HOME.CONTACT.PRIVACY POLICY.
K.G-TOKYO.COM Registry Member
入会はこちら LOGIN
What's K.G-TOKYO.COM
WHAT'S K.G-TOKYO.COM

<サークル紹介>

■新月フォトクラブ 第148回例会 ’13/3/18(月)
感性は十人十色、撮影会で風景を撮りに行っても同じ写真はありません。写真を持ち寄り、刺激を受けることで貴方の隠れた才能が開花することでしょう。元写真部員やデジカメに詳しい人も居り、適切なアドバイスが受けられます。撮影意欲は脳を活性化させ若さを保ちます。一人では無理でも仲間がいれば続くのが写真です。お気軽にどうぞ。
                榎本寛治(昭36法)


■美術鑑賞会
■紹介
私たち美術鑑賞会の略称は《GVC》です。会員の安部隆雄さんに名付けて
頂いたものでGallery Visiting Circleの略称です。
現在会員数は40名(女性20名、男性20名)
毎月首都圏の美術館を巡って話題の特別企画展を鑑賞し、ティーブレイクでワイワイガヤガヤ関西弁を
楽しんでいる気楽なサークルです。
みなさんの体験参加は大歓迎です。お気軽に飛び込み
参加してください。

2013年度の鑑賞予定は下記のようになりました。
(各月の例会日は原則として第3金曜日です。)
2月クラーク・コレクション展(ルノワールとフランス絵画の傑作)三菱一号美術館
3月ルーベンス展(アントワープ工房と原点のイタリア)Bunkamura ザ・ミュージアム
4月ラファエロ展 国立西洋美術館
5月貴婦人と一角獣展(フランス国立クリュニー中世美術館所蔵)国立新美術館
6月ファインバーグ・コレクション展(江戸絵画の軌跡)江戸東京博物館
7月プーシキン美術館展(フランス絵画300年)横浜美術館
8月ルーヴル美術館展(地中海三千年のものがたり)東京都美術館
9月ミケランジェロ展 天才の軌跡(システィーナ礼拝堂500年祭記念)国立西洋美術館
10月特別展 京都洛中洛外図と障壁画の美 東京国立博物館平成館
11月ギュスターヴ・カイユボット展 ブリジストン美術館
12月ロダン・ユトリロ特集 西山美術館
2014年
1月モネ 風景を見る眼 展(19世紀フランス風景画の革新・ポーラ美術館と国立西洋美術館のコラボ)国立西洋美術館


■パソコンを楽しむ会
。慣遑隠稿 第4金曜日 11:00〜13:30  ランバスホールにて開催
▲董璽沺次屮┘セルの復讐」
9峪嬪縦蝓‐湘直ー\萓検


■KG川柳サロン
2003年1月に誕生したサロンです。

講 師  津田暹(ススム)先生
例 会   月1回(原則第二火曜日)
会 費   月1,500円

見たことはあっても、作ったことのない人がほとんど。
そんな面々を相手に、先生が丁寧に解説、選評をしてくださいます。
川柳の奥の深さを知り、苦しみながらも、楽しくなっているところです。
殺伐とした世の中だからこそ、笑いに託して川柳を作ってみませんか?




■囲碁 サークル
囲碁サークルの皆様
幹事長:菊地 正二郎

来年2月7日(木)の恒例の行事について、ご連絡いたします。

16:00−17:00 総会(会計報告・活動計画:於ランバス)
17:30−20:00 新年会(観梅会:下記の通り) 
(なお、12:00−16:00は 通常通りの例会があります。)
多数の方のご参加をお待ちしています。

恒例の観梅会(H25年度 新年会)のご案内です。
今回は、東西線の竹橋駅にある、KKRホテル東京の12階の景色が
良く見える会場を準備いたしました。
美味しい料理と美酒を囲んで、囲碁談義に花を咲かせようと考えています。

1.日時 :2月7日(木) 17:30〜20:00
       ランバスホールで総会後 会場に移動
2.場所 :KKRホテル東京 12階 リラ
        http://www.kkr-hotel-tokyo.gr.jp/restaurant/rira/
       千代田区大手町1-4-1   03-3287-2928
         東西線・竹橋駅下車 2分
       当日は、サピアからタクシー分乗で移動
3.費用 : 5,000円   
        (中華料理、フリードリンク 込み)
4.締切 : 1月25日(金) 高島まで
観梅会幹事 高島
     


■将棋サークル
 将棋サークル ニュース 2013年1月

東京支部会員のみなさま、明けましておめでとうございます。

将棋サークルは、今年も1月10日から本年の活動を開始しました。部員数、現在11名の小さなサークルですが、毎年会員数1割増加し発足以来退会者ゼロ。毎月1回第1木曜日午後1時30分から定例会を必ず開催するという伝統を誇っています。例会では、全員総当たりで時間の許す限り皆で対局し、講評も行います。
圧巻は、毎年春と秋には強化合宿を有名観光地などで開催し、棋力向上と地域との交流を図ってきました。
将棋の駒を触ったことがない方は、まず少ないと思います。どうぞ今後の人生に残る趣味として,我がサークルへ是非ご参加ください


■ペーパーバックス・ファン
サークル「会報」は2001年から書いています。でも作家や小説の好みは人それぞれ違いますから「会報」も相手ごとに気に入って頂けそうなのをと勝手に選んで送っていました。女性には「日の名残り」や「ケン・フォレット」、競馬ファンはもちろん「ディック・フランシス」、クリスチャンとかだと「ペーパーバックと聖書」「ミゼレーレ」といったあんばいに・・で、結局だれに何を送ったんだか分からなくなってしまいました。このサイトに書き込みができるようになる以前、プリントアウトを郵送していた頃の話ですが。
世話役:安部隆雄(昭和34経卒)


■聖書を学ぶ会
関学のスクールモットーMastery for Serviceの原点は、聖書からきています。
聖書ほど世界の歴史や文化に大きな影響を与え、現在でも永遠のベストセラーとして世界中の国々で、愛読されているものはありません。
月1回の例会は、奇数月 夜間6時半、偶数月は昼間2時から、15名前後の同窓仲間が集まり、関学OB牧師を講師として、聖書を易しく解説していただき、その後和気藹々と楽しく話し合っています。聖書なんて難しい書物だと思わないで、もう一度入学当時の基督教概論を思い出し、これからの人生を如何に過ごすかを共に考えてみませんか。
クリスチャンでない会員も多くおられますので、お気軽にご参加いただき、関学OB/OG仲間としての和を広げていただければ嬉しく思います。多くの方々のご参加を、心からお待ちしています。 内山 政武(昭和40年法)


■ブリッジを楽しむ会
ブリッジで呆けを防止!!

 ブリッジって約束事が一杯あって、私にはとても覚えられないからだめ、と思っていませんか。アメリカの権威ある医学雑誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンの最近号によりますと「努力して頭を使う活動は痴呆を防止する」というのです。
 ヴァーギースらは、21年間にわたって450人あまりを対象に研究し、知的余暇活動に参加することが痴呆のリスクを低くすることを見出しました。身体を使う活動が脳卒中などを予防することが知られていますが、読書や書き物、ボードゲーム、トランプ、などの頭を絞る活動の方が、痴呆の発症や進行を遅らせることがわかりました。運動も大切ですが、頭をうんと使うことも同じように効果があるというのなら、碁や将棋、ブリッジに夢中のあなたにも朗報ですね。

 KG-TOKYOのブリッジを楽しむ会は、現在登録メンバー20名、月3度の例会には10名前後が集まります。
年に1-2回箱根等で1泊2日のブリッジ合宿、季節ごとにグルメの会を開き親睦をはかっています。よき指導者に恵まれての愉しいひととき、初心者も懇切丁寧な指導を受けられます。

<ちょっとコラム>
「ブリッジを楽しむ会」に入会して
 私事で恐縮だが数年前、家内に旅立たれて以来、いささか時間を持て余していた時友人に誘われKG-TOKYOのブリッジを楽しむ会に入会した。この友人は今から50年近く前アメリカに留学していた頃、毎晩のようにブリッジを楽しんだ仲間だ。それ以来私は1985年までアメリカに滞在したがブリッジと は全く縁がなかった。従ってもうゲームを忘れてしまったと思っていた。果たして会の皆さんにご迷惑をおかけしないようプレイできるのか案じていた。ところがプレイを始めてみると同窓のよき指導者に恵まれあっという間に10ヶ月が経過した。会員は男・女半々程度で気さくな方ばかりだ。今は文字通りブリッジを楽しんでいる。その上3ヶ月に1回 程度の愉しいグルメの会や年1回の合宿プレイもある。
 ブリッジは碁や将棋などと同様、知的活動を促進し痴呆の発症や進行を遅らせるといった事実が医学的に立証されているようだ。楽し みながらボケ防止になるとは一石二鳥の朗報だ。
同窓の皆さんも是非参加されては如何でしょうか。

                 家野宰輔 昭和26年法卒





■英会話と歌
毎回Japan Times の社説”EDITORIAL”より2編選んで、内容の深い理解と参加者の意見・見解を交換します。
終わりにハーモニカの伴奏で”Old Kwansei””A Song For Kwansei”や昔懐かしいAmerican Popsなどを歌い、さらに有志で19番ホールへ。


■東京ウォーキングサークル
いつも新しい来会者を歓迎しています。
KG 大先輩である聖路加病院理事長の日野原重明先生は、ただ歩くだけでなく、環境の異なったところを歩いて外からの刺激を受けることが健康と長生きの秘訣であると申されます。
TWC では毎月一回ウォーキングをしながらおしゃべりをし、ちょっぴりグルメも楽しんでいます。
コースはすべて会員の希望に合わせて選び、案内役も会員が交代で担当しています。
平日は参加しにくい方のために土曜日の開催も年4・5回取り入れています。
ご夫婦で参加される方も多く交流の輪がさらに広がっています。
これまでの報告や今後の予定については同窓会東京支部のホームページ「サークルからのお知らせ」をご覧ください。
(世話役:堀場俊明 昭34経卒)


■茶の湯を楽しむ会
≪ご案内≫
設立から約10年たち、現在は東京 京橋のお茶室にて月に1度、「茶の湯を楽しむ会‐裏千家‐」を開催しております。初心者から経験者、また男性の方もお出でになり幅広い年齢層の方たちの和やかで楽しいお教室になっております。時にはお茶会にも参加し、お教室外での見聞を広めております。 
お近くにいらした際は、どうぞお立ち寄り下さい。ご一緒に茶の湯の世界を体験してみませんか?
講師:岡島恵美子(宗恵)
お稽古日:毎月第2水曜日 
場所:東京都中央区京橋2−6−8(詳細はお問い合わせ下さい)
問い合わせ先:岡島メールアドレス:k27acdbe3b3eg9@softbank.ne.jp 又は携帯電話(090)3962−5787  
※お稽古中は電話に出られないことがありますので先ずはメールにてご連絡をお願いできればと思います。




■ 俳句の会「朋月会」
 3月句会の報告
 
 今月は、高濱朋子先生と13人が集まり句会(4人欠 席投句)を行いました。


1.日 :3月25日(月)
2.場所:東京支部ランバスホール
3.投句:席題1句及び兼題又は当季雑詠5句
4.席題:山笑ふ  
  兼題:摘草、涅槃西風、ほっけ

5.先生の御句
   教会の鐘ものせくる涅槃西風
   今もなほ瓦礫の山や涅槃西風
   摘草の野も思ひ出も呑みし街
   仲良しがもっと仲良し草を摘む
   顔揃ふ迄に注文まづほっけ
   逆上がりやっと出来た子山笑ふ   
 
6.朋子先生選

   最優秀句
    旨き水汲めよ汲めよと山笑ふ(かずお)
   優秀句
    父母ありてこそその故郷涅槃西風(まさえ)
    帷子川源流近き蓬摘む(えごし)
    尺八の音色をのせて涅槃西風(まこと)
    涅槃西風艇差一尺力果つ(てんじ)
    草摘みて戻りし部屋の暗きかな(けいぞう)
    摘草や光の野辺に身を放ち(まさえ)
    涅槃西風水琴窟に耳澄ます(としゆき)
    時化続く北の海鳴ほっけ食ふ(まさえ)
    摘草や置きっぱなしのランドセル(はまお)
    
    
7.4月の句会(4月22日 ランバスホール)
  兼題:山吹、四月馬鹿、栄螺
  投句:兼題5句及び席題1句

8.吟行の予定
  ・日帰り吟行
    5月27日(月)明治神宮を予定
  ・1泊2日の吟行
    11月25日(月)〜26日(火)

                  以上


■ゴルフサークル
関西学院同窓会東京支部のオープンゴルフコンペ開催

第7回KGGCオープンコンペが3月22日(金) 茨城県霞ヶ浦国際ゴルフコースで開催されました。
快晴 微風 湿度35% 桜は都心よりも遅く、まだ3分咲きで少し残念でしたが、7組25名が楽しい一日を過ごしました。
成績は以下のとうりです。

                IN    OUT  GROSS  HDCP  NET 
優勝  大本 博     48    41     89      15.6   73.4
2位   小田節二    43    50     93      19.2    73.8
3位   森口 究     49    41     90      15.6    74.4

BG   木村好孝     44    43    87      12.0    75.0
(4位)

大本博様が優勝カップと副賞の小名浜港直送の干物セットを、奥林支部長より授与されました 尚 当日賞の22位は米倉正明さんが優勝者と同じ副賞をゲットされました。
ベスグロゲットの木村さんは48年卒で 今年の東京フェスタ2013の学年幹事長でもあり、
7月7日(日) いいのホールにて開催され、メインスピーカーが田口荘さんで軽音楽部の演奏もあると紹介され、 一同 再会を誓って、お開きと成りました。
 次回は7月の開催予定です。                      
2013年3月25日 
                                 東京支部 常任幹事              朝山正美   


■KG TOKYO ESS
KG TOKYO ESSは 英語に興味を持つ者達が、有意義で楽しい話し合いの場を共有し、少しでも頭の老化を遅らせましょうと活動を続けているグループです。

場所:ランバスホール
日時:第二と第四月曜日の17:30〜19:30
会費:6千円/6ヶ月ですが、体験参加または時間的に常時参加できない場合は,一回につき500円でも参加いただけます。
活動内容:
(1)海外の友人(学校の先生,弁護士)から受け取ったE-mail の中から英会話に有効な文章、熟語等を勉強しております。
(2)各メンバーが日常の色々な出来事を自由に紹介する形でトークを楽しんでおります。
(3)時には写真の交換もあります。

興味のあるかたは、関学同窓会東京支部までご連絡ください。


なお、現役の若い方の参加は時間的に難しいと思いますが、遅刻・欠席は自由ですので、ご遠慮なく参加いただきたいと考えています。


KG TOKYO ESS 代表 重久 公男 (36年 経卒)」








■タイガースファンクラブ「月虎会」
タイガースファンクラブ「月虎会」

2003年10月に誕生したサークルです。
本格活動は2004年に入ってからです。関東地区でのタイガースのゲームをご一緒に応援しませんか。勝っても負けても スタジアムでの雰囲気はテレビとは全く違います。
もちろん ジャイアンツファン・スワローズファン・ベイスターズファンの皆様のご参加も大歓迎です。但し 原則としてレフト(サード)側となります。


■クラシック音楽を愉しむ会
クラシック音楽を楽しむ

最近の気象はまるで異常としか言いようのない忌々しい状況です。果して、バッハやベートーベンの時代はどうだったでしょうか?
それはともかく、先のヴァン・クライバーン・ピアノコンクールでの辻井伸行さんが優勝。ハンデイを背負っての優勝は快挙であり、まさに神のなせる技。2006年のパガニーニ国際コンクール(バイオリン)での米元響子さんの優勝、2007年にはチャイコフスキー国際コンクールで神尾真由子さんが優勝と毎年、日本人の若い演奏家が国際コンクールで優勝しており、我々にとって大いなる誇りを感じます。特にチャイコフスキーコンクールでは2002年の上原彩子さん(ピアノ)、1990年の諏訪内晶子さん(バイオリン)が優勝し、神尾さんで3人目です。若き演奏家のますますの活躍を期待したいものです。


■水彩スケッチ会
五十嵐吉彦先生(S38年経卒)のご指導の下、鉛筆やペンの線と紙の白さを生かした、透明水彩の爽やかな水彩スケッチを目指しています。油彩や日本画に比べて、短時間で、場所をとらず、鉛筆、筆、スケッチブック(F4)透明水彩絵具で手軽に楽しめ、しかも奥が深いものです。
気候の良い時は、都内・近郊のお洒落な公園、寺社境内や水辺での風景スケッチ。冬場や雨天は丸の内キャンバスで花や果物等の静物スケッチを楽しみます。2時間程度で描き、その後先生からの、次作への反省と励みとなる暖かな講評を受けます。
サークルメンバー全員のスケッチ研鑽のため、毎年3月に作品発表の場として展覧会を開き、1年間に描いた作品から全員が出品することになっています。

毎月第二土曜日(原則) 10:00 〜 ―― 土曜会 
毎月第二月曜日(原則) 13:00 〜 ―― 月曜会 


■K.G.ウェルカムパーティ2012実施報告
K.G.ウェルカムパーティー2012 実施結果報告

昨年に引き続いて、大学を卒業後、首都圏に配属された2012年新卒生を迎え、下記、ウェルカムパーティーを開催し、盛況の中、終了致しましたので、ご報告申し上げます。

                  記

1.目的:首都圏へ配属となった2012年の卒業生を歓迎し
   (1)首都圏での若手OB・OGのネットワーク作りを図る
   (2)中堅OB・OGが若手支援のために開催する新月塾への参加呼びかけ
   (3)同窓会活動への関心を喚起し参加を促す
      ことを目的とする。

2.概要
   (1)日付:2012年6月9日(土)13:30〜17:00
   (2)場所:サピアタワー5階東京ステーションコンファレンス
   (3)主催:K.G.ウェルカムパーティー実行委員会
         関西学院大学同窓会東京支部
      共催:関西学院大学東京丸の内キャンパス

   (4)当日プログラム(敬称略)

    司会:三本松 慎二(2003年総合政策学部卒)
       二宮 万利子(2010年商学部卒)

   13:40 歓迎挨拶
     奥林 群司(関西学院大学同窓会東京支部長)
   13:50 パネルディスカッション
    岩佐 洋介(1982年法学部卒、日産自動車株式会社)
     岸 昌史(2005年商学部卒、三井物産株式会社)
     西口 舞(2007年商学部卒、日本ロレアル株式会社)
    岩松 梓(2009年総合政策学部卒、
      株式会社 ベネッセコーポレーション)
 
   14:30 新月塾紹介
   14:40 交流会(各30分) テーマ別に    6〜10名のグループで意見交換
      ヽ愽別 業種別 使用路線別
   16:10 KGフェスタ2012のお誘い
   16:15 閉会あいさつ
      渡邊 信夫(関西学院大学東京丸の内キャンパス室長)


  (5)事前準備と告知
      ・卒業式で卒業生全員に開催告知ビラ封 入(3月)
   ・実行委員会による準備委員会開催(2 〜6月 計4回)
   ・過去参加者にむけてメールによる告知
活動(5、6月 計3回)
・KG.Tokyo.comや新月塾での告知(5- 6月)
・総合政策学部同窓生メーリングリスト による告知(5月 計1回)
      ・Facebookでの告知(5-6月)

3.参加人員  合計140名(内訳:新卒 59名 既卒                 81名)
(1)昨年の参加者は118名で前年比+18.6%と大幅増加となった。新卒が前年比65.8%増加したことによるところが大きい結果となった。
(2)事前申し込み111名に対して、参加率は26.1%となった。
(3)既卒者は2000年卒〜2011年卒と幅広い層が来場したが、卒業後10年目以上の割合が減少した印象。
(4)パーティー終了後、新月塾への新規申し込みが28名あった。

4.アンケート結果
  イベント後日に参加者に来場御礼メールとともに、Web上でのアンケート協力を行った。アンケート結果は以下の通り。
 ※ただし、サンプル数が少ないため、参考値として扱う。

(1)配信日:6月12日(火)
(2)配信対象:当日参加者かつメールアドレス取得者
(3) 回収数(サンプル):38
(4) 結果抜粋
)足度
 79%(パーティーに「大変満足」「やや満足」の割 合、前年比+7%)
認知経路 ※複数回答可
  友人からの誘い、口コミ:47% (前年比+7%)
  東京丸の内キャンパス関連(メール、Webサイ): 40% (前年比▲4%)
  新月塾、三日月塾関連(ブログ記事、メール):  22% (前年比+2%)
  卒業式の同封チラシ:16%前年比+4%)
  Facebook:8% (前年比▲4%)
  母校通信:5% (前年比▲3%) 

5.会 費  2012年卒業者  無料
       既卒者     1,000円
                        以上


■K.G.Tokyoフェスタ2012 開催 結果のご報告
K.G.Tokyoフェスタ2012結果報告

同窓会東京支部最大のイベントである「K.G.Tokyoフェスタ20120」を、7月8日(日)、グランドプリンスホテル新高輪「飛天」において開催し、森下理事長や同窓会の高原副会長、東日本の各支部長はじめ多数の来賓をお迎えし、総員467名という多くのご参加者を得て、大盛況のうちに終了いたしました。

 東京支部ではこのフェスタの開催に当たり、関西学院大学を卒業し40年目の同窓生に学年会を組織して頂くとともに、フェスタ実行委員を委嘱し、企画・動員・運営をお願いしております。本年度は、昭和47年ご卒業の皆様がフェスタ実行委員として何度も委員会を開催し、入念な打ち合わせを重ね、動員と当日の運営にご尽力いただきました。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

 今年度のフェスタでは、支部長方針にも掲げられている「会員増強」に向けて、東京支部活動の中核ともいえる「サークル」活動紹介のコーナーを今年も実施しましたところ、昨年を上回る20サークルと2つの学年会、そして支部機関紙「コパン」編集チームの参加を得て、ご来場くださった多くの同窓の皆様に東京支部の活動の一端を知っていただくことが出来ました。 
また、東日本大震災の際の関学生のボランティア活動を写真にてご紹介するとともに、初めての試みとして「関学グッズ」の販売等を実施致しましたが、「関学グッズ」の収益金15,000円は、わずかではございますが、義捐金として宗教センターを通じてお渡しすることといたしました。ご協力ありがとうございました。

  関西学院 院長 ルース・M・グル―ベル先生「関西学院のIdentityとMission」と題した記念講演、更には応援団総部 指導部・吹奏楽部・チアリーダー部のパフォーマンスなど、これまでにないダイナミックで充実したフェスタとなりました。

 交流会では、卒業年度ごとに設けられたテーブルで旧交を温め、上ヶ原や三田のキャンパスで過ごしたあの頃を思い出していただけたことと存じます。最後に、応援団総部第66代団長「やなぎだ かなた」さんの指揮で校歌「空の翼」を斉唱し、吹奏楽部の賛美歌405番の演奏でお開きとなりました。

フェスタ開催に当たり、動員にご協力くださいました学年会幹事の皆様、サークル幹事の皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。
このフェスタを期に、東京支部はさらに一層の飛躍を目指してまいります。
皆様のさらなるご支援・ご協力をお願い申し上げます。
 
関西学院同窓会 東京支部
事務局
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー10F
TEL:03-5224-6226 FAX:03-5224-6227


■新月塾のご案内は、「関西学院大学新月塾ブログ」に移行しました
内容充実。皆様のご参加お待ちしております。

URLは、http://kgshingetsu.blog89.fc2.com/です。


■「K.G.Christmas2012」実施のご報告

「K.G.Christmas2012」は、12月8日(土)グランドプリンスホテル高輪にて開催いたしましたところ、多数の同窓並びにご家族他の皆様のご参加をいただき盛会裏に無事に終了することができました。これもひとえにクリスマス準備委員の皆様方の大変なご尽力のおかげと深く感謝し、御礼を申し上げます。

今年は、グリークラブ新月会OBの歌声に加えて古き良きクリスマスをテーマに更に軽音楽部OBOG会の演奏も場の雰囲気を盛り上げて頂き、往年のクリスマスをお楽しみだくなど皆様に大変喜んでいただくことができたのではと思います。クリスマスプレゼントも大変スムーズに運営いただき、参会者の皆様からも大変にすばらしい評価を頂戴いたしました。

同窓会東京支部も母校関西学院の活躍、発展に少しでも寄与できるようにまた、同窓の皆様がより強い絆を持って相集えます様に「Mastery for Service」
の精神にのっとりなお一層頑張ってまいりたいと思います。
今後ともご協力のほどお願い申し上げます。

お問合先 関西学院同窓会東京支部 事務局
     TEL:03-5224-6226                           




■手話を楽しく学ぶ会(休部中でございます)
ノーマライゼイション、バリヤフリー, との掛け声が叫ばれ、段差の無いフロア、音声案内、エレベーター設置駅舎等々まだ不十分ながらも施設面では障がいの有る方々への配慮が多く見られる様になりました。
でも、私たちの心の中に有る障がい者へのバリアー。一緒に手話を学び、関学建学の精神「マスタリーフォサービス」を実践しませんか?
今ブームの手話を知る事は関学同窓生の必須アイテムでは。身振り、手振り、表現力も増し会話する事の楽しさが倍増しますよ。
「手話を楽しく学ぶ会」はがちがちのサークルではありません。毎回楽しく、にぎやかな、笑い声の絶えない2時間です。
また、クリスマスパーティでの手話ソングの披露、食事会等メンバーとの親睦交歓も満載です。
昔の若者には呆け防止、若い人たちには、自己スキルアップに最適のサークルではと思います。サァ、いらっしゃ、いらっしゃい。初心者大歓迎です。 


■ウクレレを楽しむ会-KG  レレ サウンズ便りー
しばらくサークル便りお休みしている間に 新しい年が来て そして季節は春。。
このサークル便りも 4月から 新しいスタイルでアップされます。 新レレ サウンズ便りもよろしく!!


■宝塚ファンの集い
♪ すみれの花咲く頃〜 初めて君を知りぬ〜 ♪ ♪ 思わず口ずさんでしまった宝塚大好きの貴方へ 吉報!!
宝塚歌劇を愛する人、興味ある人のためのサークル “宝塚ファンの集い”が
この度 東京同窓会支部に誕生いたしました。

何をするの?

まずは 日常をしばし忘れ、素晴らしいレビューの世界に浸ってみては如何。。
入手が難しいと言われている チケットは皆様のご希望を集めて、団体先行予約で確保いたします。
貴方のご参加をお待ちしています。
さあ 東京宝塚劇場の真紅の絨毯をふみしめ 客席へ。。そして 感動を皆様ご一緒に分かち合いましょう。。



■韓国サランへ (韓国文化研究会)
韓国梨花女子大学教授の金順姫さん(S39文卒)、元ソウル支部長の福井啓二さん(S47経卒)、元コパン編集長の谷口淑子さん(S39文卒)が顔を合わせたときに、韓国の会があったら良いね、という話がでて、賛同者を得て、東京支部21番目のサークル、『韓国文化研究会〜韓国サランへ〜』として発足することになりました。現在メンバーは14名。常任幹事は福井さん、金順姫さんは顧問です。元ソウル駐在員、駐在員の家族、韓国語やドラマへの興味、仕事関係など入会のきっかけは様々ですが、もっと韓国のことを知りたいというのが共通の気持ちです。ちなみに名称の「サランへ」は愛しますという意味です。


■万葉集を楽しむ会
「あいざいやゆうと万葉集を楽しむ 会」(正式名)では講師が万葉集に詠われている花に焦点を当てて、その花がどう詠われているか、どのような思いをこめたかなどを、歴史の背景とともにわかりやすく説明します。参加者は万葉名(雅名)で参加し、しばし、日常を忘れて、万葉集の世界に浸っていただくという会です。楽しい会です。2ケ月に一回 (偶数月の第一水曜日)、東京丸の内キャンパス ランバスホールで開きます。

講師:吾意在野游(あいざいやゆう)「魂を抱きしめて――桜子」を2009年10月出版。本名高木紀世 子(たかぎきせこ)文学部史学科(ドイツ史)卒。3年半前に外資企業の社長を退任し、現在、経営コンサルタント。華道・香道師範、茶道は準教。中学生のころ から万葉集に親しみ、関学時代は同好会で万葉の植物を研究。英語、ドイツ語を話し、古文・日本伝統文化が大好きと言う異彩。
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 


 
KG HOT NEWS.
circle
copains
KG LINK.