期大学(北信越1位)

       勝利すれば 2回戦 11月29日(木) 12:00

           準々決勝  11月30日(金) 16:20

           準決勝   12月1日(土)  16:20

           決 勝   12月2日(日)  16:00 


   試合会場:国立代々木競技場第2体育館(JR山手線原宿駅下車5分)
               (メトロ千代田線明治神宮前駅下車5分) 


■馬事公苑で行われます全日本学生馬術競技大会に馬術部が出場いたします。同窓の皆様の応援よろしくお願い致します。
KGAA東京支部幹事長の梅田 一夫さんより 馬術部の全国大会出場のお知らせを頂戴致しました。
 馬事公苑で以下の通り開催されます。首都圏在住の同窓の皆々様の多数の応援何卒宜しくお願い致します。

 現在、出場権を得て、確定している大会日程と出場人馬をお知らせします。

ご参考までに、この大会は 障害飛越、馬場馬術、総合馬術の三つの全国大会を統合しもので、正確には全日本全日学生馬術三大大会と言います。

11月3,4日の総合馬術競技は障害、馬場に野外騎乗の三種目を総合している競技で、最も見ごたえのある競技と言えます。


場 所:馬事公苑 (東京都世田谷区上用賀)

日程・競技・出場:

 10月31日(水) 障害飛越競技 第1走行

 11月 1日(木) 障害飛越競技 第2走行

             松尾(4年) 月翼号

             熊倉(4年) 月緑号

             尾崎(4年) 月雅号

             西脇(2年) 月母衣号

 11月 2日(金) 馬場馬術競技 団体・個人予選

             古峨(2年) 月皚号

             松田(1年) 月夢号

 11月 3日(土) 午前; 総合馬術競技 調教審査(馬場馬術)

            午後; 馬場馬術競技 決勝

 11月 4日(日) 総合馬術競技 耐久審査(野外騎乗)

            総合馬術競技 余力審査(障害飛越)

             松尾(4年) 月翼号

             熊倉(4年) 月緑号

             西脇(2年) 月汐号

             佐棟(1年) 月峰号


*尚、競技開始は毎日9時頃からとなる予定です。

■11月21日:三日月会例会のご案内 江戸東京博物館の助教授で建築史家の米山勇先生をお招きして、「東京駅と丸の内の近代建築」と題して開催です
11月の三日月会は、下記の要領で、建築史家で東京都江戸東京博物館助教授の米山勇先生をお招きし「東京駅と丸の内の近代建築」と題して開催いたします。丸の内の「顔」であり、東京の玄関口である東京駅は、設計したのは「日本最初の建築家」の一人の辰野金吾でした。東京駅を中心とする丸の内の近代建築について、画像を通じてわかりやすくお話していただくことになっております。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。

日 時:2007年11月21日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
      JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結
3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:米山 勇氏(東京都江戸東京博物館助教授)
1965年東京生まれ。94年早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程終了。
工学博士。日本学術振興会特別研究員、早稲田大学非常勤講師、日本女子大学非常勤講師などを経て、現職。専門は日本近現代建築史及び建築評論。東京都景観審議会歴史景観部会専門員。
著書に『建築MAP横浜・鎌倉』(TOTO出版)、『東京の近代建築』(共著、地人書館)、『痛快!ケンチク雑学王』(共著、彰国社)、DVD「東京遺産」(東京FM出版)など。東京MXTVで放映中の「建築の世紀」監修・出演。

タイトル:『東京駅と丸の内の近代建築』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切11月16日(金)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。                以上
    東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227           E-Mail kg.tokyo@nifty.com           以上               

■10月25日(木)三日月会開催のご案内:「今なぜ裁判員制度なのか」最高検検事鶴田小夜子氏をお招きし、皆様の疑問、不安にお答えいただきます。
 10月の三日月会は、下記の要領で、最高検察庁総務部検事の鶴田小夜子様をお招きし、2009年5月までに始まります裁判員制度について、「今なぜ裁判員制度なのか」と題して、私達が持っている疑問や不安に対して、わかりやすく解説いただくことになっております。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。

日 時:2007年10月25日(木)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
       JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
       東京メトロ大手町駅B7出入口より直結

3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:鶴田 小夜子(つるたさよこ)氏(最高検察庁総務部検事)

1975年京都大学法学部卒業。76年司法試験合格。79年東京地検検事。84年弁護士。89年以降甲府、東京、長野地検各検事、東京高検検事。2002年仙台高検(公安部長、総務部長)。04年明治大学大学院特任教授を経て、07年4月より現職就任。

タイトル:『今なぜ裁判員制度なのか』
司法制度改革の目玉として、私達が司法に参加する裁判員制度が、2009年には始まりますが、これまで国民から縁遠い存在であった裁判が身近になる反面、裁判に参加する不安もあることと思います。そこで、今回は、裁判員制度について、その内容(裁判員は何をするのか、どのように選ばれるのか。)、制度導入の背景、制度に込められたメッセージなどをお話させていただきます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切10月22日(月)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
            E-Mail kg.tokyo@nifty.com                      


■10月8日(祝日)開催の第4回ゴールドコンサート「チャレンジド(障がい者)・ミュージシャンの競演」のご案内です。
 今年で第4回目を迎えます、いろいろな障がいを持つミュージジャンの方々が、全国から選抜されグランプリを目指したコンテスト形式のコンサートのご案内でございます。本コンサートの実行委員長は、商学部の卒業生の貝谷 嘉洋さんです。貝谷さんは10才のときに進行性筋ジストロフィーを発症し、自力での歩行不能などの困難の中で、関学を卒業しました。そしてNPO法人日本バリアフリー協会の代表としても活躍しております。
 これまで過去3回、障害を持ちながらチャレンジする人たちの音楽に対するひたむきさなど聴衆の皆様に心に残る大変な感銘を与えてくれました。 
 毎年同窓の皆様が会場に足を運んでいただき、暖かい声援、応援をいただいております。ぜひともご来場お願い致します。
 なお、今回のコンサートは、関西学院大学も協賛しております。


第4回ゴールドコンサート
  「チャレンジド(障がい者)が挑むコンテスト」

1.日 時 2007年10月8日(月・祝)午後4時半 開演(3時半 開場)
2.会 場 東京国際フォーラム ホールC (JR有楽町駅下車)
3.コンテスト出場者 12組
4.特別ゲスト     木下航志さん(未熟児網膜症で視力を失う)
5.審査員       弘田三枝子、湯川れい子他
6.入場料  SS席指定 3,500円
        S席指定  3,000円
        A席自由  2,000円
        車椅子席など別途ございます。
7.チケット申し込みは、下記の要領で9月27日(木)までにカテゴリー、枚数、お名前、送付先をご記入の上メールまたはFAXにて支部事務局までお願い致します。代金のお振込先等ご連絡いたします。

関西学院同窓会 東京支部事務局 松本 洋

Tel   03-5224-6226
Fax  03-5224-6227
 E-Mail kg.tokyo@nifty.com
  

---------------------------------------------------------------------
ゴールドコンサートチケット申し込み
 SS席指定(    枚)、S席指定(    枚)、A席自由(    枚)
 お名前
 送付先 〒
      ご住所
 お電話番号
---------------------------------------------------------------------
以上

■10月の毎金曜日に関西学院大学産業研究所講演会「グローバル時代の企業のイノベーション戦略」を東京丸の内キャンパスで開催
 本学の東京丸の内キャンパスの開設を機に、携帯コンテンツ事業で著名な本学OBの堀 主知ロバート・サイバードホールディングス代表取締役社長兼グループCEOをはじめ、産官学の各界から講師をお招きし、国際競争の波にさらされている企業のイノベーション戦略について、現況と課題を報告いたします。全4回シリーズですが各回ごとにもご参加いただけます。東京での年に一度の産研の講演会でございます。奮ってご参加下さい。お待ち致しております。

・日程:10月の5日、12日、19日、26日の毎金曜日 13時30分〜15時30分

・会場:関西学院大学東京丸の内キャンパス (サピアタワー10階)

・参加費:無料

・定員:60名(先着順)

・申し込み:Eメールかファクスで、お名前、ご所属、ご連絡先(電話番号)、参加希望日をご連絡ください。

・Eメール:kg.tokyo@nifty.com ファックス: 03-5224-6227

・問い合わせ先:関西学院同窓会東京支部事務局(TEL 03-5224-6226)

・主催:関西学院大学産業研究所

・協力:海外投融資情報財団(JOI)、関西学院同窓会東京支部

詳細

第1回(10月5日)
  タイトル「イノベーションのための経営戦略」
  講師:新宅 純二郎氏(東京大学ものづくり経営研究センターディレクター)
     堀 主知ロバート氏(螢汽ぅ弌璽疋曄璽襯妊ングス代表取締役社長兼グループCEO)

第2回(10月12日)
  タイトル「イノベーションと知財・標準化」
  講師:福田 泰和氏(経済産業省標準企画室長)
     加藤 恒氏(三菱電機蠱療財産渉外部次長

第3回(10月19日)
タイトル「イノベーションと競争政策―独禁法との関連―」
講師:後藤 晃氏(公正取引委員会委員)
   大塚 眞弘氏(日立製作所法務本部長)

第4回(10月26日)
タイトル「イノベーションのマネジメント」
講師:村井 啓一氏(キヤノン化成蟲蚕儻槎筺α哀ヤノン蟶猯禅蚕儻Φ羹蠶后
   他に1名予定(交渉中)
以上

■9月13日(木)「関西学院大学産官学連携フォーラム」のご案内
       (於いて関西学院大学東京丸の内キャンパス)
 9月13日(木)午後6時30分から、東京丸の内キャンパスで開催いたします「関西学院大学産官学連携フォーラム」のご案内でございます。
 今回下記のとおり、本学の産官学連携への取り組みをご紹介、ご説明するとともに、産官学連携の実績も豊富な尾崎 幸洋理工学部長の研究シーズを紹介させていただきます。
どなたでもご出席いただけますが、半導体、飲料・食品などをはじめとする各種製造業・工業関連の皆様方には、ぜひご参加を賜り、忌憚ないご意見を頂戴致したく存じます。
 また、皆様から本学へのご意見・ご要望をお聞かせいただくとともに、皆様とのネットワークづくりのため第二部として交流会を開催いたします。(軽食・飲み物を用意しております。参加費無料)
 ご多忙のこととは存じますが、多くの方々のご参加をお待ちいたしております。



日 時  2007年9月13日(木)18時30分〜21時

場 所  関西学院大学東京丸の内キャンパス
     〒100-0005東京都千代田区丸の内1−7−12サピアタワー10階
    TEL 03−5222−5678 FAX 03−5222−7033
      Email kg.tokyo@nifty.com

プログラム 【挨 拶】  東京丸の内キャンパス統括 重名 恬
      【講演・意見交換会】 (18:30〜19:45)
    
        「関西学院大学の産官学連携の歩みと展望」
             研究推進社会連携機構機構長 浅野考平

    
        「遠紫外が拓く新しい計測技術の可能性」
             理工学部 学部長 (化学科教授) 尾崎 幸洋

      【交流会】(20:00〜21:00)

講演内容についての詳細は関西学院大学ホームページの下記URLでご参照ください。

http://124.37.34.6/kwansei/renkei_kenkyu/?m=SKGEvent

締切りが差し迫っており恐縮ですが、参加ご希望の方は、9月10日(月)までにお名前、貴社名、貴部署、お役職、連絡先をkg.tokyo@nifty.comのメールアドレスまでお知らせください。
以上

■9月19日(水):三日月会9月例会のご案内
法眼健作氏をお招きし、「中近東その知られざる世界」と題して、ご講演いただきます。
 処暑も過ぎましたが、厳しい残暑が続いております。皆様には益々ご清栄のこととお喜び申しあげます。
 さて、9月の三日月会は、外交官として国際連合事務次長やカナダ大使を歴任され、現在本田技研工業の取締役に就任されております法眼健作氏をお招きし、「中近東その知られざる世界」と題して、ご講演いただきます。
 中近東における主要国は、歴史上で大きなページ、見せ場を作った国々であるが故にそこから来るプライドと現実のジレンマ、石油が発見されるまでの中近東そしてアラブ・イスラエル紛争など幅広い話題と最後に、今後日本はどのように付き合っていくべきかをお話いただきます。
 是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
 


日 時:2007年9月19日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
         JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
         東京メトロ大手町駅B7サピアタワー連絡口に直結

    3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
    を設置いたします。

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします

スピーカー:法眼 健作(ほうげんけんさく)氏(本田技研工業株式会社取締役)

1941年生まれ。64年外務省入省。64年東大法学部中退。66年ケンブリッジ大学卒業。68年修士号取得。89年在ボストン総領事就任。その後91年在ホノルル総領事、95年中近東アフリカ局長、96年外務省研修所長、98年国際連合事務次長、01年駐カナダ大使を歴任。2005年外務省退職。2005年6月より現職に就任。

タイトル:『中近東 その知られざる世界』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切9月14日(金)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com          以上        

■大学硬式野球部の東京遠征・オープン戦が8月16日から8月19日まで行われます。皆様の応援よろしくお願いいたします。
下記の通り、硬式野球部が東京遠征・オープン戦を行います。
春はリーグ戦三位でしたが秋優勝に向けての強化遠征です。
宮西投手・荻野遊撃手という全日本クラスのドラフト候補の選手もおり
OBの方に見ていただくチャンスかと思います。
               東谷(S41商卒・硬式野球部)

《硬式野球部・東京遠征日程》

8月16日(木) 13時開始 対国士舘大学  
於)同大グラウンド…小田急線「鶴川駅」からバス利用
           (鶴川団地行き「国士舘大学前」下車)

8月17日(金) 同上    対明治大学
於)同大グラウンド…京王線「東府中駅」からバス利用
          (武蔵小金井駅行き「若松町4丁目」下車徒歩5分)
           または…JR中央線「武蔵小金井駅」からバス利用
          (東府中・府中駅行き「若松町4丁目」下車徒歩5分)

8月18日(土) 同上    対慶応義塾大学
於)同大グラウンド…東急東横線「日吉駅」下車徒歩5分

8月19日(日) 同上    対法政大学   
於)同大グラウンド…JR南武線・東急東横線・目黒線
                      ( 「武蔵小杉駅」下車徒歩10分) 


■8月の三日月会は、お休みです。9月に再開いたします。
 8月下旬にはご案内したいと思いますので今しばらくお待ち下さい。
8月の三日月会は、お休みです。9月に再開いたします。
 8月下旬にはご案内したいと思いますので今しばらくお待ち下さい。

■夏季休暇(8月11日〜21日)のお知らせ
関西学院は、8月11日(土)〜21日(火)まで夏季休暇となります。
関西学院大学東京丸の内キャンパス並びに関西学院同窓会東京支部は、期間中は事務所を閉鎖し、窓口業務を休止させていただきます。
業務再開は、8月22日(水)となります。ご理解とご了承をお願いいたします。


■7月23日(月):三日月会7月例会のご案内
「子孫から見た咸臨丸の歴史」と題して、「咸臨丸子孫の会」幹事教授方(事務局長)の小杉伸一氏をお招きいたします。
7月の三日月会は、新しい事務所に移転しての初めての会合でございます。今回は、「咸臨丸子孫の会」幹事教授方(事務局長)の小杉伸一氏をお招きし、「子孫から見た咸臨丸の歴史」と題して、多数の映像を使いながら活動を通じて得られた実話など交えて熱っぽくご講演いただきます。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。


日 時: 2007年7月23日(月)12:15〜13:30

場 所: 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
        千代田区丸の内1−7−12 サピアタワー10階
        JR東京駅八重洲北口改札口より徒歩2分
東京メトロ大手町駅B7出入口より直結

3階サピアタワーオフィスロビー受付前に「三日月会受付」
を設置いたします。

会 費: 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 小杉 伸一(こすぎしんいち)氏
小杉雅之進(咸臨丸太平洋横断時、蒸気方として乗船)の曾孫、「咸臨丸子孫の会」幹事教授方(事務局長)

タイトル: 『子孫から見た咸臨丸の歴史』
        咸臨丸子孫の会は、咸臨丸の歴史を後世に正しく伝えることを目的として咸臨丸の生涯にかかわった人々の子孫により1994年に発足しました。以来、咸臨丸建造のきっかけとなった黒船来航から座礁沈没するまで19年間の史実を現地取材するなど積極的に検証されています。黒船来航からサンフランシスコ入港、最後の航海、また咸臨丸に関する昨今のうごきまで多数の映像を使いながら活動を通じて得られた実話など交えて熱っぽく語っていただきます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切7月18日(水)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

    東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com              

■東京支部事務所移転のお知らせ
この度 東京オフィスはパレスビルを離れ、6月11日(月)にJR東京日本橋口 サピアタワーへ移転し、25日(月)から名称を「関西学院大学東京丸の内キャンパス」と変更します。同窓会東京支部も併せて移転いたします。

新住所 〒100-0005東京都千代田区丸の内1−7−12サピアタワー10階

電話、FAX、Email、東京支部ホームページはこれまでと変更はございません

電話番号   03-5224-6226 FAX番号 03-5224-6227
Email     kg.tokyo@nifty.com
支部ホームページ  http://www.kg-tokyo.com/

移転に伴う変更点を次のとおりお知らせいたします。

●移転前後の変更点
【6月8日(金)まで】
現在の「パレスビル6F」で午後6時まで通常通り開室します。
ただし、移転準備のため、会議室等の利用ができません。

【6月11日(月)から】
新しい「サピアタワー10F」で業務を開始します。
25日(月)までは開室準備等のため、会議室等の利用ができません。

●電話、FAXの不通期間
 6月8日午後6時以降〜6月11日午前10時
またこの間、東京支部事務局へのEmailは開けることができません。返信もできませんのでご承知おき下さい。

●サピアタワーの入館方法
同窓生の皆様には、移転後初めてサピアタワーに来所される場合は、事務局まで事前にご連絡下さい。(入館がスムーズにできます。)
【事前連絡】
)問予定者は前日までに、東京丸の内キャンパスに電話またはFAXで「氏名、連絡先、訪問予定時間」等を連絡してください。
K問時間が前後1時間以上変わるときは必ず再度ご連絡ください。

【訪問当日】
(事前連絡のある場合)
.汽團▲織錙治械討離フィスロビー受付で、氏名と訪問先(関西学院大学東京丸の内キャンパス)を申し出てください。
▲殴好肇ードを受け取ってから、入館ゲートを通ってエレベータで10Fに上がってください。
F館中はゲストカードを必ず首からぶら下げておき、紛失しないよう注意してください。
ぅ殴好肇ードは3Fから退館する際に、必ず返却してください。

(事前連絡の無い場合)
.汽團▲織錙治械討離フィスロビー受付で、「来館受付票」に記入し、名刺2枚または免許証など写真付身分証明証を提示してください。
 ※3F受付でしばらくお待ちいただく場合がありますがご了承ください。

▲殴好肇ードを受け取ってから、入館ゲートを通ってエレベータで10Fに上がってください。
F館中はゲストカードを必ず首からぶら下げておき、紛失しないよう注意してください。
ぅ殴好肇ードは3Fから退館する際に、必ず返却してください。
以上

■5月30日:5月度三日月会のご案内
 NPO法人有機農業研究会理事魚住道郎氏をお迎えし、「なぜ有機野菜なのか−残留農薬の問題点−」のご講演です
5月の三日月会は、NPO法人有機農業研究会理事でわが国の有機農法の指導者であります魚住道郎氏をお迎えいたします。
今回は、『なぜ有機野菜なのか−残留農薬の問題点―』と題して、ご講演いただきます。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。
 なお、今回は当初平安神宮宮司九條道弘氏をお迎えする予定でございましたが都合により変更となりました。秋以降に再度スケジュールさせて頂きますので悪しからずご了承ください。   

日 時:2007年5月30日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
     東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13a出口より徒歩2分)
    (C13b出口は4月16日よりJFEビル建て替え工事のため閉鎖になっておりますのでご承知おきください)

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 魚 住 道 郎(うおずみみちお)氏

東京農大卒。NPO法人有機農業研究会理事。農林省有機JAS規格を決めるにあたり生産者代表として加わる。農大に在学中から有機農法に取り組み、それ以来現在も茨城県八郷にて多品種の有機野菜を生産し安全なたべものを消費者に提供している。わが国の有機農法の指導者である。

タイトル : 『なぜ有機野菜なのか −残留農薬の問題点―』

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切5月25日(金)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com          以上       

■関東学院大学とのラグビー第一回定期戦は58対38で関西学院大学ラグビー部が快勝しました。
 同窓の皆様の応援まことにありがとうございました。
本日は遠いところ応援ありがとうございました。

以下西岡副支部長からの報告でございます。

関東学院大との第1回目のラグビー定期戦が07年5月4日快晴のもと関東学院釜利谷のホームグランドで開催されました。
関東トップクラスの関東学院に何点取られるか、あまり無様な負け方はして欲しくない、KG応援のみんなが思ったはずです、
前半は風下でゴールが決まらず苦戦でしたが27-28の1点差で折り返し。後半は守りと攻めのバランスがよく
気が付いたら58-38の大差で快勝。
栄えある第1回定期戦を飾り、みんなで校歌を合唱。栄誉をたたえました。
ぼろ負けすると思って応援に来なかった方々は残念でした。
関学のラグビーは大学、高等部も強いですぞ。


関西学院大学   58 対 38  関東学院大学

前半(T5、G1 27 対 28 T4、G4)
後半(T5,G3 31 対 10 T2、G0)

■5月4日:関西学院大学ラグビー部が関東学院大学との第1回定期戦のため上京してまいります。皆様の応援よろしくお願い致します。
1年でもっとも過ごしやすい季節となりましたが、皆様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。

さて、KGAA東京支部の佐々木 康雄さんより ラグビー部 関東学院との第一回定期戦のご案内を頂戴致しました。
多くの同窓生の方の応援よろしくお願い致します。

5月4日(金)14:00 関東学院大学 釜利谷キャンパス グランドにて
アクセスは京浜急行「金沢文庫」駅から釜利谷キャンパス行き循環バスが出ています。約10分位です。

過去3年間は兵庫県・神奈川県のラグビー協会の招待試合という事でテストマッチをしていましたが、今年から定期戦に昇格して第一回定期戦となります。関東学院はご存知の通り全国一のラグビーチームです.
最近の関西学院ラグビー部員は花園経験者が多く入部しており急速に実力が上がっております、又春の高等学校全国選抜大会でも高等部が全国ベスト8になりました。大学全国NO1の関東学院に対して何処までその力が発揮出来るか大いに期待するところです。多くのKG卒業生が関東学院の素晴しい全面天然芝のラグビー場で両校の現役選手の活躍を見て校歌を歌い応援したいと願っております。多くの方の応援を宜しくお願い致します。

■同窓の皆様、KG高等部ラグビー部の全国高校選抜大会への熱い応援まことに有難うございました
同窓生の皆様へ

この度は、3日間にわたり、KG高等部ラグビー部の全国高校選抜ラグビー大会への大勢の同窓の皆様の熱い応援まことに有難うございました。
本日べスト4をかけましてAシード校の仙台育英高校と対戦いたしました。
惜しくも14対37で涙をのみました。
後半2つのトライとゴールを決め肉薄する場面もあり、意地を見せてくれました。
若い選手のひたむきな戦いぶりには感動致しました。
来年、より力をつけて熊谷に凱旋してもらいたいと思います。
皆様有難うございました。

関西学院同窓会東京支部事務局

■関学高等部ラグビー部は快進撃!あさって5日(木)準々決勝で仙台育英と対戦いたします。引き続き皆様の応援をよろしくお願い致します
連日お知らせいたしております関学高等部ラグビー部は、
本日3日東海大付属翔洋高校を55対12で快勝いたしまして
べスト8に快進撃です。

明日4日は休んで明後日5日(木)午後2時45分から
同じく熊谷スポーツ文化公園熊谷ラグビー場 A
でいよいよシード校仙台育英学園高校と対戦いたします。

これまで同様多くの同窓の皆様の観戦、応援をお願い致します。

大会概要 組み合わせ
http://www.rugby-try.jp/taikai/taikai.php?id=423

熊谷スポーツ文化公園アクセスマップ
http://www.parks.or.jp/kumagaya/access/access.htm

お問い合わせは

関西学院同窓会 東京支部事務局

Tel 03-5224-6226
Fax 03-5224-6227
E-Mail kg.tokyo@nifty.com

■4月23日(月):三日月会4月度例会のご案内
         医師であり登山家の堀井昌子氏をお招きいたします。
         タイトルは「健康寿命を延ばす」です。
4月の三日月会は、医師であり登山家の堀井昌子氏をお迎えいたします。わが国の平均寿命は、いまや世界有数の長寿国となりました。しかし、日常生活を自立して元気に過ごせる期間、すなわち健康寿命を延ばし、平均寿命との乖離を縮めることが必要です。今回は、『健康寿命を延ばす』と題して、保健所所長のご経験などから幅広く健康増進のポイントをご講演いただきます。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   

日  時:2007年4月23日(月)12:15〜13:30

場  所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
       東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13a出口より徒歩2分)
       (C13b出口は4月16日よりJFEビル建て替え工事のため閉鎖になりますのでご承知おきください)

会  費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:堀井昌子(ほりいまさこ)氏
横浜市立大学医学部卒。神奈川県立がんセンター(循環器内科)に勤務。神奈川県大和保健所、所長歴任。また登山家として8000メートル級峰、チョオユー、ガッシャンブルムの遠征隊に参加。

タイトル : 「健康寿命を延ばす」        

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切4月18日(水)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
以上

  東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
            E-Mail kg.tokyo@nifty.com             

■関学高等部ラグビー 全国選抜大会で見事1回戦を突破
  4月3日12時15分から2回戦を戦います。応援よろしくお願い致します。
関学高等部ラグビー 全国選抜大会で見事1回戦を突破

本日 第8回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会が開会しました。

本日第一回戦を戦いまして見事に熊本西高等学校を38対12で撃破致しました。

明日3日12時15分よりべスト8を目指して第2回戦を戦います。
場所は、熊谷スポーツ文化公園熊谷ラグビー場 Aです。

本日同様、多くの同窓の皆様の観戦、応援をお願い致します。

大会概要 組み合わせ
http://www.rugby-try.jp/taikai/taikai.php?id=423

熊谷スポーツ文化公園アクセスマップ
http://www.parks.or.jp/kumagaya/access/access.htm

お問い合わせ先

関西学院同窓会東京支部 事務局
Email kg.tokyo@nifty.com
TEL:03-5224-6226
FAX:03-5224-6227


■関学高等部ラグビー 全国選抜大会に出場!
  応援よろしくお願い致します。
皆様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
 
さて、我が関学高等部ラグビー部は、
近畿大会の第一回戦で 強豪大阪工大高を 29−26にて破り、二回戦で 滋賀代表の 膳所高を破り 近畿 ベスト4で 仰星、伏見、天理、と共に
第8回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会に出場となりました。

全国大会第一回戦は、
4月2日(月) 11:00 熊谷スポーツ文化公園熊谷ラグビー場 C

・ 「関学高等部 対  熊本西高校」

多くの同窓の皆様の観戦、応援をお願い致します。

大会概要 組み合わせ
http://www.rugby-try.jp/taikai/taikai.php?id=423

熊谷スポーツ文化公園アクセスマップ
http://www.parks.or.jp/kumagaya/access/access.htm


お問い合わせ先

関西学院同窓会東京支部 事務局
Email kg.tokyo@nifty.com
TEL:03-5224-6226
FAX:03-5224-6227


■3月23日(金):第9回新月塾開催のご案内
          今回のテーマは、「今、流通業界でおきていること」
若手同窓の皆様へ

 大変遅くなりましたが、今月の新月塾のお知らせです。
 
日時:3月23日(金)19時〜21時です

場所:東京オフィス ランバスホール

今回の講師:三日月塾第4期生のイオン株式会社人
        事本部の人材活用プロジェクトチーム・
        リーダーの泊 健守さんです。

今回のテーマ:「今、流通業界で起きていること」
 ・流通業界全般の基礎的な知識、ここ数年の消費   
  市場・労働市場の変化と法的側面の変化
 ・それらを踏まえた流通企業の変化と今後の展望
   ・・・キーワードは「水平統合」と「垂直統合」・・・

身近なデパートや量販店、コンビニエンスの今後の動向について具体的で興味深いお話が聞けると思います。

参加費:1回あたり1000円
      初めての方は4000円(内3000円は支
      部年会費と致します)

ぜひ多数の皆様のご参加をお待ちしております。

お問い合わせ・申し込み先

関西学院同窓会東京支部
島脇 栄子
TEL03−5224−6226
Email kg.tokyo@nifty.com
 

■第2回 KG 水彩スケッチ会展のご案内(3月7日〜3月11日)
東京支部サークル「水彩スケッチ会」の展覧会が今年も開催されます。
ご来場お待ち致しております。
首都圏在住の関西学院同窓生とその家族の水彩スケッチサークルとして活動、お陰さまで昨年第1回展覧会を関西学院同窓会東京支部ロビー(パレスビル6F)で開催し、たくさんの皆様にご来場いただきました。

 今年はより多くの方にご覧頂ける様、パレスビル1階のギャラリーに会場を移しての開催でございます。

 NHK文化センター講師、水彩画家の五十嵐吉彦先生(経S38卒)のご指導で、鉛筆やペンの線を生かし、光と影で奥行きを表現する透明水彩画を展示致します。お気軽にお立ち寄り頂き、ご高覧戴ければ幸いです。

日 時:2007年3月7日(水)〜3月11日(日)
    11:00〜18:30(最終日11日は16:00迄)

会 場:ギャラリーパレス(千代田区丸の内1−1−1パレスビル 1F)
     東京メトロ、都営地下鉄「大手町」駅 C13b出口すぐ

出展者:
粟野泰子     稲田美栄子    植村隆     加茂養子
佐藤久美子    高根紀章     滝野文恵    多田明
長野保      中原麗子     中村節子    西村健
藤井初子     増池正博     横木信幸    渡邊千津子

賛助出品  五十嵐吉彦

■3月7日(水):3月三日月会例会開催のお知らせ日本の災害研究の第一人者の室崎益輝氏をお迎えし、『首都直下地震に備える』です。
3月の三日月会は、総務省消防庁消防大学校消防研究所所長の室崎益輝氏をお迎えいたします。室崎氏は、阪神大震災が起こったときに神戸大学工学部の教授であり、震災後はさまざまな被災地の調査や防災の研究を続けておられる、日本の災害研究の第一人者でございます。今回は、『首都直下地震に備える〜阪神・淡路大震災の教訓』と題してご講演いただきます。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   

日 時:2007年3月7日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 室崎益輝(むろさきよしてる)氏

1944年兵庫県に生まれ。1967年京都大学工学部建築学科卒業。1971年同大学大学院工学研究科博士課程中退。京都大学助手、神戸大学工学部助教授、同大学工学部教授を経て、1997年より同大学都市安全研究センター教授。同大学を退職後、2004年4月より独立行政法人消防研究所理事長、2006年4月より消防庁消防研究センター所長、現在に至る。専門は、都市および建築の防火・非難計画。この研究成果によって、日本建築学会賞、日本火災学会賞を受賞。これに加えて、大震災後において、都市復興計画や住宅再建計画さらに災害ボランティア論などについても研究活動を行い、この活動によって兵庫県知事および防災大臣より防災功労者表彰受賞。著書に『地域計画と防火』『ビル火災』『危険都市の証言』『建築防災・安全』など多数

タイトル:「首都直下地震に備える〜阪神・淡路大震災の教訓」        

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切3月2日(金)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
     
  東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227            E-Mail kg.tokyo@nifty.com             

■2月21日(水):第8回 新月塾 開催の御案内
          若手同窓の方の異業種交流・勉強会です
若手同窓の皆様へ

 2月の新月塾は、講師として佐々木 薫氏(平成元 文学部卒 三日月塾第五期卒塾生)をお迎えして、下記要領にて開催いたします。若手同窓の皆様どなたでもご参加できます。ぜひ振るってお申し込み下さい。

日 時:2007年2月21日(水) 19:00から21:00

参加費:1回当たり1000円  初めての方4000円(内3000円は支部年会費といたします。)

講 師:佐々木 薫 氏  ライオンブリッジジャパン株式会社
演 題: 「 グローバリゼーションとローカリゼーション:国境を越える企業と労働 」

概要
 21世紀に入り、特定産業にとどまることなく、幅広い業種で国際間競争の激化し、生き残りをかけたグローバル化が進んでいます。
その中で、グローバル企業、あるいは、グローバルな活動を目指す企業は、その強みを最大限に活かしつつ、ローカルの事情、需要にこたえていくという一見相反する目的に取り組んでいます。
「ローカリゼーション(翻訳を含むソフトウェア・情報の現地化をする作業・業界のこと)」という観点から、グローバル化と、現地化という課題について光を当てます。

参加希望の方は、氏名、卒年学部、連絡先をご記入の上メール、FAXにて21日午前中までに東京支部事務局までお申込み下さい。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
KG.Tokyo
関西学院同窓会 東京支部事務局

Tel 03-5224-6226
Fax 03-5224-6227
E-Mail kg.tokyo@nifty.com
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


■2月25日:関西学院グリークラブ アフタヌーンコンサートのお知らせ
       久しぶりのグリー現役だけの東京コンサートです
 現役のグリークラブのコンサートが東京で久しぶりに開催されます。
既にお聞き及びのことと存じますが、
昨年秋40数年ぶりに全国大会に出場、金賞を獲得いたしました。
どうぞ後輩の歌声をお楽しみ下さい。

日 時  2007年2月25日(日)13時30分開演 (開場13時)

場 所  赤坂区民ホール
        港区赤坂4−18−13

   施設地図 http://www.kissport.or.jp/sisetu/akasaka/index.html

入場料  1,000円(全席自由)

プログラム 日本民謡  ●指揮 宮本 聡

      SEA CHANTY ●指揮 広瀬 康夫

       永訣の歌  ●作詞 宮沢賢治 作曲 鈴木憲夫
             ●指揮 北島大助 ピアノ 藤井一彰

チケットご入用の方は、氏名、卒年学部、連絡先、必要枚数、チケット引き取り方法(送りまたは事務所に来所など)をご記入の上メール、FAXにて東京支部事務局までお申込み下さい。

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
KG.Tokyo
関西学院同窓会 東京支部事務局
 Tel 03-5224-6226
Fax 03-5224-6227
E-Mail kg.tokyo@nifty.com
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲


■三日月会2月度例会のご案内【2月6日(火)開催】
  新春第二段は、前の宮城県知事の浅野 史郎氏をお招きいたします。
  ご期待下さい
新春第二段として2月の三日月会は、前の宮城県知事浅野史郎氏をお迎えいたします。改革派知事として一歩先んじての積極的な情報公開は皆様よくご存知のことと思います。45歳の若さで知事に選ばれ、多選を避けて3期で勇退されました。

今回は、『地方から日本を変える』と題してご講演いただきます。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   



日 時:2007年2月6日(火)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:浅野 史郎 氏(前宮城県知事、慶應義塾大学総合政策学部教授)

1948年2月生まれ。仙台市出身。東大法学部卒業後厚生省入省。社会局老人福祉課長補佐、在米日本大使館一等書記官、年金局企画課長補佐を経て、1985年北海道庁福祉課長。ここで障害福祉の仕事に初めて出会う。1987年9月厚生省障害福祉課長。たくさんの仲間と出会い、「障害福祉の仕事はライフワーク」と思い込む。1993年11月厚生省生活衛生局企画課長で23年7ヶ月勤めた厚生省を退職し、宮城県知事選挙に出馬、当選(3期務めた)。2005年11月20日、任期終了にて知事職を勇退。知事職退任後は、慶応義塾大学総合政策学部教授、宮城県社会福祉協議会会長、東北大学客員教授、社団法人日本フィランソロピー協会会長を務める。在職中ジョギング知事と呼ばれた程、趣味はジョギング。
 
タイトル: 「地方から日本を変える」

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
{最終申込締切2月2日(金)}

 なお、出席される方のみ
  「2月6日三日月会出席・氏名・卒年・学部・連絡先」を記入の上下記Email  またはFAXでお申し込み頂きますようお願いします。

東京支部 TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
          E-Mail kg.tokyo@nifty.com           以上           

■若手同窓の皆様へ 第7回新月塾開催のご案内 (1月17日(水)午後7 時から)
本年最初の新月塾は、講師として岸本 直樹氏(平成2 経 卒 三日月塾第四期卒塾生)を迎えて、下記要領にて開催いたします。若手同窓の皆様にはぜひ振るってご参加ください。

日 時:  2007年1月17日(水) 19:00から21:00

参加費:  1回当たり1000円  初めての方4000円(内3000円は支部年会費といたします。)

講 師: 岸本 直樹 氏  アステラス製薬株式会社
演題: 「 製薬業界の再編成と医療制度改革 」

講演の概要
 急激な業界再編正が進む製薬業界。高齢者社会の到来の中で膨らむ社会保障費。
 膨大な赤字国債を抱えるわが国がカンフル剤の一つとして取り組んでいるのが医療制度改革。今ひとつ身近な問題とは感じられませんが、実は対岸の火事として見逃せる問題ではありません。製薬業界に身をおく岸本氏ならではの鋭い視点で問題の本質に迫ります。

お問い合わせ・お申し込み

 関西学院同窓会東京支部事務局 松本、島脇
 TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227
 Email kg.tokyo@nifty.com
 

■関西学院大学・東京工業大学によるフォーラムを1月19日(金)パレスビル 3階会議室で開催いたします
関西学院大学では、最短4年間で2つの学位を取得することができる「ジョイント・ディグリー制度」を2004年度から導入しています。これを受け、2005年度および2006年度と文部科学省「先導的大学改革推進委託事業」として、「メジャー・マイナー(主専攻・副専攻)、およびジョイントディグリー等に関する調査研究」を行っています。大学院段階では東京工業大学が同委託事業を行っており、このたび両校によるフォーラムを下記のとおり開催します。同フォーラムでは、現在進行している研究調査の内容についての発表等を行います。

■日時:2007年1月19日(金)11時〜
■場所:パレスビル3階 会議室(東京)
〒100‐0005 東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル3階

 当日は引き続き、日本経済新聞社主催の教育フォーラムも開催されます。

■第1部 午前11時〜午後1時30分
 学部段階における副専攻制とジョイント・ディグリー制度の現状と今後の課題(関西学院大学)
■第2部 午後2時〜午後4時30分
 大学院における副専攻とダブルディグリー制度の現状と今後の課題−質保証と実施・運用のためのガイドラインに向けて−(東京工業大学)

第1部、第2部については、一般の参加可、無料、申し込み不要。問い合わせは、関西学院大学教務部(0798-54-6105)もしくは関西学院大学東京オフィス(03-5222-5678)まで。

※第2部終了後、午後5時からは日本経済新聞社主催(東京工業大学・関西学院大学特別協賛)による「教育フォーラム」を開催。終了時間は午後7時30分の予定。この会への参加は、ハガキもしくはホームページ(http://www.nikkei.co.jp/adnet/ss/)より下記までお申し込みください。

〒100-8066
東京都千代田区大手町1−9−5日本経済新聞社広告局産業広告部「大学教育改革セミナー事務局」あて
TEL03-5355-2751(10:00〜17:00 土日除く) FAX03-5255-2752

■全日本大学女子選抜駅伝」で本学の寺田 恵(てらだ けい・商学部4年)選手は大活躍でした。応援有難うございました。
 1月8日(月・祝)12時スタートでつくばで開催されました「全日本大学女子選抜駅伝」(6区間30.67KM)に本学の寺田 恵(てらだ けい・商学部4年)選手が「関西学連選抜チーム」のメンバーとしてアンカーで登場。6位でたすきを受け順位を3位に上げる大活躍。ゴールテープを切りました。胸の三日月マークが光っていました。おめでとうございました。

■1月8日(月・祝)つくばで開催されます「全日本大学女子選抜駅伝」に本学の寺田 恵(てらだ けい・商学部4年)選手が出場予定です
1月8日(月・祝)12時スタートでつくばで開催されます「全日本大学女子選抜駅伝」(6区間30.67KM)に本学の寺田 恵(てらだ けい・商学部4年)選手が「関西学連選抜チーム」のメンバーで出場することになりました。

現在のところ最終の第6区(筑波大学病院〜筑波大学陸上競技場)に出場予定です。(最終エントリーが1月7日のため変更の可能性もあります)

なお、関西学連のメンバーには、京産大の選手など実力のあるメンバーがおり
上位が期待できるチームのようです。

テレビ放映は、当日11時50分から、地上波はテレビ東京(系列6局)、BSはBSジャパンにて生中継されます。

テレビの前でまたお近くにお住いの方は沿道までお出かけのうえ応援をよろしくお願いいたします。


■2007年1月24日(水)新春三日月会のご案内
  新春にふさわしい暦のお話、「旧暦は暮らしの羅針盤」講師に本学ご卒業の元クラボウ常務の小林 弦彦氏でございます
新年明けましておめでとうございます。

皆様には輝かしい新春をお迎えのことと存じます。
今年も多彩な講師の方々をお招きして三日月会を運営してまいりますので何卒よろしくお願い致します。

さて、2007年最初の三日月会は、1962年関西学院大学経済学部ご卒業の元倉敷紡績常務取締役小林 弦彦氏をお招きし、新春にふさわしい暦の
お話、「旧暦は暮らしの羅針盤」と題してご講演をいただきます。

新春なにかとお忙しいこととは存じますが、是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   



日 時:2007年1月24日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:小林 弦彦(こばやし つるひこ)氏

1938年大阪府生まれ。関西学院大学経済学部卒業。元倉敷紡績株式会社常務取締役。タイ国駐在中に旧暦と出会い、帰国後二十年以上にわたり繊維業界で旧暦活用の啓蒙活動を続けておられる。講演・執筆活動を通じ全国幅広く支持者も多い。 

タイトル :【旧暦は暮らしの羅針盤】

忘れ去られた「旧暦」に日本の気候を読む原点があります。明治改暦(1872年)以来日本に存在が許されない旧暦の再評価によって日本の気候も読めるし歴史や古典の理解度も向上いたします。旧暦の基礎知識を知れば精神的に生活が豊かになります。商売にも活用できます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。最終申込締切は、1月19日(金)。
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com

■第37回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会で関西学院高等部バスケットボール部は見事2回戦に進出しました。応援宜しくお願い致します。
 第37回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会で昨25日県立岐阜総合学園と対戦76対57で見事に快勝し、2回戦にこまを進めました。

 本日26日午後4時から九州の強豪延岡学園(宮崎)と対戦いたします。

 会場は東京体育館です。応援よろしくお願い致します。

 入場料は大人当日券1000円です。

東京体育館は都営地下鉄大江戸線「国立競技場」A4出口、
JR中央線(普通)・総武線「千駄ヶ谷」下車徒歩1分 です。


■第37回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会に関西学院高等部バスケットボール部が出場します。応援宜しくお願い致します。
 第37回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会に兵庫県代表として高等部バスケットボール部が出場いたします。

 一回戦は12月25日(月)午後5時30分より東京体育館で県立岐阜総合学園と対戦いたします。是非とも応援に駆けつけて下さいますようお願い致します。

東京体育館は都営地下鉄大江戸線「国立競技場」A4出口、
JR中央線(普通)・総武線「千駄ヶ谷」下車徒歩1分 です。

■東京オフィス並びに同窓会東京支部:年末年始休暇のお知らせ{12月23日(土)〜1月8日(祭)} 業務再開は1月9日(火)午前10時です。

 関西学院東京オフィス並びに同窓会東京支部の業務は、12月22日で終了し年末年始休暇に入り、事務所は閉鎖いたします。

 新年は1月9日(火)午前10時から業務を再開いたします。ご理解とご了承をお願い致します。

 休暇中にランバスホールのご利用を希望されます方は、22日(金)午前中までに事務局までご連絡下さい。 

 皆々様におかれましてはどうぞよいクリスマスと新年をお迎え下さい。


■2006年12月19日(火):「関東・関西10私大産学連携フォーラム」 『新産業創出と大学間連携』 開催のご案内
{開催間近!!}
 「関東・関西10私大産学連携フォーラム」を開催いたします。
 本学はじめ関西、関東10私大が、研究成果を広く産業界等に還元することを目的に開催するものです。例年「関東・関西8私大産学連携フォーラム」として開催していましたが、今年は慶應大学・早稲田大学も加わり、さらに充実したフォーラムになりました。皆様のご参加、お待ちしております。

日 時:2006年12月19日(火)12:30〜18:40
会 場:日本大学会館 2階大講堂 (JR市ヶ谷駅下車徒歩2分)
主 催:関西学院大学 等10私大
本学の出展内容:「能動的音楽鑑賞を実現する技術」
        理工学部情報科学科 教授 片寄 晴弘
備 考:講演、発表会、展示は無料
    交流懇親会(17:50〜18:40)のみ参加費2,000円
 
詳細は下記公式ホームページをご覧下さい。   

http://www.nubic.jp/01-shintyaku/2006/20061219.html

■市野元和(昭和53年社会学部卒、陶芸家、神戸芸術工科大学教授)作陶展のご案内
丹波焼俊英作家の市野元和さんの作陶展開催のご案内でございます。
市野元和さんは、昭和53年社会学部卒で多くの展覧会で受賞、入選をされており、神戸芸術工科大学の教授を勤められております。
今回そごう横浜店で2回目の個展を開催されます。
同窓の皆様には是非ともお出かけ下さい。

展覧会名:市野元和作陶展
期  間:2006年12月19日(火)〜25日(月)
     午前10時〜午後8時(最終日は午後4時閉場)
場  所:そごう横浜店 6階美術画廊

■12月17日午後2時:全国大学ラグビー選手権大会に関西学院大学ラグビー部が出場、東京秩父宮ラグビー場で早稲田大学と対戦します。皆様の応援を!!
 大学ラグビー部は名城大学に圧勝し、関西第5代表として第43回全国大学ラグビーフットボール選手権大会に駒を進めました。

 第一回戦は、12月17日(日)午後2時から東京秩父宮ラグビー場で
早稲田大学と対戦いたします。
 
 首都圏在住の皆様には是非秩父宮に応援よろしくお願い致します。
 
 東京秩父宮ラグビー場は、東京メトロ銀座線「外苑前」駅より徒歩5分です。

■12月17日(日):ファイターズが、甲子園ボウル(東西大学王座決定戦)に5年ぶりに出場します。 
関西学院大学アメリカンフットボール部・ファイターズは関西学生秋季リーグで全勝優勝し、12月17日(日)に行われる毎日甲子園ボウル(東西大学王座決定戦)に出場(5年ぶり44回目)する。
 対戦相手は、5年前と同じ法政大学トマホークス。トマホークスの甲子園ボウル出場は4年連続14回目。

 甲子園ボウルは学生日本一をかけた王座決定戦。現役学生だけでなく、多くの卒業生らも応援に駆けつけ、関学ファミリーが一つになって盛り上がるのが魅力。KGブルーに染まった観客席とフィールドの選手たちとが一体となる感覚はほかではなかなか味わえない。甲子園でファイターズを応援しよう!!

 12月17日(日)のキックオフは13時。チケットは一般・大学生自由席1800円(前売り1500円)。

チケットの販売については、
 ファイターズホームページ    
 http://www.kgfighters.com/information/ticket.htmlを参照ください。


■松原美稲氏 & 藤井祐士 作品紹介
松原美稲氏(1958経卒)の新作紹介


藤井祐士写真展 写真へ −冬の旅 北へ−


■12月16日(土)KGクリスマスパーティー2006に皆様のご参加こころよりお待ち致しております。
東京オフィス開設3周年記念
「風・光・力を校歌とともに感じよう」

恒例の「KGクリスマスパーティー2006」

 今年も楽しいKG東京のクリスマスパーティーの季節がやってまいりました。第一部では、2008年開校予定の初等部・初代部長(校長)磯貝暁成先生にご講演をお願いし、第二部のクリスマス礼拝では、関学初の女性院長に来春ご就任予定のグルーベル先生に司式をお願いしております。今年も、クリスマスソング、讃美歌を新月会グリーの皆様とご一緒に歌い、たくさんのクリスマスプレゼントを用意して、大いに盛り上がりたいと思います。ファミリー、お友達ご同伴も大歓迎です。
皆様のご参加心よりお待ちしています。

開催日:12月16日(土) 10時30分〜13時30分

    (受付時間)  10時から10時25分まで

       10時30分〜11時15分 講演 

「夢を育てる関西学院初等部  関学 タイム60 こころ、風、光、力」

       11時20分〜13時30分 クリスマス礼拝とパーティー

会 場:都市センターホテル 3階 「コスモスホール」

参加費:大 人 6,000円   
    同伴者(高校生以上) 4,000円                     小・中学生  3,000円
        幼稚園児以下 無料
       (但し、飲み物は販売コーナーを設け個人払いとします。)
            

参加手続き:詳細ならびに参加申込書を下記同窓会東京支部事務局まで
      ご請求下さい。    
      
      電話:03−5224−6226

      FAX :03−5224−6227

      E−Mail:kg.tokyo@nifty.com
     
以上

■関西学院大学産業研究所恒例の東京講演会のお知らせ
  2006年11月15日〜16日:今年のテーマは「地方財政制度の行方と破たん(再生)法制のあり方」です
 地方財政制度は、小泉内閣のなかで、市場主義の揺さぶりをうけた。また、協議制の移行、公募債の統一条件交渉の停止、夕張市の財政破たん、そして破たん(再生)法制と、2006年は地方債が激変した年であった。それらを受け、地方財政制度は今後どうあるべきか。また破たん(再生)法制はいかにあるべきかについて掘り下げます。

日程:2006年11月15日(水)〜16日(木)

会場:弘済会館4階会議室「萩」(東京都千代田区麹町5−1)



15日(水) 13:00〜16:00

講演と鼎談:「わが国内政の課題について」

講師:林 省吾 氏 (前総務事務次官、財団法人 地域創造理事長)

鼎談:林 省吾 氏

青山 彰久 氏 (読売新聞東京本社解説部次長)

小西 砂千夫 関西学院大学教授

 

16日(木)

10:00〜12:00     

講演: 「破たん(再生)法制整備の課題」

小西 砂千夫 関西学院大学教授

13:00〜16:00

パネルディスカッション:「今後の地方財政制度、破たん(再生)法制と自治体の財政運営」

パネリスト: 椎川  忍 氏 (総務省官房審議官(地方財政担当))

原  邦彰 氏 (和歌山県総務部長)

平木  省 氏 (浜松市財政部長)

コーディネーター:小西 砂千夫 関西学院大学教授

定員: 140人

お申し込みは、産業研究所ホームページ http//kgsaint.kwansei.ac.jp/sanken.html.で「産研主催行事」をクリックし、申込書によりよろしくお願い致します。
            

■11月22日:11月度三日月会のご案内
 「初めて見る棟方志功」と題して、お孫さんにあたられる石井 頼子氏  (棟方板画美術館学芸員)をお招きいたします。貴重な記録映画も同時上  映
 11月の三日月会は、「初めて見る棟方志功」と題して、お孫さんにあたられる石井 頼子氏(棟方板画美術館学芸員)をお招きし、これまで伝えられてきた棟方志功の、おそらく皆様のイメージとは異なる実像、そして本質をお伝えいただけることになっております。また同時に上映いたします「彫る−棟方志功の世界」は、1974年最晩年のほぼ一年をかけて密着取材した記録で志功の「板画観」を伺い知ることのできる貴重な映画です。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   



日 時:2006年11月22日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
     東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:石井 頼子(いしい よりこ)氏
 
1956年東京都に生まれる。お母様が棟方志功の長女。1979年慶応義塾大学文学部哲学科美学美術史学科卒業。財団法人棟方板画館に勤務。棟方板画美術館学芸員として作品の整理及び解説にあたる。2006年日本民藝館設立70周年記念「棟方志功展」監修。「棟方志功の絵手紙」共著。 

タイトル:「初めて見る棟方志功」

作品と同時にその人物像がはっきりと浮かんでくる作家は多くありません。棟方志功は数少ないその一人ではないでしょうか。でも皆様が抱かれているイメーシは‥。
同時上映「彫る−棟方志功の世界」(75年毎日映画社) ベルリン映画祭グランプリ。
本人が語る言葉が何より人々の心に響くことは間違いありません。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。最終申込締切は、11月17日(金)。
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
   東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227          E-Mail kg.tokyo@nifty.com

以上 

■10月16日:10月度三日月会のご案内
 石津 節正氏(1959年防衛大学校ご卒業)をお招きし、「日本の安全保障を考える」をテーマにお話を伺います。
10月の三日月会は、石津 節正氏(1959年防衛大学校(航空3期)卒)をお招きし、「日本の安全保障を考える」をテーマでお話を伺います。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   
敬具


 日 時:2006年10月16日(月)12:15〜13:30

 場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

 会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:石津 節正(いしづ さだまさ)氏

山口県出身。1959年防衛大学(航空3期)卒業。1962年防空ミサイル部隊創設のため米陸軍防空学校へ。1973年フランスへ留学(仏国防大学統合軍課程)。1986年第5高射群指令(沖縄)。1990年幹部候補生学校学校長兼奈良基地司令。1991年退官。1997年(財)ディフェンスリサーチセンター研究参与。 

タイトル :【日本の安全保障を考える】
 1.北朝鮮のミサイル問題。(問題点、脅威、攻撃への対処)
 2.安全保障を理解するための基礎知識。(これまでの国際関係と今後の国際関係の変化)
 3.これからの日本の安全保障について考える。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。最終申込締切は、10月11日(水)。
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
  東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com
  
                                           

■9月2日(土)“関西学院聖歌隊”が渋谷教会で2年ぶりにコンサート
  −合唱の楽しさ、讃美の美しさをフレッシュな歌声で−
 関西学院聖歌隊は、毎年、演奏旅行を各地区で行っておりますが、今年は関東・東北地方をまわります。2年ぶりに日本キリスト教団『渋谷教会』でコンサートを開きます。合唱の楽しさ、讃美の美しさを、フレッシュな歌声で存分に味わっていただきたく御案内いたします。是非、同窓の皆様お誘い合わせの上ご来場下さい。

日 時 2006年9月2日(土)午後3時30分開演(午後3時開場)

場 所 日本キリスト教団渋谷教会
     〒150-0002東京都渋谷区渋谷2−14−12
           渋谷クロスタワー(旧東邦生命ビル)となり
           TEL 03−3407−7018
プログラム    
・ガリラヤの風かおる丘で(讃美歌21)   編曲 曽山一夫
・去らせたまえ(讃美歌21)       編曲 Claude Goudimel  
 ・Almighty Maker God(スピリチュアルズ) 編曲 Alice Parker
 ・Roll Jordan Roll(スピリチュアルズ)  編曲 R.H.Gillum 
・みむね求める「Thuma Mina」       編曲 水野隆一
 ・Missa brevis in D KV194(ミサ曲)   作曲 W.A.Mozart 
 ・他
                 メッセージ:藤村和義 牧師

入場無料  ・恵まれない子供達へチャリティー募金があります。
以上

■9月14日:9月度三日月会例会のご案内
  内閣官房参与として北朝鮮拉致問題を担当されました中山恭子氏をお招きいたします
 9月の三日月会は、内閣官房参与として北朝鮮拉致問題を担当されました中山 恭子氏をお招き致します。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   

日  時 : 2006年9月14日(木)12:15〜13:30

場  所 : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
        千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
        東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会  費 : 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 中山 恭子(なかやま きょうこ)氏(早稲田大学大学院客員教授)

 1963年東京大学文学部仏文科卒業。66年旧大蔵省入省。89年理財局国有財産第二課長。91年四国財務局長、大臣官房審議官等を歴任。93年国際交流基金常務理事。99年ウズベキスタン特命全権大使。02年内閣官房参与。
05年早稲田大学大学院アジア太平洋研究科客員教授に就任。 

タイトル : 【中央アジア・北朝鮮そして日本】

 ウズベキスタン大使着任直後、隣国キルギスで発生した日本人技術者拉致事件では、イスラム武装集団側と粘り強い交渉をして無事解決に向け貢献されました。帰国後は、内閣官房として北朝鮮拉致問題を担当され、拉致被害者とその家族の救出活動でのご活躍ぶりは周知の事実です。これらのご体験を踏まえて、国際社会における日本の進路についてお話いただきます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。最終申込締切は、9月11日(月)。なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com          
                                    

■盛夏休暇のお知らせ{2006年8月12日(土)〜21日(月)}
8月12日(土)〜21日(月)まで盛夏休暇となります。
 
 同期間中は、東京オフィス業務、同窓会東京支部業務は休止させていただき事務所は閉じさせていただきます。休暇期間中のランバスホールのご利用は、11日(金)午後5時までに支部事務局(03−5224−6226)までお届けいただきました場合にのみ自主管理でご利用いただけます。
 
 業務再開は、8月22日午前10時となります。
 
 ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご了承をお願い致します。



■8月9日(水):三日月会開催のご案内
      寺田史郎氏(1982年理学部卒業)をお招きし、「日本の宇宙開発と利用の現状と動向について」お話を伺います。
8月の三日月会は、1982年本学理学部ご卒業の寺田 史郎氏をお招きいたします。
1982年4月三菱スペース・ソフトウェア株式会社に入社以来20年以上にわたり宇宙開発に携わってこられたお立場から、「日本の宇宙開発と利用の現在の状況と動向について」のテーマでお話いただきます。日本のロケット開発や宇宙ステーション計画など、各国の情報も含めて、私共普段聞くことができない興味深い内容でお話を伺います。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   



日 時:2006年8月9日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:寺田 史郎(てらだ しろう)氏
     三菱スペース・ソフトウェア株式会社つくば事業部営業部部長。
1982年関西学院大学理学部物理学科(今村研)卒業。同年4月三菱スペース・ソフトウェア株式会社入社。・米国ロケットの慣性誘導技術の国内導入、・H−儀織蹈吋奪抜契誘導システムの開発、・H−儀織蹈吋奪硲控,隆契誘導プログラムの開発、・H−況織蹈吋奪箸隆契誘導システム開発を支援、・宇宙ステーション関連業務を担当、・1993〜1998年NASDA(現JAXA―宇宙航空研究開発機構)へ出向(JEM開発担当)。 

タイトル:【日本の宇宙開発と利用について(現況概説)】

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。最終申込締切は、8月4日(金)。
なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com          
                                  以上

■・・・・・異業種交流がしたい、先輩・友人が東京に少ない、もっと勉強がしたい・・・
そんな貴方に【新 月 塾】は如何でしょうか?
・・・・・異業種交流がしたい、先輩・友人が東京に少ない、もっと勉強がしたい・・・
そんな貴方に【新 月 塾】は如何でしょうか?

 新月塾は、関西学院大学を卒業され首都圏にお住まいの若手同窓生のための「集い」です。

 この4月に新しく社会人になった皆さんも是非ご参加ください。

 関学の先輩が講師となって皆様に「これは知っておいたほうが良い」「自分にとって役立った」「後輩にはこれだけは知っておいて欲しい」お話をいたします。

◎参加方法:事前登録制・・・・下記申込先に氏名、年令、卒年・学部、在学時の所属クラブ、連絡先(会社名、所属部署、住所、電話・FAX番号、Emailアドレス)を書き込んでFAXまたはEmailでお送り下さい。

◎申込み方法:登録された方には開催日の前にメールでご案内し、申し込みを受け付けます。

◎開催日時:(原則)第3水曜日  19:00〜21:00 (軽食付)

◎開催場所:関西学院同窓会 東京支部 ランバスホール

◎会 費:登録料(入会金)3000円(第1回目ご参加のときにご準備ください)

◎参加費 1回当り1000円   
  
【年内の新月塾講師とテーマ】

第1回 7/19 森隆史 S61 社   私は何故起業したのか?
〜関西学院と震災とベンチャースピリット〜

第2回 8/23 橋本亮衛 H1経卒 キャリア・ディベロップメントとエンプロイアビリティ

第3回 9/20 田中磨子 S62商卒 女性が働き続けるために必要なこと

第4回 10/18 山崎啓右 S61社卒 次世代ワークスタイルのご紹介

第5回 11/15 増井克行 S63法卒 株を始める前にこれだけは、知っておこう 

第6回 12/20 岸本直樹 H 2経卒 製薬業界裏話 業界再編の影に

◎お友達とお誘い合わせの上是非いらして下さい。

◎お問い合わせ、お申し込み先
 関西学院 東京オフィス 新月塾事務局 (渡邊・山口)
〒100-0005 千代田区丸の内1-1-1 パレスビル6F
     TEL:03-5224-6226  FAX:03-5224-6227
     e-mail: aew33332@kgo.kwansei.ac.jp

■2006年度KG東京アウォード表彰者決定
第3回を迎えます関西学院同窓会東京支部の「KG東京アウォード」の受賞者が決定いたしました。

7月9日午後2時からパレスホテルローズルームで開催されます
「K.G.Tokyo フェスタ2006」の中で表彰式が執り行われます。
受賞者の紹介

・特別賞(K.G.Tokyo Mastery For Service Award)
   
村尾 信尚氏 関西学院大学学長直属教授(東京駐在)

 2003年10月関西学院大学教授として就任以来、関西学院の知名度認知度向上のためテレビ新聞雑誌等多彩なメディアで活躍中であり、加えて同窓会東京支部の諸活動に積極的に協力いただいている。同窓生ではありませんが、これまでの貢献に対し特別賞を授与する。

・大 賞(K.G.Tokyo Mastery For Service Award)

高原 利雄氏 ユニ・チャーム ペットケア株式会社代表取締役会長、ペットフード工業会会長、関西学院同窓会東京支部監査役(昭和37年商学部卒)

 高齢化社会のペットブームに応えるペットフード工業会会長として業界の発展にご尽力中である。1999年東京支部の常設事務所を設置するにあたり、それまでの手計算から月次決算も可能な会計システムの導入に多大の尽力。その後東京支部監査役として財務基盤の充実に貢献していただいている。

・奨励賞(K.G.Tokyo Crescent Award)

松本 克巳氏 日本フィルハーモニー交響楽団第一ヴァイオリン奏者(昭和52年理学部卒)

 1977年理学部卒業後高校の生物教師を経て1980年日本フィルハーモニー交響楽団に入団。第一ヴァイオリン奏者として活躍中。東京でリサイタルも精力的に開催。阪神淡路大震災あるいは中越地震など被災者に対する演奏活動など。東京支部の総会、マスタリークラブなどにもヴァイオリン演奏などで積極的に協力してもらっている。

■7月19日(水)三日月会7月度例会のご案内  「笑いは百薬の長」
 医療ジャーナリストの松井壽一氏をお招きし、笑いがもたらす効用と人間の健康と幸福についてユーモア一杯に楽しくお話いただきます。
7月の三日月会は、医療ジャーナリストの松井 壽一氏をお招きいたします。笑いが私達にもたらす効用と人間の健康と幸福についてユーモア一杯、楽しくお話いただきます。笑いで夏の疲れも吹っ飛ぶことでしょう。是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   



日 時:2006年7月19日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー : 松 井  壽 一(まつい じゅいち)氏

 1936年東京生まれ。早稲田大学卒業。衞業時報社で記者として活躍。編集局長、取締役を歴任。1989年退社。1990年株式会社イナホを設立、代表取締役に就任。「日本医学ジャーナリスト協会」副会長。松竹映画『男はつらいよ』寅さんファンクラブ会長。著書に「薬の文化誌」「薬の社会誌」(丸善ライブラリー)、「笑いも百薬の長」(薬事日報社)「がんを友に生きる」(元就出版社)など。CD:NHKラジオ深夜便「笑いは百薬の長」

タイトル  : 【 笑いは百薬の長 】

「笑う門には福来たる」と言います。「一怒一老、一笑一若」という言葉もあります。最近では、笑うことによって人間の免疫機能が活性化するという医学的データも次々と発表されています。「笑いは百薬の長」なのです。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。最終申込締切は、7月14日(金)。

なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
            E-Mail kg.tokyo@nifty.com         以上  

■7月9日(日):“K.G.Tokyo フェスタ2006”のご案内
  森下洋一氏新同窓会長として首都圏初登場、二宮清純氏の講演、松本克巳氏のヴァイオリン演奏など多彩なプログラム
今年も東京支部の一大イベントであります“K.G.Tokyo フェスタ2006”開催の季節がやってまいりました。
 東京支部の一年の活動の総決算として、多くの同窓の皆様にフェスタを大いに楽しんでいただき、交流を深めていただけるようにと、昭和41年卒の学年幹事の皆様が実行委員となり、多彩なプログラムを準備いたしました。
 是非とも皆様お誘いあわせの上、多数のご来場をお待ち致しております。



開催日  2006年7月9日(日)

会 場  パレスホテル2階「ローズルーム」
(千代田区丸の内1−1−1)

受付開始 午後1時30分

フェスタ 午後2時〜午後5時30分

第一部:東京支部活動報告、KG東京アウォード表彰式
    (受賞者は近日中に本東京支部ホームページで発表します)
 
第二部:講演ならびにヴァイオリン演奏

『勝者の思考法』
 
二宮 清純氏(スポーツジャーナリスト)
(テレビ、新聞、雑誌などでお馴染み、多彩なメディアで活躍中。 サッカーW杯、メジャーリーグ、オリンピックなど国内外で幅広い取材活動を展開)

『ヴァイオリン演奏』

松本 克巳氏
    (1977年関西学院大学理学部卒業。日本フィルハーモニー交響楽団第一ヴァイオリン奏者)

第三部:深めよう友情交流会

◎沿線別、学年別など多くの同窓の皆様と交流を深めて下さい。

二次会も準備しています:飲み足りない人、話し足りない人は、東京オフィス・ランバスホールに集合

会 費  男性会員 8千円 女性会員 6千円 家族 6千円     

お申し込み、お問い合わせ:
  関西学院同窓会東京支部
      Eメール:kg.tokyo@nifty.com
      FAX:03-5224-6227
   電 話:03-5224-6226
  郵 送:〒100-0005千代田区丸の内1-1-1パレスビル6階
以上

■6月14日(水):三日月会6月度例会のご案内
  イスラム研究の第一人者であります「片倉もとこ」氏をお招きいたします。

 6月の三日月会は、わが国でのイスラム研究の第一人者であります片倉もとこ氏をお招きいたします。私達日本人にとって、西洋キリストの世界は親しみと理解があるものの、中近東イスラムの世界は決して近い存在ではありません。
そこで、アラビア語を自由に操り、アラブの遊牧民と寝食を共にしてアラブの素顔を追い求められている片倉氏の、いわば“アラブの原像”に触れる、私達がいまだ学んでいない世界についてお話をしていただくことにいたしました。
是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申し上げます。   



日 時:2005年6月14日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:片倉 もとこ氏(国際日本文化研究センター所長)
       津田塾大学卒業。中央大学大学院文学研究科修士課程終了。
東京大学理学博士。津田塾大学教授、東京大学講師、
総合研究大学院大学教授他歴任。現在日本文化研究センター所長。
「イスラーム世界」(岩波書店)、「イスラーム世界事典」(明石書店)など著書多数。 

タイトル:「日本人はなぜイスラムがわからないのか」
 
*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
{最終申込締切6月12日(月)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
  東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
          E-Mail kg.tokyo@nifty.com 


■関学若手同窓会 IN Tokyo(2006年春・新入同窓生ウェルカムパーティ)開催のご案内 〜東京で輪を広げませんか〜

 
関学若手同窓会 IN Tokyo(2006年春・新入同窓生ウェルカムパーティ)開催のご案内 〜東京で輪を広げませんか〜

 2006年春から東京で働き始めた新同窓生の皆様を歓迎するパーティを開催します。
   
 期待と不安をいだいて上京する新しい社会人になった新卒業生の皆様、
名刺交換を通じて、先輩OB・OG、また横のネットワークを構築されてはいかがでしょうか。また、東京での生活などについて、情報交換に活用できると思います。
 
 若手OB・OGの皆様には、是非、ゼミ・クラブ・勤務先の同じまわりの関学OB・OGの同期、先輩、後輩にも是非お声掛け下さい。

 同窓生ならばどなたでもご参加大歓迎です。お申し込みお待ち致しております。
 
 土曜の午後のひと時、若いエネルギーでランバスホールを一杯にして下さい。


○日時 2006年6月10日(土)14:00〜17:00頃(軽食を準備します)

○会場 関西学院東京オフィス・同窓会東京支部ランバスホール
        (千代田区丸の内1−1−1パレスビル6F)
        http://www.kwansei.ac.jp/top/tokyo_office_map.html
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

○主催 ウェルカムパーティ実行委員会&関西学院同窓会東京支部

○会費 今年3月卒業の方  無料ご招待
    上記新卒以外の方  1、000円

○お申込みとお問い合わせ

 ★お名前・卒年・卒業学部・現在の所属・連絡先(TEL・Emailアドレス)を  記載の上、関学同窓会東京支部事務局 松本まで
        Email:kg.tokyo@nifty.com
        FAX:03−5224−6227
        TEL:03−5224−6226まで
以上

■5月28日(日):ヨコハマスタジアムに関西学院大学ファイターズが
          登場します。
第20回を迎えますヨコハマボウルに関西学院ファイターズが登場いたします。
対戦相手は、法政大学トマホークスです。
是非ともヨコハマスタジアムに皆様の応援よろしくお願い致します。

日 時: 5月28日(日)午後2時
      第二試合◎東西招待対抗戦

      関西学院大学ファイターズ 対 法政大学トマホークス
     (05関西学生リーグ準優勝)  (05学生チャンピオン)

場 所: ヨコハマスタジアム

入場料: 前売 1、200円(当日1,500円)

前売入場券は同窓会東京支部事務局でも取り扱っております。
また、事前に事務局にお申込みいただきますと、当日スタジアム入口関学受付にて前売料金でお引き取りいただけます。

 なお第一試合午前11時より松下電工インパルス 対 早稲田大学ビッグベアーズからもご覧いただけますがその際は、関学受付が出来ておりませんので、必ず前売券は事前にお買い求めになってご来場下さい。

 第三試合17時よりの日本大学フェニックス 対 アサヒビールシルバースターもご覧いただけます。

お問い合わせ先:関西学院同窓会東京支部事務局
        TEL 03−5224−6226
        FAX 03−5224−6227
        Email  kg.tokyo@nifty.com
          以上

■5月29日(月)開催:三日月会5月例会のご案内
 半世紀にわたってニッカウヰスキーとともに歩んでこられた竹鶴 威氏(取締役相談役)をお招きし、本物のウイスキーつくりの「ウイスキー浪漫」を
5月の三日月会は、半世紀にわたってニッカウヰスキーとともに歩んでこられた竹鶴 威氏(取締役相談役)をお招きいたします。
日本に初めて本格的ウイスキーづくりを伝え、「日本のウイスキーの父」と称された父上のニッカウヰスキー創業者竹鶴政孝氏の跡を継がれ、本物のウイスキーつくりに溢れんばかりの情熱を注がれてまいりました。
そのウイスキー浪漫の半生を語っていただきます。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   

日 時 : 2006年5月29日(月)12:15〜13:30

場 所 : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費 : 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:竹 鶴  威(たけつる たけし)氏
      1924年広島県福山市生まれ。1949年北海道大学工学部卒業。1949年ニッカの前身、大日本果汁に入社。1964年北海道工場長に就任。以来製造畑を中心に一貫して経営の中枢を担ってこられた。1985年代表取締役社長、1994年代表取締役会長。1999年から取締役相談役。

タイトル: 【ウイスキー浪漫】
“日本で本物のウイスキーをつくりたい‥‥本物だけが時代を超える”
〜世界最高得点獲得までの道のり〜

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
 {最終申込締切5月24日(水)}

関西学院同窓会東京支部
  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
   E-Mail kg.tokyo@nifty.com          
以上

■4月度三日月会のご案内
春爛漫の京都から、日本を代表する京菓子司「亀屋末富」三代目で社長の山口富蔵氏(1960年経済卒)をお招きし、「京菓子のこころ、楽しみ」を存分にお伝えいただきます。
4月の三日月会は、3月に続きまして春爛漫の京都から、日本を代表する京菓子司「亀屋末富」三代目で社長の山口富蔵氏(1960年経済卒)をお招きいたします。千年の都を舞台として育まれてきた「京菓子」は、食べ物を超越した「知」を楽しみ、身も心も豊かになる日本文化のエッセンス、「京菓子のこころ、楽しみ」を存分にお伝えいただきます。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   



日 時:2006年4月18日(火)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:山 口 富 蔵(やまぐちとみぞう)氏
     1937年生まれ。1960年関西学院大学経済学部卒業。1970年春より「亀屋末富」(明治26年創業)三代目を継承。株式会社「末富」社長。同志社女子大学、精華大学、大谷大学、裏千家学園などで講師を勤める。NHKテレビ「今日の料理」「生活ほっとモーニング」のほか、テレビ、新聞、雑誌などで京菓子の紹介に努め、クラッシク音楽をテーマに創作菓子など発表。著書に「京・末富 菓子ごよみ」、「京菓子読本」など多数。

タイトル:「京菓子の楽しみ」

    和菓子と聞けば身近な美味しいもの、「きれい」な食べ物と思うのが常です。しかしながら「和菓子=京菓子」は食べ物を超越した「知」を楽しみ、身も、心も豊かになる日本文化のエッセンスであることをお伝えしたいのです。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
 {最終申込締切4月13日(木)}
 なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
   東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227             E-Mail kg.tokyo@nifty.com 

■東京オフィス駐在村尾信尚教授ご講演のご案内
1.3月26日(日)15:30〜17:00

  「社会は変わる。もしあなたが望むなら」
   春の生涯学習ウィーク2006IN新宿での特別公開講座
   
   会 場:新宿アイランドウィング 15階
   
   主 催:サンケイリビング新聞社

   受講料:500円

   参加お申し込み:03−5200−0899
           【平日10:00〜17:30】

2.4月17日(月)19:00〜20:30

  「官から民への大政奉還」
   JTBカルチャーサロン新宿教室開設記念特別講座

   受講料:3150円

   お申し込み・お問い合わせ:03−5324−7557

   【ご受講にはカルチャーサロンへの入会年会費が必要です】

■明日15日朝、NHK「おはよう日本」で東京オフィスから生中継。
 (午前7時10分から30分の間で2分程度紹介) 
東京オフィスでの在校生に対する就職支援活動(早朝開室など)が、
NHK朝の「おはよう日本」で取り上げられます。
東京オフィスからの生中継です。
皆様お見落としのないようにどうぞご覧下さい。
 
日 時 3月15日(水)午前7時10分から7時30分の間で2分程度紹介される予定になっております。

番組名 「おはよう日本」

放映TV局 NHK総合テレビ(1Ch)
                                  以上  



■「関西学院大学丸の内講座」2006年上期も東京オフィスで開講いたします。
 ただ今、好評受付中です。受講料の同窓生割引特典もございます。 
 ビジネスの真ん中で即戦力を身に付ける「関西学院大学丸の内講座」の2006年上期の講座内容が決まりました。ただ今、好評募集中です。是非とも多数の皆様のご受講をお待ち致しております。
定員を超えた場合は、お断りする場合もございます。ご了承ください。

■エグゼクティブコース □テーマ「メディアの明日を考える」
時 間… 18:30〜20:30
受講料…30,000円(同窓生割引24,000円)
定 員… 50名
会 場… パレスビル3階 会議室(東京都千代田区丸の内1-1-1)

日程と講師:(各回とも18:30〜20:30)
4月20日(木)猪瀬 直樹 氏
5月18日(木)ばば こういち 氏
6月15日(木)山脇 岳志 氏
7月20日(木)川戸 惠子 氏
8月24日(木)藤田 太寅 氏
9月21日(木)近藤 大博 氏

■マネジメントコース■

マネジメントプロフェッショナル(経営・管理者)養成講座」(全6回)
講師… 松田太一氏(株式会社アスク 代表取締役)
日 時… 4/11,4/25,5/9,5/23,6/6,6/20 各回19:00〜21:00
受講料…24,000円(同窓生割引18,000円)
定 員… 25名
会 場… 関西学院東京オフィス(パレスビル6階)

ネットワーク時代の消費者とマーケティング戦略講座(全6回)
講師:株式会社日本マーケティング研究所 川島隆志 氏
時 間… 4/13,4/27,5/11,5/25,6/8,6/22 各回19:00〜21:00
受講料… 24,000円(同窓生割引18,000円)
定 員… 25名
会 場… 関西学院東京オフィス(パレスビル6階)

事例で学ぶ組織営業力強化(営業を科学する)(全2回、土曜集中コース)
講師:Business Innovation Consulting チーフビジネスアーキテクト 登坂一博 氏
時 間… 7/22,7/29 各回10:30〜16:30
受講料… 24,000円(同窓生割引18,000円)
定 員… 25名
会 場… 関西学院東京オフィス(パレスビル6階)

事例で学ぶ経営分析(問題の本質をさぐる)(全2回、土曜集中コース)
講師… 松田太一氏(株式会社アスク 代表取締役)
時 間… 9/2,9/9 各回10:30〜16:30
受講料… 24,000円(同窓生割引18,000円)
定 員… 25名
会 場… 関西学院東京オフィス(パレスビル6階)


お問い合わせ、資料請求は下記関西学院東京オフィスへ

関西学院大学ホームページ「丸の内講座のご案内」でも詳細ご覧いただけます。

http://www.kwansei.ac.jp/information/marunouchi.html

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
KG.Tokyo
関西学院東京オフィス
〒100-0005東京都千代田区丸の内1-1-1パレスビル6階
Tel 03-5222-5678
Fax 03-5222-7033
E-Mail kg.tokyo@nifty.com
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲


■三日月会3月度例会のご案内 京都から本学卒業の冷泉家25代当主、冷泉為人氏をお迎えいたします。720年の伝統ある冷泉家の歴史と文化について語っていただきます。
3月の三日月会は、京都から冷泉家25代当主、冷泉為人氏(関西学院大学大学院文学研究科博士課程修了)をお招きいたします。冷泉家は、鎌倉時代から720年伝統を守り続けてきている「和歌の家」であります。和歌の心を伝える歴史と文化についてスライドもまじえて興味深いお話を伺います。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   



日 時:2006年3月17日(金)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
    千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
    東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

講 師:冷泉 為人(れいぜいためひと)氏(冷泉家時雨亭文庫理事長)
      昭和19年兵庫県生れ。昭和43年関西学院大学文学部美学科卒業。関西学院大学大学院文学研究科博士課程修了。同志社女子大学客員教授、立命館大学COE客員教授。前池坊短期大学学長。日本美術史・近世絵画史専攻。著書に「日本屏風絵集成第八巻花鳥画」、「五節供の楽しみ」など多数

タイトル:「冷泉家の歴史と文化」

 冷泉家は、鎌倉時代の弘安の頃(1280年)為相が冷泉家を名乗った時からはじまり、今日まで25代、約720年続く「和歌の家」である。その前にも長家からはじまる「和歌の家、御子左家」280年の長い前史と合わせるとほぼ1千年続く和歌の家としてその伝統を守り続けている。
国宝5点を含む千点を超える貴重な国の文化財を所蔵している。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切3月14日(火)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

   東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227           E-Mail kg.tokyo@nifty.com
                                以上

■第一回KG水彩スケッチ会展 いよいよ来週23日から東京支部ロビーで始まります。27日まで土、日も開いています。お気軽にお立ち寄り下さい。
第一回KG水彩スケッチ会展開催のお知らせ
  KG東京サークル「水彩・淡彩スケッチ会」が初めて展覧会を開催いたします。 

 関西学院同窓会東京支部に水彩スケッチ会が誕生して、4年6ヶ月、NHK文化センター講師、水彩画家の五十嵐吉彦先生(経S38卒)のご指導で、鉛筆やペンの線を生かし、光と影で奥行きを表現する透明水彩画を展示致します。お気軽にお立ちより頂き、ご高覧戴ければ幸いです。

日程:2006年2月23日(木)〜2月27日(月)
   10:00〜18:00(27日は14:30まで)
     (土、日も臨時開館しております)
 
会場:関西学院同窓会東京支部ロビー
    
    千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
    東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

出品者:
 足立靖代(文S38卒) 五十嵐洋子(家族) 稲田美栄子(文S44卒)
 植村 隆(経S39卒) 加茂養子(文S34卒) 関 和子(文S42卒)
 高根紀章(経S37卒) 中原麗子(文S38卒) 中村節子(家族)
 西村 健(経S38卒) 西山禎一(商S36卒) 藤井初子(社S49卒)
増池正博(法S40卒) 山村 亘(経S31卒) 山村敦子(家族) 
横木信幸(経S40卒)
 
賛助出品  五十嵐吉彦(経S38卒)

以上


■三日月会2月度例会のご案内
 本学卒業の経済分析の第一人者であります佐治信行氏をお招きしまして「今年から来年の日本景気の見通し」にきり込んでいただきます。
2月の三日月会は、1年半ぶりの登場でございます、本学卒業の経済分析の第一人者であります佐治信行氏をお招きしまして「今年から来年の日本景気の見通し」にきり込んでいただきます。
是非とも多数の皆様のご出席を賜わりますようご案内申しあげます。   



日時:2006年2月21日(火)12:15〜13:30

場所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
     東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:佐治 信行氏(みずほ証券株式会社チーフエコノミスト)

     昭和33年愛知県生れ。昭和57年関西学院大学法学部卒業。
日興證券入社。平成11年より現職。日経金融新聞人気ランキング・エコノミスト部門7年連続首位で経済分析の第一人者であります。 

タイトル:「今年、来年の日本景気の見通し」
    ポイント:‘本経済は2006年から新たな拡張局面に移行する
         ∈2鵑侶糞こ板イ和膩燭鉾展する可能性が高い
         少子高齢化は日本経済に皮肉な発展メカニズムを作動させる

 民間エコノミストの間では、団塊世代の退職で08年以降は成長率が鈍るとの見方が多い。佐治氏はその通念に異を唱える。

* 人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切2月17日(金)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
         E-Mail kg.tokyo@nifty.com

■村尾教授(東京オフィス駐在)が1月21日(土)午後7時30分から
NHKテレビに出演予定です。(ご案内)
 村尾教授がNHKに登場です。皆様どうぞご覧下さい。

日 時 1月21日(土)午後7時30分〜午後10時30分

番組名 日本のこれから 第5弾

    「本当に増税しかないのか」

     “予定調和なし”“NHKらしくない討論”として話題を呼んで
     いる「日本の、これから」第5弾です。

     有識者ゲスト

      谷垣 禎一 財務大臣
      村尾 信尚 関学大教授
      山口 二郎 北大大学院教授
      荻原 博子 経済ジャーナリスト
      室井 佑月 作家

放映TV局 NHK総合テレビ(1Ch)
                           以上  



■第一回KG水彩スケッチ会展開催のお知らせ
  KG東京サークル「水彩・淡彩スケッチ会」が初めて展覧会を開催いたします。 
 関西学院同窓会東京支部に水彩スケッチ会が誕生して、4年6ヶ月、NHK文化センター講師、水彩画家の五十嵐吉彦先生(経S38卒)のご指導で、鉛筆やペンの線を生かし、光と影で奥行きを表現する透明水彩画を展示致します。お気軽にお立ちより頂き、ご高覧戴ければ幸いです。

日程:2006年2月23日(木)〜2月27日(月)
   10:00〜18:00(27日は14:30まで)
     (土、日も臨時開館しております)
 
会場:関西学院同窓会東京支部ロビー
    
    千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
    東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

出品者:
 足立靖代(文S38卒) 五十嵐洋子(家族) 稲田美栄子(文S44卒)
 植村 隆(経S39卒) 加茂養子(文S34卒) 関 和子(文S42卒)
 高根紀章(経S37卒) 中原麗子(文S38卒) 中村節子(家族)
 西村 健(経S38卒) 西山禎一(商S36卒) 藤井初子(社S49卒)
増池正博(法S40卒) 山村 亘(経S31卒) 山村敦子(家族) 
横木信幸(経S40卒)
 
賛助出品  五十嵐吉彦(経S38卒)

以上


■1月度三日月会のご案内
  本学の野田正彰教授(学長直属)をお招きいたします。今回は、最近の犯罪の若年化の背後にある青少年の対人関係の変化について、するどく考察
 本年も多彩な講師の方々をお招きして三日月会を運営してまいりますので何卒よろしくお願い致します。

 さて、1月度の三日月会は、本学の野田正彰教授(学長直属)をお招きいたします。ご専攻は「比較文化精神医学」で、精神科医、評論家、ノンフィクション作家でもあります。

 今回は、最近の犯罪の若年化の背後にある青少年の対人関係の変化について、するどく考察していただくことになっております。

 是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。                            


日 時:2006年1月27日(金)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 野田 正彰(のだ まさあき)関西学院大学教授

1944年高知県生まれ。北海道大学医学部卒業。長浜赤十字病院精神科部長、神戸市外国語大学教授などを経て、2004年より本学学長直属教授に就任。著書に「コンピュータ新人類の研究」(大宅壮一ノンフィクション賞)など多数。 

タイトル: 「青少年と犯罪」

●教養態度の誤りから生じる一人っ子の特異性
(一人っ子の親の教養態度の基本的なもの――過教育)
●教育的要素の欠如から生じる一人っ子の特性
 (教育的要素――「きょうだい」の欠如によって起こる特質)

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切1月24日(火)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
            E-Mail kg.tokyo@nifty.com
以上

■関西学院大学サッカー部インカレ決勝トーナメントに進出
 新春1月6日多摩市立陸上競技場で順天堂大学と対戦します
 関西学院大学サッカー部はベスト8でインカレ決勝トーナメント準々決勝に進出しました。

 新春1月6日(金)13時20分から多摩市立陸上競技場で順天堂大学と対戦いたします。

 同窓の皆様の熱い応援をよろしくお願い致します。

 多摩市立陸上競技場の地図、行き方のホームページは以下のとおりです。

 http://homepage2.nifty.com/stripe-blue/studium/tamainfo.html

 最寄りの駅は京王相模原線の「京王永山駅」と、小田急多摩線の「小田急永山駅」が最寄り駅です。
 永山駅から京王バス4番乗り場から永12系統か桜22系統、「諏訪4丁目行き」で終点下車になります。

■東京オフィス並びに同窓会東京支部冬季休暇のお知らせ{12月23日(祭)〜1月5日(木)} 業務再開は1月6日(金)午前10時です。
 関西学院東京オフィス並びに同窓会東京支部の業務は12月22日で終了し冬季休暇に入り事務所は閉鎖いたします。
 新年は1月6日(金)午前10時から業務を再開いたします。ご理解とご了承をお願い致します。
 厳しい寒さが続きますが、皆々様におかれましてはどうぞよいクリスマスと新年をお迎え下さい。

■12月4日:NHK総合サンデースポーツ(22:35〜23:34)でファイターズの特集が放送されます。皆様ご覧下さい。
アメリカンフットボール部ファイターズ(以降ファイターズ)の特集が、12月4日(日)NHK総合(22:35〜23:34)「サンデースポーツ」内の「インサイド」というコーナーで放送されます。

 同コーナーは、アスリートや勝負の舞台裏に迫る特集が組まれており、この日の放送では、今季ファイターズが覇権を争った戦いの舞台裏にあるコーチ・スタッフの奮闘やミーティング・合宿などで作戦を練り上げてきた選手達の思いがドキュメンタリーで描かれている。

 ファイターズは、11月27日にあった「関西学生アメリカンフットボールリーグ」の最終戦で前年度覇者立命館大学と対戦、15−17で惜敗し甲子園ボウル出場を逃した。前半から先制され苦しい展開も、後半残り17秒で2点差に迫るタッチダウンを奪う粘りをみせたが、同点を狙った2点トライに失敗、2005年シーズンに幕を下ろした。

※皆さん応援ありがとうございました!

□放送日:12月4日(日)22:35〜23:34
□番組名:NHK総合「サンデースポーツ」内のコーナー「インサイド」

■KGクリスマスパーティー2005のご案内
  今年も年末恒例のクリスマスパーティーの季節がやってまいりました。皆様のご参加お待ち致しております。
今年のクリスマスパーティーもうお申込になりましたか。

 小池百合子環境大臣をお迎えし、「環境」をテーマにご講演いただくことになっております。
 また例年どおり、舟木譲院長補佐・経済学部宗教主事を上ヶ原よりお迎えしクリスマス礼拝をまた今年は「メサイア」の合唱もお楽しみいただけます。お食事、クリスマスソング、賛美歌を皆様とご一緒に歌いましょう。クリスマスプレゼントもたくさん用意する予定です。楽しいひとときをお過ごしいただけるかと思います。
 ファミリーも大歓迎です。皆様のご参加をお待ちしています。

開催日  12月17日(土曜日) 午前10時30分〜午後1時30分
       (受付時間)  午前10時から10時25分まで
       10時30分〜11時15分 講演 小池百合子環境大臣
       11時30分〜13時30分 クリスマスパーティー

会 場  都市センターホテル 3階 「コスモスホール」
      東京都千代田区平河町2−4−1
      最寄り駅は地下鉄麹町駅、永田町駅、赤坂見附駅です


参加費  本人          6,000円
     同伴家族(高校生以上) 4,000円
          小・中学生  3,000円
    幼稚園児以下   無料
     (但し、飲み物は販売コーナーを設け個人払いとします。)  

参加手続き 下記東京支部事務局までお問い合わせください。
      TEL:03−5224−6226
      FAX:03−5224−6227
      E−Mail:kg.tokyo@nifty.com

参加申込み期限 11月28日(月)


  食事はバイキング形式ですが、テーブルに着席して召し上がれます。
 出来るだけ多くの顔見知りの仲間に出会えるよう、卒業年度別テーブルを設けます。
 また、各クラブ、同好会、勤務先、同窓会東京支部サークルごとのテーブルもご用意できますのでお申し出下さい。親しい同窓の友人にも声を掛け合ってご参加下さい。 

■三日月会11月度例会ご案内(但し12月5日に開催)
 音楽評論の分野で第一人者の三善清達先生をお迎えし、「オペラの楽しみ」です。
 11月度の三日月会は、都合により月が替わっての開催となりますが、音楽評論の分野での第一人者の三善清達先生をお迎えし、「オペラの楽しみ」と題してご講演いただくことになりました。年末お忙しい時期でございますが、しばしオペラ音楽のお話と映像で一息入れていただければと存じます。是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。                            
日 時: 2005年12月5日(月)12:15〜13:30

場 所: 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費: 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 三善 清達(みよし きよたつ)氏(音楽評論家)
         前東京音楽大学学長 

タイトル: 「オペラの楽しみ」
 
 永らく東京音楽大学学長として多くの若き音楽家を育て、また音楽評論の分野(特に声楽、オペラ)でもわが国の第一人者として活躍しておられます。新しくオペラを楽しみたい人、オペラ通を自認する人どなた様にでも十分お楽しみいただけるお話を映像もまじえてしていただきます。ご期待下さい。
 
*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切12月1日(木)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
  東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
         E-Mail kg.tokyo@nifty.com


■2005年関学若手OB・OG ウェルカムパーティ開催のご案内
(首都圏在住若手同窓生全員集合:2005年3月卒業新入同窓生は無料ご招待)
 2004年2月に関西学院東京オフィスで開催された第1回若手名刺交換会は約110名の方に、2004年5月に開催された新人社会人ウェルカムパーティも約90名の方に参加して頂きました!
 今年のウェルカムパーティは、同窓会東京支部のお力をお借りしながら、さらにイベントを加え、盛り上げたいと思いますので是非ご参加下さい! 
 2005年3月卒業の新入同窓生は、会費は無料でご招待です。
 新人の把握は充分ではありません。会社、クラブ、ゼミなど周囲の関学OB・OGの同期、先輩、後輩にもお声掛けのうえ、ご参加ください!

■ 日時:2005年11月20日(日) 14:00PM〜17:00PM

■ 場所:関西学院東京オフィス・同窓会東京支部ランバスホール
     (千代田区丸の内1−1−1パレスビル6F)
      http://www.kwansei.ac.jp/top/tokyo_office_map.html

■ 主催:同窓会東京支部 若手世話役

■ 後援:関西学院東京オフィス、関西学院大学総合政策学部

■ 内容:業種、職種別意見交換会(仮)、同窓会、名刺交換 などなど

■ 会費:1,000円 (当日軽食、ソフトドリンクを準備致します)
    2005年3月卒業の新入同窓生は無料

■ 申込:名前・卒年・卒業学部・現在の所属・連絡先(住所・TEL・Emailアドレス)を記載の上、下記のメールまでご連絡願います。11月18日(金)迄

    acw30027@kgo.kwansei.ac.jp  
    東京支部事務局 武林 淑子宛でお願いします。

■お問い合わせ: 若手世話役・船津(2002年総政卒)
         同窓会東京支部事務局(TEL:03-5224-6226)迄
以上

■関西4大学 学長フォーラム〜21世紀の日本に求められる人材〜
  【今年も東京で開催ー奮ってご参加下さい】
関西学院同窓会東京支部会員 各位

 「大学にこれから求められるのは、真の意味で社会に役立つ人材を育成していくことである」。第2回目となる本フォーラムは、この観点に立ち、「人材育成」を中心的なテーマに据えて展開いたします。
 基調講演では、企業が求める人材像について、伊藤忠商事取締役会長・丹羽宇一郎氏にお話いただくとともに、パネルディスカッションでは、サントリー次世代研究所部長で中央教育審議会委員も務める佐藤友美子氏を迎え、関・関・同・立の4私立大学学長が、人材育成のために大学ができること、その果たすべき役割について熱く語り合います。奮ってご参加ください。

 主催 関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学

日時・会場 2005年11月13日(日)午後1時開始予定
      日本教育会館 一ツ橋ホール(千代田区一ツ橋)

講  演  基調講演「21世紀の日本に求められる人材」

      講師:丹羽 宇一郎氏(伊藤忠商事取締役会長)

パネルディスカッション

<パネリスト>

 佐藤 友美子氏(中央教育審議会委員・サントリー次世代研究所部長)
 
 平松 一夫学長他関・同・立学長出席

<コーディネーター>

 老川 祥一読売新聞大阪本社社長

●お申し込みは、11月4日までに、氏名、住所、連絡先電話番号、参加人数を明記の上下記までお願い致します。入場整理券をお送り致します。

  関西学院同窓会東京支部

  FAX 03−5224−6227

  EMail kg.tokyo@nifty.com     

以上

■恒例となりました関西学院大学産業研究所主催「三位一体改革の講演会」のご案内です
恒例となりました関西学院大学産業研究所の東京での講演会が下記の要領で開催されます。
日程も迫っておりますので、Eメールでお申込みの上是非とも多数の皆様のご参加をお待ちいたしております。

 「地方分権改革」、「三位一体改革の文脈と今後」と題しまして、三位一体改革で何がどこまで進んだといえるのか。さらなる分権的な財政改革に向けて残された課題などについて取り上げられます。

プログラム

 10月13日(木)13:30〜16:00
 
  「分権改革の文脈と三位一体改革」
   松本 英昭氏 (財)自治総合センター理事長

 10月14日(金)10:00〜12:00
 
  「三位一体改革の論点」
   青山 彰久氏 読売新聞東京本社解説部次長

          13:30〜16:00

  「徹底討論 三位一体改革の自治体財政への影響」
   コーディネーター  小西 砂千夫  関西学院大学教授
   パネリスト      松木 茂弘 川西市財政課長
              田口 桂   網走市財政係長

場 所  新宿住友ビル1階会議室

参加費  無料

申し込み 下記Eメールで参加希望日、お名前、電話番号をご連絡下さい。

      kouenkai@kgo.kwansei.ac.jp

 期日が迫っているため、入場整理券は発行いたしません。申し込みのEメールをプリントしてお持ち下されば深甚です。

なお、詳細は産業研究所のホームページもご参照下さい。

   http://kgsaint.kwansei.ac.jp/sanken.html

以上

■10月11日:三日月会10月度例会のご案内
 重名支部長に久しぶりにご講演いただくことになりました。
10月の三日月会は、重名支部長に久しぶりにご講演いただくことになりました。
「今、企業も学校も攻めの時代の真の戦略が求められています。その変革のシナリオは」について熱く語っていただきます。ご期待下さい。
是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。                            


日 時: 2005年10月11日(火)12:15〜13:30

場 所: 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費: 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 重名 恬(じゅうな やすし)氏
1952年関西学院大学経済学部卒業。
1998年から同窓会東京支部長。2000年から同窓会副会長。 

タイトル: 考え方を変えましょう
      戦略もどきから戦略へ
      −闘う集団をどうつくるか−

 景気のトンネルの出口は見えた。攻めの時代がやってくる。いよいよ戦略の出番と云われている。自らの将来の在るべき姿を見据えて、経営資源の蓄積、配分をどう進めてゆくのか。変革のシナリオが問われている。
 
*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切10月6日(木)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
            E-Mail kg.tokyo@nifty.com 
以上

■「関西学院大学丸の内講座」下期も開講いたします。
 ただ今、好評募集中です。受講料同窓生割引特典もございます。 
 ビジネスの真ん中で即戦力を身に付ける「関西学院大学丸の内講座」が
東京オフィスで下期も開講いたします。

 ただ今、好評募集中です。是非とも多数の皆様のご受講をお待ち致しております。

 同窓生には、受講料割引特典もございます。

◆エグゼクティブコース(受講料30,000円、同窓生割引24,000円)
 「日本の今」をより深く考えるためのシリーズの第三弾!
 
テーマ:「今こそ問われる政治の役割」

 講師:福岡政行氏、土井たか子氏他

◆マネジメントコース(各講座24,000円、同窓生割引18,000円)
  企業で働く次代を担うビジネスパーソンのための実践的な講座です。

  関学大学院商学研究科マネジメントコース(MBA)修了者が講師を務めます。


   A.MBAマネジメント基礎講座
   B.事業戦略プロフェッショナル講座
   C.顧客価値協創時代のリーダーシップ
   D.マーケティングプロフェショナル講座
   E.2日で学ぶ財務戦略実践講座
   F.2日で学ぶ営業プロフェショナル講座

お問い合わせ、資料請求は下記関西学院東京オフィス・同窓会東京支部へ

関西学院大学ホームページ「丸の内講座のご案内」でも詳細ご覧いただけます。

http://www.kwansei.ac.jp/information/marunouchi.html

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
KG.Tokyo
関西学院同窓会 東京支部
   東日本センター
Tel 03-5224-6226
Fax 03-5224-6227
E-Mail kg.tokyo@nifty.com
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲ ▽▲▽▲

■9月14日(水):三日月会開催のご案内
  今年初めて本学OBを迎えます。10月に民営化される阪神高速道路蟆馗垢砲棺任予定の田中宰氏(S38年商卒)です。ご期待下さい。 
 9月の三日月会は、今年初めて本学OBをお迎えいたします。田中 宰氏は、38年商学部卒、松下電器産業蠢杏社長で10月より民営化されます阪神高速道路蟆馗垢砲棺任の予定です。これまでの豊富な経験に裏打ちされました「経営の道」「人の道」そして今話題の「道路公団 民営化」への思いもお聞かせいただきたいと思っております。
是非とも多数の皆様のご出席を賜りますようご案内申しあげます。                          


 日 時:2005年9月14日(水)12:15〜13:30

 場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

 会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:田中 宰(たなか おさむ)氏(松下電器産業株式会社顧問)

 1940年大阪府生まれ。1963年関西学院大学商学部卒業。同年松下電器産業株式会社に入社。常務、専務を経て2003年副社長に就任。2005年6月阪神高速道路株式会社会長就任(10月)のため副社長を退任し顧問に就任。 

タイトル:「経営の道」「人の道」
 
     成功と失敗(勝敗)の分水嶺
     −40余年の社会経験で学んだこと−
  
 40余年の激動の社会体験の中で学んだ「経営の道」その成功と失敗の分水嶺は何か? 田中氏はそれを「人の道」だと説かれております。
   そして、10月に就任される「阪神高速道路 民営化」への思いについても触れていただきたいと思っております。 

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切9月12日(月)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com 
以上

■夏季休暇のお知らせ{2005年8月13日(土)〜21日(日)}
8月13日(土)〜21日(日)まで夏期休暇となります。
 
 同期間中は、東京オフィス業務、同窓会東京支部業務は休止させていただき事務所は閉じさせていただきます。休暇期間中のランバスホールのご利用は、12日(金)午後5時までに支部事務局(03−5224−6226)までお届けいただきました場合にのみ自主管理でご利用いただけます。
 
 業務再開は8月22日午前10時となります。
 
 ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご了承をお願い致します。


■8月25日(木):三日月会8月例会のご案内
 東京大学名誉教授月尾嘉男氏による「還暦からの挑戦:ケープホーンを目指して」です。美しいDVDの映像をまじえてお話いただきます。ご期待下さい。
8月の三日月会は、下記の要領で東京大学名誉教授月尾 嘉男氏をお招きし、「還暦からの挑戦:ケープホーンのカヤック漕破」の爽快な冒険を、お話とすばらしい映像で紹介していただくことになっております。
例月より多数の皆様にご出席いただけるように大きい会議室を準備し皆様のご参加をお待ち致しております。是非ともご出席賜りますようご案内申し上げます。                            



日 時:2005年8月25日(木)12:15〜13:30

場 所:パレスビル3階E会議室
いつもの同窓会東京支部入居ビルの3階です
    千代田区丸の内1−1−1 パレスビル
    東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分
 
会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:月尾 嘉男(つきお よしお)氏(東京大学名誉教授)
 1942年愛知県生まれ。1965年東京大学工学部卒業。1971年東京大学工学系大学院博士課程修了。1978年工学博士。名古屋大学工学部教授、東京大学工学部教授、東京大学大学院新領域創成科学研究科教授などをへて、2002-03年総務省総務審議官。2003年より東京大学名誉教授。2004年2月ケープホナーとなる。専門はメディア政策。著書は『IT革命のカラクリ』『縮小文明の展望』など。趣味はカヌー、クロスカントリースキー、登山。 

タイトル:「還暦からの挑戦:ケープホーンを目指して」
 大学と役所を早めに退職し、還暦を機会に、海洋世界では難関とされるケープホーンをカヤックで周回することに挑戦した。無謀といわれる冒険を構想した動機、その成功により獲得したものと喪失したものについてケープホーン冒険のDVDの映像もまじえてお話をいただきます。 

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切8月22日(月)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
       E-Mail kg.tokyo@nifty.com 

■7月度三日月会のご案内【7月25日(月)に開催】
  戦後の映画界を知りつくされている岡田茂東映元会長をお招きします。  ご期待下さい。
 7月の三日月会は、下記の要領で東映株式会社相談役(元会長・社長)の岡田茂氏をお招きし、お話を伺います。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   



日 時: 2005年7月25日(月)12:15〜13:30

場 所: 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費: 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 岡 田  茂(おかだ しげる)氏(東映株式会社相談役)

1924年広島県生まれ。47年東京帝国大学経済学部卒業。同年、東横映画(現東映)株式会社に入社。「きけ、わだつみの声」を初プロデュース。28歳で京都撮影所制作課長に抜擢。数々のヒット作を企画し、東映の黄金期を支えた。71年に社長、93年会長に就任。制作・プロデュース作品は、70作品以上であり、日本映画界に多大な功績を残されている。現在は同社で相談役を務める。また、映画産業団体連合会会長でもある。 

タイトル : 「映画よもやま話」
 
映画をつくり続けてこられた60年、戦後の映画界を知りつくされている 岡田茂様から「映画よもやま話」。話題の映画はどのように作られたのかなど、興味深いお話を伺えるのか楽しみでございます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切7月21日(木)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
           E-Mail kg.tokyo@nifty.com 

■6月度三日月会のご案内(6月15日12:15~13:30)
日本電信電話公社の民営化推進の急先鋒として活躍されましたNTT元社長児島 仁氏をお招きし、お話を伺います。
6月の三日月会は、下記の要領で日本電信電話公社の民営化推進の急先鋒として活躍されましたNTT元社長児島 仁氏をお招きし、お話を伺います。多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   



日 時:2005年6月15日(水)12:15〜13:30

場 所:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
    千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
    東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費:1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー:児 島  仁(こじま まさし)氏
      
1930年北海道深川市生まれ。53年北海道大学法経学部卒業後       日本電信電話公社入社。83年総務理事。民営化推進の急先鋒として活躍。
85年NTT誕生と同時に常務就任。90年社長に就任。海外事業の展開、
マルチメディア戦略を推進する一方、在任中は分割反対の立場を貫いた。
96年取締役相談役。2003年より特別顧問を務める。 

タイトル:「無題」
 今回は児島氏からタイトルは「無題」と頂戴しました。テーマにとらわれないで幅広くどのようなお話が伺えるのか楽しみでございます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切6月13日(月)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227
          E-Mail kg.tokyo@nifty.com 

■第6回(2005年度)J.C.C.Newton賞作品募集
  応募資格が拡がりました。図書館カードを有する人に加えて今年から同 窓会が発行する「関学カード」会員も応募できることになりました。
 大学図書館では2000年度から学部等の枠を超えた知的活性化への取り組みとして「J.C.C.Newton賞」を創設し、論文・エッセイ等を募集して優秀作品を表彰しています。このような取り組みが学生への知的刺激となり、大学図書館が知的交流・創造の場となることを願っております。
 本賞は、本学の「図書館カード」を有する同窓の方にも応募資格がありますが、今回からは同窓会発行の「関学カード」会員の方も有資格者といたしましたので、今年は是非とも同窓各位から積極的に応募して頂きたいと願っております。
 本年度のテーマと応募規定は下記のようになっております。

●テーマ:「道(みち)」

「路」「行程」「道すじ」「物の道理」「〜の道を究める」「手段」「武士道」など、「道」から連想されるテーマを自由に選び、本格的な学術論文、新鮮な感覚にあふれるエッセー、既成概念にとらわれないノンジャンル作品などを募集します。

●応募規定

〕諭ー 論文、エッセーなど形式は自由

∧源数 日本語 5,000〜6,000字

1人1篇

つ鷭佇 A4サイズ 40字×40行 に印刷したもの(正)

      テキスト形式またはMSワード形式で保存したフロッピーディスク(副)

タ渊餞曠ードあるいは関学カードに記載の氏名で応募すること。

●応募資格

次のいずれかに該当する者。ただし、本学教職員および本学関連団体職員は除く。

)楹愎渊餞曠ードを有する者(卒業生、一般公開利用者等を含む)

同窓会発行の「関学カード」会員。なお、家族カード(配偶者)会員は同窓生の場合に限る。 

●応募方法

ヾ間 2005年9月26日(月)〜11月9日(水)

⊆付 西宮上ケ原キャンパス大学図書館運営課事務室および神戸三田キャンパス図書メディア館・図書館分室事務室

●表 彰

 最優秀賞 1名(副賞20万円)  優秀賞 2名(副賞 5万円)

●審査委員

平松一夫学長、福岡忠雄文学部教授、成田静香文学部教授、奥野卓司社会学部教授、古森勲広報室長、井上琢智図書館長

●主 催:関西学院大学図書館 

●後 援:関西学院大学、関西学院高等部、関西学院中学部、関西学院後援会、関西学院同窓会

●問い合わせ先:関西学院大学図書館運営課 電話:0798-54-6121
関西学院図書館ホームページ
(http://library.kwansei.ac.jp/profile/jcc.html) もご参照下さい。


■5月22日(日):KGファイターズが上京!明治大学との定期戦が調布の味の素スタジアムのアミノバイタルフィールドで開催されます!
 KGファイターズ VS 明治大学 アメリカンフットボウル定期戦

同窓の皆様、お誘いあわせの上力強い応援をよろしくお願い致します。

日 時  5月22日(日)午後2時30分 キックオフ

場 所  味の素スタジアム隣接アミノバイタルフィールド

      京王線「飛田給」駅徒歩5分

入場料  前売 800円、当日1000円

販 売  入場券は関西学院同窓会東京支部事務局にもございます

お問合せ先 関西学院同窓会東京支部事務局
      TEL 03-5224-6226
      FAX 03-5224-6227
      Email  kg.tokyo@nifty.com 

■5月度の三日月会は5月23日開催です。築地のマグロの中卸の三代目の生田輿克氏をお招きし、活きの良いお話を伺います。ご期待下さい。
5月の三日月会は、下記の要領で築地のマグロの中卸の三代目の生田輿克氏をお招きし、活きの良いお話を伺います。ご期待下さい。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。
   
         記

日 時 : 2005年5月23日(月)12:15〜13:30

場 所 : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
       東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費 : 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー : 生 田 輿 克(いくたよしかつ)氏
       克仁水産社長、築地のマグロの中卸「鈴与」の三代目

タイトル  : 「築地の経済学」

 築地市場が世界の魚の値段を決めています。魚の流通の世界で築地の果たす役割に加えておいしい魚の選び方、魚の旬、マグロのことなど興味深い話題で語っていただきます。魚食について、いろいろと知ることができる良い機会になることと思います。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
{最終申込締切5月19日(木)}です。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
       E-Mail kg.tokyo@nifty.com 
                              以 上

■4月度三日月会のご案内:4月22日(金)12時15分から東京オフィス駐在の村尾信尚教授の講演です。タイトルは「時代の風を読む」ご期待下さい。
 4月の三日月会は、昨年のフェスタ2004以来9ヶ月ぶりに、東京オフィス駐在の村尾教授に講演をお願いいたしました。どうぞご期待下さい。

                 記
 日 時  : 2005年4月22日(金)12:15〜13:30

 場 所  : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
       東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

 会 費  : 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

 スピーカー: 関西学院大学教授(東京オフィス駐在)
          村尾 信尚(むらおのぶたか)氏

 タイトル : 「時代の風を読む」
       ホリエモンVSフジテレビ、小泉さんVS自民党、大阪市民VS大阪市役所、‥‥。さまざまなところで、いろいろな乱気流が吹き荒れています。今、時代の風はどこから吹いてきて、私たちはどこへ飛んで行くのか?カオス(混迷)の時代、切り口鋭くかつ分りやすく解説していただきます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
{最終申込締切4月19日(火)}

■4月開講:関西学院大学丸の内講座のご案内
      −ビジネスの真ん中で「即戦力」を身に付けるー
       同窓生は割引価格で受講できます
 昨年10月に開講しました関西学院大学丸の内講座第一期は大変好評の内に3月17日で終了致します。4月からは従前の「日本の今」を深く考えるためのシリーズであるエクゼクティブコースに加え、マネージメントコースを新設し開講いたします。必ずや皆様のご期待に応えることができる講座と確信しております。皆様のご参加をお待ち致しております。
 なお先着順で受付け、定員に達しましたら締め切らせていただきます。

◎エクゼクティブコース

 ○大学生から企業のトップまで、年代を超えて「日本の今」をより深く考えるためのシリーズの第2弾!
 
 ○イラン・イラク、朝鮮半島情勢、第2期ブッシュ政権、中国の台頭、EUの向かう方向と国連の役割etc‥‥各界の有識者による鋭い分析とわかり易い解説で今後の日本を考える。

 【テーマ】「世界の中の日本を考える」

【日程・講師】(18:30〜20:30)
4月21日(木)大西 建丞(ピースウィンズ・ジャパン統括責任者)
5月19日(木)辺  真一(コリアレポート編集長)
6月16日(木)明石 康 (元国連事務次長)
7月21日(木)嶌  信彦(ジャーナリスト)
8月25日(木)津上 俊哉(東亜キャピタル株式会社社長)
9月15日(木)中野 幸紀(関西学院大学総合政策学部教授)

【受講料】30,000円(同窓生割引価格24,000円)

【定員】 50名
【会場】 パレスビル3階

◎マネジメントコース

 ○若手ビジネスパーソンから次代の経営者まで、もう一段自分をステップアップさせたい方のための講座です

 ○関西学院大学MBAの修了生でビジネスの第一線で活躍する若手経営者が講師を務めます。

A.MBAマネジメント基礎講座(19:00〜21:00)
 4月14日(木)企業経営   池田辰夫(日本高周波鋼業株式会社代表取締役社長)

 4月28日(木)起業経営   松田太一(株式会社アスク代表取締役社長)

 5月12日(木)マーケティング戦略論 川島隆志(JMRサイエンス株式会社代表取締役社長)

 5月26日(木)人の問題〜HRMと人材戦略〜 船越伴子(株式会社ヒューマンラボ・取締役)

 6月 9日(木)金の問題〜財務戦略〜 吉澤温子(株式会社マネージメントリファイン取締役GM)

 6月23日(木)IT戦略〜ビジネスとITの整合 登坂一博(日本ヒューレットパッカード株式会社シニアビジネスコンサルタント)

B.営業戦略実践講座(19:00〜21:00)
 主担当講師 登坂一博(前掲)
 副担当講師 滝川雅行(ユーシービージャパン株式会社マーケティング本部プロダクトマネジャー)
 4月12日(火)営業の本質
 4月26日(火)営業イノベーション
 5月10日(火)営業戦略企画概要&実践方法
 5月24日(火)営業マネジメント
 6月14日(火)受講者によるグループワーク
 6月28日(火)革新的ロードマップ

C.2日で学ぶ「営業実践講座」(土曜日集中コース)
 7月16日・23日(土)10:30〜18:00

【受講料】:ABC各24,000円(同窓生割引価格18,000円)

【定員】:ABC各コース 30名

【会場】:関西学院東京オフィス(パレスビル6階)

【問合せ先】関西学院東京オフィス
      TEL 03−5222−5678
      FAX 03−5222−7033
      EMail:kg.tokyo@nifty.com


■三日月会3月例会のご案内【3月16日:藤田紘一郎東京医科歯科大学院教授をお招きして、「水と健康」をテーマにお話をいただきます】
 3月の三日月会は、藤田紘一郎東京医科歯科大学院教授をお招きし、「水と健康」をテーマに下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   
              記

日 時: 2005年3月16日(水)12:15〜13:30

場 所: 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
     千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
     東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費: 1,500円(軽食は11:45から講演前にお出しいたします。)

スピーカー: 藤 田 紘一郎 様(東京医科歯科大学院教授)
       1939年中国・旧満州生れ。東京医科歯科大学医学部卒、東京大学医学系大学院終了。金沢医科大学教授、長崎大学教授を経て、87年、東京医科歯科大学医学部教授。現在は同大学院教授。専門は寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。「原始人健康学」「パラサイトの教え」「笑うカイチュウ」「日本人の清潔がアブナイ!」「水の健康学」など著書多数

タイトル: 「水と健康」
      体重の約6割を占める水。人間の身体にとって最も大切なものは水です。その水もそれぞれの体質により働きも違うのです。今回は寄生虫学の権威としてもつとに有名であります先生に、あなたにとって最もふさわしい水は何なのか、水と健康をめぐる多彩なお話をしていただきます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
 【最終申込締切3月14日(月)】

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
       E-Mail kg.tokyo@nifty.com    

■2月16日(水)開催予定の三日月会例会(塩川前財務大臣の講演会)は、満席となり申込み受付を締め切らせて頂きました。
三日月会2月度例会【2月16日(水)塩川正十郎前財務大臣来るー講演タイトルは「乙酉(きのとのとり)の年を考える】は大変好評裏に締切日前でございますが満席となりましたので受付を締め切らせていただきます。
お申し込み誠に有難うございました。

■2005年関学若手名刺交換会&同窓会のご案内
【若手同窓は、こぞって’05.2.26(土)午後2時ランバスホールに 全員集合ー拡げ、深めようネットワーク】
 2004年2月に関西学院東京オフィスで開催された第1回若手名刺交換会には’97年から’03年卒業の同窓生110名の方に参加して頂き大盛況でした!今年はさらにイベントを加え、盛り上げたいと思いますので’04年の方も含め是非ご参加下さい!

■日時:2005年2月26日(土)14:00PM〜17:00PM

■場所:関西学院東京オフィス・同窓会東京支部ランバスホール
        (千代田区丸の内1−1−1パレスビル6F)
        http://www.kwansei.ac.jp/top/tokyo_office_map.html

■主催:名刺交換会実行委員会

■後援:関西学院東京オフィス、同窓会東京支部

■内容:名刺交換、業種、職種別意見交換会(仮)、同窓会 などなど

■会費:500円 (当日軽食、ソフトドリンクを準備致します)

■申込:お名前・卒年・卒業学部・現在の所属・連絡先(TEL・Emailアドレス)を記載の上、下記のメールまでご連絡願います。2月19日(土)迄

kgstaff@hotmail.co.jp 名刺交換会実行委員 宛でお願いします。

■お問い合わせ:名刺交換会実行委員・杉野(2000年総政卒)
ysugino@d1.dion.ne.jpまたは同窓会東京支部事務局(TEL:03-5224-6226)迄


■三日月会2月度例会ご案内
【2月16日(水)塩川正十郎前財務大臣来るー講演タイトルは「乙酉(きのとのとり)の年を考える】
 新年第二弾として2月の三日月会は、前財務大臣塩川 正十郎氏をお迎えし下記の要領にて開催することになりました。例月より多数の皆様にご出席いただけるように大きい会議室を準備し皆様のご参加をお待ち致しております。是非ともご出席賜りますようご案内申しあげます。

                        
日 時   : 2004年2月16日(水)12:00〜13:30

場 所   : パレスビル3階E会議室(いつもの同窓会東京支部入居ビルの3階です)
       千代田区丸の内1−1−1 パレスビル
       営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費   : 1,500円(軽食は12時前から先にお出しいたします。)

スピーカー : 塩川 正十郎(しおかわ まさじゅうろう)氏
        1921年生まれ。慶応大学卒業。1967年衆議院議員初当選、内閣官房長官など要職を歴任。一昨年、財務相を最後に政界を引退。現在東洋大学総長。 

タイトル   : 乙酉(きのとのとり)の年を考える
        グローバリゼーションは経済、貿易だけの範囲に止まらず外交、科学、教育の分野も対象となる。従って今や我々の社会、生活のあり方まで旧弊を脱し、新しい時代に適合することが強制されつつある。かかるとき我々の行動の価値観を奈辺に設定すべきか、これからの日本は世界とどのように向き合って行くべきか考えてみよう。

共   催  : 関西学院東京オフィス

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
 【最終申込締切2月14日(月)】

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
       E-Mail kg.tokyo@nifty.com             

■三日月会新春1月度例会のご案内
 {1月28日(金)12時〜13時30分開催}
新年明けましておめでとうございます。本年も三日月会何卒よろしくお願い申し上げます。
 さて、2005年度最初の三日月会は、関西学院大学大学院21世紀COEプログラムの特別研究のために来日中のシンガポール大学教授Dr.Tong Chee Kiong氏をお迎えして「東南アジアにおける文化と文化政策」と題しての講演会でございます。通訳者には桜美林大学経営政策学部教授の馬越 恵美子氏をお願いするなど新春にふさわしい豪華版でございます。新春何かとお忙しいこととは存じますが、多数の皆様方のご出席をお待ち致しております。

1.日時 :2005年1月28日(金)12時〜13時30分

2.場所 :関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
      千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
      東京メトロ、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

3.会費 :1,500円(軽食は12時前から先にお出しいたします)

4.スピーカー:Dr.Tong Chee Kiong氏

      社会学・人類学・哲学を修め、1988年よりシンガポール大学で学部長などの要職を歴任。3月まで関学21世紀COEプログラムの特別研究に参画。シンガポール元首相リー・クアン・ユー氏とも親交が厚い。

5.タイトル :「東南アジアにおける文化と文化政策」

     通訳者:桜美林大学教授 異文化経営研究会会長 馬越恵美子氏

      今回のテーマの東南アジア諸国は、タイを除き、長年欧米諸国の植民地でした。独立後夫々国家を形成し、アイデンティティを確立する必要がありましたが、多様な文化を持つ多民族・多宗教国家においてはその実現は容易なことではありませんでした。その過程において、文化が大きな役割を演じましたが、その影響力はどうだったのか、どんな文化政策が採られたのかなどについて、ブルネイ・マレーシア・インドネシアそしてシンガポールを対象とした調査研究に基づきお話をいただきます。

6.最終申込み締切日 1月26日(水)

  人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
         
7.申込み先  東京支部事務局TEL 03-5224-6226
               FAX 03-5224-6227  
               E-Mail kg.tokyo@nifty.com 

■東京オフィス並びに同窓会東京支部冬季休暇のお知らせ{12月25日(土)〜1月5日(水)} 業務再開は1月6日(木)午前10時です。
 関西学院東京オフィス並びに同窓会東京支部の業務は12月24日で終了し冬季休暇に入り事務所は閉鎖いたします。
 新年は1月6日(木)午前10時から業務を再開いたします。ご理解とご了承をお願い致します。
 皆々様におかれましてはどうぞよい新年をお迎え下さい。

■南井英弘様(S33年、経卒)ヒマラヤ登頂の偉業を聞く会は満席となり申し込みは締め切らせて頂きました
南井英弘様(S33年、経卒)ヒマラヤ登頂の偉業を聞く会は、11月30日、12月3日ともに満席となり申込み受付を締め切らせて頂きました。
多数の皆様にお申し込みいただき誠に有難うございました。



■12月11日(土):クリスマスパーティーのご案内
今年のクリスマスパーティーは、大先輩の聖路加国際病院理事長・名誉院長の日野原重明先生をお迎えし、記念講演をいただくことにしました。
また例年どおり、田淵結宗教総主事によるクリスマス礼拝、お食事、クリスマスソング、賛美歌を皆様とご一緒に歌い、楽しいひとときを過ごしたいと思います。
 ファミリーも大歓迎です。クリスマスプレゼントもたくさん用意し皆様のご参加をお待ちしています。

開催日  12月11日(土曜日) 午前10時30分〜午後1時30分
       (受付時間)  午前10時から10時25分まで
       10時30分〜11時15分 特別講演 日野原重明先生
       11時30分〜13時30分 クリスマスパーティー

会 場  都市センターホテル 3階 「コスモスホール」
      東京都千代田区平河町2−4−1
      最寄り駅は地下鉄麹町駅、永田町駅、赤坂見附駅です


参加費  OBまたはOG     5,000円
     同伴家族(中学生以上) 4,000円
小学生    3,000円
   幼稚園児以下       無料
     (但し、飲み物は販売コーナーを設け個人払いとします。)  

参加手続き 下記東京支部事務局までお問い合わせください。
      TEL:03−5224−6226
      FAX:03−5224−6227
      E−Mail:kg.tokyo@nifty.com

参加申込み期限 11月29日(月)


  食事はバイキング形式ですが、テーブルに着席して召し上がれます。
 出来るだけ多くの顔見知りの仲間に出会えるよう、卒業年度別テーブルを設けます。
 また、各クラブ、同好会、勤務先、同窓会東京支部サークルごとのテーブルもご用意できますのでお申し出下さい。親しい同窓の友人にも声を掛け合ってご参加下さい。 

■南井英弘様(S33年、経卒)ヒマラヤ登頂の偉業を聞く会のご案内
 南井 英弘さんが9月末に ヒマラヤのシシャパンマ(8,008m)登頂に成功されました。
 70歳を間近にした年令で、8000m 級の登頂成功は世界でも数人目だそうです。
 ついては、南井さんに8000mの世界を聴かせて貰う事にしました。

日 時:11月30日 (火)13:00〜15:30

場 所:パレスビル6階 関西学院東京センター
    丸の内 1−1−1 TEL 03−5224−6226
    (パレスホテルに隣接のビル6階)
       各地下鉄 大手町駅 からすぐ
       JR 東京駅丸の内北口 徒歩8分
会 費:200円

会場の都合で先着40名とさせていただきます。

なお、12月3日(金)13時からも同様内容で開催します。

出席希望の場合は、11/29までに、KG事務所(武林さん)
         または下記、西岡様宛ご連絡下さい。
            メール:nishioka620nkm@pop21.odn.ne.jp
             電話 :090−3138−1472
              FAX:045−864−5720

追伸:11月5日 付け 朝日新聞夕刊「世界の鼓動」に、南井さんの記事が    
   掲載されました。コピーはランバスホールに貼り付け中。

  

■村尾教授(東京オフィス駐在)テレビ出演予定のご案内
村尾教授は11月下記の日程でコメンテーターとして生出演の予定です。
皆様どうぞご覧下さい。

日 時  11月4日(木)、8日(月)、10日(水)、19日(金)、
     26日(金)、30日(火)

     いずれも午後1時55分〜午後3時50分

番組名  ザ・ワイド

放映TV局 日本テレビ(4Ch)
                           以上  



■三日月会11月度例会開催のご案内(東京支部会員の方)
11月の三日月会は、下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申し上げます。   

                記

日 時   : 2004年11月22日(月)12:00〜13:30

場 所   : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
        千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
        営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費   : 1,500円(軽食は12時から先にお召上がりいただきます。)

スピーカー : 村井 勝(むらい まさる)氏

   1960年関西学院大学商学部卒。1962年UCLA経営大学院(MBA)修了。同年米国IBM社に入社。その後、わが国初のオンラインバンキングシステム構築に携わる。1982年コロンビア大学院。1991年からコンパック日本法人社長、会長歴任。現在:十数社の会長、取締役、顧問に就任。   

タイトル   : 「これからどうなるネットワーク社会?」

   ネットワーク社会は30年前ほど前に始まったばかりですが、今や世界の全ての人達を巻き込んで広がりつつあります。目に見えないところで、社会全体に大きな変化を起こしつつあります。この部分に光をあてて皆様と一緒に考えてみたいと思います。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
 {最終申込締切11月18日(木)}                                                    同窓会東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
            E-Mail kg.tokyo@nifty.com                  

■[関西4大学学長フォーラム」並びに「関西学院・青山学院合同シンポジウム」のご案内(至急お申し込み下さい)
下記の要領で2つのイベントが東京で開催されます。
申し訳ありませんがいずれも申し込み締切日が迫っております。
お申込みの方はインターネット又はFAXで至急お申込みをお願い致します。

1.関西4大学学長フォーラム

 今、私立大学にできること『関西からの提言』
●開催日  11月13日(土)
         12時30分開場、13時開演、16時15分終了予定
●場所   東京・よみうりホール(千代田区有楽町)

●プログラム
  講演1 「私が関西で過ごした学生時代」◎大森 一樹氏(映画監督)
  講演2 「日本を元気にするのは誰か」  ◎大宅 映子氏(評論家)
  パネルディスカッション
   平松学長以下関大、同志社、立命各大学長、大森監督、大宅映子各氏

●応募方法
 1.インターネット http://osaka.yomiuri.co.jp/へアクセスの上、トップページの「関西4大学学長フォーラ   
   ム」 をクリック、専用の参加申込みフォームからご応募下さい。

 2.FAX応募 、住所∋疚将G齢たΧ鉢ヅ渡暖峭罎鯡正し
           「関西4大学学長フォーラム」事務局あてに送信してください。
           FAX番号03−3555−9652

●締切り  11月4日(木)

● 応募多数の場合抽選。発表は招待状の発送をもって代えさせていただきます。

●お問い合わせ 電話03−3555−2727(関西4大学学長フォーラム事務局:平日10時〜18時) 
 
2.青山学院・関西学院合同シンポジウム
  ー関西学院創立者ランバス生誕150周年並びに青山学院創立130周年記念ー

  国連の将来と日本の役割
   ー平和で安全な世界をつくりあげるために、国連の将来をどう描いたらよいのか、そのとき日本にはどんな 
    役割を果たすことが出来るのかー 

●開催日  11月17日(水)
        13:00〜16:30

●会場   青山学院青山キャンパス
        ガウチャー記念礼拝堂
        (渋谷駅徒歩10分、表参道駅徒歩5分)

●プログラム

 基調講演  川口 順子氏(前外務大臣)
 
 特別講演  ムラパ アフリカ大学学長

 パネルディスカッション

●応募方法
   参加ご希望の方は、FAXまたはメールにて
   、住所∋疚将G齢たΧ鉢ヅ渡暖峭罎鯡正しお申込み下さい。
 
 1.Eメール: 130symp@jm.aoyama.ac.jp に

 2.FAX: 03−3400−2666 

●締切り  11月2日(火)

●お問い合わせ 03−3409−9416

●Web(プログラムの詳細) http://www.kwansei.ac.jp/ (関学ホームページ)
                                                     以上


■オール関西学院グリークラブ演奏会のご案内
ウォルター・R・ランバス生誕150周年記念並びに東京オフィス開設1周年記念「新月会70周年オール関西学院グリークラブ東京演奏会」が開催されます。
 今回は、「関西学院の歌」で校歌、応援歌,逍遥歌の1ステージもございます。その他OB、現役を加えた聴き応えのあるステージが期待されます。

 まだチケットお求めでない方は東京支部でも取扱っておりますのでお問い合わせ下さい。

1.日 時 10月31日(日)午後2時開演(午後1時30分開場)

2.会 場 第一生命ホール(晴海アイランドトリトンスクェア)
 
      都営地下鉄 大江戸線「勝どき駅」A2a出口徒歩8分

3.入場料 2000円(全席自由)

チケットのお申し込み・お問い合わせは
関西学院東京支部事務局(03−5224−6226)まで
                              以上


■村尾教授(東京オフィス駐在)テレビ出演のご案内
村尾教授は下記の日程でコメンテーターとして生出演の予定です。
皆様どうぞご覧下さい。

日 時  10月18日(月)、19日(火)、21日(木)、
25日(月)、28日(木)
     いずれも午後1時55分〜午後3時50分

番組名  ザ・ワイド

放映TV局 日本テレビ(4Ch)
                           以上  

■三日月会10月度例会のご案内(東京支部会員の方)
 10月の三日月会は、下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申し上げます。   

                記

日 時   : 2004年10月29日(金)12:00〜13:30

場 所   : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
        千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
        営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費   : 1,500円(軽食を用意いたします。)

スピーカー : 木村 佳子(きむら よしこ)氏(テクニカルアナリスト・株式評論家)

   日本テクニカルアナリスト協会検定会員、理事。国際資格ディプロマ・インターナショナル・テクニカルアナリシス取得。日本ファイナンシャルプランナーズ協会上級資格/CFP取得/金融資産運用設計部門認定講師   

タイトル   : 「株式評論家からみた景気の行方」
         ―現場からの耳寄りな話―

   日本短波放送キャスターを務めながら各界のセミナー講師として全国で講演、経済誌への執筆、単行本の出版も多数。いま最も忙しい女性評論家です。全国各地からのホットで耳寄りな話を交え、今からの投資について話していただきます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
 {最終申込締切10月26日(火)}                                                    同窓会東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
            E-Mail kg.tokyo@nifty.com                           
   

■関西学院大学「丸の内講座」がいよいよ開講いたします(ただ今、好評受付中、お急ぎ下さい)
 関西学院大学東京オフィスは、本年10月から丸の内において、すべての方々を対象にした公開講座を開設します。
 
 第1期のテーマは「再生なるか、日本経済」です。

 私たちの思いを点から線へ、そして面にまで広げましょう!

  日程と講師プロフィール(敬称略)

2004年10月21日(木)担当予定

村尾 信尚(むらお のぶたか)
関西学院大学教授

2004年11月18日(木)担当予定

引馬 滋(ひくま しげる)
CRD運営協議会 代表理事・元日本銀行理事

2004年12月16日(木)担当予定

榊原 英資(さかきばら えいすけ)
慶応義塾大学教授(元大蔵省財務官)

2005年1月20日(木)担当予定

荒井 信幸(あらい のぶゆき)
日本政策投資銀行 調査部長

2005年2月17日(木)担当予定

幸田 真音(こうだ まいん)
作家

2005年3月17日(木)担当予定

岸本 周平(きしもと しゅうへい)
トヨタ自動車株式会社渉外部担当部長
(元財務省理財局 国庫課長)

会費:30,000円(6回、軽食付)
   関西学院卒業生には、20%割引の特典がございます。
 
会場:パレスビル3F会議室(千代田区丸の内1−1−1)
時間:18:30〜20:30

お問い合わせ、お申し込みは関西学院大学東京オフィスに電話でお願いします。
TEL 03−5222−5678
受付時間は午前10:00〜午後6:00(土日・祝日を除く)です。

■関西学院大学産業研究所主催東京講演会のお知らせ
 恒例の関西学院大学産業研究所が主催いたします東京での講演会のお知らせです。今回のテーマは「地方交付税発足50年 制度の持続可能性を問う」です。プログラムは

10月12日(火)13:30〜16:00
 「地方交付税の発足時を振り返り、制度運営の歴史を総括する」
 立田 清士氏 (社)地域経済総合研究所会長

10月13日(水)10:00〜12:00
 「高度経済成長から安定成長へ:地方交付税の成長と質的転換」
 矢野 浩一郎氏 (財)救急振興財団顧問

         14:00〜16:00
 「三位一体改革の自治体財政運営:地方債協議制移行をひかえて」
 小西 砂千夫 関西学院大学教授

10月14日(木)10:00〜12:00
 「三位一体改革・交付税改革はかくあるべし:地方からの主張」
 古川 康氏 佐賀県知事

         13:30〜16:00
 「激動の地方交付税:バブル期とその崩壊後の制度運営」
 遠藤 安彦氏 (財)地域創造理事長

会場:住友ホール(新宿住友ビルBF)

開場:各日とも開始時間の30分前

参加費:無料

申込み方法:
 Eメールで次のアドレス宛に、参加希望日(13日と14日は午前、午後の区別を入れてください)、お名前、所属、電話番号をご連絡下さい。後日、入場整理券をファイル形式で送ります。
 先着順ですので、定員になり次第お断りする場合があります。
 アドレス: kouenkai@kgo.kwansei.ac.jp

問合せ先:
 関西学院大学産業研究所 講演会係
 TEL 0798−54−6127

主催:関西学院大学産業研究所
協力:関西学院同窓会東日本センター
   朝日カルチャーセンター

  

■日野原重明先生が9月19日(日)のNHKスペシャルに出演されます
 聖路加国際病院名誉院長日野原重明先生(旧中4年卒)が、NHKスペシャルに出演されます。
 なお、番組の中で先日の「KG Tokyo フェスタ2004」の場面も日野原先生と共に出てまいる予定になっておりますので是非ご覧下さい。

 番組名   NHKスペシャル「老化に挑む」

 18日、19日の2回シリーズの第2回「あなたの寿命はもっと延びる」
 
 放映日時  9月19日(日)午後9時〜午後9時52分
       (野球中継などあれば時間が変更になる場合もあります)

 放映TV局 NHK総合(1CH)

    

■吹奏楽部創部50周年記念特別演奏会(於:東京オペラシティ)のお知らせ
 関西学院大学応援団総部吹奏楽部創部50周年記念特別演奏会が東京オペラシティコンサートホールで開催されます。
 
 今回関西学院同窓会東京支部、東京オフィスが共催しております。同窓の皆様には是非多数の方々にお出かけいただきオペラシティを満員にして頂きたく思います。

 ウォルター・R・ランバス生誕150周年記念・関西学院東京オフィス開設1周年記念

 * 関西学院大学応援団総部吹奏楽部創部50周年記念特別演奏会

 * 2004年9月18日(土)開場17:30 開演18:00

 * 東京オペラシティコンサートホール:タケミツメモリアル
京王新線(都営地下鉄新宿線乗り入れ) 初台駅東口下車徒歩5分
   (東京オペラシティビルに直結しています。)

 * プログラム

   三日月にかかるヤコブのはしご
   組曲「惑星」より
   ブルーホライズン

   神津善行氏によるトークショー

   創部50周年委嘱作品(初演)
   世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」より(100名の合唱付き)

 * 入場料1,500円(前売1,200円)

 前売チケットは、同窓会東京支部にもございますのでどうぞお問い合わせ 下さい。(TEL03−5224−6226)


■村尾教授(東京オフィス駐在)テレビ出演のご案内
村尾教授は下記の日程でコメンテーターとして生出演の予定です。
皆様どうぞご覧下さい。

日 時  9月6日(月)、9月16日(木)、9月27日(月)
     いずれも午後1時55分〜午後3時50分

番組名  ザ・ワイド

放映TV局 日本テレビ(4Ch)
                           以上  

■関西学院聖歌隊東京演奏会のお知らせ
 関西学院聖歌隊は、夏休みを利用して、日本各地の教会に演奏旅行を毎年行っています。今年は東京、青森、函館、札幌を巡回する予定です。
 東京での演奏会は渋谷教会を会場にして下記の要領で開催されます。
 同窓の皆様、少しすごしやすくなってまいりました今日この頃、一夕を学生たちの新鮮な歌声で、神様への賛美の美しさ、合唱の楽しさを味わっていただきたく思います。ご来場お待ち致しております。
           記
1.9月7日(火)午後6時30分開演(開場午後6時)
2.渋谷教会{渋谷クロスタワー(旧東邦生命ビル)となり}
       渋谷区渋谷2−14−12
3.プログラム(曲目)
  ・ほめたたえよ、力強き主を(讃美歌21)
・天にいます神よ(讃美歌21)
  ・Rise Up,Shepherd,and Follow(スピリチュアルズ)
  ・The Battle of Jericho (スピリチュアルズ)
  ・A Supplication
  ・Missa O Rex Gloriae
  他
4.入場無料
  ・世界の貧しい子供達へのチャリティー募金があります。
                                以上 
           

■9月三日月会開催のご案内(東京支部会員の方)
9月の三日月会は、下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   
           記

日 時: 2004年9月15日(水)12:00〜13:30

場 所: 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
    千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
    営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

会 費: 1,500円(軽食を用意いたします。)

スピーカー: グレゴリー・クラーク氏(多摩大学名誉学長・国際教養大学副学長)

1936年英国生まれ、1956年オックスフォード大学修士課程終了(地理学・民俗学)・オーストラリア外務省入省、1975〜95年上智大学教授、1995年多摩大学学長、2001年〜多摩大学名誉学長、2004年〜国際教養大学副学長。
 
タイトル: 「大学の戦国時代をどう生き抜くか」―スピードとその方向―   
「なぜ日本の教育は変わらないのですか?」は先生のご著書の表題です。日本に住まれて教育界のみならず、政財界まで極めて幅広い活動を通して我々日本人に眞に助言や警告をし続けていただいています。今、大学の厳しい勝ち抜き戦が始まっているとき、変革のスピードとその方向、そして“同窓生が大学に対して出来ることは何か”をお話下さいます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切9月13日(月)}

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
       E-Mail kg.tokyo@nifty.com
                                以上

■夏季休暇のお知らせ{2004年8月13日(金)〜22日(日)}
 8月13日(金)〜22日(日)まで夏期休暇となります。
 同期間中は、東京オフィス業務、同窓会東京支部業務は休止させていただき事務所は閉じさせていただきます。休暇期間中のランバスホールのご利用は、12日(木)午前中までに支部事務局(03−5224−6226)までお届けいただきました場合にのみ自主管理でご利用いただけます。
 ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご了承をお願い致します。

■東京駐在村尾信尚教授の新刊書【「行政」を変える!】のご紹介
東京駐在の村尾信尚教授の新書が来週から書店に並びます。

皆様是非ご一読下さい。

講談社現代新書 【「行政」を変える!】(税込み735円)です。

 役所を根底から変え、「官から民への大政奉還」を実現しよう!
 古いしがらみを壊し、心豊かに生きられる日本を創る大提言。

■NHK総合TV番組で関西学院大学の「平和学」など紹介されます
広島の原爆記念日を前に、「NHKクローズアップ現代」で関西学院大学の「平和学」など取り上げられ平松学長なども出演される予定です。皆様是非ご覧下さい。


放送日時  8月5日(木)午後7時30分〜午後8時

タイトル  危機に立つヒロシマ(仮題)

放映局   NHK総合(1ch)
   

■三日月会8月度特別例会ご案内(東京支部会員限定)
拝啓 猛暑の候、皆様には益々ご清栄のこととお喜び申しあげます。
 さて、8月の三日月会は、西先生がフーバー研究所に帰米される前に急遽ご講演をいただくことになり、特別例会を下記の要領にて開催することになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   
                                敬具
                記

 日 時      : 2004年8月4日(水)12:00〜14:00

 場 所      : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
           千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
           営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

 会 費      : 1,500円(軽食を用意いたします。)

スピーカー :西  鋭 夫 氏(スタンフォード大学フーバー研究所研究教授)
       1964年関学大文学部英文科卒、卒業後ワシントン大学大学院に       学び修士号・博士号取得。現在日本大学大学院教授・麗澤大学客員    教授兼務。
       主な著書「國敗れて マッカーサー」(中公文庫)、「日米魂力戦」  (中央公論新社)
 
タイトル :「日米平和地獄」
       どの国でも、国民は自らの国を慈しみ忠誠を尽くす。忠誠心は政治   的イデオロギーに関係なく、同国民の間に自然に生まれくる信頼の絆である。
       “教育は国家百年の大計”。日本の「教育基本法」は何をもたらした   のか。日米関係の中でわが国教育の問題点を鋭く語っていただきます。
 
* 人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切8月2日(月)} なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
                                以上
     東京支部  TEL 03-5224-6226 
                FAX 03-5224-6227  
                E-Mail kg.tokyo@nifty.com                           
   

■KG Tokyo フェスタ2004申し込みはお済ですか。
 7月24日(土)の開催まであと20日をきりました。皆様にはお申し込みはもうお済でしょうか。まだ間に合います。東京支部事務局(TEL03-5224-6226,FAX03-5224-6227、Email:kg.tokyo@nifty.com)までご連絡を、どうぞお急ぎ下さい。

 今年は例年と違った東京支部のフェスタ2004です。

 第一部は、第一回KG東京賞の授賞式を行います。日野原重明先生、サッカーの長沼健氏、洋菓子のヒロタの社長広野道子様が受賞されます。絶対に見逃せません。

 第二部は我が東京オフィスの駐在の村尾信尚教授による「ひらがなで解説する日本の経済と財政」の講演です。財務省の主計官や国債課長など歴任されております。テレビ、新聞、経済誌などに数多く登場されております。
分かりやすく読み解いて頂きます。どうぞご期待下さい。

 第三部はおいしいお料理と懇親とそれと現役の応援団総部吹奏楽部とチアリーダが大挙して上ヶ原から来演、大いに楽しんでいただけると確信しております。

 フェスタが終わってもまだ名残の惜しい方々また東京オフィスが初めての方々のために今年は準備しております。隣接の東京オフィスにお立ち寄り下さい。飲み物とおつまみを用意してお待ちしております。

 初めてのご参加の方にはフェスタ実行委員会のメンバーに気軽にお声がけいただけるようにそろいのポロシャツを着ております。

 いろいろと趣向を凝らして皆様のご参加を心よりお待ちしております。

■第5回(2004年度)J.C.C.Newton賞作品募集
 大学図書館では2000年度から学部等の枠を超えた知的活性化への取り組みとして「J.C.C.Newton賞」を創設し、論文・エッセイ等を募集して優秀作品を表彰しています。このような取り組みが学生への知的刺激となり、大学図書館が知的交流・創造の場となることを願っております。
 本賞は、本学の図書館カードを有する同窓の方にも応募資格がありますので積極的に応募して頂きたいと考えております。
 本年度のテーマと応募規定は下記のようになっております。

●テーマ:「新しさ」

「モダン」「革新」「先端」「流行」「リニューアル」「温故知新」など、「新しさ」をめぐるテーマを自由に選んで、「新しさ」の意味を明らかにする本格的な学術論文や、新鮮な感覚にあふれるエッセイ、あるいは既成概念にとらわれないノンジャンル作品などを募集します。

●応募規定

〕諭ー 論文、エッセイなど形式は自由

∧源数 日本語 5,000〜6,000字

D鷭佇 A4サイズ 40字×40行 に印刷したもの(正)

      テキスト形式またはMSワード形式で保存したフロッピーディスク(副)

た渊餞曠ードに記載の氏名で応募すること。

●応募資格

 本学図書館カードを有する者(図書館カードを有する卒業生、公開利用者等を含む。ただし、本学教職員および本学関連団体職員を除く)

●応募方法

ヾ間 2004年9月27日(月)〜2004年11月11日(木)

⊆付 西宮上ケ原キャンパス大学図書館運営課事務室および神戸三田キャンパス図書メディア館レファレンスカウンター

●表 彰

 最優秀賞    1名  20万円  優秀賞     2名  5万円

●審査委員

平松一夫学長、福岡忠雄文学部教授、奥野卓司社会学部教授、藤田太寅総合政策学部教授、古森勲広報室長、井上琢智図書館長

●主 催:関西学院大学図書館 

●後 援:関西学院大学、関西学院高等部、関西学院中学部、関西学院後援会、関西学院同窓会

●問い合わせ先:関西学院大学図書館運営課 電話:0798-54-6121
関西学院図書館ホームページ(http://library.kwansei.ac.jp/jcc.html)
もご参照下さい。

■三日月会7月度例会ご案内
初夏の候、皆様には益々ご清栄のこととお喜び申しあげます。
 さて、7月の三日月会は、下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   


 日 時 :2004年7月14日(水)12:00〜13:30

 場 所 :関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
       営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

 会 費 : 1,500円(軽食を用意いたします。)

スピーカー : 大 井  玄 氏
(東京大学名誉教授 医学博士)
 
1935年生れ。東京大学医学部卒業。ハーバード大学公衆衛生大学院修士。東京大教授、環境庁国立環境研究所長などを歴任。専門:社会医学、在宅医療、心療内科、環境医学。著書:「終末期医療」、「痴呆の哲学」など。 

 タイトル : 「痴呆は怖くない」心安らかに生きるために

物忘れがひどくなる年頃になると私たちは痴呆という先行きが次第に怖くなってきます。実際にすでに痴呆老人の介護で苦労している方はなおさらそうかも知れません。しかし痴呆(特にアルツハイマー病)になるのは、どのくらい不幸なことでしょうか、痴呆はつき合い方一つで決して不幸な状態ではありません。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切7月12日(月)} なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
       E-Mail kg.tokyo@nifty.com                           
   
  

■アメリカンフットボール高等部第51回慶応定期戦のお知らせ

関西学院高等部と慶応義塾との第51回定期戦が下記日程にて行なわれます。

   ◆ 日時:6月26日(土) 13:00キックオフ
   ◆ 場所:慶応義塾日吉グランド(東急東横線日吉駅下車すぐ)

なお本年の高等部は一昨日(20日)、関西大倉高校を33-28で破り5年ぶりに春の
関西大会を制し2年連続の全国制覇に向け順調なスタートを切りました。
お時間のある方は是非、日吉まで足を運んで頂き応援下さいますよう、宜しく
お願い申し上げます。

■KG.TOKYO フェスタ2004のご案内
時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は、関西学院同窓会東京支部の活動に格別なるご高配を賜わり衷心より暑く御礼申し上げます。
さて、ご高承のとおり昨年10月同窓会東京支部と学院が一緒になり千代田区1−1−1パレスビルに新オフィスを移転し、新たなる出発をいたしました。
これを期に、同窓諸氏にとって一段と親しみやすいものとして参加の輪を広げみんなが主役との願いを込めまして、これまでの「同窓会東京支部総会」から”K.G.Tokyoフェスタ2004”とネーミングを改めまして開催することに致しました。
つきましては、ご多忙のところ誠に恐縮に存じます、是非ご臨席賜りたくお願い旁々ご案内もうしあげます。


開催日 : 2004年7月24日(土)
会場 : パレスホテル2階「ローズルーム」(千代田区丸の内1−1−1)
受付時間 : 午前10時30分
 
第一部 : 総会
第二部 : 講演
      村尾 信尚 関西学院大学教授(東京オフィス駐在)
      「ひらがなで解説する日本の経済と財政」
第三部 : パーティー
      アトラクション
      ◎応援団総部吹奏楽部とチアリーダーが出演

なお、終了後は隣接する東京オフィスにも是非お立ち寄りください。

会費 : 男性会員 1万円
     女性会員 8000円(今年から値下げです)
     家族会員 8000円

主催: K.G.Tokyoフェスタ2004実行委員会(39年会)・同窓会東京支部

※出席のお返事は7月12日(月)までに下記の方法でお願いいたします

FAX :03−5224−6227
電話 :03−5224−6226
Eメール :kg.tokyo@nifty.com
ね港 : 〒100−0005東京都千代田区丸の内1−1−1パレスビル6F

■ 村尾教授テレビ番組 出演予定のご案内


東京オフィス駐在の 村尾信尚教授の テレビ番組出演予定を
お知らせ致します。 皆さまどうぞご覧下さい。


  5月29日(土)  朝8時〜9時25分
   「ウェークアップ!」(桂文珍司会の報道ワイド番組)
    日本テレビ系列(4チヤンネル)

■ヨコハマボウル

 ヨコハマボウルの特別招待試合で関西学院大学ファイターズが
日本大学フェニックスと対戦いたします。
 同窓の皆様多数の応援をよろしくお願い致します。
                記
1.日時  5月30日(日)午後5時キックオフ
2.場所  横浜スタジアム
3.チケット販売 当日800円のチケットを球場に関学受付を設け  
         まして販売いたします。
          販売時間は12時〜13時と16時〜17時です。    
          窓口での一般販売は1500円となっておりますの    
          でお気をつけ下さい。
  なお本チケットで当日午後2時からの立命館大学パンサーズとア  
  サヒビールシルバースターとの試合もご覧になれます。

■三日月会6月度例会ご案内
6月の三日月会は、下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   
敬具


 日 時      : 2004年6月8日(火)12:00〜13:30

 場 所      : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
          営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口
より徒歩2分

 会 費      : 1,500円(軽食を用意いたします。)

スピーカー : 佐 治 信 行 氏
(みずほ証券株式会社チーフエコノミスト)
昭和33年愛知県生れ。昭和57年関西学院大学法学部卒業。日興リサーチ入社。平成11年より現職。 

 タイトル       : 「日本経済の展望」

長く低迷を続けた日本経済にも、漸く活気が広がり始めた。過去最高の収益を上げる企業も増え、株式市場も大商いを見せるなど期待は膨らむ。金融証券界のトップエコノミストであるK.G.OBの佐治信行氏に昨年に引き続き日本経済の現状を分析していただきます。

* 人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切6月4日(金)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
        E-Mail kg.tokyo@nifty.com       

■KGTokyoファミリーレクリェーションのご案内
「日本の民家を訪ね、世界のバラを見よう」
今回もTWC(東京ウォーキングサークル)で計画を立てていただき共催です。幼稚園、小学生などご家族連れでのご参加をお待ちしております。
可憐なミニバラやゴージャスな大輪のバラ533種が咲き乱れる「向ヶ丘バラ園」を訪ねます。また、昭和42年に開園した東日本の古民家「日本民家園」では昔の民家生活の建物などを見て楽しみます。子供様にはプラネタリウム、科学館をご案内します。

日  時  平成16年5月15日(土)10時集合 少雨決行
           雨天の場合は22日(土)

集合場所  小田急線 向ヶ丘遊園駅(南口)                          
会  費   800円(当日会費300円含む、民家園入園料)

昼  食   専修大学内 レストラン「森永フード」

参加申込   5月7日(金)まで
       (注)民家園の入園料は中学生以下、65歳以上は無料となります。

該当者は申し込みの際、生年月日をお知らせ下さい。
(入園申込書に記載して対応します)

 申込み先   
TWCメンバーの方 山下昭夫 FAX:044-855-7803
e-mail:akioyama@k04.itscom.net

TWCメンバー以外の方 関西学院同窓会東京支部事務局 武林
             TEL :03-5224-6226
             FAX:03-5224-6227
             e-mail:kg.tokyo@nifty.com

 当日携帯   080−1038−2119(堀場)

 コース予定  
向ヶ丘遊園駅→向ヶ丘バラ園→(昼食)→生田緑地芝生広場→枡形山広場→菖蒲池(子供様はプラネタリウム、科学館)→民家園→向ヶ丘遊園駅    
解散 16時頃


TWC 5月幹事  山下昭夫・弘子

■三日月会5月度例会ご案内
5月の三日月会は、下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   


 日 時      : 2004年5月26日(水)12:00〜13:30

 場 所      : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口
より徒歩2分

 会 費      : 1,500円(軽食を用意いたします。)
スピーカー : 古 川 元 久 氏(衆議院議員)
昭和63年東京大学法学部卒業。大蔵省入省。
平成6年大蔵省退官。平成8年衆議院初当選。現在3期目(愛知県第2区)。 

 タイトル       : 「年金制度のどこに問題があるのか」
国会での法案審議が進む一方、公的年金制度の空洞化や世代間格差の解決策を示せず将来への不安はぬぐえない。議論は今後とも続けられるが、年金の問題はズバリどこにあるのか。古川元久衆議院議員からお聞きします。

* 人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。
{最終申込締切5月21日(金)}なお、出席される方
のみお返事を頂きますようお願いします。

  東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
      E-Mail kg.tokyo@nifty.com     

■オリックス会長宮内義彦氏テレビ番組出演のご案内
宮内オリックス会長が下記テレビ番組にご出演の予定です。
関学の風景も録画され放映されるのではと思われます。
皆様ご覧下さい。

1.放送日時   4月30日(金)午後11時〜午後11時55分
2.番組名    ワールドビジネスサテライト
           番組の中で「人生達人」コーナー15分程度出演   
           の予定
3.放映テレビ局  関東ーテレビ東京(12CH)

■2004年春・新人同窓生ウェルカムパーティ
2004年春から東京で働き始めた新同窓生の皆様を歓迎するパーティを開催します。
   今年の2月に開催された若手名刺交換会(約110名参加)に集った ‘99年から’03年卒業の若手同窓生有志を中心に企画致しました。
この機会に、名刺交換を通じて、先輩OB・OG、また横のネットワークの構築をされてはいかがでしょうか。また、東京での生活などについて、情報交換に活用できると思います。土曜の午後のひと時、若いエネルギーでランバスホールを一杯にして下さい。
多数の皆様のご参加をお待ち致しております。


○ 日時 2004年5月22日(土)14:00〜17:00頃(軽食を準備します)

○ 会場 関西学院東京オフィス・同窓会東京支部ランバスホール
        (千代田区丸の内1−1−1パレスビル6F)
        http://www.kwansei.ac.jp/top/tokyo_office_map.html

○ 主催 ウェルカムパーティ実行委員会&関西学院同窓会東京支部

○ 会費 今年3月卒業の方  500円
        上記新卒以外の方 1、000円

○ 申込み★お名前・卒年・卒業学部・現在の所属・連絡先
(TEL・Emailアドレスを記載の上、
関学同窓会東京支部事務局 武林まで
      Email:acw30027@kgo.kwansei.ac.jp
FAX: 03−5224−6227

○ お問い合わせ★ウェルカムパーティ実行委員会(総政99年卒:山崎)
         Email sohei.yamasaki@tkk.tokyu.co.jp
         または、同窓会東京支部事務局
(TEL:03-5224-6226)まで



■三日月会4月度例会のご案内
4月の三日月会は、下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。

             

1.日時:2004年4月27日(火)12:00〜13:30


1.場所:関西学院同窓会東京支部ランバスホール

千代田区丸の内1-1-1パレスビル6階営団地下鉄、
都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

1.会費: 1,500円(軽食を用意いたします。)


1.スピーカー:加 藤 丈 夫 氏

  富士電機ホールディングス株式会社取締役  

  会長、 学校法人開成学園理事長

1938年東京生まれ。東京大学法学部を卒業後、61年に富士電機に入社。2000年取締役会長に就任。同年開成学園の理事長に就任。2002年12月にご尊父の物語、『「漫画少年」物語  編集者・加藤謙一伝』を著し、大変好評を博し話題とな る。謙一氏は、「少年倶楽部」の黄金期を築き、伝説の雑誌「漫画少年」を生み出した。生涯一編集者として、手塚治虫、のらくろ、トキワ荘‥‥‥すべてはここからはじまった。 

1.タイトル:「これからの教育を考える」

著書に著されたお父上の編集者として生き方、ご自身が開成学園の教育に携わってのご経験などについてご講話を戴きます。

* 人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。

{最終申込締切4月23日(金)}

なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

                   以上

東京支部 TEL 03-5224-6226
     FAX 03-5224-6227
    E-Mail kg.tokyo@nifty.com                 

■村尾教授テレビ番組出演予定のご案内

東京オフィス駐在の村尾信尚教授の今後のテレビ番組出演予定を
お知らせ致します。皆さまどうぞご覧下さい。

1.4月3日(土)、5月29日(土) 朝8時〜9時25分
   「ウェークアップ!」(桂文珍司会の報道ワイド番組)
    日本テレビ系列(4チャンネル)

2.4月17日(土) 16:30〜17:55
   「よみがえれニッポン」
    CS朝日放送ニュースター
(ケーブルテレビ、スカイパーフェクトで受信)

■ COEプログラム「人類の幸福と社会調査」シンポジウムのご案内


 関西学院大学は、昨年7月に文部科学省より平成15年度「21世紀COEプログラム」の研究拠点プログラム「『人類の幸福に資する社会調査』の研究」が採択されました。その研究内容等について今回東京で下記の要領でシンポジウムが開催されることとなりました。日が迫ってのご案内で申し訳ありませんが折角の機会ですので皆様のご参加をお待ち致しております。              
                記
1.日時 2004年3月26日(金)午後3時〜
1.会場 学士会館会議室202
       千代田区神田錦町3−28

 ご参加いただけます方はメールをいただければ幸いです。そして直接会場にお出かけ下さい。
kg.tokyo@nifty.com

COE  「21世紀COE(センター・オブ・エクセレント)プログラム」は、文部科学省が、世界最高水準の研究拠点づくりを目的に行っている事業。なお本学の研究が採択された「社会科学」領域では、105件の申請中26件が採択された。そのうち社会分野で採択されたのは、本学と東北大学の研究計画のみ。

■村尾教授テレビ番組出演のご案内

 東京オフィス駐在の村尾信尚教授が下記テレビ番組に
コメンテーターとして出演されます。皆様ご覧下さい。

              記
1.放送日時  3月6日(土)午前8時〜午前9時25分
2.番組名   ウェークアップ(桂文珍司会の報道ワイド番組)
3.放映TV局 日本テレビ系列(4チャンネル)
                               以上

■三日月会3月度例会ご案内
3月の三日月会は、下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   


 日 時      : 2004年3月24日(水)12:00〜13:30

 場 所      : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
          営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口より
          徒歩2分

 会 費      : 1,500円(軽食を用意いたします。)
スピーカー : 金  順 姫(キム スンヒ)様
         (韓国:梨花大学大学院教授)

昭和39年関西学院大学文学部卒業。韓国外国語大学大学院で博士課程終了後、東洋大学で「源氏物語」で博士号を取得。ソウル大学語学研究所を経て、現在梨花大学通訳大学院兼任教授。執筆、翻訳の分野でも活躍中。
 
 タイトル       : 「江戸しぐさ」と「ソウルしぐさ」

日韓の文化の違いを日常生活の行動様式の一部を例に挙げて、学生たちの意見や金先生個人の体験を通して語っていただきます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。{最終申込締切3月19日(金)}なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。
以上
    
東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
        E-Mail kg.tokyo@nifty.com  

■三日月会2月度例会ご案内
2月の三日月会は、下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   


 日 時 : 2004年2月25日(水)12:00〜13:30

 場 所 : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
       千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
       営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

 会 費 : 1,500円(軽食を用意いたします。)
スピーカー : 天 木 直 人 氏(前駐レバノン特命全権大使)

1947年山口県生まれ。2001年2月から03年8月まで上記大使。イラク戦争に反対する公電を送り、日本政府の対米追随を批判、勇退を迫られた。著書に『さらば外務省』(講談社)、『アメリカの不正義』(展望社)など。

 タイトル       : 『さらば外務省』その後

10月初めに発売以来、ベストセラーとなった『さらば外務省』に対する反響を中心に、日本の外交のあり方、この本を出版したことの意味などについても語っていただきます。

*人数に制限がございますのでお早めにお申込み下さい。(最終申込締切2月23日(月)なお、出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。

     東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
     E-Mail kg.tokyo@nifty.com                      

■手話講習生募集
                  
今回 関西学院同窓会東京支部では手話講習会を立ち上げることになりました。まったくの初心者、多少は出来る方又手話に関心の持っている方ご参集ください。同窓生の多数のご参加をお待ちしています。なお、同窓生のご主人、奥様、お子様それにお孫様の受講も歓迎いたします。定員になり次第募集を締め切ります。
手話をマスタ−して社会福祉活動に関学同窓生として積極的に参加しませんか。受講終了後千代田区ボラティアセンタ−の協力で聾唖の方々との触れ合い活動を行う予定です。
                   発起人 奥林群司(38年 法)
                   世話人 白石仁良(41年 法) 
           募 集 要 項
開講日    平成16年4月10日(土)午後2時より
講習日    月2回 第2及び第4土曜日(原則)
        (受講希望者の要望を聞き、講習曜日を決める予定)
受講時間   2時間
開講回数   20回程度
場所     関西学院東京オフィス(ランバスホ−ル)
募集人員   20名〜30名
講師     千代田ボランティアセンタ−より専門指導員を招請
学習内容   入門から日常会話が行える程度
会費     1、200円/月
テキスト代として約1、000円(初回のみ)
なお、講習日については
(1) 第2、第4土曜日の午後2時より昼間月2回 (原則)
(2) 第2土曜日午後2時 第4水曜日午後6時の月2回
(3) 第2水曜日午後6時 第4土曜日午後2時の月2回
 上記三案の内希望者の多数をしめる日に開講予定

開講前に一度受講者の方々にお集まりいただき、同窓会活動としてのこの手話講習会の意義、目的、運営方法等話し合いたいと考えています。
申し込み先  白石仁良
        住所  352−0032 埼玉県新座市新堀1−12−21
        TEL FAX 0424−93−6443
        携帯   090−1761−8858
        Eメール jiro-shiro@jcom.home.ne.jp

 関西学院同窓会東京支部事務局
   住所  100−-0005 千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
   TEL  03-5224-6226
FAX  03-5224-6227
Eメール kg.tokyo@nifty.com

申込期限  平成16年2月20日(金)
       お早めにお申込ください。


■三日月会1月度例会ご案内

新年明けましておめでとうございます。皆様には輝かしい新春をお迎えのことと存じます。
 さて、2004年最初の三日月会は、東京オフィス駐在の村尾教授にお願いいたしまして下記の要領で開催いたします。新春何かとお忙しいこととは存じますが、多数の皆様方ご出席賜りますようご案内申しあげます。 

日 時      : 2004年1月26日(月)12:00〜13:30

場 所      : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
          千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
          営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」
C13b出口より徒歩2分

会 費      : 1,500円(軽食を用意いたします。)
スピーカー : 関西学院大学教授(東京オフィス駐在)
村尾 信尚(むらおのぶたか)氏

タイトル:

「視点をかえて新しい社会をデザインしよう」
 経済不況、少子高齢化、財政赤字など大きな曲がり角に差しかかっている日本。私達は辛くとも改革に乗り出さなくてはいけません。今を夜明け前とするのか、それとも日没前になってしまうのか、これを決めるのは他でもない、私達一人ひとりなのです。政治家や役人が何とかしてくれるだろうと言う甘えはもう通用しません。

*2004年1月21日(水)までに出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。(原則として先着50名とさせていだきますのでご了承下さい。)
   東京支部  TEL 03-5224-6226  FAX 03-5224-6227  
       E-Mail kg.tokyo@nifty.com 

*2月の三日月会の予告 2月下旬に天木直人氏(前駐レバノン大使)による“「さらば外務省」その後”を予定しております。            

■ゴルフコンペ開催のご案内
2003年12月17日
東京支部
ゴルフサークル会員各位 殿
                       関西学院同窓会東京支部
ゴルフサークル活動担当 辻本 明重

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、第14回加茂カップオープン競技を下記要領で開催することとなりました。つきましてはご多忙中とは存じますが、是非のご参加を頂きたくご案内申しあげます。
                          敬具
                   記
日  時 : 2004年1月23日(金)
場  所 : 相模カンツリー倶楽部
神奈川県大和市下鶴間4018      
TEL 046-274-3130 
FAX 046-275-9229

集合場所 : 9時00分   クラブハウス
スタート : 9時45分   アウトコース    (4組)
   9時45分   インコース     (4組)
競  技 : 18ホールストロークプレー
(各人のハンディキャップによる)
   初出場者は自己申告ハンディキャップ
(オフィシャル、プライベート等)     
       を審査の上決定致しますので出席申込時に御記入下さい。
参加員数: 8組(32名)にて、先着順で締め切らせて頂きます。
予 約 金 : 8,000円を下記にお振込願います。
      東京三菱銀行 本店 普通預金  口座番号 6194879
  関西学院同窓会東京支部  支部長 重名 恬
 
出欠回答: 出欠回答につきましては、恐れ入りますが2004年1月9日(金)までに下記に、TEL,又はE―mailにてお願いします。

  同窓会東京支部  TEL 03-5224-6226
FAX 03-5224-6227
E-mail kg.tokyo@nifty.com
         〒100-0005 千代田区丸の内1-1-1 パレスビル6F


■第34回全国高等学校アメリカンフットボール選手権決勝戦〈クリスマスボウル〉

試合日時   2003年12月21日(日)  10:00開場
  12:00キックオフ
試合会場 味の素スタジアム(東京都調布市)
  京王線飛田給駅より徒歩5分
  詳しくは http://www.ajinomotostadium.com/を参照下さい。
  有料駐車場(1時間300円)はありますが台数に限りがあります
  ので、できるだけ電車またはバスをご利用下さい。
対戦校  日大第三(関東代表)対 関西学院高等部 (関西代表)

入場料 一般    当日 ¥1200  前売り ¥1000
中高生   当日 ¥800   前売り ¥ 600
          
       前売り券は チケットぴあ にて発売中!
             ( Pコード 805-004 )
その他 ハーフタイムに浦和学院高等学校吹奏楽部による演奏があります。
試合の模様はスカイAにて12月25日(木)24:00〜26:30
放映予定です。





■社会調査士を資格認定する制度始動−記念講演、シンポジウムを開催

開催日時: 2003年11月29日 13時〜17時
広報室 2003年 11月 17日 掲載

 世論調査や市場調査などを行う社会調査士を資格認定する制度がスタートする。認定機構が定めた標準カリキュラムに準じる科目を各大学で設定し、科目修了者は資格認定を申請することができる。学部卒業レベルの「社会調査士」と修士修了レベルの「専門社会調査士」の2つの資格があり、今年度にも全国の25大学が科目申請する予定。事務局は関西学院大学内。機構設立を記念して11月29日(土)に「設立総会・記念講演」と社会調査のあり方を議論する「関西学院大学21世紀COEシンポジウム」を開催する。

第1部:設立総会・記念講演(13時〜14時30分)
記念講演
「歴史社会学と質問紙調査」−竹内洋(京都大学大学院教育学研究科教授)
「調査の行方−不況・価値激動・そしてマルティメディア時代の調査−」−飽戸弘(東洋英和女学院大学教授)
「<社会調査士>資格認定機構に期待する」−森岡清美(東京教育大学名誉教授)

第2部:関西学院大学21世紀COEシンポジウム「人類の幸福に資する社会調査の研究」(14時45分〜17時)
テーマ:「社会調査の最前線−いま何が求められているのか−」
パネリスト:小野寺典子(NHK放送文化研究所世論調査部)、松田映二(朝日新聞社世論調査部)、善積康子(UFJ総合研究所地域社会共創室)、渡部完(宝塚市長)
コーディネーター:大谷信介(関西学院大学社会学研究科教授)

日時: 2003年11月29日 13時〜17時
場所: 大阪商工会議所国際会議ホール
参加費: 無料
講師: 本文参照
主催: 社会調査士資格認定機構
お問い合わせ: 0798-54-6924(関西学院大学内)


■関西学院東京オフィス開設記念講演会のお知らせ

関西学院東京オフィス開設記念講演会のお知らせ

すでにたびたびご連絡させて頂いてますが再度のお願いです。
11月10日(月)午後1時から4時までパレスホテルのゴールデン・ルームで下
記の講演会があります。  現在若干余席もございますのでご希望の方は関西学院東京オフィスの方へ電話にてお申し込み下さい。
11月10日(月)  13時ー16時
パレスホテル・ゴールデンルーム  千代田区丸の内1−1−1

  講演と対談  『社会変革の新しい視点』
  講   演  村尾 信尚・関西学院大学教授 東京オフィス駐在
  対   談  榊原 英資・慶応義塾大学教授と村尾教授


関西学院東京オフィス    電話03−5222−5678
  

■関西学院東京オフィスオープニング・パーティーのお知らせ
 同窓のみなさまとともに、東京オフィス開設を祝うパーティーを開催します。気軽なサンドイッチ&カクテルパーティーを予定しております。ご家族、同窓、同期の方にお声がけ、お誘いあわせのうえ是非ご出席をお待ち致しております。
 本パーティーは申し込み制となっております。まだお申し込みがお済でない皆様方、是非お電話またはメールで早めにお知らせ下さい。

                  記
 
  日 時:2003年10月24日(金) 14時〜15時30分
       (堅苦しいパーティーではございません。出入りは  
        自由でございます。)  

  場 所:パレスホテル「ゴールデンルーム」

        東京都千代田区丸の内1−1−1

        地下鉄「大手町駅」 C13b出口より徒歩2分
        JR「東京駅」丸の内北口出口より徒歩10分 

  会 費:無料

 ご希望の方は、同窓会東京支部 TEL 03−5224−6226  
                FAX 03−5224−6227
           E−Mail kg.tokyo@nifty.com


■村尾教授 テレビ番組出演のご案内
関西学院村尾教授(東京駐在)が下記のTV番組に出演されます。皆様ご覧下さい。
                   記
1.放送日時 10月17日(金) 20:00〜21:30 生放送
2.番組名   デイリー・プラネット「金曜発言中」
           その時々の最も旬な話題について、じっくり
           討論する生番組です
3.放映TV局 日本テレビのニュース専門チャンネル「NNN24」
          CS放送(フラット1)及びケーブルテレビ43局、
          BS日テレを通じて全国で放送中です。

■地方自治構造改革講演会シリーズ
地方自治構造改革講演会シリーズ

構造改革の構想力

地方自治の創造と破壊

日本の構造改革の柱の一つが、三位一体改革、また地方自治制度の改革であるとされる。
理念なき改革は根づかない。
構造改革には、歴史と時代を踏まえた構想力が求められる。
情報公開、住民参加、新しい市民像の出現などによって、
政府が「公」を独占することを許さない時代が来ている。
本講演会シリーズでは、地方自治構造改革に求められる構想力とは何かを探求する。



■第1日:11月10日(月)13時〜16時     
■会場:パレスホテル・ゴールデンルーム 
千代田区丸の内1-1-1   
講演と対談「社会変革の新しい視点」
講   演:村尾 信尚・関西学院大学教授
対   談:榊原 英資・慶應義塾大学教授と村尾教授

■第2日:11月11日(火)14時〜17時     
■会場:住友ホール(新宿住友ビルBF) 
新宿区西新宿2-6-1
講演と対談「地方交付税制度の来し方行く末」
講   演:岡本 全勝・総務省自治財政局交付税課長
対   談:岡本氏と小西砂千夫・関西学院大学教授
   
■第3日:11月12日(水)10時〜16時     
■会場:住友ホール(新宿住友ビルBF) 
新宿区西新宿2-6-1   
・10時〜12時30分
 講演と対談「三位一体改革のあり方」
 講   演:森田 朗・東京大学大学院法学政治学研究科教授 地方分権改革推進会議委員
 対   談:森田教授と小西砂千夫・関西学院大学教授
・13時30分〜16時
 シンポジウム「市民・企業・行政の新しい協働のかたち」
 コーディネーター:村尾 信尚・関西学院大学教授
 パネリスト:石川 治江・特定非営利活動法人ケア・センターやわらぎ代表理事
 パネリスト:逢坂 誠二・北海道ニセコ町長
 パネリスト:田中 大輔・東京都中野区長
 パネリスト:速水  亨・速水林業代表(三重県)


●参加費無料
●開場/各日共 開始時刻の30分前

●申し込み方法 
 下記の´△鬚柑仮箸ださい。先着順ですので、
 定員になり次第お断りする場合があります。
.侫.奪ス
本ちらし裏面の参加申込書(ファックス送信用紙)
に必要事項をご記入のうえ、下記宛に送信
してください。後日、入場整理券(はがき)
を送付します。
■ファックス送信先/
     0798-54-6029
Eメール
次のアドレス宛に、参加希望日、お名前、所属、
電話番号をご連絡ください。後日、入場整理券を
ファイル形式で送ります。
■アドレス/
kouenkai@kgo.kwansei.ac.jp

問い合わせ先
関西学院大学産業研究所 講演会係
〒662-8501 西宮市上ケ原一番町1-155 TEL. 0798-54-6127 URL:http://kgsaint.kwansei.ac.jp/sanken.html

●主催:関西学院大学
● 協力:関西学院同窓会東日本センター
    朝日カルチャーセンター  

■アジア初、開発途上国の情報格差解消に学生を派遣−UNVと協定締結
 関西学院大学と国連ボランティア計画(UNV)は、開発途上国での情報格差の解消を目指す学生ボランティア派遣について協定を結び、10月2日(木)に東京で調印式を開いた。UNVは世界の大学機関とのネットワークづくりを進めており、今回の提携はアジアで初めて。世界でも米・ジョージメーソン大学、スペイン・マドリッド自治大学に続く3校目となる。
 学生(学部生・大学院生)はUNVが開発途上国と先進国との情報格差(デジタルデバイド)解消を目的に展開しているプログラム「国連情報技術サービス(UNITeS)」に参加し、開発途上国におけるITの環境整備や利用教育などに携わる。事前研修を経て、現地での任務に約5カ月携わり、レポートなど所定の課程を修めた学生には単位が授与される予定。
 調印式では、UNVのアド・デラード事務局次長と、平松一夫学長が調印。平松学長は「国境にとらわれず世界に貢献することは、関西学院の建学時からの精神。新たな国際貢献にチャレンジする機会が得られたことを非常に嬉しく誇りに思う」と話した。
 04年度から3年間で最大35人を派遣予定。第1期生の募集は今年の11月から始め、来年度には現地に派遣される予定。
問い合わせは国際交流課(0798-54-6115)

■三日月会10月度例会ご案内
拝啓 仲秋の候 皆様には益々ご清栄のこととお喜び申しあげます。
 さて、10月の三日月会は、下記の要領により新しい事務所に移転しての初の会合となります。また当日は別途ご案内しております新事務所開所披露パーティーも引き続き開催されます。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。   
 敬具


 日 時   : 2003年10月24日(金)12:00〜13:30

 場 所   : 関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
        千代田区丸の内1−1−1 パレスビル6階
        営団地下鉄、都営地下鉄「大手町」C13b出口より徒歩2分

 会 費   : 1,000円
(引き続き開所パーティーがございますので軽食は準備いたしません)

スピーカー : 中條 高徳氏
アサヒビール 名誉顧問(元副社長)

タイトル  : 「日本の国に誇りを持とう」

中條アサヒビール名誉顧問は、陸軍士官学校を経て終戦を挟んで旧学制下で学ばれる。戦後60年近く、いま日本の教育の見直しが漸く動きはじめたかに見えるが、実業界に身を置きつつ、一貫して日本の国、日本人のあり方を考えて来られた同氏に「日本」について語っていただきます。

*2003年10月17日(金)までに出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。(原則として先着50名とさせていだきます。また開所披露パーティーの申し込みも一緒にお受け致しますのでその旨ご記入下さい。)

     東京支部  TEL 03-5224-6226 FAX 03-5224-6227     E-Mail kg.tokyo@nifty.com    

■秋季オープンセミナーを開催
秋季オープンセミナーを開催

開催日時: 2003年10月18日〜12月6日 いずれも10時〜12時
広報室 2003年 9月 29日 掲載

一般市民や学生に公開し、人気を集めている関西学院大学秋季オープンセミナーが、10月18日(土)から開講される。各講座の日程、講師、申込方法などは以下URLから参照。

日時: 2003年10月18日〜12月6日 いずれも10時〜12時
場所: 西宮上ケ原キャンパス、神戸三田キャンパス
参加費: 無料
講師: 以下URLから参照
主催: 教務部
お問い合わせ: 教務課(0798-54-6105)
URL: http://www.kwansei.ac.jp/lifelong_learning/open_seminar.html


■関西学院同窓会東京支部事務所移転のご案内
関西学院同窓会東京支部事務所移転のご案内

9月16日(火)を以って
事務所を移転致します。


【現住所】
関西学院同窓会東京支部事務所
〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町1-1-8 三越第三不二ビル4F
□TEL:03-3510-6031
□E-mail:kg.tokyo@nifty.com

     ↓

【移転後】

住 所 :東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル6F
〒100-0005 
T E L :03-5224-6226
F A X :03-5224-6227
E-Mail :kg.tokyo@nifty.com

アクセス: 営団千代田線・丸の内線・半蔵門線・東西線・都営三田線大手町
C-13B出口より徒歩2分

■2003年度 KG Tokyo総会 2003年7月19日(土)
2003年度 KG Tokyo総会 2003年7月19日(土)

首都圏同窓のみなさま

関西学院同窓会
東日本センター

----------------------------ご案内------------------------------

2003 K.G. Tokyo Annual Assembly
2003年度 KG Tokyo総会                           
    
■日  時  2003年7月19日(土)11:00〜14:00(10:30より受付)
■会  場  ホテルオークラ「曙の間」
       東京都港区虎ノ門2-10-4 tel.03-3852-0111
■総  会  11:00〜11:30
■記念講演  11:35〜12:20
       講師 関西学院 学長 平松 一夫氏
          『21世紀初頭の関西学院基本構想をめぐって』
■懇 談 会  12:30〜14:00
(本年も受付及び聴松庵にてお茶席を設けております。)
■会  費  1万円

尚、学院から多数のご来賓がご出席されます。
ご家族のご同伴も大歓迎です。(8,000円)

-----------------------------------------------------------------

総会への出欠のご返事は
 関西学院同窓会東京支部 
  FAX;03-3510-6032
  電話;03-3510-6031
Eメール;kg.tokyo@nifty.com
  ね港;〒103-0021 東京都中央区日本橋本石町1-1-8第3不二ビル4F
のいずれかでお願いいたします。
ご家族がご同伴の場合には、その旨をお伝えくださいますよう、
宜しくお願いいたします。


■関西学院同窓会東京支部「名乗り出てください係」御中
関西学院同窓会東京支部
「名乗り出てください係」御中

名乗り出ます
『関西学院中学部第1回生関東在住者の集い』
コパン2003SPRING号の「名乗り出てください」にしたがって、題記グループの名乗りをあげます。



1.なまえ;
関西学院中学部第1回生関東在住者の集い

2.世話人;
栗山展種・伊瀬晃・石丸誠・後藤恵三・五十嵐惠

3.連絡先;
中1回生 高28年卒 のち神戸大卒

栗山展種 nobutane@rr.iij4u.or.jp 043-275-2736
〒262-0032 千葉県花見川区幕張町 5-417-16-3-1308
中1回生 高28年卒 経済学部32年卒
五十嵐惠 igarashi@s2.ocv.ne.jp 03-3328-2070
〒155-0033 東京都世田谷区代田 4-3-7
4.メンバー;
中学部(新制)1回生の関東在住者24名と関西在住者6名 現在計30名
この会は関西へも呼びかけて、同期の出席者は全て会員とします。
5.活動内容;卒業以来、不定期に何度か集まったが、2000年10月から定期的に10月最終土曜日に集まっている。そのほか関西在住メンバーの黄綬褒章受賞を機にお祝いの会を催した。内容は食事会(関西の人も呼ぶので昼食会が多い)であるが、新制中学開設時、矢内正一先生、高橋信彦先生、庄ノ昌士先生とわずか3人の先生で開校式、入学式を迎えた生き証人、矢内イズムの信奉者を自負する集まりです。
                             
                               以 上

■関西学生弓道記録会
■関西学生弓道記録会

5月5日(祝)男子は関西大学、女子は大阪大学で、
関西学生弓道連盟加盟校のトップ選手が競い合う
関西学生弓道記録会(男子 100射・女子 40射)が行われました。

文学部3年の藤本 望(文3)が見事40射34中で女子優勝。
関学としては平成15年卒の小椋郁美以来、2年ぶりの記録会優勝となりました。

試合は前半20射を終えた時点で藤本が15中の3位の位置につけます。
そして、後半12射が11中と猛然と追い上げ、32射26中。
トップの近畿大学の選手に遂に並びます。
残りも僅かとなる36射終了時点で、両者、皆中の36射30中。
互いに勝負を譲りません。

そして迎えた、勝負のかかる最終の4射。
先に射る近畿大学の選手が2本立て続けに的中。
藤本も連中し追いすがります。
3本目。近畿大学の選手が外し、藤本は的中。
そして、勝負のかかる4本目。
近畿大学の選手がプレッシャーで外し、藤本の優勝が決定。
最後の1射も見事に的中し、堂々の皆中。
40射34中で見事、関西制覇を成し遂げました。

試合後の本人のコメントです。
「今日は本当にありがとうございました。
凄く素敵な時をいただけて本当に幸せです。
今まで恐怖と戦いながら弓を引いてましたが、
今日は自分のために、
そして私のために来てくださり
私を試合に出してくださった監督や後輩のために
ちゃんと弓を引ききろうと頑張りました。
優勝したい、皆中したいではなく、与えられた四本を正しく引いて、狙うことが目標でした。
弓は裏切らないことをやっと確信しました。
弓がまた好きになりました。
私に弓を引かせて下さって本当にありがとうございました。」



藤本 望(ふじもと のぞみ)
文学部3年
兵庫県芦屋高等学校弓道部出身(一般入試)
2001年に弓道部に入部。
一旦、体調不良のため、クラブ活動を断念するも、昨春に復帰。
一年間の地道な練習を経て、今春から中心選手として活躍を期待される。
早気を克服して、今回の記録会で見事優勝。

■第4回KG自然観察教室ー観音崎自然博物館での海とのふれあい体験ーへのお誘い
第4回KG自然観察教室ー観音崎自然博物館での海とのふれあい体験ーへのお誘い

東京支部ファミリーレクリエーション委員会では東京ウォーキングサークルと共催でKG自然観察教室を下記の要領で開催致します。今年は三浦半島の
観音崎に行きます。
生物の採集や実験などいろいろと海とのふれあい体験と風光明媚な海岸の散歩など風薫る5月の一日、豊かな自然を満喫していただけます。お一人でも、ご家族連れでもどなたでもご参加いただけます。

               記

○開催日:
5月17日(土) 雨天決行

○集 合:
京浜急行品川駅下りホーム前方8時35分、8時45分発三崎行快速特急に乗車、途中堀の内にて浦賀行に乗り換え浦賀下車、京急バス観音崎行き腰越下車

現地集合の方は10時15分に博物館入口前にお越し下さい。

○費 用:
1800円(入館、体験学習料、保険料等に充当)交通費は各自負担(品川から往復2000円程度)
○持ち物:
弁当をご持参下さい、海に入っても良い靴(サンダルは足を切るので不可)、タオル

○解散予定:
京浜急行横須賀中央駅午後4時30分頃

○参加申込み:
5月7日までにご同伴の方も含め、氏名、年齢、住所、連絡先電話番号を明記の上、同窓会東京支部「自然観察教室」係り宛FAXまたははがきでお申込み下さい。

○問い合せ先:
松本洋(41年経卒)自宅042-925-4358 

■「ワンコイン パーティ」開催
■「ワンコイン パーティ」開催

フレッシャーズ(社会人1年生と2年生)の皆さんが、
慣れない東京生活に不自由を感じたり、不安を抱いたりしているという話を
よく耳にします。それで、下記の期間、同窓会東京支部主催で「この際、
東京にいる立派な先輩に合っちゃいましょう」というイベントを開催致します。
ご近所に今年/昨年KG卒業がいる先輩(あなたです)
このページをコピーして渡して下さい。
そしてあなたも来ませんか?ワンコイン・パーティーに。

開催日:5月26日(月)〜29日(木)
時間:18:30〜20:30
会場:ランバスホール(即ち同窓会東京支部事務所)
会費:500円
連絡:参加希望/可能日を同窓会東京支部「ワンコイン係」までFAXかEメールで。

関西学院同窓会東日本センター兼東京支部事務所
〒103-0021
東京都中央区日本橋本石町1-1-8 三越第三不二ビル4F
□FAX:03-3510-6032
□E-mail:kg.tokyo@nifty.com


<社会人1/2年生のキミへ>
同窓会支部の有志のメンバーや、三日月塾塾生などが三々五々歓迎のために
集まります。
初めての東京で戸惑っている君、友達は出来そうだけどーーと言う君、
思いっきり関西弁を喋りたいという君、500円を握って日本橋にいらっしゃい。
オジサン・オバサンが歓迎してあげるよ。
「国際都市東京での生活のKnow How」なんてのも聞けるかも。

■関西学院大学産業研究所講演会 in東京(新宿)
関西学院大学産業研究所講演会 in東京(新宿)
「戦後を越える地方自治の新しいうねり」
−現場で格闘する日本の構造改革−

難問山積の国に対して、地方自治体では、情報公開や住所参加を
積極的に進めつつ、政治不信を払拭し、
役人のモチベーションを高める自治体改革が急ピッチで進んでいる。
いまや日本の希望は地方にあるとさえいわれている。
また、市町村合併、都道府県改革など、戦後を越える地方自治改革の
動きもある。
本シリーズでは、改革者と地方自治制度の設計者をお招きし、
地方自治改革のいまを考える。

●講師
5月28日(水)
逢坂誠二・北海道ニセコ町長
「市町村の自治体改革:人口4500人のまちニセコの意識改革」

5月29日(木)
北川正恭・前三重県知事
「都道府県の自治体改革:北川行革の八年間がめざしたもの」

5月30日(金)
松本英昭・(財)自治総合センター理事長
「地方自治制度改革:市町村合併・西尾私案・都道府県改革のゆくえ」

コーディネーター
小西砂千夫・関西学院大学産業研究所教授、同大学院経済学研究科教授

●入場無料
●開場(毎日)1:30PM
●講演(毎日)2:00PM〜3:00PM 対談 3:20PM〜4:30PM
●会場:住友ホール 新宿住友ビル地下1階 新宿区西新宿2-6-1
○交通アクセス ・都営大江戸線 都庁前駅直ぐ
        ・JR新宿駅西口より徒歩8分
        ・営団丸の内線西新宿駅より徒歩3分(地下道利用)

●申し込み
申し込みは、ご芳名、住所、電話番号、年齢、職業、卒業年次(同窓のみ)
及び参加希望日をA4用紙に記入し、ファックスにて送信してください。
折返し、産業研究所より入場整理券(はがき)を送ります。
先着順ですので、定員になり次第、はがき、電話等でお断りする場合があります。

FAX送信先 0798-54-6029

●問い合わせ
西宮市上ヶ原一番町1-155 (〒662-8501)
関西学院大学産業研究所 講演会係
TEL 0798-54-6127
主催  関西学院大学産業研究所
協賛  関西学院同窓会東京支部 朝日カルチャーセンター

■ゴルフコンペ開催のご案内
★ゴルフコンペ開催のご案内
2003年4月3日
関西学院同窓会東京支部
ゴルフサークル活動担当  辻本明重

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、第12回加茂カップオープン競技を下記要領で開催することとなりました。つきましてはご多忙中とは存じますが、是非のご参加を頂きたくご案内申しあげます。
                          敬具

日  時 : 2003年5月16日(金)
場  所 : 相模カンツリー倶楽部
神奈川県大和市下鶴間4018  TEL 046-274-3130 FAX 046-275-9229
集合場所 : 9時10分   クラブハウス
スタート : 9時59分   アウトコース    (4組)
   9時59分   インコース     (4組)
競  技 : 18ホールストロークプレー(各人のハンディキャップによる)
   初出場者は自己申告ハンディキャップ(オフィシャル、プライベート等)     
       を審査の上決定致しますので出席申込時に御記入下さい。
参加員数: 8組(32名)にて、先着順で締め切らせて頂きます。
予 約 金 : 8,000円を下記にお振込願います。
      東京三菱銀行 本店 普通預金  口座番号 6194879
  関西学院同窓会東京支部  支部長 重名 恬
 
出欠回答: 出欠回答につきましては、恐れ入りますが2003年4月21日(月)までに下  
      記に、TEL,FAX,又はE―mailにてお願いします。

  同窓会東京支部  TEL 03-3510-6031
FAX 03-3510-6032
E-mail kg.tokyo@nifty.com

関西学院同窓会東京支部ゴルフコンペ(第12回)
出 席                       (生年月日)
    氏名              S・T   年  月  日生            
欠 席
         HDCP

■三日月会会員 各位
三日月会会員 各位

関西学院同窓会東京支部

支部長 重名 恬

三日月会4月度例会ご案内

拝啓 春暖の候 皆様には益々ご清栄のことと
お喜び申しあげます。
さて、4月の三日月会は下記の要領にて
行うことになりました。
お忙しいとは存じますが、
多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。
(今回は夜に開催致します)   
 


:2003年4月21日(月)18:00〜

:関西学院同窓会東京支部 ランバスホール

地下鉄銀座線又は半蔵門線「三越前」下車徒歩3分

:1,500円(軽食を用意します。)

スピーカー:

グローバルベンチャーキャピタル代表取締役社長

東海学園大学教授

長谷川 博和 氏 

: 「 ベンチャービジネスは日本経済を支えられるか」

長谷川氏は野村総研で経済研究をする傍ら、
公認会計士として企業経営の分析や投資にも関わり、
平成8年独立してベンチャーキャピタル会社を設立、
数多くの企業を公開させている。
独立系ベンチャーキャピタル界の第一人者 
として官界でも巾広く活躍中である。

* 2003年4月14日(月)までに出席される方のみ
お返事を頂きますようお願いします。

(原則として先着40名とさせていだきますのでご了承下さい。) 

以上

東京支部 

TEL 03-3510-6031 
FAX 03-3510-6032  
E-Mail kg.tokyo@nifty.com

三日月会 4月度 例会  

出席します

卒業年度( S ・ H ) 年     

学部卒

氏名___________

連絡先_____________________
(TEL他)

*通信欄(住所変更届連絡事項)

■関西学院最古の建物「ハミル館」再生−W・M・ヴォーリズ作
関西学院最古の建物「ハミル館」再生−W・M・ヴォーリズ作

 西宮上ケ原キャンパスの北側にある関西学院最古の建物「ハミル館」の改修工事がこのたび完了した。4月から文学部総合心理科学科の研究室として使われる。
 ハミル館は現在の西宮上ケ原キャンパスを設計したW・M・ヴォーリズの作で、関西学院発祥の地である神戸・原田の森(現在の王子公園)に1918年に建築された。関西学院の上ケ原移転(1929年)の際に、現在地に移築された。長く文学部心理学科の研究室として使われていたが、古くは関西学院教会附属仁川幼稚園だった時代もある。
 5年前から倉庫になっていたが、このたび文学部総合心理科学科の研究室として使用するため改修工事を行った。外観は窓の形などをできるだけ古い時代のものに戻している。また玄関ホールにおいては、上ケ原移転当時の床材や腰板、照明器具などを使用している。

■提携講座、東京で開講−関西学院大学・心のシリーズ「“いのち”のケアを考える」
提携講座、東京で開講−関西学院大学・心のシリーズ「“いのち”のケアを考える」

 関西学院大学と朝日カルチャーセンターは4月18日(金)から、東京・西新宿の新宿住友ビルの同センターで関西学院大学・心のシリーズ「“いのち”のケアを考える」を開講する。関西学院のOBや大学教員らが講師を務め、こころの豊かさ、深さに触れ、現代のホットな生と死を多角的に分りやすく浮き彫りにする。日常生活では見えなかった事実を、4人の専門家が、それぞれの経験を交えて語る。

《講演会》「生き方上手のすすめ」
講師:日野原重明(聖路加国際病院名誉院長・関西学院旧制中学部卒業)
日時:4月18日(金)14時30分〜16時
場所:新宿住友ビル・住友ホール
講演内容:人間にはそれぞれの遺伝子がある。しかし環境次第で成長の仕方も変化する。よい遺伝子が活躍し、悪い遺伝子のスイッチがオフになる環境づくりを考えてみる。

《連続講座》「病む人のかたわらに」
講座内容:こころの豊かさと深さを追求する「関西学院大学・心のシリーズ」第一弾。日常生活の中では見えてこない“いのち”の多角的な諸相を見据え、生きる意味を問うシリーズ。キリスト教的人間観をベースに、ホスピスケアの現場に詳しい3人の専門家が現代における生と死の深層に迫る。

々峪奸藤井美和(関西学院大学社会学部専任講師)
 日時:4月25日(金) 死生観とは
    5月9日(金) 「生きる」を考える
講師:藤井理恵(淀川キリスト教病院副牧師、関西学院大学大学院神学研究科修了)
 日時:5月16日(金) たましいのケア
    5月30日(金) ホスピスでのやすらぎ
9峪奸Х寺俊之(関西学院大学神学部教授)
 日時:6月13日(金) 生と死とキリスト教
    6月27日(金) キリストとの出会い

いずれも時間は15時30分〜17時、会場は新宿住友ビル48階朝日カルチャーセンター教室。

〈応募要領〉
申込方法・資料請求:新宿住友ビル4階受付で、現金またはカードで。振込み希望の場合は、下記に連絡すれば所定の書類を送付する。
〒163-0204 東京都新宿区西新宿2−6−1新宿住友ビル朝日カルチャーセンター教養科
電話:03-3344-1945(直)FAX:03-3344-4882
受講料:講演会2000円、連続講座12000円
ただし連続講座に申し込みの場合、講演会は無料。
インターネット:http://www.asahi.com/acc/acc.html。
問い合わせ:関西学院広報室(0798-54-6017)

■三日月会3月度例会ご案内
三日月会会員 各位

関西学院同窓会東京支部

支部長 重名 恬

三日月会3月度例会ご案内

拝啓 早春の候 皆様には益々ご清栄のこととお喜び申しあげます。
 さて、3月の三日月会は下記の要領にて行うことになりました。お忙しいとは存じますが、多数ご出席賜りますようご案内申しあげます。  
(今回は土曜日になります) 敬具


●日 時      

2003年3月22日(土)12:00〜13:30

●場 所 

関西学院同窓会東京支部 ランバスホール
地下鉄銀座線又は半蔵門線「三越前」下車徒歩3分

●会 費 

1,500円(軽食を用意します。)

●スピーカー 

医学博士 大森 しげお薫雄氏
横須賀老人ホーム診療所所長
東京慈恵医大整形外科客員教授
日本体育協会公認スポーツドクター
 
●タイトル

中高年を健康に過すために
ひざ、腰、関節がちょっとでも気になる人に
神奈川県立厚木病院院長 日本山岳会副会長
(日本山岳会エベレスト登山隊参加)を歴任、
若さを保つポイントの実践と医学的見地から多くのアドヴァイスを与えて下さいます。

*2003年3月14日(金)までに出席される方のみお返事を頂きますようお願いします。(原則として先着40名とさせていだきますのでご了承下さい。) 
以上

●東京支部 
TEL 03-3510-6031 
FAX 03-3510-6032  
E-Mail kg.tokyo@nifty.com                           
   
  三日月会 3月度 例会     出 席 します
  
   卒業年度(S. H.)   年       学部卒 
       
   氏名                 連絡先                               
                        (TEL他)
    *通信欄 (住所変更届他連絡事項)  

■日韓代表チームに分かれて対決−アメフト部の主力ライン2人
日韓代表チームに分かれて対決−アメフト部の主力ライン2人

 アメリカンフットボールの第2回ワールドカップのアジア・オセアニア地区予選、日本対韓国の試合が2月23日(日)に大阪・長居球技場で開催されるが、関西学院大学の主力選手だった4年生2人が両国の代表チームに分かれて出場する。
 守備ラインの西村径展前主将(文4)は、社会人が中心の日本代表チームの中で、大学生から選ばれた3人のうちの1人。一方、攻撃ラインの金保善(文4)は、在日韓国人で韓国代表チームに選ばれ、主力選手としての活躍が期待されている。金は2月9日(日)から11日(火)まで韓国で代表チームの合宿に参加している。
 実力的には日本代表が数段上と思われるが、関西学院大学でチームメートとして攻守の第1線を支えた選手同士の対決も注目を集めそうだ。

■藤井裕士写真展   写真へ  ―冬の旅 北へ―
【昨年1月に、23歳でなくなられた同窓の若き写真家・藤井裕士さん(01年文学部美学科卒)の写真展が開催されます。
謹んでご冥福をお祈り申し上げますと共に、未来に大きな夢を抱かれた作品の数々を是非共、ご覧頂きますようご案内申し上げます。】

             記
  
  藤井裕士写真展   写真へ  ―冬の旅 北へ―

1.期間:2003年3月18日(火)―24日(月)
2.時間:10:00―19:00(最終日は16:00まで)
3.場所:新宿ニコンサロン  ニコンサロンbis21
     新宿区西新宿1−6−1新宿エルタワー28階 
     ニコンプラザ新宿内
4.電話:03−3344−0565(ニコンプラザ新宿内)


■学院ホームページをリニューアル
1月23日、学院ホームページをリニューアルしました。
トップページ(index_flash.htmlとindex_text.html)のタイトルの一部を「ひらがな」表記にしています。これは、視覚障害者の方が利用する音声読み上げブラウザに対応したためで、誤植ではありません。(関西は「かんさい」と読み上げられ「かんせい」とは読みません。)※なお、フラッシュ版トップページは漢字表記に戻すことを検討中です。広報室では、ウェブ・コンテンツに関するアクセシビリティの向上に取り組んでおります。詳しくは、サイトポリシーをご覧ください。

■経済学研究科『はじめての経済学研究ナビ』を創刊
経済学研究科『はじめての経済学研究ナビ』を創刊

 関西学院大学大学院経済学研究科はこのたび、大学院研究の手引き書『はじめての経済学研究ナビ』を創刊した。大学院の研究を進めるうえで必要とされる基本的項目をまとめたもので、3部構成になっている。第1部研究施設・ツール編「身近な研究ツールをもっと活用しよう」では、研究能力を高め、研究生活を実りあるものにするための施設やツールの活用方法、大学図書館や学外の情報サービス機関など具体例を現役の大学院生が紹介。第2部論文・レポートの書き方編「カッコよく面白い論文・レポートを書こう」では、一人前のエコノミストとして認められるための注目される論文・レポートの書き方を経済学研究科の教授が伝授する。第3部経済学の分野紹介編「私たちのフィールドがここにある」では、経済学の分野紹介と分野別の基本的文献や参考文献を経済学研究科の担当教員が紹介している。
 現役の大学院生には自らの研究をより深めていくための手引きであり、大学院進学を考えている大学生や社会人には大学院の学びを具体的にイメージできるハンドブックである。問い合わせは経済学研究科事務室(0798-54-6204)。

■売り上げ日本一の名物店長、来春「大学生」に転身−震災を契機にロースクールを目指す
売り上げ日本一の名物店長、来春「大学生」に転身−震災を契機にロースクールを目指す

 今年初めて実施された法学部AO入試社会人枠の合格者のひとり吉本里美さん(47)は螢瀬ぅ─雫侈魁E皇校代には売り上げ日本一を達成するなど名物店長として鳴らしたが、来春退職し、学生として人生の新しい一歩を踏み出す。
 高校卒業後ダイエーに入社。神戸・長田店店長時代に阪神大震災にあい、地域に物品を供給するため全力を尽くした。地域住民の信頼を得て、その年長田店は経常利益日本一を達成する。しかし吉本さんには「こうした非常時の支援は法や政治のもとで実施すべきではないのか」という疑問が残った。その後も徳島店店長時代にダイエーホークス優勝セールで売り上げ日本一を達成するなど仕事は順調だったが、その疑問を忘れることはできなかった。
今年に入って司法制度改革に興味を持った。「ロースクールに行って、法や政治に関連する仕事に就きたい」。04年にロースクールを設置予定の関西学院大学が法学部AO入試を実施すると知った。自宅近くの公立図書館にある法律に関する本をすべて読破して受験に備え、書類選考やレポート作成、グループディスカッションの審査を通過して見事合格した。
短大生を頭に3人の子を持つ父親。家族に進学の希望をうち明けたら「言ったことはやり遂げると信頼されているようで、全面的に応援してくれた」。将来の夢に向かって、子どもたちに負けじと勉強する毎日が来年から始まる。

■ラグビー部、悲願のAリーグ復帰−23年ぶり−
ラグビー部、悲願のAリーグ復帰−23年ぶり−

 関西学院大学ラグビー部は14日(土)、京都・宝が池球技場で行われた関西大学リーグ入替戦で大阪経済大学を42−26で下し、23年ぶりのAリーグ復帰を果たした。
 昨年同様、Aリーグ昇格をかけて大経大との入替戦に臨んだ関学。前半、早々に大経大に先制トライを奪われるが、すかさずトライを取り返す一進一退の攻防。互いに1トライ1ゴールを追加して12−12の同点で前半を折り返した。
 後半、関学は1トライ1ゴールを奪われ12−19と逆転されるが、FB高田大典(社4)の自陣からの独走トライで流れをつかみ、WTB平井祥寛(社1)のトライとゴールでたたみかけ24−19と逆転。その後は完全に関学ペースとなり、平井の2トライなどで大経大を圧倒した。同部は過去5連覇を含む優勝7回の実績をもつ名門。

■ブロードバンド放送局を開設 - インターネット上に科学・文化の教育映像番組
ブロードバンド放送局を開設 - インターネット上に科学・文化の教育映像番組

 関西学院大学では10月10日、インターネット上に科学・文化教育番組のブロードバンド放送局「KG Broadband Station」を開設した。
 URLはhttp://www.kwansei.ac.jp/ksc/broadband/
 本学神戸三田キャンパス(KSC)にある理工学部と総合政策学部の共同企画で、生命科学や情報科学を中心とした自然科学や社会科学の最前線の研究内容を、実験による実映像やコンピュータグラフィックなどを駆使して分かりやすく紹介する映像番組のサイト。10分程度の番組を2002年度中に10本制作して配信し、2003年度も継続する。開設と同時に公開された第1作は理工学部・木下勉教授の研究をテーマにした「発生のしくみ〜細胞が活躍する世界〜」。
 光ファイバー、ADSL、CATVなどのブロードバンド回線で端末をインターネットに接続して視聴する場合、512kbpsで配信して640×480ピクセルの大画面で良質な映像を見られる。ISDN、電話回線などのナローバンド回線に対しても56kbpsで配信する。
 中学2年生を視聴者の基準とし、「分かりやすく」を重視して制作しており、中学・高校など教育現場において副教材に利用できる内容となっている。視聴にはwindows media player7.0以上が必要(無料でダウンロードが可能)。本企画は、関西電力株式会社の協力を受けて進めている。

※ 総務省の調査では、自宅のパソコンからインターネットへ接続する場合のブロードバンド回線の利用率は急速に増加しており、2002年8月現在で光ファイバー約10万世帯、ADSL391万世帯、CATV175万世帯で全体の2割を超している。
※ 文部科学省によると、2001年度までに全公立学校がISDN回線によるインターネットへの接続をほぼ完了し、2002年度からはブロードバンド回線への移行を開始しており、2005年度までに完了する予定。

■KSCのトップページを開設
KSCのトップページを開設

神戸三田キャンパス(KSC)のホームページがこのほど開設された。これまで総合政策学部と理工学部それぞれがホームページを開いていたが、キャンパスとしてのホームページを作成し、KSCの個性やコンセプト、独自の企画、ニュースなどの情報を集約して提供していく。理工学部と総合政策学部の共同企画として、インターネット上での科学教育番組のブロードバンド放送も企画されている。
 URLはhttp://www.kwansei.ac.jp/ksc/


■門田教授が学会賞を受賞
門田教授が学会賞を受賞

 言語コミュニケーション文化研究科の門田修平教授が大学英語教育学会より大学英語教育学会賞学術賞を受賞した。受賞理由は今春関学研究叢書100編として出版した『英語の書きことばと話しことばはいかに関係しているか:第二言語理解の認知メカニズム』(くろしお出版)が評価されたため。授与式は9月7日(土)に青山学院大学で行われた。

■政策メッセ 優秀賞・若手研究者賞−田中紀子さん(総・大学院)
政策メッセ 優秀賞・若手研究者賞−田中紀子さん(総・大学院)

大学院総合政策研究科博士課程後期課程2年の田中紀子さんが、政策分析ネットワークが主催する「政策メッセ2001アワード」で優秀賞と若手研究者賞をダブル受賞し、今年7月20日に表彰を受けた。同ネットワークは、日本の政策研究者と実務家のための研究交流組織で、大学、シンクタンク等の機関や国・地方の議会、中央省庁・地方自治体、民間企業等の専門家が参加している。
 受賞論文は「アジア諸国のマクロ経済政策シミュレーション」。97年のアジア金融危機以降のアジア3国のIMF融資交渉をテーマに、IMFの国際機関としての役割と意思決定、IMF交渉の合意に達するまでのアジア各国政府の意思決定について分析した。
 受賞の副賞として、今秋に米国テキサス州で行われるAPPAM(米国の政策研究者・実務家の交流組織)の年次研究大会でポスターセッションに出展する。

■自転車で全国に「エコライフ」を呼びかける−作田祥介さん(総2)、実行委員として奮闘中
自転車で全国に「エコライフ」を呼びかける−作田祥介さん(総2)、実行委員として奮闘中

作田祥介さん(総2)は、今夏「自転車きゃらばん02」の実行委員を務めている。全国の環境問題に関心を持つ大学生が参加する「自転車きゃらばん」は、自転車というクリーンで身近なツールで全国を走り、「環境問題」を考え、すぐにでも始められるエコライフの実践を呼びかける企画。西日本組は7月28日に鹿児島を出発、東日本組は翌日宇都宮を出発し、約1カ月後に京都で合流する。ゴールは9月1日、大阪・堺市で迎える予定。途中、各地で街頭アピールやスーパー前でのマイバッグ持参活動の呼びかけ、自治体訪問などを行う。詳細はhttp://kyoto.cool.ne.jp/charicara02/に。作田さんは現在、自ら住む尼崎市などの自治体や企業と訪問等の交渉を行っている。
 作田さんは総合政策学部の環境サークル「グローバル・アイズ」に所属。4月には国際交流教育を推進するNPO「iEARN」(アイアーン)の呼びかけに応えて、ニューヨークの高校生が運営する「ユースキャン環境国際会議」(於:米国自然史博物館)にテレビ会議システムを通じて参加し、日本での割り箸使用の功罪をプレゼンテーションした。「自転車きゃらばん」について「道行く人と一緒に、環境問題の解決に向けて一人ひとりができることを一緒に考えたい。まだ参加学生を募集しているので、ぜひ多くの人に参加して欲しい」と話している。

■−研究業績データベース リニューアルオープン―リアルタイム更新が可能に―
−研究業績データベース リニューアルオープン―リアルタイム更新が可能に―

関西学院大学は2000年1月より全専任教員の研究業績をウェブ上で公開してきたが、このほど2002年度版へのリニューアルが完了した。これまでは、冊子『研究業績報告書』を毎年HTMLやPDFに変換しデータベースに登録しており、年1回の更新であったが、今回のシステムは教員がリアルタイムで自分の研究業績を更新できるのが特徴となっている。
 掲載内容は教員の専攻、所属学会、研究分野、主要研究業績などで、フリーキーワード、氏名、専攻、所属から検索できる。表示は以前のバージョンと同じHTML形式とPDF形式の二通り。また、フランス語やドイツ語による検索も可能。
ブラウザの推奨環境は、Internet Explorer 5.0またはNetscape Navigator 6.0以上。PDFの閲覧には
Acrobat Reader 3.0aJ以上が必要となる。「研究業績データベース」のURLは、http://www.kwansei.ac.jp/kwansei_research/

■大学図書館夏季展示企画「日本映画と監督たち」
大学図書館夏季展示企画「日本映画と監督たち」

日本映画の歴史、代表的な映画監督のプロフィールや主要作品、歴史に残る名作や映画化された文学作品などを、大学図書館の資料を通じて紹介する。8月下旬まで実施中。一般の観覧可。問い合わせは大学図書館運営課(0798-54-6121)。

■「ナノバイオテクノロジー研究開発センター」設立
 −理学研究科と企業が産学共同プロジェクト−
 関西学院大学大学院理学研究科は生命科学分野で民間企業との産学共同研究プロジェクトに取り組む「ナノバイオテクノロジー研究開発センター」(代表・山崎洋理工学部教授)を立ち上げた。
 プロジェクトは「生体機能モニタリングのための機能素子の開発と応用」で、大学院理学研究科の生命科学分野、物理学分野、化学分野の教員9人と製薬会社や研究所など3社が共同で研究を行う。文部科学省の高度化推進事業の4つの柱の一つである産学連携研究推進事業に採択され、今年度から5年間の研究経費約2億円のうちほぼ半額の助成を受けて進められる。
 研究は、ゲノム解読の知識を応用して、個人の遺伝子情報を集積するようなチップを作成したり、遺伝子の作るタンパク質の機能を効率よく解析できる機能素子(チップ)を開発することが目的。健康モニタリングや病気の予防・治療に役立てるほか、細胞内で中心的な役割を果たす膜タンパクを埋め込んだ膜センサーチップを作成し、薬物との反応を調べられるようにすることなどを目指す。
 この研究が進めば、個人の健康管理や新薬開発に役立っていくことが見込まれ、ベンチャー企業の設立も視野に入れている。

■「同窓会東京支部の名簿が出来ました」
一部500円で事務局で販売しています。
郵送の場合は700円です。

お問合せ先 03-3510-6031

■地域政策研究ネットワーク発足−大学・自治体・NPOが連携して
広報室  2002年05月27日

 関西学院大学大学院総合政策研究科の 産官学共同研究機構「リサーチ・コンソーシアム」はこのほど、 自治体職員や学校教員、福祉関係従事者、環境、 まちづくり等の各種NGO・NPOのリーダーらを対象に 「地域政策研究ネットワーク」を立ち上げた。
 すでに兵庫県、神戸市、阪神間の自治体の職員や 民間企業、シンクタンクの研究員、大学教員など20人以上が 発起人に名を連ねており、「自治体の事業評価」など いろいろな政策課題をテーマに共同研究を進めたり、講演会などを行う。
 リサーチ・コンソーシアムは1999年に設立され、 企業や自治体約130団体と、200人以上の個人が加入している。 地域政策研究ネットワークはその分科会として位置づけられている。

■金圭元さんに特別卒業証書を授与−
大戦下、独立運動で投獄 学業半ばで除籍
広報室  2002年05月20日

関西学院高等商業学校に入学したが、 大戦下に治安維持法に問われ投獄されたため 卒業できなかった韓国・仁川市の金圭元さん(故人)に、 関西学院大学は特別 卒業証書を贈る。 7月6日、ソウルで特別卒業証書授与式を開き、 平松一夫学長が夫人の慎南鶴さんに手渡す。
 金さんは1943年、旧高商に入学。しかし祖国の独立運動に関わって特高警察に逮捕され 通学できなくなり、関西学院は45年3月に除籍した。 金さんは戦争末期に祖国に帰り、ソウル大学大学院を修了。金泳三大統領の時に建国褒賞を、現政権の金大中大統領から国家有功者の待遇を受けた。
 関西学院での学業の中断を残念に思っていた金さんは、今年1月、旧西宮市立商業学校の同級生・徐元洙さん(西宮市在住)を通 じて、関西学院大学に「名誉回復のため特別卒業証書を授与してほしい」と申し出た。金さんはその直後に急死されたが、 関西学院大学は金さんの強い要望を受け、また二度とこのような不幸な事態が繰り返されないことを願い、大学として初めての特別 卒業証書授与を決めた。

問い合わせは広報室(0798-54-6017)。

■携帯3キャリアに対応−auやJ-PHONEでも閲覧可能に−
広報室    2002年04月22日
広報室では、2000年12月から学院iモード版ホームページを公開してきたが、このほどauとJ-PHONEにも対応し、携帯3キャリア対応のホームページにバージョンアップした。
 学院iモード版は公開後、着実にアクセス数が増加。現在では、1週間平均で約1000件のアクセスがあり、携帯からの情報入手が一般に定着したことから、au版とJ-PHONE版の対応に踏み切った。
 各社のインターネット対応携帯電話から http://www.kwansei.ac.jp/ にアクセ
スすると自動的に対応するトップページを表示する。コンテンツは、「K.G.WEEKLY NEWS」「テレフォンガイド」「大学案内・入試情報・資料請求」などで、iモード版、au版、J-PHONE版とも共通となっている。

■KG-TOKYO.COM OPEN
関西学院同窓会東日本センターでは、関東エリアに在勤・在住する同窓生の情報共有の場としてコミュニティウエッブサイト「KG-TOKYO.COM」を立ち上げ4月3日(水)満を持してスタートした。
今回のインタビューでも、関西学院同窓会副会長 重名氏は「人の集まる物理空間 (今までの同窓会活動)をしっかりとした核として、ウエブ上で情報コミニュティが、核を球体のように覆っていくようなものとして大きく展開して欲しい」と述べ「是非皆さんの意見や感想お送りいただき、そこから新しい企画をどんどん生み出していきたい」と締めくくった。
忌憚なきご意見をKG-TOKYO.COMまで

■新理事長、新学長決まる
−4月から山内一郎神学部教授
広報室    2002年03月18日
2002年4月から関西学院の理事長に山内一郎神学部教授(66歳)の就任が、
3月17日開催の理事会で決まった。現任の武田建理事長は任期途中であるが、
一身上の理由で本年3月末をもって辞任することが決まっている。山内教授は
1998年から関西学院院長を務めている。また2001年から2002年3月末まで高中部長を務める。4月以降は、理事長と院長を兼任する。任期は現理事長の残任期間である、2004年3月末までの2年間。
また、今田寛学長の任期満了に伴う学長選挙で、次期学長に商学部の平松一夫教授(54歳)が10月16日選出された。就任は2002年4月1日で、任期は3年。
平松教授は、関西学院の中学部、高等部を経て商学部では会計学を専攻、青木倫太郎教授や増谷裕久教授(いずれも当時)に学んだ。会計学界では、IAAER(国際会計教育研究学会)の副会長やアメリカ会計学会評議員、アジア会計学会役員を歴任するなど国際的な舞台で活躍。国内でも学会役員の他、金融庁・企業会計審議会委員として企業会計のディスクロージャー制度改革に貢献している。主要著書は『外部情報会計』、『国際会計の新動向』など。
学内では国際交流部長、入試部長などを歴任し、協定校との交流の活性化や入試制度の改革に数多く実績を残した。次期学長として「社会のニーズからかけ離れることなく、関学の伝統的強みを生かして、国際舞台で力を発揮できる社会人を育成したい」と抱負を語った。

■2001年度重大ニュース【1】
理学部が移転を完了
広報室    2001年09月25日
関西学院大学理学部は西宮上ヶ原キャンパスから神戸三田キャンパス(KSC)への移転作業を9月中にほぼ完了し、10月1日から新天地で授業を再開する。これにより、KSCは総合政策学部と理学部の2学部体制となり、第2のキャンパスは秋学期から新たな賑わいを見せることになる。
理学部は2002年4月には、これまでの化学科、物理学科に加えて生命科学科、情報科学科を新設し、4学科体制で名称も「理工学部」に変更される。定員も現在の130人から4学科で286人と倍増する。総合政策学部も既存の総合政策学科に加え、新たに定員100人のメディア情報学科を開設する。新しい学問分野や最先端の科学技術分野での教育・研究が集積されることで、KSCは上ヶ原キャンパスと異なる個性を磨き、飛躍への大きな一歩を踏み出す。2005年度には、KSCの学生数は現在の倍の約4千人規模となる予定で、関西学院大学は本格的な2キャンパス体制の幕を開ける。

■2001年度重大ニュース【3】
アメフト、悲願の日本一
広報室    2002年01月3日
アメリカンフットボール部は、1月3日に東京ドームで行われたライスボウル・日本選手権でアサヒ飲料を30-27で下し、初の「日本一」に輝いた。関学は、ライスボウルが1983年度に東西学生選抜対抗戦から日本選手権に変わって以来5度目の挑戦で悲願を達成した。過去10年間で学生が優勝しているのは95年の京都大学だけ。

■2001年度重大ニュース 【4】
関西学院が啓明女学院と提携−2002年に共学の啓明学院中学が誕生
広報室    2001年05月28日
関西学院は教育を取り巻くさまざまな環境が変化する中で、一貫教育を充実させることを目的として、啓明女学院とこのほど協定を結んだ。
啓明女学院は本学と同じランバス・ファミリーが創立に係わり、建学の理念を同 じくする「ランバス関係姉妹校間協定校」で、中学校と高等学校から成る神戸の伝統的な女子校。現在約950人の生徒が学ぶ。同女学院は2002年4月から定員を90人とする男女共学の「啓明学院中学校」を設置して、高校を含めて6年一貫教育を行う。関西学院大学では6年後の第一期卒業生から原則として全員を受け入れ、大学を含めると10年一貫教育となる。
別法人でありながら、このように卒業生のほぼ全員を推薦で受け入れるケースは他にあまり例がない。当初は共学中学校から始め、学年進行に従い共学の高等学校が設置される計画。今後は英語や読書指導などに特徴を持たせた教育が考えられており、関西学院との間で施設利用や、キリスト教行事などの交流も積極的に行われる。

■2001年度重大ニュース【5
シラバスの公開/学生による授業評価、全科目でスタート
広報室    2002年02月12日
大学は、2002年度からすべての授業科目についてホームページ上でシラバスを
公開し、またすべての科目において学生による授業評価を実施することを決めた。シラバスは既にホームページか印刷物どちらかで学生に公開されているが、次年度からはすべての科目がホームページで公開される。また学生による授業評価はネット上への書き込みや、授業中または学期終了後のアンケートなどによって行われるもので、方法は教員によって若干異なるが、いずれかの方法が授業開始前にシラバスの一項目として学生に明示されることになっている。
このような一連の授業改革は、今田寛学長が就任以来「キャンパスの知的活性化」をスローガンとして提唱し続けてきた項目の一つで、社会的背景や学生の希望などが引き金となってこのほど実施に踏み切った。
またこのような授業改革は個々の教員による改善だけでなく、ファカルティ・ディベロップメント(FD)委員会を設けて大学全体で検討することも決まっている。そこでは授業の内容や進め方などを充実させるために全学的に協議し、学生・教員双方の協力の下に更に大学を活性化していくことを狙いとしている。
大学はこれによって学生や教員の授業に臨む姿勢に、より一層の緊張感を与え、授業の内容が活性化していくことに期待を寄せている。

■2001年度重大ニュース【6】
志願者数が15%増加/志願者4万人超す
広報室
2002年度関西学院大学一般入学試験志願者数は昨年度より5474人増加し41991人となった。今春4月に開設される新3学科の志願者4123人を差し引いても、昨年度より1351人の増となっている。
新3学科の志願者数内訳(F日程・A日程)は、理工学部生命科学科が1625人、理工学部情報科学科が1494人、総合政策学部メディア情報学科が1004人となっている。
また、2002年度入試の特徴として、全国的な法学部人気を受けて、法学部志願者が昨年度より860人増加していることが挙げられる。

KG HOT NEWS.
circle
copains
KG LINK.